• 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作6 UNDER GROUND

ハイジ・チーマーのボス
景吾・薬のバイヤー

あらすじ

オレタチノ愛ハセックストケータイトボーリョクデデキテイル!!

薬のバイヤー・景吾はチーマーのボス・ハイジの元で暮していたある日、ホストに強姦されてしまう。孤独と絶望に苛まれる景吾だったが、ホストクラブオーナー・恭一郎と出会い、淡い気持ちを抱き…。男たちが出会ったとき、運命の歯車が回り出すーー!! 6人の男たちの果てなき欲望が渦巻く、超リアルストーリー。フツウじゃ物足りないあなたに贈る、危険なエロティクス・ラブ!!

作品情報

作品名
6 UNDER GROUND
著者
岩清水うきゃ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
マガジン・マガジン
レーベル
ジュネットコミックス ピアスシリーズ
シリーズ
6 UNDER GROUND
発売日
ISBN
9784896441383
4.2

(33)

(18)

萌々

(7)

(7)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
9
得点
140
評価数
33
平均
4.2 / 5
神率
54.5%

レビュー投稿数9

皆が皆葛藤している。

ぺらぺらと捲っていると、大体セックスばかりで、表現も露骨でそういういわゆる「ヤマなしイミなしオチなし」…的な作品かと思いきや、個人個人が悩み葛藤し苦しい中で生活している事が分かります。

主人公である景吾の過去であったり、ハイジの実の顔であったり、いかにも続編のありそうな終わり方であったり、恐らく妄想用といては大変完成されています。(笑)
皆様がおっしゃる通り、「続きそうで続かない」という感じです。
そのもどかしさも堪らないのですが。(笑)

此処まで言っておいてなんなのですが、やはりセックスの魅せ方ですねー。
ほんと濡れ場上手だと思います。
ただ暴力的なものもありますので、注意ですね。というか、全体的にバイオレンスな感じの世界観なので、なのかもしれませんが。

お気に入りのシーンは、景吾のうなじをハイジが撫でながら、「首輪つけてーなぁ」って言う所です。(笑)
細かいところの萌えを掴んでくる石清水先生ほんと好きです~。

3

今の世の中・・・

もともとマガジン版の途中から読んでいたのですが、馴れ初めを知りたくて買ってしまいました。

全体にシリアスな雰囲気が漂っていて、現代の新宿をおもわせるようなそんな作品です。薬のバイヤーである景吾(受け)はチンピラのボス・ハイジ(攻め)に気に入られ、時に暴力的なセックスを強いられながら一緒に暮らしています。
漠然とした未来への不安を抱いて過ごす景吾の前にホストのオーナー・恭一郎が現れ、ハイジにはない優しさに触れ心が揺れる。
ハイジとの関係に疑問を感じ二人の間で苦しむ景吾は恭一郎からもハイジからも逃げ出していくのでした・・・。

なんとも続きが気になる終わり方をしてますが、マガジンで読み終えた私としてはとってもいい作品だと思います。とくに景吾へのハイジの気持ちが痛いほどつたわってきました。

エッチ:★★★★☆  暴力的なHでかなり痛々しいですが、描写がリアルでエロいです!!
特殊プレイはありませんが強いて言うならローター入れ~のハイジ入れ~のってシーンですかね 笑
ホントに夜の新宿にいそうな人たちだなと思いました。

2

景吾の魅力に『神』を付けたい

​ チーマーとホストの対決なんて青臭くて興味のない設定でしたが、もがく若者たちを描いた深い物語でした。とても好きな作品です。
 すでに何度も読んでいるので、今では景吾が自分のことを「オレ様ちゃん」と呼ぶのすら「可愛いっ♡」と萌えてしまうのですが、初めて読んだ時は「なにがオレ様ちゃんだよっ!あほか」と突っ込みを入れながら読んでいました。チーマーという存在に、粋がった子供じみたものしか感じなかったので、景吾にもハイジにも特に惹かれなかったのです。ところがホストの恭一郎と出会った日に、ビリヤードを教わった景吾が「ここ来たら、またアンタに会えっかな?」と別れ際に言った時の顔がすっごく可愛くて堕ちました。もうそこからは景吾LOVEですよ!恭一郎の前では無邪気な顔を見せる景吾が可愛いのなんのって!ハイジといるときも素直な物言いで、マスコットみたいに可愛いんだけど、なんせ暴力的な激しいSEXばかりなので、恭一郎と景吾のシーンにいちいち癒されちゃって、その分色々と裏がありそうなハイジが怖かった。ハイジはすごい執着を景吾に見せるんですよ。どんなに乱暴でもこの執着はやっぱり愛なんだろうけど、ほんとハイジ怖いよ。景吾は恭一郎との居心地の良い優しい時間を過ごすことで、ハイジとの関係を深く考えるようになります。
 景吾が何度もひどい目に合うし、その報復でハイジが相手をひどい目に合わせるので、全体にとても暴力的なのですが、景吾が踏みつけられるのに慣れている子なので、傷ついていないように振舞うことにとても心が痛みます。
 恭一郎がハイジを知っていたこと、そしてチーマー仲間のアキに恭一郎のことがばれて、景吾はどちらの前からも姿を消します。
 街を去る前に、働く恭一郎をみて涙を流す景吾が切なくて泣けます。つらい境遇で育ってきた景吾ですが、こんな涙を流したことはなかったんじゃないのかな。
 ハイジは若くて青すぎる。景吾への愛情が読者には伝わっても、景吾には伝わらない。
 ストーリーも面白いし、「オレ様ちゃん」景吾が可愛すぎて『神』です!
 気になるところで終わっているので、続編の『暴君彼氏』と合わせて購入することをお勧めします。

2

ひさびさにあたり

古い作品ですが、表紙の裏稼業っぽい感じが今ひとつピンと来ず買わなかった作品。しかしレビューが高いので読んでみました。結果すごくよかった。
おすすめして下さったみなさん、ありがとうございます。

画力が高いのに加えて、やっぱりしっかり漫画、なんですね。漫画として面白い。そこがいいなと思いました。
結構古い作品で、寡作なようですが、今はもう描かれていないんでしょうか。だとしたらとても残念です。。

やっぱり、景吾がかわいい。これにつきるような気がする。
売人ということでちょっと反社会的な側面は受け入れがたいところもあるのですが、あくまでも創作の中の設定と思うことにします。

彼氏であるハイジはチーマーのボスで突っ走っているのですが、景吾にはメロメロ。
しかし、そんなハイジに影響を与えることを恐れて、身をひいてしまう景吾。

一方、ホストクラブのオーナー、恭一郎さんは何でも持っていて、優しく包み込んでくれる存在。これからどうなるのか?

続編は、2とかではなく「暴力彼氏」です。

1

過激な一冊!!暴力&セックス&複雑な恋愛事情

えっ ここで終わり…?めちゃくちゃ気になるところで終わった…。
続きはどこ…?
って思ったら、続きは「暴君彼氏」というコミックスだそうです。
わかりづらい…。

漫画としては、一昔前の不良漫画という感じ。
発売がもう10年以上前なので、キャラが持っているのもスマホではなく携帯電話。
なんか時代が感じられて良いですね^^


受けである景吾のノリが可愛いです。チャラ男系?
アヒャヒャ笑いがいいですね。
過去いじめにあってたり、レイプされたり、暴力振るわれたりほんと散々な目にあっていて可哀想なのですが、それでもこの明るいキャラに救われている部分はあります。

テーマがテーマなので全体的に暴力とセックスばかりです。しかし、ちゃんとストーリーもあって大満足。二人の間で揺れ動き、いろいろがんじがらめになっている景吾が切なくて可愛い。
チーマーのボス・ハイジはヤンデレ思考で、愛ゆえに景吾を手酷く犯します。
そんなハイジに抱かれる日々も悪くはないと思っていた景吾ですが、ホストクラブのオーナー・鏡に優しくされて以来、日常に変化が訪れます。

鏡さんは何もしてなくてもかっこいい。オールバック!!ほんと世話焼きというか、優しいです。
ハイジは髪下ろしてた方がかっこいいかな~。キャラとしてあまり好きになれなかったけど…。

エロ満載でブラックな感じも良かった。
ただ最後のフィストファックは痛そうでした!!
過激なものを求めている方は楽しめるのではないかと…。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP