無慈悲なオトコ

mujihi na otoko

無慈悲なオトコ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神102
  • 萌×235
  • 萌25
  • 中立15
  • しゅみじゃない15

--

レビュー数
38
得点
740
評価数
192
平均
4 / 5
神率
53.1%
著者
桜賀めい 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
無慈悲なオトコ
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784832287273

あらすじ

大人気「ワルイコトシタイ」シリーズ最新刊!!
今後の主役は永遠の次兄・久遠×帝の兄・七王★
待ちに待ったカップルがいよいよ登場~!加筆&描き下ろしあり!

「嫌いなんです…誰でもいいって感じの人」
『男なら誰でも誘いまくる』と噂される白羽七王は、 その色っぽい雰囲気で大学中の注目の的となっていた。 そのために七王は、ずっと片思いを続ける相川久遠にもその噂が原因で避けられ、拒絶されてしまった。 久遠は決して自分のものにはならない―――、 自暴自棄となった七王は、無理矢理抱かれようと久遠に迫るが…。 切なく健気な七王の恋にキュン? 「ワルイコトシタイ」シリーズで注目の 相川家次男・久遠×白羽家長男・七王編★ ? ?シーン大幅加筆&描き下ろし!
(出版社より)

表題作無慈悲なオトコ

相川久遠 大学2年生
白羽七王 魔性の大学3年生

その他の収録作品

  • 無慈悲な夜のオトコ達
  • 「無慈悲なオトコ」コミックス刊行記念♡ショート

レビュー投稿数38

憧れからの劣情

実は1度読んで放置してました。そのときは特別ピンとはこなかったんです。
キャラはとても良いのだけどストーリーにさほど魅かれるものはなく感じてしまったのですが、再読したらあれあれ私は何度読み返すのだろう・・・(大汗)というループ状態に陥りました。
ごめんなさい!人気作だからといって邪険にしてしまっていたようですよー。
(どちらかというとマイナー好みなものでして/汗)

当初七王の見た目に反する純情ぶりが可愛くても、もっとツンツンしてたほうが私好みだなという印象を持ちましたし、そもそも久遠のよさがよくわからなかったんですね。軽い奴は嫌いだといいつつ強姦まがいだけど簡単に身体の関係を持ってしまうし。
七王にしてもどうしてそういう行動取ったのかわからなかったのですが、よくよく読んだらなんとなく理解できてしまったんですよね。
そしてラストあたりの告白シーンも、久遠は鬼だな!と思っていたけど、今では久遠なりの想いも感じられて大好き過ぎるシーンとなりました。
第一印象はさほど良くなくても、再読すると気付くことが沢山あるのですね!(汗)


改めて読むと、七王の必死ぶりが本当に可愛い。
どんなに久遠に魅かれようとも彼はノンケであり更には七王のことを嫌っている。
絶対に振り向いてくれないとあきらめてるからこそ、これが最後としてむちゃな行動もする。
なのに彼にこれ以上嫌われたくないし、彼のまっすぐさを愛してるからこそ、楽な恋愛に逃げれない。
その葛藤がとても切ないのです。
自分に持ちえない部分を持っている人に強烈に魅かれる感情。憧れて、眼が離せなくて、やるせなくなる。そういった想いが画面に溢れています。

久遠はですね、自身の性質がまっすぐ過ぎて他人の心情には鈍感。
吐かれた言葉そのものを信じてしまうから、七王の言葉と行動が理解できないのですね。
人を表層で判断しがちな部分はあるけど、彼は公平に接することができる情のあつさがある。七王が久遠に魅かれたのはソコであるだろうし、そんな久遠だからこそどこか寂しげな七王をほっとけなくなってしまうのですよね。
自分の感情が判ってしまうと即行動する久遠が男前で、いつの間にかに大好きキャラへ昇格しておりました(笑)

そして何より、キスシーン~告白シーンに至るまでの展開と描写が圧巻。

すれ違いと純情を巧く絡み合わせた、実によく出来た1冊です。

7

よっ、待ってました!!しかも、えち増量vvv

待ちに待ってたコミックス版です。
雑誌で追いかけてはいたのですが、最初の2話は逃していたので。
その間に起きたこととかわかってよかった。

とりあえず、改めて通して読んでみて七王がやっぱりとてもスゴク好みvv
遊び慣れたように見えてそうではなく。
本気の相手には臆病で。
相手はノンケだからどうせ相手になんてしてもらえないと諦めていて。
強がって挑発して傷ついて。
ぐるぐるとする様がすごく好きです。
そんな七王ですが、後半の展開は少しずつ動き出そうとしている部分もあって。
臆病すぎてそれはなかなかうまく運ばないけれど。
自分1人で考えてみたところで、相手である久遠の気持ちというものがあって。
七王が自己完結してみたところで、久遠の気持ちが動き出していたら思った結果とは違うところに行きつくわけで。
それでも、本当の本当に最後の抱き合うシーンでまでどこか自分に逃げ道を作るような七王が好きです。
そんな七王を放っておけない久遠の気持ちもよくわかる。
そして何よりもコミックス版ではそのえちシーンがかなり増量されていたことにテンションが上がりました↑↑↑
えちシーン12ページ増量は大きいです。
ありがとうございます。
ごちそうさまです。
七王が幸せそうで嬉しい限りです。
久遠もなんだかんだでスゴイ好きみたいだし。
どうせなら、ちゃんと久遠にも「好き」って言葉にして欲しかったなとは思いますが。

さて。
このシリーズ続々とCD化されておりますが、これもCDにならないかなぁ~。
現在発売中のシリーズのキャストでいえば、七王→遊佐浩二さん、久遠→保村真さん。
是非音でも聞いてみたいなぁ~。
先生もすごい気になるし。

5

純情過ぎる…

読んでいてずっとキュンキュンしっぱなしでしたww
特定の相手はつくらない七王さんですが、本命の久遠の前だと緊張して素直になれなくて…。叶わない恋だとしても諦めきれなくて。

久遠に名前呼びされただけで暴走してしまうし、何気ない会話で舞い上がってしまい、「ヤベェな…表情に出てねぇかな」なんて思っている七王さんです。
純情過ぎて乙女ですか!と思ってしまいます♪

久遠も久遠で七王さんが一体何を考えているのか分からなくて、そんな彼のことをもっと知りたいと思ってきます。

濡れ場はワルイコトシリーズの中で一番長ぁ~く、濃ゆいですww
七王さん、ほんとにドMで淫乱です☆

くっついた後の久遠の独占欲が強いです。七王さんを思いっきり束縛して欲しい。続編出ないかな?

あと時々、一瞬七王さんがユキちゃんに見えるのは私だけでしょうか…?

4

色気「兄」最高

『ワルイコトシタイ』シリーズ、スピンオフ第2弾。
本編主役カップル、おばか高校生・永遠の次兄、久遠(くおん)と。
永遠の恋人で生徒会長・帝の兄、七王(ななお)のお話。

…何ですかコレ面白すぎなんですけど!!!

と、脳内大混乱(笑)
本編や第1弾スピンオフカップルより、大好きですこのお二方。
というより、七王さんの色気半端なくて泣きそう。

同じ大学に通う2人。
たまたま見かけた時から、七王は久遠を好きだったのでしょうか。
けれど、噂の通りの人間だと信じている久遠は、七王を毛嫌いしています。
お互いの弟を通じて顔見知りになるけれど、久遠はそれを嫌がる。
一度のチャンスを逃さず、最初で最後と思い、七王は久遠の上に跨ります。

…いや、いくら七王さんが危うい線の細い、美形ビッチだとしても、咥えられて跨れて元気なままの久遠さん、貴方の方が心配です。
…いや、何か分からせる為かしんないけど、大学の先生が生徒のクチ使って顔(というか眼鏡眼鏡!)に放ちますか、これからのマーケティングが心配です。
と勝手に思う箇所は有りますけれどね。はい。

でも、この1冊でソコまで進みますか!と思う位、このスピンオフは勢いと強さを兼ね備えている気がします。
(スピンオフ第1弾の幸村もそうだけど、やっぱ強気眼鏡受けっていいわー…)

これで3カップル出てきた訳ですが、少しオトナな為か、エロさも色気も一番あるカップルが今作。
二面性があるとは言え、少しカゲのあるような暗い部分を持つ七王。
性格だからと一言で言い表すのにはもう少し理由が欲しい、執着心の強い久遠。
これからこの2人の深い部分のお話をもっともっと読みたいなと切々と思います。

4

あの2人が主役です♪

シリーズ6作目!

このカプずっと気になってて楽しみにしていたんですよね~
期待以上でしたっ◎

久遠は印象まんまでしたが、七王はだいぶ変わりましたね
こんなに純情だったとは!
どこか諦めていて、それでもやっぱり少し希望に縋っていて
久遠の言う通り危うい人だと思います
あれ?これでは語弊がありますか?
まぁとにかく久遠がほっておけなくなるのもごく自然なことだったわけです

久遠にはもっと嫉妬深く執着していただいて、七王は幸せをかみしめてほしいです
続き早く読みたいな~

2

七王さんが可愛い!

このシリーズは全部読んだんですが、私はこの久遠×七王が一番好きです。
だって七王が可愛すぎるんですもの!

久遠に一目惚れしてからずっと、どんなに久遠に嫌われても一途に思い続けてたところも健気でキュンとしました。

そして特に私が萌えたシーンは、自分の部屋で久遠を思いながら七王さんが1人Hしてたところ*´д`*
色っぽくて、艶やかで、美しすぎました!!!
こりゃあ同性でも惑わされちゃうわ…


他にも、告白シーンや両想いHシーンなど、萌え要素はたくさんあったのですが、とにかく七王さんが幸せになってくれて良かったです!
弟たち(帝×永遠)を見て、羨ましいと呟いてた七王さん。これからは思う存分、久遠に甘えて欲しいです!(^ω^)

2

一途加減に心打たれました


こんな作家さんが好きな方におすすめ
鹿乃しうこさん 扇ゆずはさん ねこ田米蔵さん
志水ゆきさん 腰乃さん 雨隠ギドさん 高永ひなこさん

H度 1回濃いいのがあります。エロいです。
内容 受けが受けに見えないのにとても受けです(笑)
   Mというか、一途というか。
   攻めは淡白系かしら?

ワルイコトシタイ シリーズのスピンオフ。
単発でも読めるかと思いますが、
ぜひシリーズ最初から読むことをおすすめしたいです。
シリーズとしては、

「悪い(ワルイ)~」 ドS(先輩)×天然系(後輩)
「~じゃないけど」 大人っぽい(後輩)×ツンデレ(先輩)
「無慈悲な~」   淡白(後輩)×一途(先輩)

になるので、好みはバラつくかもです。

2

この艶かしい眼差しに狂わされるのも仕方ない、と思う。

結構以前の作品だったのですね。私がBL事始め(今もまだまだ初心者ですが。)の頃、何度となく読み返した作品です。これが、「ワルイコト」シリーズという事を知らず、兄である七王さんの「無慈悲」3部作から読み始め、後にシリーズを知ったという。そして、シリーズ読了してもやはり、中でも一番大人な雰囲気のこのカップルが一番好きです♡ 久々に読むと、意外にツッコミどころ満載なことに驚かされますし、シリアスなモノローグの割に、「ねぇ、コレってどういう状態⁈」って、ドン引くこともありますが、やっぱり魔性の男、七王さんのその健気さと。恋を自覚してからの、久遠のそのクーデレからの溺愛執着ぶりに、キュンキュンします。

まず。七王さんが、前から久遠を気になっていて、その熱を知りたかったとはいえ。弟を迎えに来た久遠に乗っかってしまう。華奢で細っそりとした七王さんを「俺はアンタみたいな、誰でもいいって感じの人、好きじゃない。」とか言いながら、はね退ける事もせず。しっかり頂いてしまう、久遠。人ん家の客間で。あの艶かしい美しさに、その微笑に。嫌だ、タイプじゃ無いけど、機会があればやぶさかでは無い!と、いった男のサガなんだろうか。とにかく致してしまう。その後も何だかんだ言いつつ、トイレで絡まれて応えてみたり。「アンタ、俺にどうしてほしいんですか?」え?お前こそ‼︎ と、ツッコミを入れたくなってしまう。きっと最初っから、久遠はもぅ、堕ちているのだ。
ややこしい事に、七王さんはゼミの教授と一度だけ、身体の関係を持ったことがあって。一見優しげなこの教授に、七王さんは依存していて、教授の方は執着している。七王さんの、健気で純情なその気持ちに久遠が気づいた頃、七王さんは教授の準備室で、その可憐な口を犯されていた。後に教授は「まぁ、でも君の口に突っ込んだのは、完全に僕の欲だったけどねぇ。」なんてシレッと話すのだ。え⁈ 下半身晒して、口に突っ込んで、顔射して、部屋を退出って…。ちょっとした謎プレイである。
独り、部屋に残された七王さんは、探していた久遠に見つけられ、介抱され。告白をさせられて。抱きしめられる。そして、その部屋で抱かれてしまうのだ。初めて、素直に気持ちを告げることが出来た七王さん。そして、つかみどころの無かった七王さんの気持ちを、二度と離すまい、と誓う久遠。
七王さんのその魔性とも言える綺麗さが噂に尾ひれを付けて、「誰彼構わず誑かせている。」という噂を、久遠は気にしていただけだった。始めからずっと、久遠だけ。彼だけを気にしていた七王さんが健気で。達観しているようでいて、教授に何か言われる度に「かぁっ」って赤くなったりしていて。そういえば、実らなかった教授の恋。この男は、七王さんを見つめ過ぎていて、七王さんの眼差し一つ、久遠に向ける表情一つ見逃さない程に。それなのに、何も気付かない七王さん。それはそれで、七王さんも罪な人だと思うのだ。七王さんの魅力に狂わされない者なんて、いないのだ。
この後の久遠のすざましい執着ぶりはまた別の話。


2

切ないー…



新しいカップル
魔性の男七王×しっかりもの久遠。



ネタバレ!






七王はずーーーっと久遠に片思い。

でも「男ならだれでもいい。」という噂が
大学中に流れていて
久遠から「いい感情を持っていない」と言われてしまう。

それを聞いた七王は嫌われているならどうせ…と思い
久遠を襲ってしまった。

襲ったことより
さらに嫌われてしまう七王。


でも久遠はどこか七王が気になって───…?

1

甘え下手

こういう、慣れてるふりしたり悪役のふりしたりして自分を守るけど、実は健気で一途な受けが、大好物です。ドストライクでした。愛されることに臆病で、嫌われたくないが先行して上手く甘えられない健気さに切なくなります。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う