ふしだら者ですが

fushidaramono desuga

ふしだら者ですが
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×211
  • 萌20
  • 中立2
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
16
得点
121
評価数
38
平均
3.3 / 5
神率
7.9%
著者
中原一也 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
小山田あみ 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
リンクスロマンス
発売日
ISBN
9784344818385

あらすじ

冴えない公務員の皆川は職場の女性からは空気扱いだが、実は男には異様にモテ、老若男女を喰い散らかしている魔性のゲイで…。
(出版社より)

表題作ふしだら者ですが

いつも受様の尻拭いをする甘党の幼馴染・高森圭一
地味なのに男に異常にもてる魔性の公務員38皆川修平

レビュー投稿数16

表紙に惹かれたけども

表紙の気だるげな男の色気と
幼なじみのリーマンもの!という点が気になって読んでみました。

表紙とあらすじから想像できないコミカルさ!
妖精にかけられた魔法(呪い?)で
同性に取り入れられるようになってしまうって!
まさかのファンタジー要素に驚き。
ホイホイ流されて毎度トラブル。笑っちゃうくらいひどい(笑)
そのたびに手助けする羽目になる腐れ縁幼なじみの高森。
「親友だけは特別」と皆川は素で言ってしまったり、
それを喜ぶ高森の姿に、これは無自覚両想いでは?とわくわく。
いつ甘い雰囲気になるのかな、この2人の距離感も楽しいけど…と進めたら
事件をきっかけに皆川は恋と自覚、
いままでの悪行から信じれない高森、バッタバタとベッドイン。
このあたりから、読むのがしんどくなってきました。
勢いがすごくて、ええええ?ってなってるうちに
皆川の過去エピのシリアス展開の重さにええええ?
後半、気持ちがついていけないくらいの怒涛の展開。
母親のエピソードしんどい。
最後、いい話にもってきてるけど、しんどい。
好きな人に嫌われるくらいなら、失うくらいなら…
って展開は大好物のはずなのに
過去エピの重さか展開のふり幅にかイマイチはまれませんでした。

高森が長年ずっと見守ってきた気持ちは素敵だったけど
もう少し2人の甘さが見たかったかな。
電子にも挿絵を…表紙を噛み締めるしかない。

0

母親が‥‥

地味で変だから「ジミヘン」と言われているのに、何故か男には異様にモテまくるうえ「チン○さえついてれば誰でもいい」と節操なしの皆川(受け)。
いつも男との別れ話の尻拭いを幼馴染みの高森(攻め)にしてもらっている。

まぁほんと異様なくらいモテモテ。

それを、皆川は小さい頃にかけられた妖精の呪いのせいだ!と信じているんだけど、「魔性の男と呼ばれています」と「妖精ハンター×DT~四十歳童貞男の逆襲~」が読んでて頭をチラチラかすめまして、ああいうほのぼの&コミカル路線かなと思ってたのに、後半からのドシリアス展開が……。


ネタバレになりますが、読んでてなんなの?どーなの?!と思ったので書きます。





息子が同性愛者であることを苦にして、母親が無理心中(受けは直前で助かる)したとか、1mmも同じ母親として理解できないので、なんなんだろう……としか思えなくて。

同性愛者であることはそんなに罪深いことなんですかね?
それっていつの時代よ?と。

この作品が出版された2009年はBLを読んでいなかったので、2009年の空気みたいなのがわからないのだけど、今の感覚だとこの母親に対して違和感がありまくり。

しかも、この母親との確執がお話の根幹をなしているので、腑に落ちないままお話が終わってしまった……。

前半は面白かったのになー。
それにしても攻めの忍耐力がハンパないな!

2

途中から驚愕の急展開

電子書籍で読了。挿絵はありません(残念!)が、あとがきはあります。

あとがきによれば『オヤジ受け二作目』とのこと。
紙の本は2009年刊行ですので「中原さんでも二作目なのかぁ……オヤジ受けってまだ10年経っていないジャンルなんだなぁ」と感慨を深くしました。オヤジが愛でられるの、私は好きです。

幼い頃に『同性に言い寄られる魔法』を妖精にかけられた皆川は、異性には『ジミヘン(地味で変な奴の意。決してギターが神様なみに上手い訳ではない)』などというあだ名を付けられているのに、やたらめったら男性にもてまくっています。小さい頃からゲイの自覚もあるので、それを良いことに言い寄ってくる男性を喰い散らかし放題。そもそも、恋人としてではなくセフレとしてのお付き合いしかしないので、相手の名前もきちんと覚えていないゲスぶりです(ゲスゲスしたゲスではなく、ぼんやりしているので余りイヤな感じはしないのですが)。飽きてしまえばすぐ別れる。当然のごとく修羅場に発展しそうになるのですが、その度に幼馴染みの強面イケメン高森に助けてもらっています。
文句を言いつつ何度でも助けてくれる高森と、セフレについてはほとんど関心がないのに高森の嗜好はよく覚えている皆川。「この二人がくっついて終わるんだろうなぁ」と思っていたら、あれあれ?お話の中頃でもう、うまくいっちゃうんですよ。
ここからお話のトーンがガラリと変わります。
どうして皆川が、体をつなげても恋人を作らないのか、亡くなった母親の記憶がぼんやりとしかないのか、唯一血がつながっている叔母が彼を疎ましく思っているのか等々、今までぼんやりと提示されていた謎がバタバタと明らかになる驚愕の急展開が待っています。

すっとぼけて笑える所と、重くて哀しくて苦しい所が同時に書かれているお話ですが、私、こういうの好きなんです。だって、実際の人生って、両方が共存していると思うので。
最終版、ラブシーンにもつれ込むまでが、ちょっとだけ豪腕過ぎる帰来も感じましたが(中原さんが同じ題材で今書いたとしたら、もっとスマートにまとめたんじゃないかと思ったんですね)主人公を応援する『元セフレオヤジ集団』の描き方も含めて、やっぱり暖かい人情話だなぁと、ほっこりしたのでした。

2

幼馴染がビッチだったら

エンタメ上手な中原一也先生。
本作も突拍子もない設定ながら、テンポよく笑いながら読み進める事ができます。
何しろ、冴えない・仕事に熱意無い・貞操観念無い、の38才・皆川が、子供の頃に「妖精に同性に言い寄られる魔法をかけられた」と信じきっており、チ○ポが付いてれば誰でも来るもの拒まず、名前も覚えずカラダだけの関係を持っている、という設定。
いつも男との別れ話の尻拭いをしてくれる幼馴染の高森とだけは寝ていなかったのだが……
ストーカー騒動を例によって助けてくれた高森にときめき、初めての恋心に目覚める皆川。
そんな皆川をみんなで応援してくれる歴代セフレ達。
面倒を見ていた高森も実はずっと皆川が好きで…となって2人は無事結ばれます。
……と、ここまではコメディタッチの笑えるお話なのですが、この後物語は急激にシリアス、暗いトーン、トラウマ絡みに変化していきます。
癌で死んだという母親の闘病をほとんど覚えてない事、周りの人は何か知っていて自分には隠そうとしている事、疑惑が膨らんでくる皆川。
少しづつ記憶を手繰り寄せる皆川だが、その真相は……。
切なくて、哀しくて、辛すぎる真実でした。
前半と後半で雰囲気の変わる話なので賛否あると思いますが、私はシリアスの後また前半の世界観に戻していくさすがの力量、中原先生さすが!と感じました。
イラストは小山田あみさん。冴えない地味オヤジという設定ですが、絵はイケメンすぎです。

1

なかなか面白い

冴えないおじさんが、妖精の呪いで男にモテモテ、というギャグっぽい設定で、前半はぐいぐい押していきます。

モテモテな皆川は、本当にだらしなくて、お仕事も適当(でも人情はある)、男も食い散らかして名前も知らないほど。いつも別れ話でもめると幼なじみの高森に彼氏のふりをして助けてもらっています。

ここまでだとよくあるストーリーなんですが、後半がシリアス。ひょっとして前編は中編として発表され、後で足したのかな?と思うほど。後半を書くときはシリアスなモードだったのかな?中原さん。
別のお話を読む感じになります。

結局高森と皆川の物語ですが、後半で明かされる皆川のトラウマを乗り越え、最後はハッピーエンド。

歴代の皆川の男が仲良くなって皆川のために一肌脱ぐとか、飲み会仲間になるとか、非現実的な設定でちょっと興ざめな部分がありました。
一つの作品としては雰囲気がちがいすぎで、ややまとまりがないですが、読み物としては中編2つとして面白かったです。

0

だから、『オヤジ』は五十を過ぎてから!(笑)

三十代をオヤジって言っちゃダメ!(笑)
……って思うのは、私がおばちゃんだから?!

それにしても思うのは、
このお話し、主人公がオヤジである必要性があったのかと……?
普通に普通の二十代でも良かったのでは?
どうもそこが気になって……もにょもにょ

でも、お話的にはとても面白く読めました。
前半と後半のギャップに驚かされ、正に「笑ったり、泣いたり」でした。
元彼たちには、そうなる?とも思いましたが、
中原さんらしいなぁとも……(笑)
中原さんの書かれるモブ(?)は、団結して主人公を助けてくれる、
愛しかわいい人達が多いですね。

読み終わって、アーモンドチョコが食べたくなりましたv

4

その、悩ましい表情がっ!


小山田あみ先生のイラスト素敵です(๑´`๑)♡
表紙の皆川の表情が素敵じゃないですかぁ~
そっから、エロいですw

自分で冴えないおっさんとか言ってますが、老若男男にモテモテなら問題ないですよ!
エロいし!

読み始め、「僕、このおじちゃんと結婚するー」っていう幼稚園児が登場し…えっ?何事?と思ってしまいました(^ω^;ゞ

幼稚園児にも求愛されるほどフェロモンが駄々漏れなんですね!
羨ましいぜ……皆川さん(笑)
でも、幼稚園児の母親に怒られるは災難だよね(^-^;

しかも、妖精に呪いをかけられていると言う表紙やあらすじから想像出来ないファンタジー要素が入っております。

新しい感じで面白かったです。
皆川の元カレ達が協力して幼馴染みの高森との恋仲になる作戦とか、いや、無理だろと思いましたけどね(笑)

ケーキ買って謝りに行くんだけど門前払いになる皆川は可哀想だった。
高森の気持ちもわかります。
でも、初めて恋を自覚した皆川を大きな懐で受け止めてあげて欲しいです!

長かったですね~。38歳ですもんね。
末永くお幸せに(๑•᎑•๑)

で、終わりじゃないんですよね。
皆川は昔のことが思い出せないらしくて、母親の記憶も曖昧です。
一気にシリアスな雰囲気となりました。

波瀾万丈な人生です。
妖精の話も裏がありました。

高森を殺して自分も死ぬからとか…んー、お幸せにって所までがテンポ良く楽しく読めたんですが、シリアスな部分は微妙です。

なんだろう、無理矢理感?
最初の方に母親は皆川を放置って所があったんですが、後々に亡くなった母親と皆川の関係が無理矢理な感じがしました(^-^;

あとから取って付け加えたみたいな…。

私の想像ラストは妖精に呪い→男が寄ってくる→高森を好き→恋に目覚めて呪いがとけるみたいなのを想像してたんですが全く違いました(^-^;

最後に妖精が笑かしてくれるかと思ってました~。


0

主人公は魔性(笑)

主人公の名前は皆川、そして、幼なじみの親友の名前は高森。
ごく普通の地味の40男は、ごく普通に役所で働き、ごく普通に暮らしている。
でもただひとつ違っていたのは、皆川は魔性のゲイだったのです。

その魔性っぷりと男遍歴がこれでもか!と描かれる前半は、声を出して笑っちゃうコメディ。
しかもこうも男にモテちゃう理由というのが、ちっちゃい頃いじめた妖精に
「一生男に言い寄られる」呪いをかけられたからという……(笑)

付き合っている男に飽きると、親友の高森に芝居をして貰ってに別れ話を突きつける。
それを繰り返して、男を食い散らかしながら生きてきたのだが、
実はこの親友が好きっていうことに気がついちゃって、というのはお決まりのパターン。
食い散らかした男達がこれまたゆかいな面々で、皆川の為に一肌脱ごうとするが……。

と、こんな前半は、とても楽しく読んでいたのだが、
後半は一転彼のトラウマにまつわるシリアスな重い話になる。
この話もドラマチックな盛り上がりもあってきれいにまとまり、
最後はまたコミカルタッチに戻ってハッピーにチャンチャン。
いや、上手いな〜とは思ったのだけれど、個人的にはこのシリアス部分がイマイチ。
こういう話を書くのだったら、これはこれでもうちょっとじっくり書くか
そうじゃなければ、ベースコミカルなままの方がよかったかな。

小山田さんの挿絵が素敵で、冴えない40男が冴えちゃっているのはご愛敬。
食い散らかした愛すべき男共の挿絵も、また楽し。

5

攻めの忍耐強さは、半端ない!!

前半のコミカルな話が面白過ぎてお話に入りやすかったです。後半も違和感なく、吸い込まれるように切ない展開を読むことが出来ました。

皆川(受け)の性格が色んな意味で最高でした。
幼稚園児から、どこが良かったのか・・デブ&ハゲ(良い味出てたよ!)、そして超格好良い美青年からお年寄りまで幅広~く引きつける魔性性、その場限りの関係と初めて会った人と関係を結んじゃう、ダメな大人・・・。(念のため、幼稚園児とお年寄りには、食べられてません。笑)

が、しかしそれ以上に他人と深く関わる事が嫌で、相手とは「お身体だけの関係。」と割り切り過ぎて・・・付き合った相手の名前は覚えないわ、顔も曖昧で、付き合った気がしたかも・・位の認知度。酷い、酷すぎる・・(笑)相手が泣きながら捨てないでー!とか言いたくもなる。

ロクデナシなど散々、高森(攻め)に説教されるも「うーん・・俺も最低だと思う・・(他人事っぽい)」という皆川ですが、これが全然腹が立つ!!!という風に思えないのが不思議です。
え?私も皆川の魔性(魔力?)に掛かっているのか?と思えちゃうほど。
多分、皆川は、少しは罪悪感を感じてると思うんですが、ぼんやりした性格からか、ジミヘンだからか(笑)どこか可愛いと思えてしまうんです。

高森(攻め)は、見た目は強面、格好良いけど・・恐そう・・な、見た目と打って変わって中身は、女子でもそんなに食べれないよ!と思う程のスイーツ好き。か・・可愛いじゃないか。と不覚にも思ってしまった。高森(攻め)は、皆川の別れる際のフォローを毎度毎度毎度・・・毎度してるんですが、もう始めから、皆川が好きっていう感じが分かります。
思わずお気持ちお察しします・・とハンカチを差し出したい気分でした。皆川と関係を持って、その他大勢の付き合った男の一部になりたくなかったとか・・こういう長い間好きだけど・・我慢強い攻め、大好きです。
ベットシーンの際、他の男よりも「俺の方がいいのか?」と何度も聞くのは、萌えさせて頂きました。そんな高森(攻め)は、皆川に手を出さなかった理由がもう一つだけあったと思います。それが妖精の話。

皆川(受け)は、小さい頃に妖精に魔法?を掛けられます。「一生、男に付きまとわれる魔法だ!」本気でそれが原因で男に言い寄られると思っている皆川ですが、その魔法を掛けたのは・・妖精?そもそも魔法だったの?
後半は、前半の楽しい雰囲気とは一気に変わって彼の過去に焦点が向けられます。高森(攻め)は、皆川の過去を全て知っていて、ずっと親友として見守っていたいと思っていた所は、涙が出そうでした。記憶を見つける為にフラフラしてる皆川を支えて、受け入れるシーンは、胸が締め付けられそうでした。

もの凄く辛いけど、悲しいだけじゃなかった過去と、楽しいけどきっと楽しいだけじゃない現在、色々な思いが交差して日々は、進んでいくそんな思いを感じました。

最後に、皆川の元カレ集団とわいわいしている姿は、みんなで前向きに進むのだなぁ~と本を閉じた後も楽しい気持ちで終われました。電気屋さんの名前のやりとりは何度見ても笑えます。

4

攻め様ステキ

魔性でフェロモン散々他人に無意識に煽って美しい顔が持っている受け様はまさかのひどいトラウマがあります
攻め様は幼馴染でしかも受け様の事が全部分かってずっと側にいた
最初は攻め様は受け様の事が好きで
少し感じていた
好きなのに受け様は人を拒まなくて色んな人たちとセックスする、攻め様は表面的に気づかないけど大変でしょうね

受け様はようやく自分の気持ちがわかるとき昔のトラウマが衝撃的に襲われた
このとき胸が痛くなった
やっと両思いのにトラウマの邪魔だから受け様の精神が崩れた
自暴自棄のように攻め様の側から逃げて半狂乱になった
でも攻め様は追いかけて受け様にあの暗い渦から救った
死んでも構わず受け様の好きにする
これは真実の愛でしょう
攻め様は本当に心から受け様を愛してるんだと思う
攻め様の堅い決心のかげで受け様の心が開いた
事実を受けて攻め様と一緒に前の生活に戻った
最初から最後まで読むと攻め様が好き♪
こんなにいい人ってどこにいるの!?
死んでも怖くない愛しい人と一緒ならどうでもいいって本当にかっこいいよ
しかも幼馴染だよ
百点プラスだ♪

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う