無慈悲なアナタ

mujihi na anata

無慈悲なアナタ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神104
  • 萌×231
  • 萌18
  • 中立5
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
34
得点
703
評価数
162
平均
4.4 / 5
神率
64.2%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
無慈悲なオトコ
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832288188

あらすじ

「七王さん 俺の執着心を見くびらないでください」 大学で“男好き”と噂される白羽七王は、人生で初めて好きな男と付き合っている。ずっと片思いをしていた年下の相川久遠に受け入れられたことが夢のように幸せで、だからこそ嫌われないようにと自分を押し殺す七王だった。その様子に久遠はもどかしさを感じていたが、過去に七王を深く傷つけた男が現れたことで、寡黙な久遠の激情が溢れて…!? 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!! 無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編★大幅加筆&描き下ろし!

(出版社より)

表題作無慈悲なアナタ

相川久遠 大学2年
白羽七王 大学3年

その他の収録作品

  • 無慈悲な夜に無邪気なアンタ(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)
  • Profile

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数34

久遠の執着心を見くびってもらっちゃ困ります‼︎‼︎溺愛執着攻め完全版!

シリーズ中、最も評価の高いのも肯けます!私も「無慈悲」3部作の中でも、一番好きです‼︎
晴れて両想いになった、久遠と七王さん。二人は初めて2泊3日の旅行へ。浴衣姿もしどけない七王さんに煽られる久遠。ラブラブな筈の二人の前に当て馬が…。高校の時に七王さんが、初めてを捧げた桐屋先輩。おそらく、桐屋先輩は、思春期に自分の性癖を認めたく無くて、七王さんに心無い言葉を放ち、そのまま別れてしまう。七王さんには後々まで、この事件がトラウマになっていて。初めて両想いで付き合えた久遠に嫌われまい、と切ないまでに必死なのだ。そんな遠慮がちで、身を引き気味な七王さんを危うく思い、ぎゅうぎゅうに執着し始める久遠。いいですねー。すごくいい。しかし。ホテルで愛し合った翌朝、七王さんを独りにしたのがいけなかったんだよ! 久遠‼︎ と、やはりツッコミどころは今回も満載です。対、七王さんに関しては、ねちっこいエチがお好みのクセに、起き抜けエチは致さないで、朝食なんか買いに行ってる隙に、桐屋先輩と再会した七王さんはグイグイ迫られてしまう。戻ってきた久遠に割り込まれ、事なきを得るが、旅行を辞めて相川家に戻った夜、七王さんはトラウマに苛まされ、眠れない。この時の回想シーン、七王さんの高校時代が可愛くて♡ 弟の帝は、なう高校生ですが。もー、全然違います。めちゃくちゃ可愛い♡ 学校中の皆んなを惑わせていた事でしょう!…あの頃の様に、久遠に去られたら耐えられない、と苦しむ七王さんをあやし、叱り、甘やかす久遠。「七王さん、俺の執着心を見くびってもらっちゃ困ります。」からの、執拗な愛撫。身体中に跡を付けられる七王さん…。一見寡黙でクールに見えるその心の内に激しい情動を秘めている、久遠。その押し留めていた衝動を、隠す必要が無いと決意する。覚醒する執着攻め!
七王さんを独り家に残して、桐屋先輩に対峙しにホテルへ戻る。嫉妬を覚えながらも七王さんのことを「俺は、あんな可愛い人、他にいないと思ってます。」ときっちり宣言する。本作は他にも名台詞と言っていいほど、普段寡黙な久遠が、その想いを激白するので、いちいちキュンキュンしてしまいます。でも、七王さんにはそれくらい言ってあげないと‼︎ いっぱい甘やかせて欲しい。
桐屋先輩ともう一度会う事になってしまう七王さんは、桐屋先輩と和解し、苦しかった昔の恋に、ようやくピリオドを打つ事になります。その様子を見た、久遠は誤解はしていないながらも嫉妬をして、この後めちゃくちゃに抱きます。大学構内の教室なんですけど。空いていて、誰も来ないそうなんですけど。この男の盛りスイッチは常に突然なのです。エチもシリーズ中一番の濃さでエロエロです。
諸々終わって、家路に着いた七王さんと七王さんのお姉さま、君子さまとのやり取りも粋で、なんと、ここに来てホロリとさせられます。多くを語らない七王さんをとても気遣っている君子さま。一見ドSなこのお姉さまが七王さんをとても愛していることが分かる、いいシーンです。

七王さんは恋人に甘える、ということを初めて久遠から教わる。ささやかな七王さんの願い、「今日はずっと一緒にいたい。」「いいですよ。…よく言えました。」と優しく言う久遠の、いつもいかつくて、キツイ顔の久遠の、優しい笑みが素敵で、もぅ、ずっと際限なく、七王さんを甘やかせてあげて欲しい、と願うのです。久遠は学生で、ハイスペック・スパダリでは無いけれども、これほどの甘い甘い、溺愛執着攻めを私は他に知らない。何度読み返しても、やはり一番だなぁ、と思うのです。

1

甘々だけど切ない

無慈悲シリーズ1作目を読まずに、こちらから読みました! 思わずハマってしまい他の2作品も購入して一気に読んでしまいました。

健気な受けと独占欲が強い攻め、大好きなカップリングです。
七王は美形で魔性の男なのですが、久遠の事が大好きで一途で、なのに自分に対して自信がないんですよね。 久遠に対して後ろめたく感じている、ノンケなのに自分のせいで男と付き合っているって申し訳なく思っているんですよね。
久遠がそんな七王の気持ちを察して、直球にぶつかってくれるので、良かったです!
そうじゃなかったら、七王が遠慮してすれ違ってしまいそう。


1作目と比べて、久遠の溺愛執着ぶりが際立ち切ないながらもラブラブでとても大好きな作品です!
七王も久遠も二人とも大好きなキャラクターなので、もっと二人のお話が読みたいです!

1

違う形で執着し合う二人

このシリーズの三組目のカップルの続編。
兄弟みなゲイなのか?と冷静になると疑問が湧くのですが、本編の高校生カップルの兄たちのお話です。

この受けの七王は魔性の受けで、大学でも入れ食いだと噂されるような美形。
そんな七王が惚れているのが相川家の次男・久遠なのですが、この久遠がねえ、好きなんですよわたしは。
寡黙なんですけど、年下彼氏らしく嫉妬や焦りなんかもありましてね。
とにかく七王は自分に自信がなくてつねに不安を抱えているようなネガティブさんなので、これくらい直球攻めが相手で良いのかなと思います。

今回七王の昔の相手が登場し、それが七王のネガティブさに直結していることが描かれています。
今も若いですけど、その頃は七王もその先輩も若いというより子供だから、軽率だし言葉も態度も余裕がないのは当たり前。
だからそんなに傷つなくても良いんだよって七王には言ってあげたくなりましたね。

2

七王最高っす!

七たんはとにかくとにかくとにかく久遠くんが大好きで可愛くて、その可愛い七王への久遠くんの溺愛っぷりが、読んでるこっちが溺れそうであります。
シリーズの中でこの2人がとにかく好きな理由は、心から互いを求め合い救い合おうとする愛情の深さです。
そのやりとりがたまらずたまらずたまらず溺れます(笑)

0

七王さん、エロかわいい

 めい先生のシリーズの中で一番好きな2人。
攻め様の久遠と受け様の七王さんが両思いになってからのお話です。
今回は七王さんが高校時代、お初を捧げた(?)桐屋先輩に旅行中に偶然再会しちゃって。
高校時代の七王さん、めちゃかわいい!!
いや、桐屋先輩にひどいこと言われて涙を浮かべてるんだけど、もうぎゅってしたい、私がしたい。
その時のトラウマのせいで、自虐的な事言っちゃう七王さんに対して迫る久遠に自分の想いを必死に言い募る七王さんが切なくてたまらなかった。
その後久遠にフェ○されてる七王さん、カットはものすごくエロいのに、「相川、好き」を繰り返してる姿がかわいくてかわいくてたまらないです。
ラストの「ずっと一緒にいたい」と言えた七王さんに対して「よく言えました」と言う久遠の優しげで愛しげな顔が男前でいい。
対する七王さんのシアワセそうな笑顔がたまらなくかわいい。

4

シリーズ中もっとも重たいカップル

久遠の包み隠さない執着から、なかなか本心を晒さない七王の内面をも暴きたてようとする激情にどう向き合えばいいのか。
その気持ちを嬉しいとさえ思う七王とは違いあまりにもど直球すぎて、不用意に近づきすぎる無粋な男としか思えませんでした。
どかどかと踏み荒らす久遠に弱みを見せて欲しいと言われても、キュンとできない複雑さ。
フツーじゃない七王の目の威力は充分にわかるけど、その言葉を受け止めるにはちょっと若すぎる七王のトラウマ。

それを癒すのに充分な役回りを久遠は出来たのか。
せめて過去は過去として、激情は激情として。
相容れない気持ちに、のたうち回る葛藤まででとどめてくれればと。
里仲教授の言葉を胸に、もう少し寛容で待ての出来る男になって欲しいと思ってしまいます。

1

大好きなカップル!!

無慈悲シリーズ2作目!

七王さん、ほんとに一途でかわいすぎます。。
個人的に健気すぎる受けはなんだかかわいそうになってきて好みではないんですが、このシリーズの七王さんには「笑ってほしい!」「幸せになってほしい!」と思わずいはいられません。(漫画の中の人なのにw)
それが七王さんの魅力であり、魔力なんでしょうね!そしてそんな七王さんを描ける桜賀先生に脱帽!

攻めの久遠もいいですね!なんといっても七王さんに執着・溺愛してるところがツボです。もっとやれ~♪
もうすぐ続編が発売になりますが、めちゃくちゃ楽しみにしてます!

1

私が愛すべき七王さん♡

最近レビューを書くことにはまりつつ、持ってる本を読み返して私は愛すべき七王さんのレビューを書かなくては思い、書いてますwww

きました、無慈悲なシリーズ!!無慈悲なオトコでは七王さんが切なすぎて涙涙だったんですが…今回も切ないですねー
でも明らかに違うのは今回は両想いということ!!
切ない分甘甘もたくさんあって美味しい一冊♡

もう七王さん可愛すぎるんだよおおお
ほんと軽そうに見えて相川一筋の一途なお方で…可愛い……超可愛いです笑

今回メインとなるのは七王が学生の頃関係を持った先輩との過去のお話。
当時先輩に言われた一言を相川との旅行で先輩と再会することによって思い出してしまう七王。
そして七王さんの悪い癖、一人でぐるぐる悩みます笑

相川と先輩の件で揉めるシーンで、つい相川は七王に「アンタのそういう所が嫌いなんだ」と言ってしまいます。
その時の七王の反応がまた可愛いったらありゃしない笑
切なくて涙が出ます。

全体的に切ない部分もありますが、ハピエンなので安心してお読みください笑
ぜひぜひ七王さんの美貌にあなたも虜になっちゃってください♪

2

七王の本性

まるごと一冊全部がひとつのストーリー。

前回見せていた七王くんの色々な面ですが
実は・・・と本性が見えました。
ちゃーんと相川くんがあばいてくれちゃうんですね。
このあばかれる七王くんったら、スンゴイかわいいw
それで、あんな態度だったのねー・・・と言うのスッキリ解って
納得できて、相川くんじゃないですが、愛しくなってきました。

とりあえず最終的にはラッブラブなお二人が見られて良かった~。
もうこうなったら、モテる七王に相川くんがキリキリさせられて
今回以上に独占欲丸出しな、もっともっとラブラブな作品を楽しみたいですね~(笑)

1

もう二人の世界に行ってください(笑)

続編ですね^^
このお二人さんはとりあえずエッチが激しいのです(笑)

久遠が七王に対する嫉妬や執着心がハンパないです^^
七王くんこんなに愛されて良かったね・・・♡
七王は相変わらず遠慮したりとモジモジしてますがね(笑)
誘い受け・・・まさに七王!このお方の代名詞です(私の中で(笑))

一緒に温泉旅行に行ったときに部屋についてるユニットバスで久遠をお誘い・・・♡
その時の描写はなかったのですが、七王が「あんなにねちっこいとは・・・」ってぶつぶつ(笑)言ってましたのでそうとうねちっこかったはず!
久遠って実は一度はまったらもう「それ」だけなタイプなんですね^^
「それ」が七王なのね・・・って思いながら読みました。
まぁ、本人も「おれの執着心なめないでください」って言ってたし、その後の七王の体にはキスマークだらけ・・・♡

こうやって久遠のストレートな想いを七王は少しずつ素直に受け入れていってました。
私的には、七王もっと自惚れちゃえよ!って言いたいですがね、ここで自惚れたら話が続きませんが・・・(笑)

今回もエロい七王を拝めて大満足でした♡

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ