召し上がれ愛を

meshiagare ai wo

召し上がれ愛を
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神3
  • 萌×23
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
52
評価数
15
平均
3.5 / 5
神率
20%
著者
作品演出・監督
蜂谷幸
音楽
海津賢
脚本
佐々美沙
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
新書館〈CD〉
収録時間
73 分
枚数
1 枚
ふろく
初回特典(外付け):描き下ろしプチコミックス(B6サイズ小冊子)
フリートーク
あり
発売日
価格
¥3,000(税抜)  ¥3,240(税込)

あらすじ

陽気なシェフ×カタブツ公務員、不器用な大人たちのデリシャス・ロマンス!!

ひどく酔った日の翌朝、カタブツで人付き合いが下手な国家公務員・笹川が目覚めると、
裸の男が横で寝ていた!その男は隣人で、マンション一階にある店のシェフ・俊成。
衝撃の出会い以来、俊成は「運命」と言って笹川を口説いてくるようになり…?

木下けい子が描く大人たちの恋愛模様。実力派人気声優陣による待望のドラマCD化!

表題作 召し上がれ愛を

俊成春文 → 興津和幸

笹川博 → 鈴木達央

その他キャラ
安永[立花慎之介]

評価・レビューする

レビュー投稿数5

良質な恋愛ものですが、どこで満足度を得るか難しいCD

シェフ×堅物公務員。

興津さんのやわらかく真っ直ぐなやさしさ!

達央さんにしては珍しい役ですね。
後半の感情が溢れるシーンの爆発力はさすが。

受けの不器用さがいじらしくて、それを可愛いと思う攻めに感情移入できた。

エロは少なめ、良質な恋愛ものです。
しかし、お二人の個性や演技が発揮されている内容とは言えないので、
私はどちらも大好きなキャストですが、どこで満足度を得るか難しいCDです。

フリトについて。
話題のチョイスもさることながら、態度が良くないと思います。

0

う~ん

ずいぶん前に買ったまま埋もれちゃっていたらしいのを発掘。

う~ん、、、
これって、キャスティング、逆の方が、、、、
笹川の「カタブツだけど、見かけによらず実は中身はウブで可愛い」ギャップ感を狙うにしても,そこを敢えてたっつんでチャレンジしなくても、、、
たっつんは、どんなキャラでも、もう、それこそ如何様にでも演じ切れちゃうのはわかっているし、この笹川も、これはこれでとってもかわいいし、
萌的にも、作品の出来的にも全然問題はないんだけど、
でも、
どうせだったら、逆のキャスティングで聞きたかったなぁ

1

ふんわり。

ふんわりした印象の作品。
カタブツと温和な感じの人物が恋するお話。
正直、最初キャスト見た時は逆の方がいいんじゃないの?って思いました。
たっつん(鈴木さん)のカタブツとか想像できなかったし。
聞いてみたら、わりとカタブツでそれはそれで可愛いんだけど、やっぱり聞き慣れないせいなのか無理してるようにも聞こえたり。
興津さんは非常にしっくり来てたんですけどね。
たぶん、興津さんはどっちの役でも合ってた気がする。
ので、逆バージョンも聞いてみたかったような(苦笑)
お話はカタブツの笹川が好意を向けられて、少しずつ少しずつそれに向き合っていくような。
カタブツなので絆される…というのとはまた違うんだろうけど、俊成の人となりに惚れていったってことなのかな。
俊成が身を引いていったあたりからの笹川のグイグイいくような感じとかかわいくて好きです。
あとは、安永の件で泣いてるところとか。
俊成はとにかく笹川を好きで好きで甘やかしてる感じというか。

特典フリトはたっつんと興津さん。
もう2人きり。
外で立花さんが待ってるだけ。
間の話題はゲームとアダルトグッズ。
続きールズバーでお客さんに「鈴木さんですか?」と声をかけらたたっつん。
「その鈴木です」と答えたたっつん。
お酒の失敗談いろいろ。

2

いただきます愛を

この作品はふわふわした甘い
スイーツみたいなCDでした。
主役の声優さんの演技はもちろん、
控えめなBGMなど
原作の木下先生の世界観が
しっかり表現されてます。

トラック1~3は笹川さん(たっつん)目線です。
今回のたっつんは
カタブツで人付き合いが
下手な国家公務員役。
真面目系な声ですが、
ちょっとマヌケで可愛い声も有り。

お気に入りは
仕事帰り猫を呼ぶシーン。
ここ、原作だと
台詞がないんですよね。
「おいで」って
「来たぁ」って
可愛いのは貴方ですから!笹川さん!!

そして、
酔い潰れて本当にしたのか確認するとこ。
堅物なのにどっか抜けていて、
先っぽがどこまでか
聞いちゃうあたり…
嫌いじゃな~い。( ̄▽ ̄)b


トラック4~6は
陽気なシェフ俊成(興津さん)目線。

この興津さん、BLCDで
ちゃんと聴いたのは
初めてですが、良かったです。

いつもニコニコして一見軽そうなシェフなのに
以外と真面目で一途に笹川さんを想う
気持ちが伝わるお声でした。

笹川さんの悪口を言った
同級生続き、安永(立花サン)に
喝をいれるシーン。

柔らかな優しい声が、
男らしい強気な声に
変わる瞬間。。。素敵です。


最後のえちシーンは短めですが、
原作の雰囲気を残しつつ
それ以上に甘かったぁ。
(●´∀`●)

ごちそうさまでした。


ラストのキャストトークはお二人だけで
喋り倒さなきゃいけないようです。
「このフリートークいるか!?」
と、たっつんの意見もありましたが、
しっかり16分お喋りしてます。

別腹で頂きました。
お腹いっぱい。満足です。

1

穏やかであたたかい物語

何と言いますか、心の清涼剤になるような、ホッとする一枚です。
全体的にBGMが穏やかかつ少なめ・音量控えめ、モノローグ・会話重視な印象で、
お隣さん同士のゆっくりゆっくりした穏やかな物語に合っていました。
どこの省庁かは判らないのですが、官庁に勤める笹川さん=おそらく都内中心部居住
のため、時折入る街の喧噪や道路の賑やかな感じが臨場感あって良かったです。
個人的に気に入っているのは、笹川さんが自宅マンション前の通りの道端で
にゃんこにオイデオイデする場面かな(にゃんこの声は多分本物と思われます)。
(かわいい…)と内心で呟く笹川さん、あなたこそカワイイよ!と。
俊成さんの気持ちがよく解ります^^

新鮮だなぁと思ったのは笹川さん@鈴木達央さんというキャスティングでしょうか。
自分のBLCD試聴歴はまだ2か月足らずで、それでも結構色々聴いたのですが、
初めて彼を認識し、かつとても感嘆させられた作品が「勘弁してくれ」だったため、
こちらを聴く前は、正直、笹川さんのような「お堅い国家公務員」というイメージが
鈴木達央さんとうまく結びつかなかったのでした。
でもさ続きすがですね、固い語彙、固い口調、感情を抑えた感じの声音で
一本調子に話す生真面目~な笹川さんを非常によく表現されていて、
プロの方に言うのもなんですが、とてもとてもお上手でした。素晴らしい。
最初に抱いたギャップ感は見事に取り去られました。

名前のような名字のフレンチシェフ・俊成さん@興津和幸さんですが、
こちらは聴く前から何となく(合うだろうなぁ…)と思っていた通りで、
俊成さんの優しく穏やかな人柄に本当にぴったりだったと思います。
笹川さんの好きなお菓子や料理に心を配り、アプローチを試みるのですが、
そのたびに拒もうとする頑なな彼を、気長に口説いていきます。
テンパる笹川さんをゆったりといなす俊成さんがとてもハマっていました。

優しく、相手の気持ちを尊重しつつ、押すところは押す俊成さんに
無関心かつ冷静でいようとしつつも少しずつ惹かれていく笹川さん。
笹川さんはなぜ人との交流に及び腰になってしまったのか、
俊成さんはいつから・どうして笹川さんを好きになったのか、
過去のエピソードも交えて、段々と距離の縮まっていく様子が何ともほんわかします。
激しさとか熱さとかは少ないのですが、相手への思い遣りや深い愛の溢れる
とても素敵な物語だと思います。原作のイメージにもぴったりでした。

原作通り、第1~3話が笹川さん目線、第4話・第5話はふたり交互に。
こういう方法だと互いの考えていることがよく伝わってきて嬉しいかな。
番外の「ジュテーム モナミ」も収録されていて、それも嬉しかったです。
初回特典のプチコミックスは2012年4月号Dear+の付録CD収録2話の内の一つ、
「美味しい貴方」のコミックバージョン(ほぼそのまま)でした。
ブックレットが簡素で寂しい…。中身が無くて、ただの二つ折りのカード状態です。
FTは主役お二人15分ほど。立花さんも居たらよかったな。
本編の雰囲気の延長っぽく、穏やか~に時折元気よく、な感じでした。
や~、これがボーイズラブなんだね、本当に恋愛なんだね、
原作も読み入っちゃって、きゅんきゅんしちゃったよと言う興津さん。
対する鈴木さんは、そうなんだよ、ヘタすると普通の恋愛漫画よりも丁寧だよね、と。
あとはキャラへの印象やお酒を飲むとどうなるか等々、楽しいお話でした^^*

1

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ