学園BL超絶ヒット! 「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作!!

無慈悲なカラダ

mujihi na karada

无情的身体

無慈悲なカラダ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神92
  • 萌×223
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
18
得点
593
評価数
136
平均
4.4 / 5
神率
67.6%
著者
 
媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
シリーズ
無慈悲なオトコ
発売日
価格
¥619(税抜)  ¥669(税込)
ISBN
9784832289116

あらすじ

ずっと片思いをしていた年下の相川久遠(あいかわくおん)と恋人同士になり、
愛し合える幸せをかみしめる白羽七王(しらはねななお)。

一方、久遠は以前にも増して
色気が溢れる七王に独占欲を抑えきれずにいた。

幸せの絶頂にいたかに見えた二人だが、
久遠の昔の「恋人」の存在を七王が知ったことですれ違っていく…。

自分が久遠にふさわしくないと思い詰めた七王は、
ある出来事から別れ話を切り出して…!?

大ヒット「ワルイコトシタイ」シリーズ最新作★
無口な相川家次男・久遠×魔性の白羽家長男・七王編!
甘々お仕置き編も収録★
おまけマンガ付き♪

表題作無慈悲なカラダ

相川久遠 包容力のある大学生
白羽七王 魔性の大学生

その他の収録作品

  • 無慈悲なカラダ~お仕置き編~
  • 無慈悲なカラダ~in 相川家~(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューする

レビュー投稿数18

久遠がカッコよすぎました

無慈悲なアナタを先に読んでしまい、他の2作品が気になってしまい電子書籍で一気に読みました!
もう久遠がカッコいいの一言に尽きます。 顔がカッコいいのはもちろんですが大学生とは思えない包容力にため息が出ちゃいます。

ここまで愛されて七王さんは幸せ者ですね。
途中、七王さんが酔っ払ってしまい記憶がない中で先生と関係を持ってしまったのかというシーンはとても切なかったです。
思わせぶりな事を言われて、身体を守れなかった自分を責めて久遠に別れを告げる七王さん。
どんな事があってもブレない、久遠がカッコよすぎました。

お仕置き編も、久遠の嫉妬がスゴくてよかった!
過去の修学旅行の時のエピソードを聞いた時の嫉妬爆発な久遠がカッコいい!
もう七王が不安を感じる隙がないほど、甘やかして愛しまくってほしいものです。

ぜひ、続きが見たい作品です。 ラブラブな同棲生活を覗いてみたい!

1

久遠&七王カップル好き

シリーズをほとんど読んでの感想です。
久遠&七王のカップルは好きです。

他のカップルの話で登場する時の七王さんはやり手なクセモノっぽい感じなのに、メインカップルの巻では、自分に自信のない健気な感じになります。が、なんかこの健気で自信のない七王さんと、他の巻で登場する時やコスプレする時なんかの七王さんとで、雰囲気が違いすぎるというか、しっくりこないというか、同じ人間の別の面という感じがしなくて、シリアスな部分の後のコスプレシーンとかで違和感を感じてしまいます。なんだろう、なぜってところはうまく説明できませんが。

七王さんが好きって自覚してからの久遠のブレない七王ラブっぷりと、久遠からの一途な愛情を向けられて喜んでる七王さんが好きです。
この巻では、ちょっと先生が酷すぎ。久遠が指摘したように本当は先生は七王のことが本気で好きだったから、久遠と七王の仲を壊したかったってことなのか。
でもそんなことに全くひるまずちゃんと七王さんを包んでくれた久遠がカッコイイ。

シリーズ全体としては、白羽家の姉、君子さんとか、相川家兄弟の兄弟バカなところとか、少ないけどコミカルな部分もあって楽しいです。Hシーンがエロいところもいいです。絵柄は大好きとまではいかないですが、絵によっては超カッコイイ美形で大好きな場面も多々あります。

七王はメガネをかけてますが、メガネは嫌いなので、たまにメガネをはずしてくれると、うわー超カッコイイ美形で、いいなーと思います。メガネありな顔も脳内でナシにしてみようと試みますが、手で隠してみてもイマイチ。やっぱりメガネありとなしで作画がちょっと違うんじゃないかという気がします。久遠もカッコイイ美形で好きです。

1

愛ゆえに

一難去ってまた一難ですな。
もっと図太いキャラだと思っていた帝の兄、七王のもろい部分が
今回もいかんなく発揮されております。
好きをこじらせてからの数年。
カップルになってからの短い期間。
自分にできるのは、自らの貞操を守ることだけ。
捧げられるのは身体しかない。
なのに、あろうことか・・酔っぱらっていたとはいえ
他の男に身体を開いてしまうとか( ノД`)シクシク…

かわらずの暴走っぷりからの
ラブ展開が美味しかったです。

何より、久遠。
本当にいい男やね。
惚れた方が負け。どんなことがあってもな二人が好きです。
同棲後のラブラブ☆ラブなその後の話もぜひよみたい!

3

七王さんが健気過ぎて・・・(ネタバレ)

相川久遠×白羽七王シリーズです。

今回は、ラブラブなお二人から始まります。
七王さんが寝ている相川さんを裸エプソンで起こします。そして、お部屋で肩だしセーター?大きいVネックネーターを着ている七王さんと相川さんがイチャイチャ。
良いスタートじゃない!っと思っていたら・・・

七王さんは相川さんの元恋人の存在を知ります。
しかも、丁度、相川さんのバイト先で相川さんとその子が偶然再会をし、それを七王さんは影(車の中)で見てしまいます。
もちろん、相川さんとその子はその後ありませんが、七王さんは相川と並んでいる子を見て、似合うっと思っちゃいます。・・・

そして、七王さんは幼馴染とやけ酒を飲んで、その幼馴染はある手違いで里仲教授に連絡をしてしまって・・・

というようなお話でした。そこらへんちょっとシリアスでしたね。七王さんが健気過ぎる・・・
相川さんって昔元カノと付き合っていたときは淡泊らしかったです。今じゃ考えられないほど、七王に独占欲が・・・

私はこのシリーズが一番好きですね。

1

迷う評価。

裸にエプロンはちょっと…女の子っぽく見えてしまい最初買うのを躊躇しましたが…やっぱり二人が好きなので買ってしまいました~(о´∀`о)そしたら今度はコスプレ…うーん。必要性を感じない…。←好みの問題ですね。
後書き見るともうおしまい的な事が書いてありましたけど…せっかく同棲までいったんだからもう少しラブラブ日常がみたいな~!!色んな点につまずき萌え一つかな~。

2

一筋縄ではいかない

両想いになった久遠と七王。
久遠の七王への執着っぷりがどんどんエスカレートしています。
出あった時の「嫌いです」からのスタートを思うと、あのそっけない久遠もが懐かしく思えます。

そんなラブラブな二人だけど、やはり一筋縄ではいかない。
七王のトラウマ彼氏が出てくるは、久遠の元カノが出てくるわ大変です。
そして里中先生もしっかり絡んできてくれました。

七王が久遠に告白した場所で、別れを切り出すシーンは切なかったけど、久遠の強い思いに救われました(感謝)
幸せになっておくれ。



1

待ってました!


今回は七たんのコスプレ姿がたくさんあって
もー、萌えまくりました(笑)
神以外なにものでもないです!!笑

こんなに美人で健気な七たんに
里仲教授が意地悪?をして
そのせいで七たんは自分をせめて
久遠に別れ話を切り出してしまいす。

里仲教授…。
七たんは許しても
私はあなたを許さないです!笑

でもそのおかげで七たんと久遠の仲は
より強くなりました。
そこは評価しましょう!←何様(笑)

ただ、少し残念なところは
全てのえっちで七たんが眼鏡を
かけたままというところです…。

個人的には眼鏡かけていない七たんが
好きなので…。

でもかけてない場面は全部萌えたので
OKです!!←だから何様(笑)

1

 おしあわせにー

 めい先生のシリーズの中ではこのお2人が一番好きです。
なんてったって受け様の七王さんが繊細できれいでかわいくて色っぽい。
ちょっとずつ甘えられるようになった七王さんってばものすごーくかわいい笑顔を見せてくれちゃって、そりゃー攻め様の久遠も心配するって。
今回、里仲教授に抱いたって言われて雨の中ずぶぬれで帰って熱を出しちっゃて大学を休んだ七王さん。
お見舞いにいって看病してる久遠に着替えましょうって言われてパジャマのボタンをはずされて、びく、となる七王さんに、「変なことしようとは思ってない」ってすねた顔してる久遠のお顔がかわいいー。
それに対して嬉しそうな照れたお顔の七王さんもかわいいー。
そのかわいいお顔が苦しそうにゆがむ七王さんが切ないです。
別れようとする七王さんに、七王さんへの想いを言葉をつくして、抱き寄せて、いとしいって気持ちをこめた優しいキスと表情。
もう、久遠ってばめちゃくちゃ男前。ナイスガイ!!!
祝、同棲。よかったよー。

 お仕置き編もよかった。
七王さんのナイスなコスプレ姿を拝ませて頂きました。
私はマニアックな女教師がいいです、七王さん。

2

このシリーズも長いですね~。

相川久遠×白羽七王の大学生ものです。
「ワルイコトシタイ」シリーズの帝と永遠の兄ちゃんたちの話の第3弾です。

いや~このシリーズも長いですね!一時期、少しだけですが飽きてきたなーと思ったこともありましたが、それでもまた読みたいと思わせたのはすごいと思いますね!

ていうか、今回でこのCPは終わるのか?ってくらいにハッピーエンドでした。
同棲することにもなりましたし。ていうか、相川兄弟マジで面白いですね。
徒歩10分の距離とはいえ、今後の永久と永遠が気になりますね。

しかし、七王の今回の行動は軽率すぎやしないか?って思いましたね。
いくら酔っていたからとはいえ履歴の一番上って!!ちゃんと名前言わないと!!とりあえずヤケ酒は家でやりましょうということで・・・。

個人的に里中教授はしつこいなーって思っていたのですが、あの2人が原因でケンカすることもありますが、仲直りをするきっかけも里中教授なので、なんか可哀想になってきますね・・・。
誰か彼を救済してあげてください・・・。

1

収まる場所

調子にノったら断然可愛くなる七王の裸エプロン。
寝起きのせいだけじゃない重い返事をする久遠の常識人ぶりに、ちぐはぐな2人のテンションが可笑しく、いつの間にそんな風に愛を育んできたのかと。
上手くいってる2人の坂道を転がっていくようなのめり込み具合。
従兄弟の雅人の絡み方に君子のソツのない切り返し。
ようやくほのぼのとしたラブを堪能できました。

それでも其処此処に危うさは転がっていて。
うっかり聞いてしまった久遠の元カノの話しから、崩れていく足元。
ここにきて、里仲教授が舌なめずりして手元に戻ってくるのを待っていたような落ちっぷりに、久しぶりの高揚感を覚えました。
冷静に分析して追わないことを選んだ里仲教授の、子どものような地団駄をこじらせすぎた結末に七王の笑顔が追い討ちをかけます。
久遠の、分からないなら分かるまで追いかけ続ける強引さに、心を閉ざした七王を引き上げるには充分で、想いの重さに引き気味だった分男を上げる態度、言葉にうっかりときめいてしまいます。

この二人ならゆくゆくは。
そう思い描いていた展開ですが、重みのない自然な言葉に見事にさらわれてしまいました。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ