無慈悲なアナタ

mujihi na anata

無慈悲なアナタ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神113
  • 萌×231
  • 萌18
  • 中立5
  • しゅみじゃない5

--

レビュー数
34
得点
748
評価数
172
平均
4.4 / 5
神率
65.7%
著者
桜賀めい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
無慈悲なオトコ
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784832288188

あらすじ

「七王さん 俺の執着心を見くびらないでください」 大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて…!? 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!! 無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編★大幅加筆&描き下ろし!

(出版社より)

表題作無慈悲なアナタ

相川久遠 大学2年
白羽七王 大学3年

その他の収録作品

  • 無慈悲な夜に無邪気なアンタ(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • Profile

レビュー投稿数34

好きすぎます!

私にとって2012年最も萌えた本作☆
前作、両思いになり大量のエッチシーンで
ご馳走様って思ってたけどそれで終わらなかったー!!
開始数ページで神!なにこの可愛い人ーーー!
もちろん七王さんのことです!

こっから下、七王さんのことばっかりです。
いつもの私なら攻めの方にキューっと意識を持ってかれるのですが、
今回は受けの七王さんが素敵すぎました!

高校時代の七王さんのあどけなさヤバス!
七王さんが久遠と付き合えるだけでも奇跡なんて思うほど
恋愛に対して臆病にした原因がわかるのですが…
先輩何してくれてんのー!と思いつつ
泣くのを堪えてる七王さん可愛すぎました☆
久遠に嫌われないようにと自分を抑える七王さんがせつないです。
そしてまたもや泣き顔… 泣いてる七王さんは兵器です…

久遠君について☆
クールかと思いきや独占欲めっちゃ強い久遠君
「俺はアンタを愛してる!」
久遠からの愛の告白がものっそ萌えました!
言われた七王さんより嬉しかった(笑)
今作品、好きすぎて
作者さんにファンレター書いてしまったくらいです。
この続き出てほしいな~(〃Д〃)

4

七王さん、エロかわいい

 めい先生のシリーズの中で一番好きな2人。
攻め様の久遠と受け様の七王さんが両思いになってからのお話です。
今回は七王さんが高校時代、お初を捧げた(?)桐屋先輩に旅行中に偶然再会しちゃって。
高校時代の七王さん、めちゃかわいい!!
いや、桐屋先輩にひどいこと言われて涙を浮かべてるんだけど、もうぎゅってしたい、私がしたい。
その時のトラウマのせいで、自虐的な事言っちゃう七王さんに対して迫る久遠に自分の想いを必死に言い募る七王さんが切なくてたまらなかった。
その後久遠にフェ○されてる七王さん、カットはものすごくエロいのに、「相川、好き」を繰り返してる姿がかわいくてかわいくてたまらないです。
ラストの「ずっと一緒にいたい」と言えた七王さんに対して「よく言えました」と言う久遠の優しげで愛しげな顔が男前でいい。
対する七王さんのシアワセそうな笑顔がたまらなくかわいい。

4

七王は受けの理想です!

待ってました~!!ワルイコトシタイシリーズの久遠×七王編です♪(´ε` )

前回の『無慈悲なオトコ』の時、七王さんはビッチ受けと見せかけての健気受けだと判明しましたが、今回も健気でいじらしくて可愛かったです(*^o^*)

連休に久遠と一緒に過ごしたい七王さんですが、素直に一緒にいたいと伝える事ができません(´・_・`)
でも久遠が察して、一緒に温泉旅行に行こうと誘ってくれます。そして一緒に行った温泉で、七王が恋愛に臆病になった原因を作った高校時代の先輩が現れます。

七王さんにとっては、
トラウマの人物が現れて、七王さんも心が穏やかでないし、久遠も嫉妬に燃えています。

しかしまぁ、最終的にはラブラブにおさまります\(^o^)/


いつもの事だけど、七王さんがすごく可愛い!!!あの子は天使ですね、ほんと。久遠も、七王さんに対する執着と深い愛を今回はかなりあらわしてくれて、素敵でした。

加筆部分のHシーンも、かなりエロエロでした(>_<) 無意識のように『相川、すき』を繰り返す七王さんは本当に反則です!!久遠も、あんなエロいHをする男だったとは…!!ビックリです!いや、七王さんの色気がそうさせるのか…?

とにかく、最高でした!やっぱりお互いの愛を確認しあった後のHは最高ですね。

そして描き下ろしでは、七王さんが乙女化しててまたまた可愛い!なんか、キャピキャピしてる(^o^)
短パンからのぞくスラリとした美脚には、久遠じゃないけどくらっときました(*^o^*)


これ、続きは出るのかな?つぎは、七王さんが久遠に近づく女の子に対してヤキモチ妬いちゃうのも見てみたいなぁ~。

3

今回もなんかスゴかったですね。

久遠とくっつくことで七王が変わったかというとそうでもなく。
根底の部分でも卑屈さみたいなのは全然消えてなくて。
それは相手がノンケの久遠だからなのかもしれないけれど。
自制して控えめに、自分を抑えて、久遠が望むように。
久遠に捨てられないようにと自分を演じている七王がせつないです。
そういう感情を久遠によってぶちまけるにまで至るのですが、それに対する売り言葉に買い言葉のような久遠の言葉にまた傷ついて。
あのページはMAX萌えました。
今回一番のキュンどころでした。
もう、何回もあのページだけ見直してます(苦笑)
言ってはいけないことを言ってしまったと必死になって弁解しようとしている久遠もその前に堪えきれずに泣きながら蹲ってしまう七王も。
あのシーン好きすぎます。
そして、七王の性格を形作った元凶ともいえる人物の出現で久遠の独占欲というよりも激しい執着が前面に出てきて。
この束縛具合が普段の見た目と違うから余計にギャップを感じるというか。
でも、これくらい全力で当たっていかないと七王は自分が愛されてることにも自信が持てないのでいいのかも。
少し自信が持てるようになった七王が非常にかわいい感じになるのもギャップがあっていいですね。
最後の久遠の「よく言えました」も好きです。

ああ、これがCDで聞けたらよかったのに………。
ムービック!!

3

完全にイカレた次男坊

『ワルイコトシタイ』シリーズ、スピンオフのこちら。
相川家次男・久遠と、白羽家長男・七王の第2弾です。

いやぁ、どうにもならないですな久遠さん!!(笑)
メッロメロのエッロエロじゃないですかー、もー、もっとやってくれー(*ノωノ)

前回で、七王さんの片思いが久遠の告白により実る、という所まで進み。
この度は、大好きな人と初めてお付き合いするけど嫌われたくないが為に普段以上に自分を押し殺す七王さん。
そんな七王さんにヤキモキしつつ、ライバル的存在がちょこちょこ出てくるもんだから自分の気持ちも抑えられなくなっちゃう、単なるエロ次男坊と化していく(ように私は見えてしまった・笑)久遠、という感じで進みます。

まぁ七王さんは、昔のトラウマが無自覚にも強すぎる状態で居るんですが、それが又彼の儚く脆い雰囲気を生み出しています。
ところがどっこい久遠。
君は…アレだ。
教授が言った通り、『完全に七王にイカレてる』状態がフルじゃないですか(笑)
しかもあんな一見クールな顔して、こと七王さんの前では容易くキザな台詞がボコボコ出てくる。
「まだそんな口ききますか」はアナタにそっくりそのままお返ししたい気分だ。
いや、大好きなんですけどね、このカップル。このシリーズの中で1番。

展開的には結構無理やり感?違和感?もナイ訳じゃないんですけど。
私の大好物な『非シャレオツ(笑)知的メガネ・黒髪・強気且つ儚げ』受けな七王さんがフィーバーしているのでもう神です。


ただちょっともっとーと思ったのが少々。
・親戚・聖人の扱いが中途半端
・先輩・桐屋ももっと七王さんに執着気味だと、七王さんの揺れ動きや久遠の突っ走りがより出ていたのではっ
特に聖人がアレ位しか出て来ないなら、今回出て来なくても良かったんじゃ…
(もしかしたら次あればソレへ繋がるのかしら…)


致すシーン、バリバリあらかさま的な、2人の性格が剥きだしになっている感じが凄く良かったです。
表紙真裏の著者近影がデフォ七王さんで、「貴方に尽くして尽くして尽くします♡」と割烹着来て言ってるのが可愛過ぎて鼻血(笑)
でも実際、本当に好きな人が出来て、その人と付き合ってる七王さんは、心底尽くし型なのかなぁと思ったりもしたのですが。
けれどきっと、そんな七王さんに久遠がもっとお世話を焼いてくれるんでしょう。

久遠の七王さんへの可愛がりが半端なく見れる今作。
最後に、甘えた言葉を久遠に褒められ、久遠の顔を見て微笑む七王さんが全てじゃないかなと思います。
好きな人に甘える心地良さと、それが許される安堵感をコレから久遠に感じて欲しいと切に願います。
勿論、久遠にはもっと『七王さんバカ』になって貰いたいと切に願います(笑)

3

七王が可愛い・・・

このシリーズ、どのカップルも本当に受けが良いですね~。
久遠×七王のカップルも、七王がすっごく好きです!

人目を引く美人さんだけど、どこか危うく繊細でいじらしい七王。
久遠は、そんな七王に酷く自分を押し殺し一歩引く癖がある事に気付きます。
実はそれには七王の過去に、酷く傷ついたトラウマがあったからだったんです。

連休に、二人は旅行に出かけます。
そこで七王は偶然に高校時代の先輩桐屋に再会するんですが、
七王が自虐的で臆病になる原因は、この先輩にあったんですね~。
事情を察した久遠、七王にものすごい執着を見せます。

七王のトラウマとなった、桐屋と七王の過去の回想もありますが、
たしかに七王が可哀そう・・・どんだけ傷ついたことか。
桐屋は欲望に任せて七王と関係を持ってしまったものの、
男同士である事に怖くなったんでしょうか?すべてを七王のせいにしてしまいます。
若気の至りとはいえ、桐屋はひどいヤツです!

七王を「あんな可愛い人他にいない」と言う久遠。
「相川がいいの」と言う七王。
久遠との関係にまで昔のトラウマが出てきてぐるぐる苦しむ七王ですが、
最後には久遠の異常なまでの執着愛に、七王もトラウマ克服!したのかな?(笑)
巻末の書き下ろしで、久遠の背中を流す七王が、幸せそうで可愛かったです。


今回も要所で登場した里仲教授、いいですね!本当に好きです。
大人の男なんですが、結構面白い人です(笑)
お姉さんの君子も、このシリーズには欠かせない名脇役になってますね。

2

不器用だけど強い思い

久遠×七王シリーズの二作目ですが、一作目よりもまたさらにセクシーさ、切なさ、甘さをくれる作品だと思います。

久遠を思うあまり、自分のことよりも久遠を優先しようとする七王。
だけどそれが久遠には無理してるように見えたり、自虐的になっているように感じてしまいます。

今作品では七王がそんな自分を犠牲にするような性格になった原因である人物が登場します。
その出来事により、七王の性格の根底にある過去を知ろうとする久遠と、そのトラウマに悩みながらも日増しに大きくなっていく久遠への思いに怖くなる七王がぶつかってしまいます。
ですが今作品において、この切ないやりとりが一番の山場だと思います。
私はこのシーンの絵やコマ送り、七王の台詞に号泣しました。
何度読んでも涙が込み上げてきます。

しかし、その出来事の幕の閉じ方も嫌みな感じはなく、すっきりと綺麗に終わらせてくれるので、その後の七王と久遠の距離はやりとりも愛に溢れていて、とても幸せなんだろうと感じることが出来ました。

大好きな久遠に自分の知らない自分をさらけ出すことが怖いながらも素直になろうとする七王と、そんな儚げで色気たっぷりの七生にハマり、壊れていく久遠の日常的な、だけどとても繊細な愛を描いた素敵なお話です。

綺麗で妖艶な年上メガネ受け、寡黙に見えて実は独占欲の強い男前年下攻め。
好きな方はたまらない作品かと^^

私はこの作品に出会えて本当に幸せです!

2

私が愛すべき七王さん♡

最近レビューを書くことにはまりつつ、持ってる本を読み返して私は愛すべき七王さんのレビューを書かなくては思い、書いてますwww

きました、無慈悲なシリーズ!!無慈悲なオトコでは七王さんが切なすぎて涙涙だったんですが…今回も切ないですねー
でも明らかに違うのは今回は両想いということ!!
切ない分甘甘もたくさんあって美味しい一冊♡

もう七王さん可愛すぎるんだよおおお
ほんと軽そうに見えて相川一筋の一途なお方で…可愛い……超可愛いです笑

今回メインとなるのは七王が学生の頃関係を持った先輩との過去のお話。
当時先輩に言われた一言を相川との旅行で先輩と再会することによって思い出してしまう七王。
そして七王さんの悪い癖、一人でぐるぐる悩みます笑

相川と先輩の件で揉めるシーンで、つい相川は七王に「アンタのそういう所が嫌いなんだ」と言ってしまいます。
その時の七王の反応がまた可愛いったらありゃしない笑
切なくて涙が出ます。

全体的に切ない部分もありますが、ハピエンなので安心してお読みください笑
ぜひぜひ七王さんの美貌にあなたも虜になっちゃってください♪

2

ギャップ萌えしちゃうくらい健気だわ

久遠×七王カップルのお話で、前作もかなりの神評価が多かった作品の続編です。
心無い噂にも最終的には惑わされないで、紆余曲折で恋人同士になった二人。
健気で一途な思いが通じ合って甘いお話になってる今作品。
攻め様のクーデレで、執着具合も萌える内容になっております。

受け様の高校時代の初めての相手で、受け様を深く傷つけた先輩が出てくる展開。
連休を利用して二人で温泉へ・・・そこで再会してしまう。



学生時代に思ってる以上に傷つけられていた心、再会したことで、攻め様とやっと
思いが伝わってこれからって時に。強引に攻め様に迫ったことから始まった関係に
過去の言葉がリフレインしちゃって、自虐的な感じになるんです。
でも、そこで攻め様がっ!!最高のフレーズで丸ごと包み込む~~
う~ん!心底好きな相手に言われたらたまらんでしょうね。
そして攻め様は寡黙から一遍、激しい情熱を注ぐ事になるのですよ。
受け様も過去のこだわりを払拭する展開になり、攻め様の激しい愛をめっぱい
受け取る事になるのです。
今回は攻め様の方が激ラブな感じで甘いストーリーになってます。
この手の展開は個人的には大好きなので甘めの神評価です。

1

キュンキュンしました><

『もっとぐずぐずに七王さんを甘やかしてあげたい…!』
と前作を読んでからずーっと思っていたわけですが、やー満足です。

出来上がったとはいえ“すぐに一歩引いてしまう癖”のある七王さんの心を相川がどうやって溶かすのかしらと思っていましたが、(王道なのでなんとなく先は読めるものの)求めていた通りの展開でした!やはり王道には王道たる所以がありますからね。ギュンっと萌えました。キュンとできます(*´∀`*)

個人的には中盤で七王さんが畳み掛けるように相川に気持ちをぶつけるシーンが一押しです。
相川が発した台詞がNGワード過ぎておろおろしました。言葉選びを間違えたにもほどがあるよ相川…。
しかしながらお蔭様で直後のシーンの萌えがとてつもなく高まったので結果オーライですね。
ああもう、七王さんの表情本当によかった…(反芻)。

七王さんの相手が相川でよかったです。
執着心も独占欲強すぎなくらいが人を好きになることに対してどうしようもなく臆病な七王さんには合ってるんだろうなあと思いました。
七王さんがもっともっと素直にどーんと甘えられるように、相川にはさらに頑張っていただきたいものです。
いっそ飼い殺すくらいにぐずぐずに甘やかしてやってください。(2回目)

願わくば続編を…!
もう少しこの二人のお話が読みたいです><

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う