フルーツ、ガトーショコラ

fruit gateau au chocolat

フルーツ、ガトーショコラ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神18
  • 萌×231
  • 萌28
  • 中立7
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
12
得点
305
評価数
90
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
キタハラリイ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
コアマガジン
レーベル
drapコミックスDX
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784866530413

あらすじ

金曜の夜、二人だけの特別な時間---
外見も内面も正反対、でも食の好みだけはピッタリな米倉と椎名。メシ友という微妙な関係のまま、金曜の夜を楽しんでいた矢先、椎名から思いがけない秘密を打ち明けられて…?
きみの魅力に触れる度、恋に奥病になるーー

表題作フルーツ、ガトーショコラ

椎名航生(イケメン・米倉の取引先の営業)
米倉駿人(繊維会社・営業)31歳

その他の収録作品

  • degestif(描き下ろし)

レビュー投稿数12

キュンキュンが止まらない!

癒される~~~。
地味な米倉と、取引先の年下イケメン椎名は金曜日に美味しい料理を食べるメシ友。
米倉は自分なんかと食べるより…と自虐発言をしてしまい、椎名が告白。

それからの椎名の猛攻と優しいキス。

あーん、ときめくよう。幸せだよう。早く好きって言っちゃいなよ!まさか言えない間に何かあるんじゃ?とハラハラしてました。

でもそんな事はなく、米倉もようやく椎名に気持ちを伝えて。
甘々だよう!何だよ、あんなに悩んだり敬語で話したり恋人までの距離をソワソワ過ごしてたのに、いきなり!やったね!

もうこの先はイチャイチャラブラブで読んでてにやけます。ご馳走じゃなくても隣で美味しいご飯が一緒に食べられて幸せで、それだけでいいのです。

とりたてて事件が起こったりすれ違ったり劇的な出来事もないお話なのですが、このキュンキュンがたまらない!久しぶりにキャーっと叫びたくなりました。

2

キタハラリイ先生らぶ

やっぱりキタハラリイ先生は良きですね!!
ジェラテリアスーパーノヴァを読んで、キタハラリイ先生のファンになり、それで今回も即買いしました。

話は二人のリーマンのメシ友から始まる恋です。最初は、普通に楽しく友達として過ごしていたのが、恋に発展していきます。

よくある王道の話のように感じられますが、この作品には、キタハラリイ先生特有の暖かさと心地よさがたくさん詰まっていると思います。読んだ後に心がほんわか温まること間違いなしです!ぜひ読んでみてください!!

5

優しくて甘い♡

今回の作者さんの作品はどんな感じかなーと楽しみにしてました♪
今までのは切ない感じや辛い感じ、そしてあまあまな幅広い感じだったので。
そして今回は読んでみたら、優しくて穏やかな感じでした(*´ `*)苦しいことはほぼなしです。
読む人によっては物足りなさもあるかもですが、穏やかながらも可愛らしいウブなドキドキ感が良かったし、安心して読めました。
そしてリーマン同士です。

地味で大人しめな感じの米倉さん。丁寧な仕事ぶり、人付き合いは少し苦手、特にリア充な人と自分は程遠い存在だと思ってます。そして美味しいものを食べることが好きで、好きなデザートはガトーショコラ。
そんな米倉さんが最近ご飯を食べることになったのは、イケメンリーマン椎名くん。ある日の打ち上げで声をかけられ、一緒にご飯を行くことに…。
自分と釣り合わないキラキラな椎名くんだけど、食の好みはぴったし。でも何で一緒にご飯を食べてくれるのだろう…と引け目を感じていて。

もうね、米倉さんが疎いというか鈍いというか、そんな米倉さんに去り際、軽めだけどしっかりキスして攻めてく椎名くん。
このじわじわ感が堪らない(*´°`*)
なかなか気持ちがはっきりしない米倉さんでしたが、会えなくなって気付く気持ち♡
ぽっとなってる米倉さんが可愛らしい。
攻めもスマートなんだけど、悩んだりもしてあわあわしたり、可愛らしいさありです。

そして2人の照れ合う初心な感じが可愛らしくてやられます。
エロはありますが、エロさより愛おしさが感じられます。
幸せそうな終わりにほっこり〜。

書き下ろしでは周りのキャラも総出演で、その脇キャラたちも味ありでいい感じです。そしてエロもあり。個人的に真面目そうな2人にしては意外なシチュでした( ˘͈ ᵕ ˘͈ )


drapコミックスはものによって電子配信まで時間がかかるものもある中、同時配信に大感謝です♪
修正も心配でしたが、エロは多くないので、個人的には電子でも許容できる範囲でした。
また次の作品も楽しみです♪

3

おいしい食べ物を一緒に食べたいのは?

おいしいものはおいしいというだけで既に特別。
だけど特別なひとと食べたらもっと特別になる、という話です。

31年間、リア充を横目にひたすら地味に生きてきた米倉の唯一の楽しみはおいしいものを食べること。
取引先との合同打ち上げで出会ったリア充代表のようなイケメンリーマンと食べ物の好みで意気投合して以来、金曜日に2人で行くおいしい店巡りが続いて…。

という始まりです。
米倉は自分に自信がなくて過小評価しているタイプなので、王子様のような椎名が自分「なんか」と二人で食事に行って本当に楽しいのか戸惑います。味覚が合うひととの食事の楽しさは無限大ですよね。未散ソノオさんの「SOS」のような居心地良さそうな関係なのに、米倉は長年培った「僕なんか」精神を発揮しまくりです。

椎名が性格もイケメンすぎて…。無駄にカッコつけないんですよね。カッコ悪い自分も全部見せてしまう。はっ、もしかしてこれはイケメンだけに許された「こう見えてオレ本当は…」的テクニック!?と思う隙もなく、椎名に対しては不器用で臆病なところもあったり焦ったり欲張ったり、イケメン設定が霞むくらい必死で恋する男という感じです。

椎名の関わる超多忙プロジェクトのせいで会えない期間が出来たことや若干トラウマになっている米倉の元カノの絡みなどを経て、米倉も自分の中でどれだけ椎名の存在が大きくなっているか気付くわけですが。
あまりにもスムーズに進みすぎて忘れがちでしたが、ふたりともノンケですよね?その辺りは最初に米倉が「僕なんかより女の子と…」と言う以外は特に触れられていません。
でも椎名が米倉を気にするきっかけになった米倉の仕事のやり方は本当に素晴らしいと思うし、ふたりとも食事している時間の表情が何とも言えず幸せそうで、「男同士?問題ないね!」と思えてしまうのです。
椎名の直球勝負に比べて米倉の態度や台詞は、拗らせすぎた臆病さのせいで時々ずるく感じてしまう。でも良いのです。気持ちを伝えるシーンで全部吹き飛びます。しあわせ。大満足。

これだけ言って「神評価」ではないのは顔のフォルムが若干縦に伸びすぎな印象だったことと、最後のシーンの言葉選びのせいです。すっごい細かいことで本当に本当に申し訳ないのですが、冒頭と同じモノローグを重ねてきて印象付けるやり方はいいなと思ったんです。気になったのは
「君と食べるならどんなものだってどんなものより美味しいから」
ここです。一瞬「ん?」ってなりませんか?わたしだけ?細かすぎ?「どんなもの」を重ねることでダブル重ねの印象づけを狙ったのは分かるのですが、AとAを並べて「Aの方がいいよね」って言うのは分かりにくい。ふつうに「何よりも美味しいから」じゃだめだったのかな。うーん、それも何か変。「この上なく」「今まで以上に」もしくはスパッと切って「どんなものだって美味しいから」とか。
いえ、あの、ごめんなさい。ほんと細かすぎて。ちょっと自分を殴ってきます。

橘くんと川邑部長の話も読んでみたい。兼生ももっと見たい。スピンオフ、出ませんかね?

3

敬語ってクるかも

リーマン、黒髪、眼鏡は大人しい設定にするとほんと冴えない感じになるのですがキタハラリイさんの絵だと控えめな色っぽさが加算されてなかなか良いですね。年下のイケメンリーマンはイケメンなのに癒し系な感じだし、静かな二人の男が美味しそうにご飯を食べてる図を想像するだけで萌えーっとなります。

一番テンションが上がったのは椎名さんが「反則ですけど前借りさせてください」みたいなことを言ってキスをするところ。ギャー!いくらでも持っていってー!って叫びそうでした。

この二人、仲良くなってもいつまでも敬語を崩さないのもなんかドキドキしますね。

後半に出てくる椎名さんの上司と米倉さんの後輩の関係性もなんだか怪しいし、これはスピンオフでもでるのかなぁ。

4

ミニシアター系の可愛い映画のよう。

「いつも。掠め取られるような。キスをされる。」
「雨の日、静かな夜道の傘の中で。
地下鉄へ下がる薄暗い階段の途中で。
ひと気のない、お店の軒先で。」
詩情溢れるモノローグ。美麗な絵。匂いや湿度まで感じられるような、丁寧に綴られる二人の心情を読み手側も丁寧に感じたい作品です。キタハラ先生の作品は「はきだめと鶴」が初読みで、心が痛すぎて、二度と読めないのですが、こちらは安心して何度も読み返しました。
大人だから、臆病にもなる、可愛い恋ものがたり。
小さな映画館で観たいような。

4

大人の恋の可愛らしさ

地味なリーマンの受けが、なぜか他社のキラキライケメンリーマンと食事友達になり、金曜の夜を共に過ごすようになって…というお話です。

攻めは王子様系の年下イケメンで、受けは黒髪眼鏡の地味な年上リーマン。なんだかBLマンガ家が初めてリーマンBLを描いてみたみたいな、よく言えば王道、悪く言えば新鮮さのないストーリーでした。

でも、まあ、可愛らしいほのぼのした作品ではあったと思います。攻めも受けも可愛らしい嫌味のないタイプで、周りの人たちもいい人で。あと、キラキラ王子に全力で口説かれるシチュエーションには萌えました。
これはキタハラさんのファンが読むより、センシティブ系が好きなかたが読む方がハマるかも、と思ったりしました。

スレた読者(笑)から見ると、ここを掘り下げないのかな、というところが流されたり、受け攻めのパーソナルデータがなかなか説明されなかったり(特に、ゲイかバイかノンケかがなかなか分からなかったのにはイラっとしました)、受け攻めの進展に何の役割も持たない脇キャラががっつり描写される違和感だったりが気になりました。
その脇キャラ同士が仲良しでした的なエピソードが出てきたときには、スピンオフにするならいいけど、そうじゃなければこれ必要だった? と思いました。

あと、表紙と背表紙のタイトルロゴ、「ガトー」の「ー」がくるっとしてて、ずっと「ガトーのショコラ」って読んでいました。そのタイトルで検索して出てこなかったので初めて間違いに気づきました。

2

楽しそうな2人の金曜日が羨ましすぎてお腹が空く‼︎

タイプの違うリーマンが会社も違うのに仲良くなって毎週2人で遊ぶっていう設定だけですでに萌えが無限大∞

キラキライケメンと黒髪メガネの地味メンが「美味しいものを食べるのが好き」っていう共通の趣味を通じて仲良くなって、毎週金曜日の夜を楽しそうに一緒に過ごしてる2人が羨ましくてですね!
純粋にいいなーいいなー週の終わりにこんなご褒美があったら毎日仕事頑張れるなーって思いながら読みました。
ぶっちゃけBL展開しないストーリーでもいいっちゃあいい内容かなと思うところもあるんですけどね、でもまぁ腐脳だからさ、メンズが2人揃ったらやっぱ恋は始まってくれないと。

といいつつ、あまりにナチュラル〜に恋が始まるんでゲイなんだとばかり思って読んでたら両方ノンケ設定だったところには「ノンケだったんかい‼︎」と突っ込まずにはいられなかったです。
ノンケ同士であんな毎週チュッチュしてたんかい‼︎ なにそれ萌える。
あと敬語同士なところも萌えでした♡
エッチ終わったらお手手繋いで、敬語でピロートークして、お前ら可愛いかよ〜

地味メンの米倉が少々ネガティブ思考なもんですから途中「辛気臭ぇな‼︎」ってなりましたが、結局2人の可愛さの方が優ってしまって、終わり良ければすべて良し的なホッコリ感で読み終えました(^-^)

【電子】シーモア版:修正グレー塗り、カバー下なし、裏表紙なし

2

いつもの切れ味が全くない、綿菓子のようなお話し。

……と書くとマイナスな印象ですが、これはこれで、好きです!
好きです!
……大切なことなので二回言いました。

ただ、キタハラさんのこれまで読んだ作品が、
ちょっとガツンとパンチの効いたものだったので、
ついついそれと比べてしまい……

今回はかけらも毒のない優しい作品。
ある意味、らしいといえばそうなのかな。
根底は変わっていないのかも。

とにかく美味しくて優しいお話し。

欲を言うなら、もう少し米倉さんに悩んで欲しかったし、
椎名さんが米倉さんに惹かれていく過程が欲しかった。

でも収まりどころは良かったし、
何より二人の美味しそうな笑顔がいいv

夜に読むと、次の日のランチが待ち遠しくなる。
お腹が空いて、評価は「萌×1」で!

1

料理の描写が綺麗

絵が綺麗で丁寧、話もまとまっててエッチシーンも可愛いのですが、どこかスッキリしない作品でした。

「イケメンに見初められる理想のラブストーリー」ね、米倉(受け)のシンデレラストーリーね、以上!って感じです。ノンケ×ノンケの説得力も感じませんでしたし、BL漫画特有の葛藤もなく。そもそもノンケかどうかも曖昧に進んでいくので(米倉行きつけのイタリアンの店員がゲイっぽいのはミスリードなのか?)、集中力を欠いた。

絵はとっても綺麗です!主軸である料理の描写もうまい。トーン使いが美しい。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う