初対面の男に突然「愛してるよ」と言われた――なぜ? 旅先で出会った謎の青年×不思議な声を持つ青年の、必ず2度読みたくなる、極上のミステリアス・ラブ。

See you later,Mermaid

See you later,Mermaid

See you later,Mermaid
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神118
  • 萌×252
  • 萌22
  • 中立7
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
29
得点
871
評価数
201
平均
4.4 / 5
神率
58.7%
著者
早寝電灯 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
ホーム社
レーベル
アイズコミックス.Bloom
発売日
ISBN
9784834264661

あらすじ

人を操ることができる声を持つ辰実は、旅先のある海辺で一人の青年・一士と出会う。
同じ宿に泊まっていた彼と酒を飲みかわし親しくなるが、翌日、一士から突然「愛してるよ」と言われ…?
謎多きふたりの過去と記憶が徐々に解き明かされていく、極上のミステリアス・ラブ。

表題作See you later,Mermaid

君嶋一士,旅をしている青年
日垣辰実,不思議な力を持つ青年

その他の収録作品

  • あとがき
  • カバー下:イラスト

レビュー投稿数29

言葉は強力で無力。だからこそーー。

個人的に2人の関係性がすごく好きな部類でグッときました。

煽りに対する率直な感想は
「極上のミステリアス・ラブ」は少々盛りすぎかな?と。
まったく先が読めないというわけでもなかったので…。

けれど先が読めるからこその萌えがありました。
きっと"こう"くるんだろうなーとワクワクして読み、
ああやっぱりねー!ほらねー!(∩´///`∩)クゥゥゥゥゥ!
すっごい好きなヤツで切なキュンで指がビリビリしました。


(以下、ネタバレになりますのでワンクッション)


というわけで、
幼馴染みの両片想いがお好きな方は是非。
最後まで読んでから冒頭と読み返すと別角度の萌え増しです…!


さてさて。
ストーリーはあらすじにもあるように、
ミステリアスな青年2人が海辺で出会うシーンから始まります。

攻め:一士の左手の薬指にキラリと光る指輪が。
1人で旅行だというのに、旅館は2名で予約。
辰実を見つめる目が淋しげで温かいのですね。

受け:辰実は不思議な力を持っています。
波の音のような声で発した言葉は強制力を持っていて人の心を操れるという…。
旅先で出会ったばかりの一士にその秘密を吐露し、
別れ際に「好きになって欲しい」と零してしまう。

言葉の強さ、無力さ。
言葉の怖さ、大切さ。
色んな感情が言葉に込められて展開します。

もうね。絶対初対面じゃないでしょ?という匂わせ。
どちらかの記憶喪失かな~?と思いつつ、
関係がハッキリしないけどなんかある!に萌えるのです~!!!
1話目でワクワクMAXでした(∩´///`∩)

2話目以降から2人の過去に遡って、
出会いから現在に至るまでの関係をそれぞれの視点で。

出会いは小学生の時。
2人は家庭環境が良くなく同じ悲しみを知っているのですね。
幼い子供が慰め合って、寄り添い合って。
個人的にこういうの弱くてギュ~ッってなる…(;ω;)

そして成長するにつれ
純粋だった気持ちが形を変える。

先に自覚したのは一士。
けれど大事な親友にそんなことを言えるはずもなく
彼女を作って見ない振りをするのですね。
で、一士が彼女を作ったのを知って初めて自覚する辰実。。。

それから現在に至るまでずっとずっと
想いに蓋をした両片想いが続くのですよ(;///;)

個人的に『幼馴染み・両片想い』が大ッ好きなので
堪らん~~~!(∩///∩)と何度も悶えてました←

辰実視点だと何気なく出てくる音楽プレイヤー。
一士視点だと違った意味を含んでるのが切なキュンで…もぅ…もぅ…(;///;)
語彙力なくてコレしか言えないけどすっごい良かった。良かった。

恋愛感情に蓋をしたまま側に居続けたけれど
溢れる苦しさが限界を迎えて冒頭に至るのですが、
最後まで読んだ後に冒頭を読み返すとすっごいキュンキュンします…!

何を想い、何を願い、他人を装ったのかーー。

海辺で話をする2人の内心を考えると萌えがシンドイ。
1度目より2度3度読み返す毎に萌えが増しますね。
何度も幼馴染み愛と両片想いが楽しめるスルメ漫画になりそうです。

11

素晴らしい作品

読んだあとにため息が思わず出ちゃうような…深くて素晴らしい作品でした。

早寝先生の作品の読後は他の作品でも「あああ…巧いなあ」って思うんですが、今回のもやられました…ものすごいいい作品でした。
声や音、言葉や言霊、風景も過去も現在も。
すべてがこの題名に集約されたあの瞬間には鳥肌が立つくらい感動。

たくさんの言葉で感想を書きたいけど、私が思い浮かべる言葉が稚拙すぎて、自分の拙い言葉や語彙ではうまく伝える事ができないのが悔しいです。

だからただ一言だけ。

でも本当に素敵なお話でした。
何回も読みたくなります。
そして何回も幸せになれます。
この幼馴染にたくさんの幸が訪れますように。

9

じんわりきたー...(涙) 神連打したい気分。

お恥ずかしながら地雷多めなので、普段は必ずネタバレしてから購入するようにしていますが、これは絶っっっ対にネタバレ無しで読んだ方がいい!!
わたしもネタバレなしで読んでみたら、ものすごくよかったので。

早寝電灯先生のお話だと、「半壊の花」収録の「稲穂に帰る道」が好きで、なんて優しいお話を描く方なんだろうと思っていました。
今回のコミックも本当によかった〜(涙)


このお話のキーワードのひとつである「言葉」。
最終話で語られる一士の「言葉」に対する考え方が素晴らしかった。
ありがちだけど、深くて。
綺麗事のようでいて、一士が言うから説得力がある。
あのシーンめちゃくちゃ心に滲みた……

特殊能力をもっているのは辰実ですが、ああいう解釈をできる一士の方が稀有なんじゃないかなぁと思いました。


指輪や音楽プレイヤー、小物の使い方もさすがでした。
しばらくはうちにある音楽プレイヤー見ただけで余韻に浸れそうです(笑)


必ず二度読みたくなるっていう釣り文句が、わたしにとっては不安要素だったんですよね。
「え、一度じゃ理解できないってこと?」って思えちゃって...
過去にミステリー要素のあるBL読んで、よく分からなくて何度もページ読み返したり、もやっとしたことがあったものでどうしても...
ミステリアスな雰囲気はいいけど、なんか辻褄あってなくない?とか、一部謎を残したまま終わっちゃうコミックってあるじゃないですか。

でもそういうのはなかった。
伏線回収、きちんとされてました。
そして分かりやすかった。
こじつけ感もなく、納得もできた。
すっきり。そしてじんわり。
わたしの中ではまさに極上のミステリアス・ラブでした。
素敵なお話に出会えてしあわせ!
ありがとうございました!

6

何度も読み返す素敵な作品

『転じて恋と生き』に続いて読んだ早寝電灯先生の作品です。

旅先で出会った2人
君嶋 一士と日垣 辰実のお話。

旅先は海辺のある街。
辰実は防波堤に座って音楽を聴いていました。
「一人旅ですかあ」
突然、声を掛けられ見上げると一人の男性が立っています。
言葉を交わすうちに、その男性と同じ旅館に泊まっていることがわかり、一緒にお酒を飲むことに。
お酒に酔った辰実は自分と幼馴染だけが知っている秘密の話を始めて…。

この作品をネタバレしないようにレビューする方が多いのが読んでわかりました。
本当にネタバレなしで読んでいただきたいです。
早寝電灯先生の見事なストーリー構成と繊細な描写に思わず唸ってしまいました。
ミステリアスな要素を含ませた現在に過去の回想シーンを絡ませていて、まるで映画を観ているような感覚に陥ります。
徐々に解き明かされる謎に感動で涙が溢れるでしょう。

言葉は怖い…強力で無力
でも、同じくらい優しくてあたたかい

描き下ろし『later talk』
本編のその後のお話。
緊張した2人がめちゃくちゃ可愛い (੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡

本当に好きだからこそ、不器用になってしまう2人。
海辺で出逢ったのは偶然ではありません。
だって、2人は運命で結ばれているから。

何度も読み返して、その度に泣いてしまう。
上手く伝えられる「言葉」が浮かばないほど、心が震えるラブストーリー。
ぜひ多くの方に読んで欲しいです。

――2人がずっとずっと幸せでいられますように。

6

聴覚を刺激される

早寝電灯先生、1年弱ごとぐらいでコンスタントに新刊を出されていて、今後もこれぐらいのペースで出て欲しいです。いろんなランキングとかね、毎年顔出してくださると嬉しくて。変わらず推していきたい。

最初、ガッツリファンタジーかな?と思いきや、先生の今までの作品に近いふんわりとした不思議感で、また好きなお話が一つ増えました。

先生の作品は、読んでるとその場の音が聞こえたり、色が見えそうな気持ちになる。こちらもそうで、潮の匂いまでまでしそうです。特に今回は、波の音、洋楽、言葉と音にポイントがあったので、際立つものがありました。
過去パートの量が多くて、旅先でうろうろする2人があまり見られなかったのが残念。しかしうろうろパートも会話書くの気を使いそうだしな。

辰実も一士も臆病すぎるほど臆病で、だからこそ優しさがあって相性の良い2人な気がする。臆病だからこそ時間はかかりましたが、ずっとこんな風に一緒に生きていける気がして、すっきりとした気持ちで読み終われました。

5

号泣

是非!ネタバレなしで読んでください!!
わたしはめちゃくちゃ泣きましたマジで!!!

素晴らしいストーリーテラーが現れた…
既刊もチェックせねば!

5

読み終わったあとにカバーを外してもう一度泣いた

書店で帯の煽り文が気になったので購入。

読み進めているうちに、「え、これどういうのと??」と思ったところもありましたが、ちゃんとその謎がひとつひとつ解明されていきます。

少し特殊な設定もありましたが、それがあってこそのお話でした。

この作品における「泣ける」は、しんどいとかつらいとかじゃなくて、じんわりと心が温まるようなそんな「泣ける」でした。

それと……読み終えたあとにカバーを外してみてほしい!!!
もう1回そこで泣きました…

5

エモい!

絶ッ対にネタバレなしで読んでください!

帯の通り、この話は読み返すことによって深みを増していきます。
新鮮な気持ちで存分にエモを浴びてください

短いですが以上です!

4

ホントにネタバレなしで!

ホントにネタバレなしで!
これしか言えない・・・。

読後感は凄くいいので、多くの方にオススメします!!!

4

海辺の温泉、行きたいなぁ

あらすじの紹介文では
「人を操ることができる声を持つ辰実は、旅先のある海辺で一人の青年・一士と出会う」
って、ちょっとSFファンタジーっぽく紹介されていますが、それらしい要素があると言えばあるような、
でも、最終的にはもっと普遍的な、「言葉の力」が重要なテーマになっているお話でした。
日垣視点で進行した後、君島視点で再度語られるストーリー構成も好みです。
展開的には、割合早い段階で先は読めてしまうのですが、ここはやっぱり、私も「ネタバレなしで読んでね」

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う