無器用なのは愛のせい【BLCD】

無器用なのは愛のせい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
11
評価数
4
平均
3 / 5
神率
0%
著者
イラスト
媒体
BLCD
作品演出・監督
阿部信行
脚本
佐藤拓
原画・イラスト
蓮川愛
オリジナル媒体
小説
CD発売会社
リーフ出版〈CD〉
収録時間
79 分
枚数
1 枚
ふろく
ミニドラマ8cmCD(公式通販特典)・ブックレットに書き下ろしSS有り
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

生徒会副会長の夏樹は密かに生徒会長の利明に恋心を抱いていた。
夏樹はある日、校内の備品チェックに回ってる最中についシャッターを切ってしまった写真をネタに利明に脅され無理やり身体を繋ぐ関係に。
それ以来、利明の命令に応じて身体を開く夏樹だったが、好きな相手との心の通わない欲望を押し付けるだけの関係に疲れていた。
そんな中、後輩の近見にまでその写真の存在に気付かれてしまい…。

表題作 無器用なのは愛のせい

各務利明 → 遊佐浩二

相川夏樹 → 野島健児

その他キャラ
近見[近藤隆]/ 水木[山中真尋]

同時収録作 7月7日

各務利明 → 遊佐浩二

相川夏樹 → 野島健児

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

お話はアレだけど声は大満足!!

原作未読。
声優さんの演技は文句無しの素晴らしさです。

が、
話の組み立てが稚拙。薄っぺらくて深みなし。
傲慢vs強情で意地張り合ってどっちもどっち。
双方に魅力がないから言ってることが深く刺さってこない…。

というのが正直な感想です。
こうしたいという流れにお話を無理矢理くっ付けたような印象。

心の中では両想いだった二人が誤解からの脅しで関係性が変わり…ようやく互いの気持ちを確かめ合ったと思えば片方が浮気で片方は寂しくて逆に連絡とれなくなり自然消滅…って全然共感できない。
ただ後悔を引きずりつつ別の相手と付き合いつつも別れたところで偶然再会。仲直り。関係戻してやっぱりお前が好きだって…どう見てもぶっこみすぎじゃないですかね?
学生時代と社会人、どっちかに焦点を絞ってじっくり聴かせてくれた方が良かったと思います。

それぞれ性格に難アリとしか思えないし応援したいと思えない。
この二人また同じこと繰り返すぞ…としか。

最後のオチだけ甘すぎて正直ゾワゾワきました。

と、厳しめに語ってしまいましたが、弱み握られ攻めにマウントを取られて言いなりにならざるをえない野島さんの演技がさいっっっっっこうでした。
ド好みでした。こういうのを求めていたからストーリーがどうであれ大満足です。

一瞬でも素直になり吐き出してしまえばなんとかなりそうなものの酷い現状を維持することを選び言われるがまま体を差し出している…良さしかない。
不幸キャラ演じる野島さんの演技にはいつもゾクゾクさせてもらっています。
そんな無理矢理エッチは3回あります、御馳走です。
そういうのを求めている方にはオススメします。

そのシーンだけリピしまくりなのでそこの点では神評価なのですがストーリー分を引いて萌2にしておきます…。

フリトは遊佐さんが野島さんのことを君と呼んだことにキュンときました。

0

「傲慢で冷徹で残忍」なドSとドMのコンビ(笑)

実はこのお話、最初の時点から気持ち的には2人とも両想い。
利明もずっと夏樹のこと思ってて。
ただ、夏樹が撮ってしまった写真が原因で勘違いして脅すような真似しちゃうんだけども。
どうせ軽蔑されるなら、心が自分のものにならないなら、身体だけでも…って身体を繋ぐんだけど、それではやっぱり利明自身満たされなくて。
それでも、この関係をやめられなくて。
いくら酷いことをしてみたところで、もう軽蔑されてるんだから一緒だろうと思って。
そんな無理やりに繋ぐ関係だから夏樹は泣かされてばっかり。
フツーに乱暴に扱われて泣くこともあるし、そういう行為が終わって1人になってこの関係の虚しさに泣くこともある。
夏樹としては、その写真があるから軽蔑して抱くだけで利明はノーマルだと思ってるからホントの気持ちも言えない。
そうやって2人の歪んだ関係は続くんだが、あることがきっかけで、もしかしたら自分が思い違いをしていたのかもしれないと感じ始める。

のじーの泣きが可愛いんだよね。
基本的には凛としたみんなからも憧れられる副会長さまなんだけども。
利明の一言一言(というか苛めるような言葉なんだけども)に反応して強情を張りつつも戸惑ったりしてる様子がもうたまらんっ!
相手役の遊佐さんも普段はスゲー男前というか傲慢な感じのイイ声なんだが、最後のお互いの気持ちをちゃんと伝えるシーンではもう声が優しいの。

「7日7日」
2人が社会人になってからの話。
高3から4年ほど付き合ったけど別れてしまった後の話で。
利明はその日、今の恋人と別れるために嘘の理由として夏樹とヨリを戻したいと言って。
そうやって言ってるうちに本当にヨリを戻したくなってきて。
恋人と別れて飲み直すために入った店で夏樹と再会する。
夏樹は夏樹で結婚することになった恋人とちょうど別れたところで。
別れるところも見られていて。
利明は昔、言葉が足りなくて壊れてしまったせいもあったので、自分の今の気持ちを素直に伝える。
夏樹はまだ気持ちの整理がつかないからと断ろうとするのだが利明は離そうとしなくて。
結局、2人は今度は壊れないように添い遂げることを誓うってなお話。

やっぱりのじーが可愛いです。
再会して言い寄られて手掴まれてキョドってるとこが。
こういうオロオロしてるのじー好きです。
ホント可愛い。

キャストトーク。
始まり方はお決まりの「はい、というわけで」ってのはつまんないってことで「ねぇ?」で始まりました(笑)
遊佐さんは「傲慢で冷徹で残忍」なドSらしいです。
でもって、のじーはドM!

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ