無慈悲なオトコ【BLCD】

mujihi na otoko

無慈悲なオトコ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神38
  • 萌×216
  • 萌8
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
20
得点
280
評価数
64
平均
4.4 / 5
神率
59.4%
媒体
BLCD
作品演出・監督
小泉紀介(RE)/松下一美(DB)
音楽
作曲: DCかみひろ
脚本
前川陽子
原画・イラスト
桜賀めい
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
シリーズ
無慈悲なオトコ
収録時間
66 分
枚数
1 枚
ふろく
封入特典:キャストサイン+一言コメント+写真付きブックレット メーカー通販特典:トークCD(出演:遊佐浩二・保村真)
フリートーク
別ディスクであり
発売日

あらすじ

一度くらいイイだろ…?
『男なら誰でも誘いまくる』と噂される白羽七王は、その色っぽい雰囲気で大学中の注目の的となっていた。そのために七王は、ずっと片思いを続ける相川久遠にも、その噂が原因で避けられ、拒絶されてしまった。久遠は決して自分のものにはならない――、自暴自棄になった七王は、無理矢理抱かれようと久遠に迫るが…。切なく健気な七王の恋にキュンv

表題作 無慈悲なオトコ

相川久遠 → 保村真

白羽七王 → 遊佐浩二

その他キャラ
相川永遠[水島大宙]/ 白羽帝[緑川光]/ 久遠の友人[内匠靖明]/ 久遠の友人[小野友樹]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数20

安定の遊佐さん!

この作品は原作の方も大好きで、そのイメージが壊れるのが嫌だから、CDを聴くかどうか迷ったんです(>_<)
でも聴いて良かった!ぴったりイメージ通りとは言いませんが、違和感は全くなかったです!さすが遊佐さんですね。安心して聴けるというか、安定感がありました。
久遠役の保村さんのメインは今回初めて聴いたんですが、寡黙な久遠の雰囲気がよく出ていて良かったです!

でも!やっぱり遊佐さんですよねぇ*´∀`*
“同性をも惑わす魔性の男”と言われている七王の色気が、声からもにじみ出ていました!本当に色っぽかった!

Hシーンはもちろん最高なんですが、私はあの告白シーンが大好きです!*´д`*
聴いているこっちまでドキドキしちゃうような緊張感が最高でした。
あとは、両想いHの一番最後!
思わず感情が口から出ちゃったって感じの、吐息たっぷりの、消え入りそうな「…好き…っ…好、き…!」は本当に神でした!

遊佐さんの受け作品は、かなり聴きましたが、私的にはこの作品が一番です!(^ω^)v
続編もCD化するといいなあ。

1

遊佐さんの美人受け!

もう遊佐さんの受け役の代表作みたいになってますね!
原作を先に読んでたのですがCDを聞いて遊佐さんの声で七生さんが実体化したような不思議な感覚に陥りました。七生さんの役は声が高すぎてもダメだし、色気が何より大事だと思ってたのですがゆっちーはその両方を兼ね備えつつさらにグレードアップしてるというか色気は10割増ぐらいですかね笑
普通に話しててもエロイのに喘ぐとさらにエロい。しかも喘ぎ声もむだに高かったりせず男性だってわかるのに声の質がエロくて甘いから引き込まれてしまいます

「・・・中でイってっ・・・出して・・・っ・・相川・・・好き・・・っ」はもう破壊力ヤバかったです。体中からいろんな汁が垂れ流しになりそうでした
CD前半のまだ想いがつながってない2人ももだもだして好きですが、想いが通じ合ってからの久遠の執着っぷりとか何とも言えない甘い感じがたまらないです

遊佐さん受けを聞いてみたいならこれを聞けばここからどんどん遊佐さんに溺れちゃう気がします

1

遊佐さんにハマりました。

 多分、初めて聞いたBLらしい(?)えちシーンのあるCDです。
ともかく、遊佐さんのお声にやられました。
何これ!?うひゃーって。
エロい。すごすぎです。

 原作が大好きで、そうなるとCDも聞いてみたくて。
七王さんの不器用さ、いじらしさ、切なさ、色っぽさがCDからにじみ出てました。
気持ちが通じ合ってからのえちの時の、「相川…、好き…っ…、好き…」は
もうこちとら大コーフン。
七王さんの遊佐さん、かわいすぎ、エロすぎ。

おばちゃんはもうすっかり遊佐さんにハマってしまい、今、遊佐さん出演のCD、ちょっとずつ集めてます。
お財布はつらいけど、気持ちと耳はシアワセ。
無慈悲なカラダもよろしくお願いします。

1

純粋で歪んだ感情表現が見事!

原作既読です。
『ワルイコト』シリーズでは、こちらの七王と久遠カップルのお話が一番好きです。
他の2組に比べて、少しだけ大人でエロさもあって、その上話の設定の無理矢理感が否めないのが何とも言えない(笑)

遊佐さん演じる七王は、男と見れば誰でも喰ってしまう淫乱と噂が広まっている大学生。
そしてそんな彼を侮蔑しているのが、同じ大学の1個下の後輩で、保村さん演じる久遠。
2人は互いの弟を介して知り合いとなるが、ある日、好きなあまり七王は久遠を襲って――と進んでいきます。

CD1枚丸々遊佐さんがメインで進むドラマは今回が初めてだったと思います。
又、保村さんもメインのドラマはコレが初めてでした。


何と言っても、遊佐さんのただならぬ色気且つ知的上品さが、七王そのもの!
そしてドコから暗いような、諦めの雰囲気が漂っていて、そこはかとなく惹かれるものがある。
素敵過ぎてどうしようかと思った。
心の機微な動きも分かり易く表現されていたし、本当に良かった遊佐さん♡
好きな久遠と隣で並んで歩いて話した時の、『何気ない会話がむやみやたらと楽しく思う』という正に恋心ならではの感情がしっかり表現されていて、さすが「安定感がある」と言われるだけあるなぁと心底納得〃
最後、久遠の誘導尋問のような言葉に、傷付きながらも答える
「……好き……」「……好きだよ……」
の破壊力は半端ありません。遊佐さんだからこその破壊力。

保村さん演じる久遠も、寡黙で痺れるクールさに熱くなる私の心(笑)
台詞は勿論のこと、モノローグも感情がしっかり抑えられていて、原作を読んだ時の久遠そのままでとても良かった♪
大人しいような物静かのような、そんな風な印象を人に与える久遠像がしっかり保村さんによって分かり易く表現されていましたー。

又、途中で少しだけ、緑川さん演じる帝と、水島さん演じる永遠が!
(まだ上記カプは未聴。み、緑川さんが素敵だった……!)

早くこの続きとして『無慈悲なアナタ』もドラマCD化されないかなーと願って止みません。

ただ、ドラマCDとなったからこそ感じた、個人的心のモヤモヤ。
・七王の感情は、もう少しだけ抑え気味でも良かったかも
・無理矢理設定(特に最初の)が、原作を読んだ時より際立って感じた
・原作を読んだ時には感じなかった言葉等が、音声になると何だかニヤつく位安っぽく感じる瞬間があった
と思ってしまったので、神評価にはならず。
(無理矢理設定に関しては、『無慈悲なアナタ』を読めば何となく「あぁだからか」と納得は出来るものの、例えば原作未読でこれ単体で考えると相当無理がある。)

全体を通して、遊佐さんの破壊力&保村さんの心の奥底にある熱が凄すぎて、ナンダカンダ言いつつリピCDになるなぁと今から予測されております(笑)

4

意外でした~~

原作を読まずにCDから入りました。
ワルイコトシタイシリーズで緑川さん演じる帝のお兄さんとして遊佐さん演じる七王を聞いて、出番がちょっとだけだけど超印象的で、七王のスピンオフを待っていました♪
七王は勝手に遊びまくっている色っぽいドSな女王様受けだという印象だったのですが、本柵では「男なら誰でも誘いまくっている」と言う噂の七王が、実は1年以上も密かに久遠に片思いしてて・・・な~~んて純情一途な部分もありビックリ!萌えます~~
遊佐さんの演じる七王、対外的には女王様的で孤高雰囲気を持ち、内面ではグルグルとした自虐的な切ない心情を素敵に演じられていました。

2

どっちもタイプ!!



久遠も七王もどっちも好きです!!
これは原作を先に見ても、CDを先に聴いても変わらなかったと思います。

無愛想で物静かに見えるけどどこか熱い感じの久遠
クールで遊び人に見えるけど実は弱くて強がりな七王

両声優さんともぴったりでした。

個人的に絵も綺麗で好きだし、2人の性格にも合ってるし
トータルで結構ストライクな感じかなぁと・・・

トイレのシーンで久遠の「あんな顔して笑うな…」っていいですよねぇ
久遠も言ってましたが、あの七王の悲しげな目、とか自虐的な笑みとか
どこか妖艶で儚げで悲しくてでも麗しいっていう何とも言えない表情たまんないし、
遊佐さんの声聴いてるとあの表情が浮かんでくるんですよね笑

久遠の焦燥感とか七王の不安定感とか、聴きながら
もう不安と期待で胸がいっぱいになって締め付けられます。

それにしても帝と永遠もいい仕事してますね笑"
全く世話のやける兄たちですよw

めちゃくちゃに久遠に愛される七王、次作も期待大です!!

コミック、CD、どちらも是非お勧めです★



2

淡々としているが

BLCDって、攻めがちゃんとリードしてあげないと成り立たないと思うのですが、この作品の遊佐さんの凄いと思った所は、濡れ場のシーンで、攻めの保村さんを完全にリードしていた所です。

原作未読で、七王さんが誘い受けなのはなんとなく知った上で聴いたのですが、そんなことよりも、こう、受け役なのに攻め役を立たせている、といいますか、遊佐さんが攻めっぽい(?)受けの演技をされていて、受けには間違いないのですが、この辺のリード力とテクニックはさすがベテランさんだなぁと思いました。

後はグリリバさんがとても良い美声でして、どんな美声兄弟やねんと突っ込みつつ。
小野さんの 「終わった~♪」の言い方も好き。

ただ、個人的に濡れ場でのモノローグはいらなかったかな…
後は役者さん同士の相性とかもあるのかもしれない。なんとなく、保村さんと噛み合ってない感じでチグハグ感を感じたのですが、気のせいかな…

しかしこれは遊佐さんだから成立しえた作品ですな。




2

原作の雰囲気をそのままに

原作をレンタルで読んでから
ドラマCDも出ているということで購入しました

原作通り進んで行きますね

原作で一番入れて欲しかった
七王のセリフが入ってなかったのが残念でしたが
健気受な七王の雰囲気がばっちりで購入して良かったです

原作は七王の表情がいちいち色っぽく萌えまくったかんじですが
ドラマCDでもその印象は裏切られずますます好きになりました

この作品をきっかけに
大好きな緑川さんが帝役で出演しているのを知り
ワルイコトシタイシリーズのドラマCDはすべてそろえました

1

聴きました☆

原作を読んではいないのですが、遊佐さんに惹かれてレンタルしました。

受キャラ七王は、遊佐浩二さんが演じていらっしゃいます。
女王様淫乱キャラと見せかけて、その実は、一途なキャラ。
彼のいじらしいところを遊佐さんがバッチリ演じて下さっています。
攻キャラの相川は、保村真さんが演じていらっしゃいます。
ざっくり朴念仁キャラ?と思っていたのですが、ストーリーが続くにつれ、七王のいじらしさに気づき、ハマるところがなかなノンケ攻らしいキャラかな~と感じました。

えっちシーンは、そんなに長くはないですが、遊佐さん演じる七王が非常に色っぽく、短いながら聴きごたえはありました。

原作も読んでみようかな♪

1

兄編

相川兄×白羽兄編です。

久遠役の保村さんはメインは初聴きなのですが良いですねえ。無骨な感じがすごく好みです。七王役の遊佐さんはさすがの安定感。お色気美人を演じたらトップクラスですよね。

ストーリーも、攻めが受けに対して好意を抱いていないところからスタート、なのにくっついたら独占欲バリバリという、私好みの展開。

ラストトラックでは久遠の誠実さが垣間見えて萌えました。二人が(永遠もですが)永久にカミングアウトする日は来るのでしょうか?番外編とかでいいのでやってほしいなあ。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ