しじまの夜に浮かぶ月

shijima no yoru ni ukabu tsuki

しじまの夜に浮かぶ月
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神13
  • 萌×214
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
13
得点
146
評価数
36
平均
4.1 / 5
神率
36.1%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
角川書店
レーベル
角川ルビー文庫
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784044468200

あらすじ

システムエンジニアの朝倉薙は、急な依頼で引き受けた仕事のために、仮住まいすることになった派遣先の社宅で、金髪碧眼のアメリカ人ケネス・クロフォードと知り合う。
親友の山下への恋心を断ち切られたばかりの朝倉を、そうとは知らないケネスは情熱的に口説いてくるが、人付き合いが苦手な自覚のある朝倉には、とまどうことばかりだった。
そして短期間とはいえ慣れない会社組織での仕事に疲れを覚えはじめた頃、朝倉の過去の傷を抉り返すような出来事が起きてしまい―。

表題作しじまの夜に浮かぶ月

ケネス・クロフォード・大手総合商社勤務・29歳
朝倉薙・システムエンジニア・26歳

同時収録作品しじまの夜に浮かぶ月

山下昭伸 アークティックブルー店長
奥菜一葡 山下のパートナー

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数13

再読で評価が上がった

ブルーサウンドシリーズは1~3のCDを毎年1度は聴きなおし、小説も何度か読み直すくらい好きなシリーズですが、この作品だけはなぜか当分読み直すことなく置いてありました。
先日思うところがあって、真っ先に朝倉薙というキャラクターのことを思い出した自分が居て、読み返してみました。芋づる式に「ケネス!」と叫んでいる自分もいましたが・・・(笑)
自分を敢えて汚く見せて「誰も自分を見ないでくれ」という意思表示をする、人と距離を取る。
荒んでしまって、自分を本気で心配してくれるのは、彼らが満たされているからその余裕のおこぼれをわけてくださろうとしている、もののついでのように優しくしてくれるな、と考える。
このシリーズですでに4CPができあがっている状態で、読んでいるこっちも薙の感情に引きずられましたし、「人の優しさを素直に受け取れない」「そのために敢えて敵をつくるような言動をしてしまう」「結局自己嫌悪」な薙の気持ちが痛いほどわかって、もしかすると自分はこういうリアルな感情を見たくなくて読み返さなかったのかも・・・と思ったほどです。
過去の経験や最近の失恋、それからもうひとつ顕在化していなかった恋心と同時におとずれた失恋。その複雑な感情にも揺さぶられました。
決して魅力的なキャラクターではないんですが、この不器用なひねくれ者が心に引っかかって離れない。
ケネスは完璧な人なんですが、意地悪な刃も隠していて。甘さと優しさだけでなく、時に責め立てる様に薙を愛してくれる。彼の魅力を美しい日本語がより一層際立たせる。
薙をどうか幸せにしてやってください、と願わずにいられなかった。
このシリーズはそれぞれのCPの番外編がいくつか書かれているし、それぞれのCPが違う話にも登場するので、嘉悦×聖司が大好きな私としては長年連れ添った夫婦を眺めるようで嬉しかったし、すべてのCPがこれからずっと幸せに暮らして行ってくれるんだろうな、と思えて幸せになれます。
未読の方にはゆっくりじっくりこの世界を味わってほしいし(ちょっとゲイが多すぎてびっくりする世界ですが^^)、既読の方にもちょっと読み直してみませんか?とお伝えしたい作品です。

2

破壊衝動‥

攻様が外国人ということで、敬遠していたのです。
でも、シリーズをずっと追っかけてきたので、
崎谷さんの作品だし、まぁ読んでみっか。
‥くらいの気持ちで読み始めたのですが。

号泣でした‥。
受様の性格がいろいろ痛くて。
かなり後ろ向きな上に、精神的な自虐趣味(?)というか、
精神的な破壊衝動があるというか。
自分のトラウマにわざわざ自分で塩塗りたくって、
挙句、自己嫌悪ってかんじで、
過去の自分の行いのせいで、自分が幸せになる資格がないとか、
自分に好意を持ってくれる人に対しても、
自分の過去を知ったら軽蔑されると思っている。
攻様はそんな受様をあまあまでかわいがるのですが、
これくらいでないと、受様の心の氷は溶けなかったんだろうな。

「波光より、はるか」に彼らの後日談が載っています。
本編とは違うちょっと黒い王子様(攻様)が楽しめますので、
こちらもおススメです。

0

王子?

丸ごと一冊がひとつのストーリー入り。

シリーズの5作目・・・という事ですが、
他シリーズを読んでいなくても読めます!!
もちろんシリーズ物なので、他も読んでいると
もっともっと楽しめる、というのは当然だと思いますが。

攻めのケネスが王子様でしたw
それに対して薙はちょっと暗めな感じかな。
仕事が出来て、エライ人で、容姿も素晴らしく・・・なぁんて
王道ですねw
そんなケネスに見初められたわけですから、
薙はスゴイ魅力があるって事ですね。
でもそこが、イマイチ・・・解り難かった気がします。

でも王道BL、普通に面白かったです。

0

あきらめちゃいけない!

シリーズ物ですが、1作目の「目を閉じればいつかの海」のCDしか聴いていなくて、いきなりこの5作目を読みました。(個人的にタイトルに「月」が入っている作品を選んで読んでみると言う試みの中の一冊。)
1作目は内容を知っていたので問題なく読めました。もちろん順番に読んでいたらもっと楽しめたとは思います。

日本の企業へ希望して出向してきたアメリカ人のケネスとひきこもり気味のシステムエンジニア朝倉の物語。
友人の山下から頼まれてフリーのシステムエンジニアの朝倉はある企業へ期間限定で仕事に就くがそこでアメリカ人のケネスと出会う。
仕事をする間住むことになったマンションではそのケネスが隣人。
引っ越しそばを持って行ったことから何かとケネスは朝倉を気にかけてくれるようになる。

朝倉はゲイで学生の時から相手には恵まれず愛人関係にあったり、初めての時は相手に騙されて乱交されたりと悲惨な目にあってきて、好きになった友人はノンケだとあきらめていたのに男の恋人を紹介されて打ちのめされる。
そんなろくでもない付き合いをしてきちんとした恋愛をしてこなかった傷心の朝倉をケネスがやさしく口説いてきて…

もう朝倉がとにかくかわいそうで…。そんな目に合ってきたからひねくれているし、ケネスにも素直にもなれない。
ケネスを好きだと気づいてもあきらめようとする。
朝倉の気持ちが痛くてこちらも一緒に悩み泣きました(T_T)

たくさん傷ついて傷つけて、そして、最後に全部受け入れてくれたケネスに飛び込むことが出来た朝倉に本当に良かったと心から思いました♪

『ブルーサウンド』関係者ゲイが多すぎて笑えるけど、いろんなパターンのCPが楽しめて良いですね。

1

とうとう5組目のCP誕生

いよいよブルーサウンドシリーズ5作目。
今回は、ブルーサウンズヘルプだったそして現在西麻布店の店長になった
山下の学生時代からの友人で、「友人宅に泊めてもらう」と何度となく出ていた、朝倉が主役です。
そして、その朝倉のお相手が青い眼の外人さん。
ブルーサウンズもとうとう国際的になってきた・・・と
1人にやついてしまいました。

今回、この朝倉という男が山下や大智とどういう関係で
どんな人生を歩んできたかが明らかになります。
読み進めていくと、この朝倉さんつくづく男運がないというか
ついてないというか・・・
かなり可哀そうな人だなぁ・・・と思えてしまいます。
そして、このブルーサウンドに勤める人やその人にかかわる人たちが
ことごとく同性愛に目覚めていくのが、最初はなんだか不自然とも思いましたが、もうここまで来るとかえって清々しいとさえ感じてしまう。
そんな風に思ってしまう自分もどうかと思いつつ
今回もまた、一組のCPの恋が成就したことにうるうるしてしまいました。

今回は、ブルーサウンズというより社内恋愛的な感じで
朝倉とお相手ケネスの勤める会社が主に出てきたので
どちらかというとサラリーマンの恋といった感じでした。
朝倉はいろいろと過去があり、性格もうーんという感じでしたが
そこはやっぱりケネスの愛で更生されていくのです。
そしてやっぱり外人さんのHは激しいのかしら・・・
崎谷先生の絡みのシーンはそれなりにいつも激しくいやらしいのですが
今回はいつもにも増して、なかなかでした。
やっぱり外人さんは違うの・・?と勝手に解釈。
ブルーサウンズ、これでもかのCP誕生に拍手です。

1

いろいろ複雑・・・だけど面白い。

『ブルーサウンド』シリーズ第5作目。

正直なところすごく好きかと訊かれたら困るんです。だからと言って、決してキライじゃないんです。好きなんですよ。
ただ・・・う~ん、なんと言っていいのか複雑なんです。

薙(受)のキャラクターがあまり好みじゃないんですよね~。

私はもともと『ネガティブ・卑屈・自虐受』は苦手ですらない、むしろ好き要素(にもなり得る)なくらいなんですが、この薙の湿っぽさ・暗さはちょっと度が過ぎててさすがに鬱陶しいと感じてしまいました。

でもそれ以上に私は(個人的好みで)口の悪い受がものすごく苦手なので、そこで引っかかってしまったんです。
実際、それがなければ(ネガティブさだけならもともとの苦手要素じゃないので)この薙のキャラクターは大丈夫だったんじゃないかという気がします。

ケネス(攻)は好みのタイプかと言ったらまったく違いますが、それでもこの作品はケネスで持ってるというか、そのおかげで薙のダメな部分が緩和されてなんとか読めた感じです。

しかし、このCPの組み合わせの絶妙さには参りました。

金髪・碧眼の王子様って時点でなんか胡散臭いというか、半身引いてしまいそうになりましたが(崎谷さんの作風じゃあり得ないだろ!?と)、読んでみたら薙にはこれくらいパーフェクトな王子様が必要だったということなんでしょう。

トータルではホントに悪くはないんですよ。薙のキャラクターの『行き過ぎ』加減以外は。
このシリーズにしては、読むのはかなり疲れますけどね。それでも読み応えがあって面白いんですよ。

特に、ケネスが薙の本当の気持ちを突き付けて自覚させるくだりにはグッとくる。
薙が自分でも気づいていない・気づきたくない想いってのが堪らなくいいと思ってしまったんです。薙のキャラクターイメージが変わりそうなくらい。

そういうわけで、なんだかんだ言いつつ読み返してるわけですね。

ものすご~く悩みましたが、やっぱり面白いとは思うので評価は『萌×2』で。

2

新しい恋が傷を治す

ブルーサウンドシリーズ5作目。
ブルーサウンドシリーズですが、ブルーサウンドもその支店のアークティックブルーもあまり出てきません。
シリーズ登場人物は勢揃いかも・・・。
藤木店長のお相手、嘉悦の同僚、ケネス・クロフォードと大智、山下の友人でフリーのSE、朝倉薙のお話。
山下の紹介で嘉悦に会った朝倉は、嘉悦の会社のシステム部に派遣されることになり、その間の住居として割り当てられた社宅でアメリカから出向してきているケネスと出会います。
5作読んでこの話が一番好きかも。
ケネスのスーパープリンス振りと包容力に脱帽(笑)

0

おお~このカプ好きだな

数カプが出てくるこのシリーズですが、
このカプ、好きだな~。

山下に片思いをしていた朝倉。
報われないことを感じて、奔放な関係を続けていたところに、
出会ったのが、ケネスです。

読んでいて、本当に、朝倉、暗い・・・。
確かに、そんな目にあってきたなら、仕方ないようにも思うのですが、
う~ん。卑屈だわ。

まあ、受の朝倉は、本当にだめだめです。
個人的には、正直言って、嫌いな性格なんですが、
そこは、ケネスがカバーしてます(笑)

すべてを包み込んで愛せるというのは、すごいことだな~と
しみじみ思います。
きっと、これからケネスの影響で朝倉が
いい方向に向かってくれるだろうな~と期待します。

0

あまりに不器用で不憫な主人公に泣いた

ドラマCD全3作を随分前に聴いたきり原作シリーズを読むのをすっかり忘れていました。1作目から順に読んできましたがこのシリーズは全体的に満足度が高く(濡れ場がくどいのが難点だけど)、個人的には2、4、中でもこの5作目が一番楽しめた気がします。

元々不器用なキャラクターは好みなんですが、自分で自分を追い詰める所謂破滅型のこの主人公。傍から見たらただ嫌なだけのヤツが、内実孤独と諦念に浸り、周囲を傷つける分以上に己を傷つけ深みに嵌っていく姿を見てカタルシスを得ていたのかも。そんな深く暗い海の底にいた主人公を救ったのは、残酷にも全てを明るみにさらす優しい月の存在でした。

久し振りにグッときた作品でした。

0

陰気な淫乱もなかなかいい

ブルーサウンドシリーズ第5弾。ケネス×薙。どっちともブルーサウンドのお店の関係者とかではないんですが、ケネスは嘉悦の仕事仲間で薙は大智の後輩で山下の友人。そして山下が好きだったみたいですね。

この二人は…アダルトっていうかなんていうか…薙の過去が重くてちょっと引きました。前に勤めてた会社社長の愛人で不倫…手切れ金…乱交…大智との関係…陰気な淫乱…。いやまぁすごかった。そんなビッチな薙のお相手は金髪碧眼のアメリカ人・ケネス。

ケネスは日本が好きで、優しくて紳士的でまるで王子様みたいな男性です。引っ越して来た先で薙と知り合いになりました。薙はケネスの好みにドンピシャだったみたいですね。鈍い薙を情熱的に口説いて想いを伝えます。しかし薙は人付き合いが苦手で、また過去の心の傷のせいでなかなかケネスを受け入れられません。

正直この作品を読み始めた時は、薙がそんな過去を持っていたとは思いませんでした。大智も山下もそんな薙のことを昔から心配しているのですが、二人とも今では瀬里と一葡という存在を手にいれ、落ち着いたことを知った薙。複雑な愛と憎しみが薙の中に溜まっていきます。

その感情を爆発させてしまったのが、よりにもよってブルーサウンドの関係者が集まる忘年会。そこで大智と会話を交わすうちに苛立ちが激しくなり、とうとう大智との過去を瀬里もいる前で暴露。…読んでるこっちも凍りつきました(´Д`)真っ青になってドアの向こうに消えた瀬里を追いかける大智。

っていうかこの後の大智×瀬里が気になるー!!私は大智×瀬里が一番好きだからもう気になりすぎ!大智も過去に色々あったようですが、大智が抱えるものを瀬里が受け止めなきゃいけないのがなんか理不尽で、大智のアホ!と叫んでやりたい。そして瀬里を抱きしめたい(笑)

さて、場の雰囲気をぶち壊した薙はなんとケネスにシャンパンを頭からぶっかけられました。冷たい目で皆に謝りなさいと告げるケネス。そんな二人の間に入ったのは藤木でした。藤木は優しく薙の頬をはたいて叱ってくれました。

家に帰り二人きりになったケネスと薙。そこでケネスは薙の本当の気持ちを暴きます。薙が本当に想っていたのは優しい山下ではなく、大嫌いなあの男。


いや~この作品、シリーズの中で一番読むのきつかったかも。薙の性格が内気で引っ込み思案で自分を最低なビッチだと思い込んでるのが読んでてイライラしました(笑)本当は美人で淫乱で素直でかわいい人なのに、ウジウジするなよもう!

新刊の短編集ではケネスとようやくラブラブしてたんでまぁよかったかな。いやでもなんだかんだケネス×薙のカップル好きですけどね。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ