次期子爵の英国人×デパート店員 恋はデパートで始まった!?

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作伯爵夫人の魔法の靴

ダニエル・ラッカム,39歳,英国百貨店日本支社長
笹野俊介,32歳,老舗百貨店外商部員

その他の収録作品

  • 子爵の戯れ
  • あとがき

あらすじ

勤める魅力もある英国の高級百貨店に買収された販売員の笹野は、日本支社長のダニエルから日本文化の指南役に指名されて……!?

(出版社より)

作品情報

作品名
伯爵夫人の魔法の靴
著者
かわい有美子 
イラスト
あじみね朔生 
媒体
小説
出版社
ムービック
レーベル
LUNA NOVELS
発売日
ISBN
9784896018554
3.6

(47)

(6)

萌々

(25)

(12)

中立

(3)

趣味じゃない

(1)

レビュー数
10
得点
169
評価数
47
平均
3.6 / 5
神率
12.8%

レビュー投稿数10

キラキラ☆

いや~ルナのかわい作品は、前作もそうでしたが、なんていうか甘いというか夢があるというか。。。
普段鬼畜野郎の自分でも、何だか読み進めるうちにすっかり夢中になってしまいました。
こればっかりは「ふん、どうせ作り物の綺麗事」なんて突っぱねた態度もとれませんw
また、あじみねさんのイラストも登場人物の雰囲気がとてもよく出ていて、二人が出会うシーンなんかキラキラしてましてね☆
ここのところSPとか警察とかそういうハード系設定の本がつづいていましたから、こういうのが間に挟み込まれて、ラインナップにバラエティがあっていいと思います。

デパートの外商に勤める人あたりもよく成績も優秀な笹野が、今回そのデパートが英国百貨店の傘下に入ることになり、それで出会った日本支社長のラッカムに気に入られ、
その仕事ぶりと、日本語講師の資格をもっている外国語に堪能な事もあり、ラッカムの日本語講師兼秘書として抜擢されることから始まります。
日本文化を始め色々な美術や文化に造形の深いラッカムと一緒に行動することで、彼の人となりに惹かれていく笹野。
過去にセクハラ訴訟でひどい目にあい、妻と離婚するという心に傷を負っているラッカムは、笹野の気配りと心遣いに惹かれていく。

こうやって、概要を書き連ねても、中身を読んでも、優しくて甘い展開なのは明らかです。
ただ、二人ともノンケです。
一体どうやってくっつくのか?
それについては、本当に自然でした。
なぜなら、かなりガッツリと仕事を通しての二人の関係が描かれていくのと、視点が笹野寄りでありながらも、ラッカムの視点も入り込むことで、わかりやすくなっているからです。
なんといっても、最初の出会いの時点で、笹野にラッカムが既視感があるとすでに気になる存在に感じているのもありますから。
笹野は中宮寺の弥勒菩薩ですってwww

笹野がラッカムにキスを期待して空振りに終わり、その後ラッカムも同じ気持ちであったのですが、会社の上司としてセクハラ回避もありながら笹野を尊重しようとするちょっとヘタレな姿は、何げにヘタレより男前な印象を受けました。
だから一見笹野が受身っぽいのだけど、主導権を握って彼に告白をしてキスをしかける。
こういう関係も新鮮で魅力的でした。
ただの”大和撫子”男子じゃないんですね♪
その後待ち受ける初エッチシーンで、笹野がシャワー中にコンビにいって準備してくるというラッカムが微笑ましい♪
あれ?コンビニでローション売ってる?ひょっとしてマ●キヨじゃないのか?とかいうのは置いておいて・・・
何だかこのエッチシーンの描写がエロくて(直接的というのではなくて)互いが欲しくてしかたがないという、気持ちの盛り上がりの上でのエッチというのが結構よかったですv

そして、そして!!
【子爵の戯れ】にはなんと剃毛が!!!
以前のわかめ酒といい、何げにポロっとこういうツボを爆弾投下するかわい作品好きですwww
しかもですね、下じゃなくて上・・・腋なんですよ♪
なんて新鮮なんでしょう~!腋剃られて興奮する受けに興奮する攻めに、興奮する読者(爆)
興奮の連鎖って・・・

舞台が百貨店業界。
オートクチュールをキャンセルする客・・・いるんですよ!こういう傲慢なの。思い出して腹たってきたのは、あくまで個人的感情ですがwww
某M百貨店と某I百貨店の合弁をイメージさせるこの設定や、SへのWの外資参入など、少し前に続発した百貨店再編の流れを取り入れた業界話は、その彼らの仕事のエピソードや何かも、自分にとっては関係のある仕事をしているだけに、結構興味深く、あるある!を思いながら読ませていただいたので、親近感があったかもしれません。
なので、評価が上がっちゃったかな?

「素敵」という言葉がぴったりの、しかしながら地に足のついた設定だったので、とても受け入れやすいものだったかもしれません。

8

夢心地だけれど、地に着いた物語

30代二人のしっとりとした物語、
あとがきによると「お伽噺のようなシンデレラストーリーをイメージ」したとのこと。
タイトルもキラキラ、登場人物もハイスペック、舞台も華やかで
全編夢見るような雰囲気はあるのですが、
一方で地に足のついた現実感もちゃんとあって
ファンタジーとリアリティのさじ加減が上手いなぁ。

イギリスの名門デパート(Harrods的な)に吸収合併される日本の老舗デパートが舞台。
イギリスからやってきた貴族でもある支社長のラッカムと、
外商部のノルマに追われて疲弊していた日本人社員・笹野。

派手な展開や運命的な恋ではないけれど、ノンケの二人が
お互いに違う文化を尊重しながら少しずつ理解を深め、心通わせ
一緒にいると癒される感覚に離れがたくなっていく……
その繊細な感情の変化が、着物や高級入浴剤、仏像といった商品や
一緒に食事をする小料理屋や誘った下町の風呂屋といった、
小道具を上手く使いながら描かれている。

細やかな心遣いのできる柔和な笹野だが、一歩出る時はハッキリとしていて
決して女性的ではない感じも好き。

そんな穏やかな話なのだけれど、Hシーンでは
「綺麗な黒髪だといつも思ってた」と、笹野の脇の下に執着するラッカム……
SSではなんと剃毛シーンまで(笑)
そしてスパンキングで興奮する笹野……
こういうただ綺麗だけで終わらないさじ加減も、また楽しかと。

6

しっとり

かわいさんの作品は、いつもしっとりとした雰囲気があって好きです。
特に今回は、外国人が出てきて、その様子が、本当キラキラ。
苦悩もあるんだけど、存在感があって、素敵な攻です。

笹野の勤務する百貨店は、英国王室御用達の高級百貨店に買収されてしまう。
日本支社長として現れたのは、ラッカム。
そこでラッカムに気に入られた笹野は、秘書としてラッカムと一緒に
働くことになる。

BLによくあるように、2人はくっつくことが前提で、
すぐ既成事実ができて、くっつきました~ラブラブという展開ではなく、
(勿論、そんな展開もすきですが(笑))
自然な流れが物語の中になり、2人が親しくなるまでの時間が
ちゃんとかかっているところが好きです。
お互いにちゃんと相手のことを思いやる恋愛ってステキだな~と
思わされます。

ただ、その分、2人がくっついた後のSSが読みたくなってしまうのが、
たまに傷ですね(笑)

3

魔法の靴?

大人の恋愛が仕事をしながらじっくりゆっくり進んでいく。
過去の出来事から慎重になり身を引こうとするイギリス男性に、奥手で淡白そうな日本男児が積極的に動いて恋愛関係になだれ込んでいく様が新鮮だった。
二人がとにかく穏やかな性格なので、揉めることなく、お互いに思いやっている雰囲気が素敵だった。
伯爵夫人の靴をめぐるストーリー、「なぜデパート側は無償で夫人に靴を渡したのか」は納得出来るいい話で、今後もリヴモンズが大切に保管し続けてくれたらいいと思う。
「子爵の戯れ」は戯れという言葉がぴったり。淫靡に戯れてた。
お城には幽霊が出るから行きたくないと言う笹野がなんともかわいかった。
イギリスのお城(カントリーハウスだそうですが)なんて本当に出そうだし、気持ちは分かる。

0

穏やかに誠実に育っていた思い

百貨店外商販売担当の受け様と合併先の企業の日本支社長でイギリス紳士の攻め様との
オフィスラブ的で、穏やかに二人の気持ちが重なり合うようなストーリーで、
読み終わると穏やかな愛が感じられるような作品になっていました。

海外資本のデパート系と日本の百貨店との企業合併で、知り合う二人、でも合併自体も
問題なく、何か大きなトラブルがある訳でもないのですが、互いに一緒にいると
リラックス出来るような大人同士の恋が実るお話。
でも、攻め様は過去に離婚を経験していて、その原因がセクハラで訴えられた事。
その為に、攻め様の仕事をサポートする人間は男ばかりなんです。
受け様は英語が話せた事から、偶然上司のお供で、両企業の幹部が集まるパーティーで
上司の秘書役として攻め様と逢った事で、日本での攻め様の秘書の一人にスカウトされ
受け様の細やかな気配りや日本人的な謙虚でつつましい仕事ぶりに攻め様は
一緒にいることで癒されていくんです。
そして受け様も、次第に攻め様に上司以上の感情を抱くようになるんです。

攻め様の傷ついた心をさり気なく癒している受け様との大人の恋、最後の所で
攻め様が受け様への思いに戸惑いと逃げ出しそうになる気持ちを受け様が普段とは
違う、強さで攻め様に向き合うのですが、一見優し気だけど、それだけじゃないって
感じも、同性同士の恋愛には必要だなんて感じ入って読みました。
書下ろしは、受け様の隠れMに気が付いた?攻め様とのソフトSM風味。
スパンキングにあえぐ受け様、ギャップ萌えしちゃいました。

4

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP