ドーベルマンにご注意

ドーベルマンにご注意
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
21
評価数
6
平均
3.5 / 5
神率
16.7%
著者
名倉和希 祐也 
作画
祐也 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
フロンティアワークス
レーベル
ダリア文庫
発売日
価格
¥533(税抜)  
ISBN
9784861342660

あらすじ

総合警備会社に勤務する桜木修也は明るくほがらかな好青年で営業部のホープ。桜木は警備部から異動してきた丹羽愛武の教育係を担当することに。丹羽は身長185センチの恵まれた体格、男らしく精悍な容姿の男前だが、真面目で無愛想なマイペース男。職場恋愛はしないと決めていた桜木だが、外見が好みで、口説き文句としか思えない天然発言を連発する丹羽に嵌まりそうな危険な予感!?
出版社より

表題作ドーベルマンにご注意

丹羽愛武,警備部から異動してきた後輩
桜木修也,総合警備会社の営業部

レビュー投稿数3

わんこはわんこだけど、ドーベルマン

わんこは好き!
個人的に「わんこ」とあるだけで無条件に手がのびてしまうが、この作品のわんこは、垂れ耳わんこではなく耳がぴんと立ったわんこ(意味不明?)。
作者曰く、武士わんこだそう。なるほど(笑)
受の部署に異動してきたのがわんこ攻。感情表現がものすごく下手で、営業の部署なのに笑顔を浮かべることさえ出来ない。しかし、口から出るのはタラシじみた受を褒め称える言葉ばかり。どうも天然も入っている様…。
そんな2人が事件に巻き込まれながら信頼を深めていくところが、とても自然でうまい。
性格が真逆な二人のせいか言葉が互いに一方通行で、漫才の様な会話がとても楽しかった。
気になったのは受がすこし流され系であったことだが、小動物の様な受のイラストは本当にかわいかった。

2

他意はなくても、くすぐられる

年下攻、総合警備会社営業部後輩×教育係先輩。体格がよくて真面目で無愛想で天然に口説き文句を発する後輩クン。かわいい、の気持ちに他意はないんですよ。言うと怒るから思うだけにしておこう、とか。無自覚だから手に負えない。同僚には惚れないと決めてる受も、読んでるこっちもキュンキュン。敬語攻は好みではないのだけど、慇懃無礼なわけではなくむしろ笑える。和むかも。犬がいっぱいいてかわいいからいいことにします。
最近、料理の上手い攻が多いような気がします。たいてい趣味の域を超えてる。餌付けです。外食するより家で食べたほうがおいしいなんて、浮気しようとも思わないよねえ。

2

両視点なのでわかりやすい!

表紙が古いのでどうかなぁ……と躊躇ったのですが、ワンコものっぽいしセールでお安いし……と買ってみました。

攻めの丹羽は武道一筋に生きてきた硬派男なもんだから、笑顔ひとつスムーズにできやしない堅物なんです。
なのに教育係の桜木に「ハムスターみたいでかわいいです」だの「すごく白いうなじですね」だの「抱きしめたい」だの突然ぶちかましてくるんです。
しかも真顔で。

丹羽自身はノンケの真面目人間なので、お世辞ではなく心の底から思ってるんだけど、桜木に惹かれてる自分には無自覚。
自分でもなぜだかわからないけど桜木さんから目が離せない!!桜木さんを守らねば!!という無意識の使命感とやらに燃えまくり。
桜木の食生活を憂いて、そんなんじゃ体が心配だ!!とばかりにせっせと手料理を振る舞う始末。


一方の桜木は過去の失恋のせいで、ノンケやバイは二度とごめんだ!と思っているんですね。
あいつ、ノンケのくせにいきなり何なの?どういうつもり?と動揺しまくる一方で、丹羽に惹かれてしまう……


そんな両片思いを両視点交互に読むというお話なので、わかりやすくてさらっと楽しめて良かったです。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う