そしてすべてが動きだす

soshite subete ga ugokidasu

そしてすべてが動きだす
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神67
  • 萌×228
  • 萌16
  • 中立2
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
32
得点
497
評価数
117
平均
4.3 / 5
神率
57.3%
著者
内田カヲル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人セレクション
発売日
ISBN
9784812480021

あらすじ

高校の先輩と後輩が再会し、漫画家と漫画編集者から恋人同士になった坂口と藤代。
数々の苦難を乗り越え、坂口の家族公認の仲になり順風満帆と思われた二人にトラブル発生! 引っ越しを機に自宅兼仕事場購入のため不動産会社勤務の坂口の友人・三崎に相談することになったのだが、藤代は高校時代から三崎のことが苦手だった。その三崎から坂口が昔、漫画家を目指していたが、藤代の存在によってその夢を諦めたことを知らされる。ショックを受けた藤代は――! ?
シリーズ堂々完結! 「夢中になっちまえ! 」のスピンオフ、イケメンスタントマンの可愛い恋愛を描いた「キミの落下速度」「キミの心理物理量」を同時収録。

(出版社より)

表題作そしてすべてが動きだす

藤代新(高校の後輩で漫画家)
坂口虎信(元編集のマネージャーで恋人)

同時収録作品キミの落下速度・キミの心理物理量

スーツアクター 芦名ジョエル
美術担当 暦本 30歳

その他の収録作品

  • 言わなくてもいいのだけれど
  • これじゃカラダにいいわきゃないよ
  • No Title
  • キミの落下速度
  • キミの心理物理量
  • おまけまんが
  • おまけまんが&あとがき

レビュー投稿数32

もっと景気よく腰振れ!コノヤロー

巨乳先輩があまりに魅力的で、ヘタレわんこ攻めがあまりにヘタレすぎて、愛おしさ爆発するこのシリーズ♪
一応完結のようです(涙)
先輩、オレの嫁になってください!!前まで他の某キャラが嫁でしたが、もう先輩に決めます!!!
こんな色っぽくて、男前で、甲斐甲斐しくて、巨乳で、頼りになる先輩~♪
藤代くん、先輩を譲ってくれたまえ。。。
え!?この全ての萌え要素は藤代あればこそですか(ショック!)
と、愛の告白をしたくなるほど先輩が好きです。。。
この神評価はもちろん、この先輩への愛もですが、今回はこの本のカプリング作品が『夢中になっちまえ!』で登場したスーツアクターなんですよ♪
もう、ムキムキ三昧でどうしましょうv
ということで、甘目の評価ですが神棚に捧げますー

前作で、親に紹介までして何げに夫夫認定になったこの藤代と坂口のカプ。
もう大丈夫だよね?と思いきや、藤代のヘタレが発動してちょっとスレ違いが。
スレ違いの元を生んだのは、部屋を引っ越さなければならなくなり、家を建てるか買うかになったときに、訪れた坂口の元同級生に会った事。
彼が、藤代に坂口が本当は漫画家になりたかったのだが、やめたのはお前のせいだみたいな事を言ったから。
藤代は自分が先輩の気持ちを考えもしないで、って深く考えてしまって漫画が描けなくなってなってしまう。
でも、坂口は理由がわからないのです。

いつもの如くの藤代のヘタレスパイラルですが、一緒にいてどうして坂口がわからないかね~ww
っていうか、好きすぎるがゆえの彼の優しい性格(ヘタレともいうがw)からくる、ひとり思い込み。
もうっ!坂口は藤代の為に何もかも差し出しているのにねぇ~
この二人の仲直りがいつもエッチ、、、藤代の発情なのが笑っちゃいますっていうか面白い見所ですよね♪
最初なんか、ネームが出なくてエッチの最中「で、出る・・・」って何が!?って思ったらネームだとか(超爆笑!)
【言わなくてもいいのだけれど】では藤代の元カノに偶然出会って、坂口がちょっと嫉妬するんですが、そのときのエッチは・・・
「もっと景気よく腰振れ!コノヤロー」ですから~~~!!!!!
惚れなくてどうしようぞ♪
その後のおまけ漫画にしても、どうしてこの人こんなに男前なのっていう見事な受けっぷりだしw
そして~猫カフェで猫に囲まれてる姿!
全編とおして、萌えの塊でしたとも!
(エクスクラメーションばかりでゴメンナサイ・・・この興奮わかって・・・)

【キミの落下速度】【キミの心理物理量】
これが、スーツアクターもののスピンオフですね♪
あちらの本編で半沢に振られたジョエルが、ジョエルのファンであり美術担当の歴本という冴えないドジっ子ヘタレっ子に恋するお話です。
この歴本が一筋縄でない、超複雑なキャラクターw
ジョエルが仮面をかぶって仕事しているとオタクぶりを発揮するのに、彼が素顔だと全然素直になれない。
それはツンデレというより、まるで嫌われているのか?と疑いたくなるくらいの言動(笑)
ジョエルは健気ですよ~♪
このお話にはエッチはありません。
ラスト朝チュンなんですが、ジョエルが目覚めたときの姿が・・・わらっちゃうデス。
多分歴本が受けだとは思うんだけど、逆だったら面白いな~と想いつつ。。。

カバー下にもおまけ漫画付いてるのでお忘れなくね♪
本当、嫁にほしいよ、、、坂口先輩v

9

夢の本。

1年程前、BL好きになるきっかけとなった某作家さんの本を読んだ時、
わたしは、その才能の素晴らしさに感動して心が打ち震え、
「10代の時に出会っていたら、この人のアシスタントになるのが人生の夢になったかも!
望まれるなら、身体だってなんだって差し出しますって!!」
と興奮気味に思ったのでした。
(冷静に考えると、とんでもなくご迷惑なハナシ。ええ、分かってはいるのですよ)

そんなわたしは、この本のシリーズ1作目「そして続きがあるのなら」を読んで、
※編集者・坂口が、漫画の才能を埋もれさせている高校の後輩・藤代と偶然再会。
 藤代をデビューさせ、世話を焼き、悩んだ結果、
 最終的には編集者の仕事を辞めてマネージャー兼恋人となるお話。
「うわぁ!! これってわたしの夢のパワーアップ版では!?」と思ったのです。
(どこまでも馬鹿ですみません…)

そしてこの本が、その夢の正に完結本。
「そして続きがあるのなら」で終わっても、
「帰らなくてもいいのだけれど」で終わっても、
なんら問題はないハッピーな感じだったのに、この3巻目も読ませていただけて、
内田カヲルさんには本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今作品も、もう、先輩・坂口が素晴らしくて、素晴らしくて♡
いくらその才能に惚れ込んだと言っても、漫画家・藤代は目に余るところが多々。
ヘタレだし、勝手にぐるぐる不安になるし、仕事はとろいし、かなり坂口におんぶに抱っこ。
それでも、家事全般、仕事のフォロー、ご近所付き合いまでもを華麗にこなしつつ
坂口は藤代の意向を最優先に、彼をちゃんと立てて物事を進める…う~ん、なんとも美しい。
「俺に惚れてるんなら、俺の言う通りにしてりゃいいんだよ!」
一見そんなことを言いそうなキャラなのに、きっとその方が楽なのに、
坂口は決してそうはならない。
簡単じゃないよ…愛だなぁ…と思う。
まるで、3歩下がって男の後に従う女房みたい。
でも、その外見は、ムキムキで眼つきの悪い男前w
たまにイラついて、軽く手が出るのはご愛嬌ww 

今回も
そんな妻の鏡的なお姿、
胸の谷間(藤代の服を着てて…のエピソードもよかった!)、
エッチの時は頬を赤く染めて感じちゃうお顔、
愛ありまくりなくせに、サラッと
「もう オレの身体だけじゃ 満足できねぇか?」と言っちゃうとことか、
ああ、色々堪能できて、…本当に幸せ♡
こんな素敵な先輩を見れるってだけでも、ホントこれは夢のような本だわ♡

ちるちるのMY本棚の「神 棚」には、シリーズものは1巻か最終巻しか置かないつもりでいたのですが
この本は、3冊セットで置くことに決定です♪

7

ここまで「趣味じゃない」評価がない。

三部作ぜーんぶ、2013年7月1日の時点で「趣味じゃない」評価0。

そんな皆さんの評価が気になって一気買いしたこのシリーズ。
今熟読終了したのですが廃人のように抜け出せません。明日も朝早いのに…(笑)

引っ越すことになって、先輩のツテで物件を探すことになった主人公。
出会ったのは元高校の先輩で大好きな”先輩”の親友。
でもこの人は主人公をよく思っていない。

「お前があいつの夢を奪ったんだ!」

先輩が漫画家志望だったことを初めて知らされた主人公。
しかもそれをあきらめたのは自分の漫画を読んだからだという。

一度は危機をむかえる二人ですが、先輩は、夢をあきらめたというより、
己の限界?才のなさ?現実?いろいろなものに気付かされた瞬間だったと
主人公に話します。だって誰よりも主人公のファンなのですから。
「自分が惚れ込んだ漫画を、漫画家を育てる」
そんな新しい喜びをきっと感じているのでしょう。

いつまでたっても先輩への欲情がおさまらない主人公。
エッチになったら急に素直になる強面・エロセクシーな先輩。
いつまでも続きそうなこの二人を、これからもたまあに覗き見たいなあ…なんて
思った最後でした(*^^*)



きっとこれが男女モノだったら読まなかったでしょう。
こんな展開にもなってないでしょう。
男同士だから殴る、容赦もない、相手が同性だから生まれるだろうシーン、
相手が同性だから惹きこまれるシーン。
BLの何がこんなに好きなんだろうと考えたとき。
「萌え」だとか「フィーリング」だとかなんか説明できないものが理由だと思ってましたが、この作品を読んでふと気づいたり。

説明できない理由で惹かれていたと思っていたBL、
説明できる理由で惹かれていました(笑)

すっげー大げさだなあと自分でも思うけれど、改めて「この趣味、最高。」と
思っちゃった三部作でした(笑)

5

さみしい

年に一度でいいから、この2人の生活をのぞきたい

3

ずっと気になっていたのだけれど・・・

ずっと表紙が気になっていたのだけれど、内田先生ってガチムチなんだっけぇ・・・
と、なかなか苦手分野に手に取れなかった作品でした。
今回、完結と言う事で、意を決してシリーズ3冊を一気に読んでみました。

内田先生の作品はこれが初読みになりますが、苦手と思っていたのは何だったの?
と、がっちりハートを鷲掴みされまして、大ファンになってしまいました。
そんで私の中では1、2を争う程の、ドツボな作品となってしまいました!完堕ちです。
好き嫌いはダメですね・・・^^;

まずは、とにかく、坂口がイイ!!!全てに男前すぎてツボすぎです!
でもそれは、藤代が側に居てこそ発動されるモノなのですよね、ヘタレ藤代バンザイ!
(受けに驚愕したことはナイショです・・・^^;)

この2人が高校の先輩後輩で、卒業後社会人になって偶然再会し、マンガの才能がありながら夢を諦めてるヘタレ藤代を、密かに同じ夢を高校時代に藤代によって折られた坂口が後押しし、一緒に夢を追い始め、同居に至り、やがて家を買うまでのストーリーです。

何とも自然な感じで進み、ありがちなわざとらしさがなく、
この2人でなければ成り立たない、いじらしくも男らしい物語。

世の中にリアルに居るんじゃないかと思えるカプでした。
これで完結とは惜しい!残念すぎる!!ボーナストラックでもう一冊どうですか?
ぜひ、それからの坂口と藤代を、折々に書いてくれたら嬉しいです!

表紙絵がとても素敵なので、我が家の殿堂の棚に3冊並べて飾ってます。
なんとも美しい~!!!(☆o☆)

3

これからもずっと

大大大満足なシリーズの堂々完結!!
ということで、もう彼らに会えないなんて寂しい~!という気持ちを抱えつつ…こちらの最終巻を読み終えました。本当にどこまでも期待を裏切らないシリーズ…!
こう、ズドーン!と胸にくるというか、読んでいて飽きない、1ページ1ページを堪能できる、何度も読み返したい。
そんな自分の好みドンピシャな作品に出会えるって嬉しいですな~!
やっぱり音声化していただきたい作品だなぁと改めて思いました。
できることなら彼らの今後や何気ない日常生活もまだもう少し読んでみたいと願いつつも、また1巻から読み返す日々が続きそうです♪

今回の3巻は、仕事場の引っ越し→坂口の同級生・三崎(不動産屋)が登場!→三崎は藤代に悪い印象を抱いている様子、三崎の言葉によって藤代が…!→藤代どうなっちゃうのー!?
というような展開なのですが、ふりかかった問題もきちんと解決しハッピーエンド!

そしてまた〈受け〉先輩・坂口の〈攻め〉後輩・藤代への愛情というかなんというか!
「好きだ」とかいう言葉じゃなくて、先輩の愛のある鞭だとか信頼とか仕事ぶりから溢れ出す深い愛情が…!もう先輩男前すぎですよー!!またもや先輩の名台詞の数々にドッキドキさせられました♪
そしてそんな先輩の口から『運命』という言葉が…!
ここの場面は帯にもセリフが一部載っていたのですが、藤代が坂口の夢を諦めた事実を知り話し合う場面で…いやもう大好きです…!先輩の言葉1つ1つに重みというか、藤代とわたし(?)の心に沁みわたるものがいっぱいでした。

夢は諦めたけれど、その夢は藤代という自分が認める才能を持つパートナーを通して追い続けるというのがまた素敵なのです。
藤代は『オレにはあなたしかいない』と坂口に言うけれども、それは坂口も同じで。
2巻のレビューでも書かせていただいたのですが、藤代と坂口は2人で1つで、バランスのとれた関係だと思うのです。

変わらず先輩LOVE!な後輩と世話焼き男前先輩は、きっとこれからもいろんな困難を一緒に乗り越え、一緒に年をとっていくんだろうなぁと思います。
とってもとっても大満足でした♪

2

幸せをわけてもらえる

作者さんのあとがきにあった「攻めの心を持った受け」という言葉ですべてに納得がいきました。どこまでもぶれない先輩は、本当に男前で、なのになんで受けなのか?
おかあちゃんだったのか!

でも、そこがこのシリーズのいいところだと思うのです。
先輩はどこまでも男前でクールなのですが、でも藤代にべたぼれなんだよな、と思って読んでみると、ちゃんと!ほんとうにちょいとしたコマでしかないのだけれど、ちゃんと頬を染めているのです。そのシーンに注目して読んでみると、先輩が一体どう思っていたのかがやっとわかってきました。
それを踏まえて読み直してみると、藤代が可愛いし、先輩がどれほど藤代を愛しているのかがわかって、萌え死ぬかと思いました。
先輩の愛は大きすぎて、読んでいるこっちまでおぼれそうです!あんな先輩に愛されて、藤代、本当に幸せ者だよ!!
先輩にだって弱いところはもちろんあるのだけれど、藤代は鈍くて全然気づかない(すいません、私も初読時はわかりませんでした・・・)。でも、藤代だって全力で先輩を愛してる。不器用ながら、すべてを投げ出せるくらいに。というか、先輩しか見えてなさすぎですね。

そんな「あーもう一生そうやってなさいな」と言いたくなるほどのカップルのお話を読んで、癒されないはずはないわけで。

何度読んでも飽きないのです。

2

萌えとストーリーと胸の谷間の素晴らしさでキュン死しそう!

とにかく先輩が……! 先輩がすてきすぎます。
あまりに好きすぎて、電子書籍で買っていたのに、結局書籍で買い直しました。
内田カヲルフェアをやっていてペーパーがついていたのもポイント高し。



ああ、先輩……。
強引なようでいて、ちゃんと藤代が納得するまで「待っている」ところ、こんなに愛していておまえしかいないと思っているのに「捨てるのか」と真っ正面から言っちゃうところ、藤代が可愛く仕方ないところ。
めしうまだし、家事能力全般すごいし、えろのときにはエッチだし、もう先輩結婚してええええ! って言いたくなるけど、きっと先輩は「悪い。俺は藤代のものだから」とさらっと断るのに違いないのです。くー。

私は一巻目の「そして続きがあるのなら」での、藤代の最初の単行本を手にしたときの先輩の笑顔が大好きなのです。ほんとにほんとにほんとに、嬉しかったんだろうなあ。
か、かわいすぎる……!
先輩はまったく気がついていないのですが、言葉にしないと不安でわからない藤代にとって、最初の告白のときに返事をもらえなかったことが二巻目までこたえているんですよね。
周囲から見れば、べた惚れなのがもう、見え見えなのに。
それでも、少しずつ、藤代も先輩のことを信じられるようになってきて。もう結婚するしかないだろう、籍入れちゃえって二人です。

この二人に子供はできないけれど、漫画という作品がそれにあたるわけで、これからも生み出していくと思います。ばんばんと。

しかし、あれです。内田先生、漫画家さんってみなさん修羅場のときにはあんななんですか? 命削ってますよー!

1

ここから始まる未来

漫画家マンガシリーズ最終章。
最後にしんどい展開が待っていました…
そうか、藤代は坂口が漫画家を目指していたことを知らなかったんだ…
自分が坂口の夢を潰してしまったと思い込んで描けなくなってしまった藤代に向ける先輩の真摯な言葉が素敵。

終わりっぽくない終わり方で終わるラストに二人のこれからを思い描けます。
まさに「そしてすべてが動きだす」という感じ。

先輩の発言のひとつひとつにとにかく萌えまくったシリーズでした。
ここまでハマるとは思いませんでした。
読んでホント良かった!!

あと、先輩ってめちゃくちゃ感度いいよね!
ちょっと触られただけでビクンビクンなっちゃうこのギャップには毎回ヤられました(//▽//)

同時収録は別作品のスピンオフだそうですが、本編は未読で読みました。
知らなくてもたぶん大丈夫??
美形スーツアクターと地味な裏方くんのお話。
かわいいお話だった!

1

暦本くんに悶えじにしました


1巻目?で内田先生が仰られていた動物に好かれる坂口見れて嬉しかった〜!
きゃ、とか言っちゃう藤代ですら可愛い謎。
布のあるトコで泣けよには笑った。

後半は待ちに待った芦名編。
受の子に「…ぶちゃいく だからカワイイのか」って思ってる芦名くんがいるように、本当とんでもなく可愛い受だった…けど!最後まで正直ジョエルが攻なのかどうかわからないというくらい彼も可愛い。
相当でかいけど。暦本くんの可愛さが引き立つ。

あーーノロそうでゴロゴロコロコロ活発な暦本くん本当ツボだった。年末に、2014年内でのBest受Top3に入る受を見つけてしまった感じ…それほどツボでした(笑)
なので1,2巻も素晴らしかったのですが、ここは差をつけたく…。
大好きな特撮もの観てる時も声上げたりしていて堪らず、構い倒したいのもわかる……ほんとに……;;;;
ぎゅーってしていたい…つら…

本当に可愛い。
本っっ当に、可愛い…!!

ジョエルの相手に彼を選んだ内田先生最高ですね。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う