ゴールデン・デイズ(1)

ゴールデン・デイズ(1)
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神12
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
60
評価数
12
平均
5 / 5
神率
100%
著者
高尾滋 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
白泉社
レーベル
花とゆめCOMICS
シリーズ
ゴールデン・デイズ
発売日
価格
¥390(税抜)  
ISBN
9784592181965

あらすじ

異様に過保護な母親に反発しながら暮らす、高一の相馬光也。そんな彼が心の拠り所にするのは、バイオリンと、入院中の祖父だけだった。しかし、その祖父の容体が急変し、病院へ駆け付けた光也は突然の地震に襲われて…!?大正タイムスリップ浪漫第1巻登場!!

表題作ゴールデン・デイズ(1)

春日仁(たぶん)
相馬光也(たぶん)

その他の収録作品

  • ゴールデン・デイズ第1話
  • ゴールデン・デイズ第2話
  • ゴールデン・デイズ第3話
  • ゴールデン・デイズ第4話
  • ゴールデン・デイズ第5話

レビュー投稿数2

あれは彼らのいた景色だった

本日、ちるちるさんの「た行の作家一覧(作家紹介)」で
高尾滋さんのお名前を発見し、チェックをしてみたら。
なんと!この作品が全8巻、登録されていて吃驚しました!!
ここでも感想を語ってもいいのか…と、嬉しさでいっぱいです。

よし!張り切って感想を書くぞ!と。
ただいまコミックス1巻を手元に置き、読みながら感想を書いているのですが。
この作品が好きすぎて、なかなか上手く文章が書けません。

まず本を開いた初っ端。
「雨上がりの土の匂いが好きだ」で始まる抒情的なモノローグに、
早くもノックアウト。これから始まる物語への期待が膨らみます。

主人公・光也は訳があって異様に過保護になってしまった母親に反発しつつ、
現代を生きる少年。彼の心を支えていたのがバイオリンと、入院中の祖父でした。
そんな敬愛する祖父がふと漏らした「ずっと悔み続けてきたこと」。

『もしも時が戻るなら …あいつをきっと 助けに走るのに』

祖父の悔恨の念が奇跡を呼んだのか?
光也は祖父が若かりし頃の大正時代にタイムスリップし、
祖父が助けたいと願っていた春日仁に出会います。

タイムスリップしてきた光也と入れ替わるように、姿を消した祖父(慶光)。
慶光として大正時代を生き、仁と、そして彼らを取り巻く人々と関わることになった光也。

光也と母親の関係は精神的に痛いですが、
今回のトーンは全体的にほのぼのとしており、どちらかというとコミカル。
コミカルとシリアスの配分が絶妙というか、上手いです。

この1巻では登場人物たちの顔見せに、今後の伏線をちらつかせ謎だらけ。
読者は「この先どうなるの?!」とわくわく・どきどきするのは必至。
感動的なドラマの幕開けです。

6

大正タイムスリップ浪漫

まさかこの作品がここにあるとは!!
少女漫画とかの枠に捕らわれて欲しくない作品です。

突然の地震で大正へタイムスリップしてしまった光也は、大好きな祖父の悔やみ続けた過去を、変えられるのか?

過去の事件から、母親に過保護に守られる主人公光也。
異人の子だと、避けられてきた仁。
この2人が出会い、変わる運命。

祖父が変えたかった過去や、登場人物それぞれの想い。

全てがゴールデン・デイズなのだと、是非読んで考えて欲しいです。
涙もろいわたしには、涙腺崩壊の神作品ですw

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う