生まれた時は違っても、死ぬ時は一緒

隅田川心中

sumidagawa shinjuu

隅田川心中
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神11
  • 萌×29
  • 萌20
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
22
得点
154
評価数
45
平均
3.5 / 5
神率
24.4%
著者
たうみまゆ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784904101261

あらすじ

え~毎度ばかばかしい噺ではございますが
とある不良グループに熊田と大川という男がおりまして、この熊田、元落語家という経歴を持つ、飄々と掴みどころのない奴で方や大川は、まるで日本語の通じない
非常に頭の悪いヘタレでございます。
この二人が自分達の「居場所」を求め、人生だの恋だのと傍迷惑に繰り広げる可笑しくもジンとする、そんな一席でございます。

表題作ほか芸能界を舞台に描く痛快ラブコメなど、
愛と笑い溢れる気鋭の短編集!

(出版社より)

表題作隅田川心中

大川八彦:小卒の不良、のち理容専門学校生。
熊田:元落語家の鉄砲玉のち落語家に出戻り。

同時収録作品あかぎくのうた

更科 学生
江島 歌手 下宿の隣人

同時収録作品赤と青

同時収録作品なでしこGALAXY

その他の収録作品

  • ごまとまぬけと【表題作続編】
  • 三千世界の烏を殺し【表題作続編】
  • 宮戸川心中【表題作番外】
  • カバー下:なでしこGALAXY番外編

レビュー投稿数22

何度も読みたくなる


素敵な本。
買って結構経ちますが、20回ぐらいは読みましたかね
友達に貸したときの熊田さんの人気がすごい

わりとギャグ要素が多いんですけど、節々に萌えが詰まっている感じ
表題作は、熊田さんが、ほんとに格好いい。しかし綺麗。この本読むと、落語に興味が沸きますね。
ストレートの良さをひたすら感じる

表題作が一番良かったんですけど、次は「あかぎくのうた」でしょうか
シリアス系ですが、何度も読みましたね。
辛くなる内容かもしれませんが良い。

東京漫画社を贔屓にするきっかけにもなった作品
もっと読まれて欲しいなあ

5

大変よろしくまとまりましたようで。

とにかくはたから見ていて萌えそうな二人をいっぱい見られました。
描かれたテーマも凡百な物とは違いすぎる。

たとえば「あかぎくのうた」では恋愛を意識した時点で、
それはすでにさようならの合図であるような「幸せになることが不幸」という
ジレンマ過ぎるジレンマ。

「赤と青」での兄弟愛なのか恋愛なのかの境目曖昧なものを
定義づけちゃうことの難しさ。

「なでしこGALAXY」は思わぬ大当たりを引いたと思わされた作品で、
学生時代にうっかり「あっちの方が可愛い」とナンパな木野に指されてしまった
女顔がきっかけで女優として再会してしまった日向の見た目のカワイサと
中身の完膚なきまでの男っぽさのコントラストがもう・・・

表題作「隅田川心中」は破門された人生のつまづきさん、熊田とはなっからアホすぎて人生つまづいてる純朴さん、大川の見事なる人生復活ストーリー。
闇落ちが何より嫌いな私にとってこういう華麗なる「闇からの復活」ものって見ていて清々しい気持ちになるのです。

どさくさに紛れて熊田に振られちゃったアヤさんが「自分に足りなかったものは何だったのか」を思い直すストーリーもしんみりとして好き。
君も普通にいい女なんだからいい相手と幸せになってほしい・・・と思ってしまうのです。

そして、どうやら熊田さんが受けで、日向君が攻めっぽいのが衝撃的。
実際にやっちゃうところまでやったら逆に引いてたかもしれんので正解か。

単に面白いだけでなく「その後の彼ら」を想像する余地と素材が十二分にあり、
書かれてないこと自体がいいような気がする神作品です。

5

おバカ攻と隠れインテリ?の受

中卒おバカさんはよく見かけますが、この攻、大川くんはなんと小卒。あと三年間あったはずの義務教育をスルーしちゃった子です。
だからでしょうか、難しい言葉を使うとか、取り繕うとかいうようなことはしません。何ごとにもストレート。好きなら好き、です。
印象的だったのが彼の、
「すきってなんで2文字しかないんすかね…………そんな簡単な…きもちじゃねえのに」
という台詞。はあ、確かに。と納得しました。でも、二文字しかないからこそ伝わるし、また大川くんの場合は「小卒おバカ」という設定つきなので相乗効果でキュンキュンです。
「バカでも言えるように2文字なんじゃねえか?」という熊田さんの返しもいいです。
また熊田さんから落語家に切り替わる瞬間がかっこいい。ギャップ萌えです。
後半、アヤという女の子が絡んでくるのですが、それが切ない。ほんの小さなことで、恋が叶うか決まってしまうという。
合間合間の作品解説ページも面白いです。後書き好きにはたまりません。
表題作以外も、笑えたり、切なくなったり。
一本目の「あかぎくのうた」は特に物悲しい空気が流れており、胸が痛い。
こんなかんじで読後感もいいので、カバーをめくるとちょっと後悔するかもしれません。

2

カッコ悪くても男らしい男たちを描くのがうまい

「傘を持て」でたうみさんを知り、東京漫画社の2冊(本作と「恋と罪悪」)でさらに好きになりました。
いま流行っているような分かりやすいBLに慣れ親しんでいる読者(私含め)は、たうみ作品に関しては「傘を持て」→「恋と罪悪」→「隅田川心中」という感じに発刊順に逆らって遡っていくといいかも。
この時代の東京漫画社らしい雰囲気だなって思います。読み返す毎にじわりじわりくる感じ。好きです。


「あかぎくのうた」
愛の歌が聴く者の胸に響くのは──
愛の歌っていうのは結局のところ哀の歌なんだろうなって思う。
満たされてしまっては歌えない哀の歌。
さらりと切なく、あとを引きます。
アルバムの1曲目と同じで中盤に置いていたら埋もれたかもしれないけど、1番目に置いてあることでとても綺麗に映えたと思う1編。
そしてなんと、これが作者が初めて描いたBLだそうです。暗い…!暗いよたうみさん…!(好き♡)

「赤と青」
小さい頃にちょっといやらしい事をし合う仲だった兄弟のお話。
仲良しが行き過ぎて距離の近付き過ぎた兄弟が思春期になって距離を取るって話が私はどうやら大好物なようで。笑
幼馴染とかでもいいんですけど、やっぱひとつ屋根の下にいる兄弟の方がね、萌えます。(変態ですまない)
おバカな2人、お幸せに♡( ´艸`)

「なでしこGALAXY」(全2話)
アイドル業界モノ。
暗め、地味めで淡々と綴られるトーンが多いたうみ作品の中ではなかなかコミカルに振り切ったお話でした。
アイドルというには若干絵柄に華が足りない(失礼)気もしますが、キメ顔ON/OFFで笑わせてくれる脇役の樹ちゃんがアイドルの華部分は無理やり背負ってくれてますw
どこまでも男らしいあずさちゃんのキャラに惚れ♡
ナオトが尻に敷かれるのは目に見えていますが、それぐらいでちょうどいいのでしょう♪
エッチシーンないけど、あずさ×ナオトだよね?と勝手に思っています。

「隅田川心中」「ごまとまぬけと」「三千世界の鳥を殺し、」「宮戸川心中」
インテリっぽいのに掃き溜めみたいな場所でチンピラよろしく生きている人生迷子の〔熊田〕と、頭が弱くて流れ着くべくして流れ着いた感じのおバカチンピラ〔大川〕。
落語を題材にしたチンピラ2人の人生劇場、という感じでしょうか。
雲田はるこさんの「昭和元禄落語心中」を読んで以来、落語=お笑いってイメージだったのが落語=ロックだなって思うようになったんですが、そんな私の勝手な落語のイメージにちょうどハマるようなお話でした。
大川みたいな奴が好きなんです。真理をサラッと言う。
手を取り合って掃き溜めからの逃避行。
「傘を持て」、「恋と罪悪」、そして本作。たうみさんが描く「人生は駆け落ちだ!」みたいな作風がまたこれロックで良いのです。
逃げて流れた先は、熊田の元いた居場所「寄席」(熊田は元落語家)。話は粋に転がっていきます。
女の子を主人公に置いて描かれる「三千世界の鳥を殺し、」が何気に一番グッときたなぁ。

カバー下は「男らしい♡(キュン)」から「漢らしいー♡♡♡(ギューン)」にパワーアップしているあずさちゃん(とナオト)でした♡
エッチシーンないけど、あずさ×ナオトだよね?と勝手に思っています。(間違いない)

【電子】シーモア版:修正-、カバー下○、裏表紙×

2

みみみ。

leeとsoupさま
「いただきますとただいまと」まだ読んでないです!
とびきり魅力的な脇キャラ…どんなキャラなのかな??次それ読んでみます♪
こちらこそコメントありがとうございました。嬉しかったです!

みみみ。

leeとsoupさま、はじめましてですね!
コメントありがとうございます^^傘を持てで印象的なレビュー書かれていた方だ〜!と私いま密かに喜んでおります。
触れてないけど、このよのはじまり〜も好きです!
私は、あちらは少しメロドラマ色が強いところに麗人っぽさを感じて、これはこれで違った雰囲気のたうみさんだわ♡なんて思いながら読み終えておりました。
たうみさん良いですね。まだ全部は読みきっていないので次は何読もうかなぁ〜とスローに楽しんでます♪
BL作家さんが描いてくださる落語の世界って男の生き様!みたいな描かれ方がカッコ良くって、いつの間にかそんなイメージになりました。ロックです!

こんな話が読みたかった!

 基本お馬鹿なんだけど深イイ台詞が満載。かっこいい男が素敵な台詞を操るドラマチックな物語も良いですが、不完全な男の飾らない言葉と生き方のほうにより多くのロマンを感じてしまいます。
「不器用ですから」
妥協しないから器用には生きられない、そんな男がたまに見せる「本気」に惹かれる短編集でした。

◆『あかぎくのうた』
 小説家の卵・更科と、ふすま一枚隔てた隣に住む歌手の卵・江島。
「君を愛してしまった。だから歌えない」「愛とは なんぞや」
夢を叶えた2人がオッサンになった頃に、また会えるといいなと思いました。
◆『赤と青』
 ――この世の全ては意味の無い事ばかりで。
兄に勝とうともがく弟と、常に我が道を行く兄。自分の気持ちに気付いた時、意味にも気付く。17才の弟の脱皮シーンが鮮やかでした。
◆『なでしこGALAXY』
 アイドル×女装俳優。順風満帆だった俺様アイドルが腹黒な女装男に振り回され、踏んばる話。萌えコンビです。
「俺の技なら3分だ。右手…貸そうか?」「じゃあ借りるわ」「え」
◆『隅田川心中』『ごまとまぬけと』『三千世界の鳥を殺し、』『宮戸川心中』
 表題作シリーズ。元・噺家と小卒のチンピラの「そうだ釣りに行こう」的な話。挫折があって充電期間があって再生して。
「すき って……なんで2文字しかないんスかね……」
「バカでも言えるように 2文字なんじゃねぇか?」
インテリ×お馬鹿のやりとりがほっこり笑えて、まさに落語のようでした。

1

キラキラ エロ萌えないけど、好き

たうみ先生の「傘を持て」がすばらしくおもしろかったので、今回先生作品4作読みました。

うち、本作と「指先の染み」がおもしろかった。

短編4本。
特に表題作が好き。

細かいネタで笑いながら、萌え少なめでどうかな〜と思っていたら、ぐいっと刺さる場面がくるのがさすがうまいなと。

BL的なのとそうでない、ぐいっと、があり、根底でぐぐっとやられる感じが、もうたゆみ節と言っていいのではないかと。

落語を題材に話の展開が秀逸だと感じた。

熊田が魅力的ですね。
ありゃ、たらしだな…と思うけど、意外と大川ががっつりホールドしていてそこもおもしろい。
熊田はフラフラしているとあの女の子みたいに辛い目に合わせちゃうだろうから、大川に捕まっていたらいいんだよ、2人でラブラブしておくれ、と思いました。

他3本もそれぞれ味がある。

いわゆるキラキラな派手さなく萌えエロ薄いので、人を選ぶのかもですが、私は好きです。

1

カタログでみて

ライバルカタログにのっていた、なでしこGALAXYをみて、

続きが気になってた作品でした。

女装しる女優日向あずさ(日向辰吉)とアイドルの木野ナナトのはなしです。


人気女優が実は男っっ、ってすごい設定だと思いましたっ

顔は女顔で超可愛いくせに、腹黒で、男前です。

ナナトを追って女装してまで芸能界に入ったとかすごい一途で可愛いんです。

腹黒なのに、一途で、遊び人ナナトを好きってゆうのが良いっっ

どっちも頑張ってほしくなりましたっ

他にも沢山短編があるので、是非読んでみてください

3

毎度ばかばかしい噺ではありますが

落語モノって聞くと読みたくなります(*´Д`*)ノ
BL云々にかかわらず、落語話が好き。ブーム?

全体を通して、短編集の寄せ集めと言う感じです。
コミカルな部分を含めても、雰囲気やっぱり東京漫画社さんだな~という作風にまとまったんじゃないでしょうか。
代表作の「隅田川心中」
元落語家の熊田さんと~な御話。
攻守に関しては、まぐわってないので、どちらと言えずというところですが、個人的には熊さん受でお願いしたいところ。
黒髪で、長さ、ひげ、結び具合。
大好きです(´∀`*)ウフフ
自分でもあの髪型にしたいんだよね。
似合わんのだけど。

キャラクターとしては、なでしこ~の日向クンが好きです。
男前wwあの男前を分けてほしい。
男前のなかに、かわいい部分をあふれ出させているのがまた。
この、なでしこ~に関しては、テンポもかなりいいので面白いんじゃないでしょうか。雰囲気残したままなので、妙に飛び出しきれないのが残念かなと思う面もありますが。

赤と青~は、兄弟愛。
お兄ちゃんが実は大好きな弟と、弟大好きで、超がつくほどのヌケさくっプリが良い。
BLという意味では、違うかな~という感じもありますが、こういうのもいいなと思う

2

さりげなく上手い

最近よく見かけるこういう感じの画風。ちょっと不器用ぽい絵柄というのでしょうか。私は嫌いじゃないですが!
この作家さんの作品は初めて読んだのですが、よく見ると、雑っぽく見えて実は繊細な線。そして、体のバランスとかもちゃんとしてて、実はかなり上手な絵を描かれるという意外性にとても惹き付けられました。

お話は、8話4種類。4話が表題作シリーズです。あとは前後編の芸能界モノと兄弟モノ1話と昭和の香りのする佳作が1話。
この昭和の香りのする作品が「あかぎくのうた」なんですが、切なくてとても良い。こんな短い作品なのにドラマがあります!薄暗い昭和中期の匂いがちゃんと感じられるのです。
もっと読みたい。この2人くっつけて欲しいよ!!
小説家志望の着流し眼鏡×可愛い歌手(夜の花?)です。一応学生だったのね、2人とも。

次に気に入ったのが、芸能界モノ「なでしこGALAXY」。
ハンサム街道まっしぐらで人気アイドルになっちゃった、ちょっと性格悪めな木野ナナトはナンパぐせのある女たらし君。ある日収録現場で出会った清純派実力女優の日向あずさをナンパしてキスまでしちゃいます。
が、その「女優」は実は中学の時の同級生、日向辰吉(男)だったのです~。
その可憐な容姿とは裏腹に”漢”な辰吉君がいい感じです!可憐な演技に騙されてキスしちゃったナナトの手をぐいっと掴んで「オラ初愛撫も済ましとけ」と自らの股間に持ってくる場面は最高です。普段はランニングに短パンのオヤジだし。
最初はドラマの話題作りもあって、嫌々付き合っていたナナトですが、辰吉の漢らしさに「キューン」としちゃってます!が、多分ヘタレ攻(ナナト)×男前(辰吉)受です!これも続きが読みたいわ~

そして表題作「隅田川心中」。
タイトルは心中ですが、BAD ENDではありません。
でも、最初はちょっと怖かった。釘バットで人を容赦なく殴る熊田とか、組織から逃げる熊田と大川とか。
ただ実際あそこまで深く関わっていたら、そう簡単には逃げ切れないと思うんだけどなー。同じ都内にいるし。まぁ、そこは甘くても全然いいんですけどね!2人が幸せな方がいいから。
個人的には、熊田の元兄弟子の落語家地蔵亭ニ徳さんと師匠の話が読みたいなぁ。(カップルねつ造)
しかし、最初は熊田×大川だとばかり思っていましたが、また落語界に戻った熊田の様子を見ると、どんどん受け受けしくなっているんですよね・・・。あご髭君なのに。頬染めたりして、可愛くなってきて・・・
最後の描き下ろしではとうとう・・・

ということで、全体的に切ない感じのお話が多い作品でした。
「なでしこGALAXY」が気に入った方は、カバーをめくって見て下さい。
辰吉君に惚れること必至です♪

2

多分これは愛ではなく

この本に納められている関係を愛だなどと
言ったら塩どころかゴルフボール大の岩塩を
容赦なくぶつけられそうな、そう言うつるみ合い
ばかりを描いた短編集と受け取りました。

つるみ合い、正につるみ合いですね。
傷を舐め合うという状況よりは少し心が近いけど、
それでも愛と言い切るには些か足下が危うい、
そう言う関係。
その中でも表題作の一連は一番ボーイズラブに
近いんじゃなかろうかと。
現代を描いている様な、そうでない様な不思議な
時間軸にいる感覚を味わえる一冊かと思われます。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う