シニカルな保健室の先生×ストレスフルな真面目教師のケンカップル・ラブ!

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作シークレットアフターワーク

瀬尾陣、新任保健医、29歳
横矢悟、真面目な新米女子高校教師、26歳

その他の収録作品

  • 描き下ろし(4P)
  • カバー下:登場人物紹介

あらすじ

真面目な新米教師の横矢と保健医の瀬尾は犬猿の仲。
横矢は瀬尾の適当さが目立つ勤務態度と、にもかかわらず生徒からの人気が高いことが気に入らないのだ。
(俺の方が絶対に生徒たちのことを考えている…!)

ところが、日々のストレスに耐えかねた横矢が残業中に倒れると、助けに来たのはその瀬尾だった。
応急処置をした上に、意外にも面倒を見てくれて感謝するが、瀬尾に運ばれた先はラブホで!?

シニカルな保健室の先生×ストレスフルな真面目教師のケンカップル・ラブ!

■収録内容
・「シークレットアフターワーク」第1話~第6話…電子版CIEL掲載作を加筆修正
・本編描きおろし4P
・本体表紙…描きおろし2P

作品情報

作品名
シークレットアフターワーク
著者
ナツマサキ 
媒体
漫画(コミック)
出版社
KADOKAWA
レーベル
あすかコミックスCL-DX
発売日
電子発売日
ISBN
9784041148303
3.4

(14)

(2)

萌々

(3)

(8)

中立

(1)

趣味じゃない

(0)

レビュー数
3
得点
47
評価数
14
平均
3.4 / 5
神率
14.3%

レビュー投稿数3

先生同士のケンカップルシークレットアフターワーク。

誰とでも上手くコミュニケーションが図れるイケメン保健医と、仕事に真っ直ぐすぎて胃を痛めている新任教師の、正反対すぎて仲悪かったけれど、、、♡な、ケンカップル2人のお話。

ちなみに受けはメガネです♡

メガネ受けフェチな方、どうぞご査収ください。

そして白衣攻め好きな方、ぜひイケメン攻めの白衣をご堪能くださいませ♡



展開的には、担任を持つようになりストレスで胃が痛くなり、胃薬を常用していたが残業後、終電に間に合あうように走り出そうとした途端、受けは過呼吸と嘔吐して廊下で倒れてしまう。

そのピンチを救ったのが攻めで、、、

最初、受けは大嫌いで、けれど自分がそうなりたいと理想の教師をしている憧れの攻めに助けられた事実を受け入れられず(ラブホだったけれど!)、助けられてもその行為自体を拒否します。
が、攻めはこれを機に嫌なものを嫌だという練習をしたほうがいいと提案。

同時に、最後まではいかないけれど、毎週金曜日、裸で触れ合う関係となりますが、、、




個人的に、受けが嘔吐したあとにすぐ攻めがキスした場面で、受けの過呼吸を止めるためと分かっていましたが、うお?!! そのキス大丈夫なの?? って妙な心配してしまいました。(BLはファンタジーなのですが! ね!!)


あともう1つ。

攻めが受けをどうして好きになったんだろう、、、と、
ずっとその理由が気になっていましたが、最後の最後でようやく明かされます。
ですので、どうして?? と読みながら気になってしまった方は、そのまま最後までとりあえず読むのです!
種明かしはラストです!!


また、攻めの叔父である学園の理事長と、30年口説き続けている音楽教師のオジサマのお話が気になりました。
スピンオフあるでしょうか??
コッチガキニナルマリアゲハ!!


おそらく理事長→音楽教師へは、並々ならぬ執愛がそこにあるのでは?!! と勝手に妄想レーダーが発動しております。


ということで、受けも攻めも摩擦起こしながらお互い成長とLoveする現場からのレビューは、以上です‎!!(サムズアップ)

3

高校の保健医×社会科教師のケンカップル

高校のイケメン人気保健医・瀬尾 × 努力空回り系教師・横矢のケンカップルストーリーです。

攻めに弱みを握られ、反発しながら従うものの、実は瀬尾のような教師になりたいと憧れている受け様。意地っ張りではあるんだけど、それを素直に認めて相手に言えるところが好感度大◎

上から目線で終始偉そうな攻め様と、攻めが受けに惹かれていった過程は、ちょーっと自分の萌えどころには刺さらなかったかな、、
全体的に展開早いなあという印象でした。

一悶着ありつつも、瀬尾の叔父の介入のおかげで丸く収まり大団円。

描き下ろしの、横矢の足のホクロにキスして舐めて…というところが個人的に一番の萌えポイントでした。

1

先生×先生 ラブコメでありながらもシリアル

瀬尾×横矢

ストレスを抱える硬派で真面目なメガネ高校教師・横矢と、
シニカルな保健室のイケメン先生・瀬尾の
喧嘩しながらも次第に深まる関係。
ラブコメでありながらも、個人的なにはかなりシリアルと感じた。

横矢の
職務の重圧や、
瀬尾の適当な態度がプライドを刺激しつつも、
対照的な瀬尾への隠れた憧れという複雑な感情が重い。
過激な生理的反応(過呼吸や涙)も突っ込んでくる・・・苦しい。

表面上は不調和な2人だが、
酒の勢いで自分の弱みを瀬尾に吐露する横矢に、
瀬尾が無理やりで、2人のゲームが始まる。

体と心が次第に解けていく横矢と共に垣間見える
横矢の瀬尾への不健全な依存と
瀬尾の横矢への潜伏的な執着が色濃。

ラストの展開がちょっと面白いかな。

感情を収束できない横矢の耐える表情に悶えて、
そんな横矢を抱くことで傲慢な独占欲が昇華される瀬尾。
2人の間に流れるピリリとした空気にグッと引き込まれました。

0

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(コミック)一覧を見る>>

PAGE TOP