コミカルチェリーボーイラブ

二十六年目の恋人

二十六年目の恋人
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神23
  • 萌×215
  • 萌12
  • 中立3
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
16
得点
214
評価数
54
平均
4 / 5
神率
42.6%
著者
高尾理一 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
カワイチハル 
媒体
小説
出版社
アスキー・メディアワークス(角川グループパブリッシング)
レーベル
B-PRINCE文庫
発売日
価格
¥640(税抜)  
ISBN
9784048678070

あらすじ

「君の初めてを、私がもらうんだ」
凡庸な社員の瑞貴は、実は25歳で『童貞』の絶滅危惧種。そんな瑞貴の想い人は、社長の日下部。憧れの日下部に、童貞だとバレてショックを受けるが、気づけば薄桃色の乳首を何故か弄られるハメに!! 本当の快楽を知らない瑞貴の躰を征服せんと熱心に誘う日下部は、瑞貴の思いのほか淫らな躰にのめり込むが、イマイチ気持ちの相互理解が得られてないようで?? そんなコミカルチェリーボーイラブ
出版社より

表題作二十六年目の恋人

テクノシステム社長 バツ2の37歳 日下部聡介
仕事はできるが乙女な童貞社員 25歳 海野瑞貴

その他の収録作品

  • 愛と試練と妄想と
  • あとがき

レビュー投稿数16

何度吹き出したことか(≧▽≦)

 ともかく、大爆笑させてもらいました。
何度読んでも新鮮な気持ちで吹き出して、腹筋ぷるぷるです。
家族から「何読んでるの?」と危険な質問されると困るので我慢と思っていても笑いが〜(^o^;)

 受け様の瑞貴は、妄想たくましく生きてきた童貞の25歳。
攻め様は、瑞貴が一目惚れして片想い中である社長の日下部。
瑞貴にとってトップシークレットの『童貞である』を、日下部に知られた事から発生したあれこれで、憧れの日下部と一緒に食事をすることに。
約束の時間に、車の側で待つ日下部に瑞貴が走り寄るだけで、タックルをかましている結果に、吹き出すしかない(^○^)

 そんな調子で、ともかく瑞貴の残念なドジぶりやテンパリ具合が、私の笑いのツボを直撃。
加えて、瑞貴のめくるめく妄想も、楽しかった。
そうよね、楽しんでこその妄想よねd(^-^)

 瑞貴の言動だけでなく、先生の発する文章にも笑いました。
頼りになる先輩の高山に相談したくてもできないジレンマを『知恵袋が立っているのに活用できないもどかしさ』なんて(≧▽≦)
先生の表現力にも拍手で大笑いさせてもらいました。

 2人の恋模様も、楽しかったです。
受け攻め両視点で書かれているので、瑞貴がどんどん気になりだして、独占欲や執着心を強くしていく日下部の心情ににまにまです。
ただ、なんというか、日下部はカッコつけというか、めんどくさいというか。
ホント、間抜けでろくでもないわ〜( ̄▽ ̄;)
無事恋人になれたのも、高山と西沢のナイスアシストのおかげですね。
瑞貴にとって二十六年目にして生まれて初めての恋人。
これからも2人で大いに妄想を楽しんで、イチャイチャしとくれね。

 イラストは大好きなカワイチハル先生。
お花畑な瑞貴やえちシーンでの色気漂う瑞貴、男前な日下部、堪能させてもらいました。
瑞貴のピンクの乳首に日下部の鼻先をちょんとしてるシーンのイラストは眼福です。
その後の展開を、私も十分妄想楽しませて頂きました。
そして、口絵もえっちぃです。
その口絵が描かれている裏表紙も当然です。
表紙がかわいいだけに、裏返して慌てて周囲を確認しちゃいます。



3

本を読んでいてこんなに楽しい気分になったのは久し振りです

どんくさい受けも、平凡な容姿の受けも、あまり好みじゃない…
のにこの作品は頭からラストまで余すところなく楽しめました!
何故かというと受けがすごい。ものすごい。
まっさらの童貞処女で、童貞コンプレックスと妄想癖があって、
おどおどしてるかと思えば童貞をバラされたくないあまり
先輩を水虫の禿げだと言いふらすと脅し始めたりw
嬉しくて泣き、悲しくて泣き、恥ずかしくて泣き、
ちょっと目を離しただけで迷子になるわ転ぶわ動揺しすぎて暴走して自分は童貞だと叫ぶわ
二週間大好きな攻めと離れてただけで泣いて再会を喜ぶわ
もうなんというかものすごいw
面白すぎるし可愛すぎます。
というわけで最初はやや引き気味だったノンケだった攻めの社長も
どんどんメロメロになっていくんです
こんなに面白くて可愛い童貞がいたら聖人君子か相手持ちじゃない限りペロッといきたくなるよwと納得

いけすかないモブは出てこないし、脇キャラは受けを面白がってるけど良い人だし、
受けはどんくさいところがあるけど仕事は出来るし(実際に仕事をしてる場面はないですが…)
抱かれて処女喪失しても相変わらず面白いままだし
攻めはどんどん受けにハマっていって最後は家まで買ってくるし
こういうお話を読みたかったんだ!!と万歳したくなりました
受けの乳首の描写もとてもよかったです
攻めは受けの素晴らしい乳首がお気に入りで、
口に含んだまま寝ることもあるそうなw いいですねぇ
イラストもお話にとてもよく合っていて、素敵でした
シリーズで読みたいくらいなのですが一冊で終わりみたいで悲しいです
文句なしの神作でした

2

しゃちょーーセクハラはだめっすよ

なぜかこの本が手元に。
高尾先生が好きなので、それで半分寝ぼけながらgetしたと推測。

すいません、みなさん とっても楽しんでおられるようなんですが、
申し訳ないです、ちと低評価・・・
コメディ あんまり好きじゃないんです。
この受けさんのように 賑々しいのは特に苦手(TT)
失敗した。

それから37歳会社しゃちょーは 自社の社員に手を出さないとおもうー
と身も蓋もないことを思う訳。
いやぶっとび設定、ぶっとび受けなんで、いいんだ! と思う気持ちも
あるのですが、やっぱ社長たるもの、社員と会社を守ろうよう。
ということで、今一つ盛り上がれなかった私でした。ぐっすん。

0

笑えて、萌えられる

すごく良かったです。ノリが楽しくて最後まで一気読みしました。
高尾さんの作品は一部でコミカル、皮肉に富んだものが多くクスクスと楽しめるものが多いのですが、これもそんな感じでして、主人公・瑞貴が童貞でゲイで泣き虫でどこか的を外した回答をするのが楽しく、それでも絶対に不可能そうなノンケの社長を見事に落としてしまうまでのやり取りが明るく笑えて全然飽きずに最後まで読めました。本当に楽しかった。

いいお話だった、とかストーリーが良かったとかでなく、読んでいる間、会話、やりとりが楽しい!と思える作品です。
しかし、最初は日下部が全く瑞貴に興味をもっておらず、しかもノンケで会社社長という難解なスタートです。
反対に瑞貴は社長に一目惚れしていて、憧れの存在。最初こんなにマイナスから始まるのも珍しいのですが、だんだん日下部のほうが瑞貴にはまっていきます。それに納得できるくらい、瑞貴というキャラクターが面白おかしいです。

コミカルでテンポがいいのは高評価ですが、ストーリーはつじつまの合わないところも多く、もう少しスマートにまとめられたらもっと良かったかも。すれ違いが多くヒヤヒヤします。プライドの高い日下部社長の考えていることがわかりにくい。
「あなたが好きだ」と瑞貴が言ってるのに、「なぜ俺じゃだめなんだ?」というのも何だかおかしい^^;

脇キャラカップルがとてもナイスなフォローをしてくれるのですが、このカップルスピンオフか何かなのかな?と思うほど水面下で動いてる感じがしました…この二人の説明ももっとあれば良かったかも。
表紙は乙女チックな感じがしますが、中身は笑えて明るい気分になれる良作だと思います。

1

おなかを抱えて笑いました

夜中に声を殺して笑いました。おなか痛い!!
落ち込んだ時、励まされたいとき、何も考えずに笑いたいときに読みたい本のリストに加えたいです。

天然で純情で妄想力抜群な瑞貴くんのファンになりました。
このまま生涯童貞のままでいて天使になるのだと宣言したり、だけどめくるめく官能の一夜を経験してみたいなんて野望も抱いてもいるってとこが面白い。
そんな、夢見がちな瑞貴の魅力にいつしか囚われ、一度は逃げ出したにもかかわらず逃げ切れず覚悟を決めるのはバツ2の社長37歳です。

二人の妄想によって出来上がるストーリーを基にした会話がまた面白い。
社長も笑いながら煽ったりするから加速度的に展開します。
瑞貴が出向中に社長が若い新入社員と浮気して、出向先で部長に優しくされよろめく自分…とか。
無駄にたくましい妄想で泣きそうになるのも可笑し過ぎ!
社長もだんだん妄想力が育ってきてそんな瑞貴に付き合えるのは彼しかいないと思わせるほどふたりのやり取りが面白いんです。

下心も裏表もない正直でまっすぐなところが、駆け引きばかりの社長には癒しだったりするんでしょうね。

社長とエッチして童貞にさよなら…と思いきや処女喪失はしたけれど永遠に童貞からは卒業できないって社長に言われてがっかり。
でも結局天使にも妖精にもなれないってことですよね!?

社長秘書と瑞貴の先輩(高山)のカップルの話がスピンオフされたら絶対読みたいです。
世話好き会社員×腹黒クールビューティー秘書 かな なんて思ってますけどどうかな。

今まであまりなじみのない作家さんでしたが、文章力があって楽しませてくれます。
他の作品も読んでみたくなりました。

1

笑いあり涙あり妄想あり

何度だも読みたくなる1冊だな、と読後一発目の感想です。
純粋なお話が読みたい!でも、シリアスは苦手!
という方には是非オススメしたい本です。
最後まで笑いありで、でもお互いを想い合う純粋なお話で、読み終わりは幸せのホクホク感が残りました。でも1人で居る時に読むのがオススメですが。
瑞貴が決して純粋生娘ってわけでもなく妄想が結構際どかったりもするのですが、発言や妄想の行き着く先が童貞であるが故に経験がないからと面白くなってしまう辺りがすっごく可愛くて、大好きなキャラです。
瑞貴に振り回される日下部さんの気持ちが分かってしまうくらい、何でも許せる可愛さを持ってます。

笑って素敵なお話が読みたい方は是非!読んでみてください。

1

もっと妄想アピールを!

この作者さんの作品は初めて読みましたが…面白かったです!

表題作は瑞貴(受け)目線で進むのですが、この主人公が良いキャラです。妄想好きなキャラは他の作者さんの作品でも読んだことがありますが、発想が楽しかったです。ことわざのブタとネコを気にするところとか、日下部(攻め)との会話も楽しかったです。全く想像がつかないからと妄想をスキップするところは、我が身におきかえて納得しました(笑)
もっとあらすじで妄想キャラだというのをアピールしても良かったのでは。

日下部がすぐに手を出さず、また出した後でも葛藤したのも良かったです。コミカルテイストだからってそこは踏まえて欲しかったので満足でした。

同時収録の「愛と試練と妄想と」は題名から瑞貴目線だと思ったら、日下部目線で、瑞貴にメロメロな様が楽しかったです。

そして余談ですが、高山と西沢のCP、どっちがどっちなのか気になります!

2

この本に高い評価をいれて下さった皆様、ありがとうございます。

先日読んだカワイチハル先生の漫画に魅了され、先生の絵をもっと見るために、先生がイラストを描かれている中で一番評価の高かったこの本を買ったのですが、話も大変面白く、最近私が読んだ小説の中では一番でした。

私がこの本を読めたのは、先に読んで評価して下さった皆様のお陰です。有難うございます。

イラストがカワイ先生でなかったら、こんなに面白い話を読まずに済ませるところだったと思うと怖いくらいの気持ちです。

高尾先生のほかの本も注文するつもりです。

本音は「萌×2」ですが、読み逃す人が一人でも減ることを願い、「神」に致しました。

5

おっかしくて、にやけっぱましでした。

面白かったーーー!
『お侍、拾いました。』の高尾さんですが、もだもだ攻めじゃなくても、すごくよかったですよ社長攻め。
主人公は25歳の会社員瑞貴君。ゲイであることよりも童貞ということに強いコンプレックスを持っています。
今時めずらしく純情で、お人好しがゆえに頼まれる仕事も多く、それをしっかりこなしていて、引く手数多な瑞貴君。
そんな彼の唯一の趣味は…妄想(笑)
入社前の面接時に一目惚れした日下部社長(バツ2子供なし)と、どうにかなるわけもないとわかっているからこそ、妄想たくましくしているわけですが、それがひょんなことからどうにかなってしまうのです。
その「ひょんなこと」というのが乳首なんです、ええ。
瑞貴君が酔い潰れてしまったのを介抱する羽目になった社長が、はだけたシャツから垣間見えた彼の乳首にムラムラしたのがきっかけだったというね(笑)
ビシッと隙のないデキる社長、しかもまるっきりなノンケのくせに、色香漂う美青年でもなんでもない、どっちかというとちょっとダサめな瑞貴君の無垢な乳首を舐めたいと思ってしまう辺りが、変!
メソメソすぐ泣く受けって嫌いなんですが、なぜ瑞貴君にいたっては可愛い思ってしまうのか私よ。
ドジっ子で天然でイラッと来そうなキャラなのに、微笑ましく思えてしまうところが、高尾さんの腕だなあ。
社長が徐々にほだされるのも頷けるし、ドン引きしてもおかしくない暴走気味の妄想を聞かされても、まったくこの子は…と、社長がなってしまう魅力がたしかにあるんですよ瑞貴君。
天然ならではの受け答えもおかしく、社長に好きな「料理」を訊かれてるのに「ウインナです!」と元気よく答えたり、「めくるめく官能の夜を経験してみたい」だとか「清らかなまま死んで天使になる」なんてことを静かな店内場で大声で言ってしまったり、次々出てくるこんなセリフに何度吹き出したことか。
終始ニヤニヤしっぱなしで読んでしまいました。久々にBLでこんなに笑ったなあ。
「ぜっったい家で読むべし!」と帯に注意書きが必要です。BLは家でしか読まねえか。

5

妄想の匠

帯に「めくるめく官能の夜を」と書いてありましたが、待っていたのはめくるめく笑いでしたw
いや、ほんとに面白かったです!
真面目にがんばればがんばるほどドジを踏む、すぐ泣くし妄想垂れ流しだし童貞だし…なんていいところなんてなさそうな主人公の瑞貴なんですが、何事も極めれば匠の技のようにすばらしい物になるように突き抜けてしまえばそれはもう魅力です。
そんな瑞貴にはまってしまう社長の日下部の気持ちは分かるけど大変そうw
でもそれを楽しんでいるんだから二人はいいカップルです。
日下部が瑞貴の体に興味を持つ切っ掛けが、乳首という辺りも乳首スキーにとっては嬉しいポイントでした。

ただ一つ不満があるとすれば、脇役二人の話が気になりすぎることでしょうか。
日下部と瑞貴の愛と試練と妄想の日々の記録も面白かったんですが…書き下ろしはぜひあの二人にして欲しかったー!
瑞貴が芸能リポーターのように食い下がり、すべてを根掘り葉掘り聞き出して欲しかった!
…と、こちらも妄想がたくましくなる一冊でした。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う