名前を奪われたら、たましいを縛られる。

川果町よろづ奇縁譚

kawabatamachi yorodukientan

川果町奇缘谭

川果町よろづ奇縁譚
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神36
  • 萌×227
  • 萌8
  • 中立3
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
15
得点
315
評価数
76
平均
4.2 / 5
神率
47.4%
著者
四宮しの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
価格
¥619(税抜)  
ISBN
9784396783334

あらすじ

この世ならざるモノも扱う鈴島鑑定・調査事務所。そこでアルバイトをする大学生の平子千佐は、昔から怪異に狙われやすい体質。ひょんなことから年下の少年・天花寺に出会い…。年下攻の不器用な恋愛が彩る、不思議エブリディ。描き下ろし後日談収録。

表題作川果町よろづ奇縁譚

魚住,鈴島鑑定調査事務所の社員
鈴島,鑑定調査事務所の社長

同時収録作品川果町よろづ奇縁譚

偶然出会った少年 天花寺
事務所アルバイトの大学生 平子千佐

その他の収録作品

  • 描き下ろし

レビュー投稿数15

和菓子みたいな

表紙からして美しい。スマホ電子だと試し読みクリックしない限りこれが大きくは表示されないのか…そう思うと紙の本が売ってるって大事よね。

絵のタッチがたまんないのよね〜
"誰からも誰かに似ていると言われる"っていう設定と蝶の掛け合わせからしてもう大大大好きなんだけど、ストーリーも絵も演出も百点満点だから花丸です!大きい花丸!!可愛い!!!

天花寺くんと平子の関係性の作られ方も好きだし、鈴島と魚住も大好き。四宮先生の作品て一冊の中で登場人物も多く、付き合っている2人も多いのに、過不足なくまとまって満足感がずっしりあるのが不思議。優しい作品なのにこの満足感。和菓子みたいな。

0

BLに留まらない興味深いテーマ

 不思議な世界観とテーマでした。BL色はそこまで濃厚ではなく、章の端々に少しずつ挟まれる程度。この作品においてはそれで十分だったと思います。主人公の平子はお人好し且つこれといった特徴のない平凡な学生で、会う人会う人にその人にとって大切な誰かや印象的な誰かと重ねられてしまい、悪い気を引き寄せやすいキャラです。本人もそれを自覚しており、自分自身の意思は周りにとって重要ではないんだと、誰かの面影を重ねられることを抵抗することもなく受け入れて生きています。

 そんな性質のおかげでいろんな事件に巻き込まれる平子。しかし、中盤までは自分という存在の曖昧さを甘受していた彼ですが、ある案件で天花寺という少年と出会ったことで、徐々に考えが変化していきます。もちろん祖母に教えられた風習のせいもあるだろうけど、彼自身が自分の存在は軽視していいと思い込んでいるからどんどん面影を重ねられやすくなっていったんじゃないかな。天花寺への想いに気付いて、揺るがぬ自我を確立させたいと平子が望んだ時は、本当に嬉しかったです。

 軸となるテーマを支えている「名前」。真の名前を晒すことは確かに弱みを見せることになるのかもしれません。でも、ジブリの某映画じゃないけれど、自分自身を表す名前を大切にすることは、自我を保つのにとても重要なことなんだと思います。本人が望めさえすれば、仰々しい風習を跳ね除けることはいくらでもできる。これからは彼自身の人生をしっかりと歩んでいって欲しいですね。彼のバイト先の事務所の魚住と鈴島の出会いや、天花寺との過去の話も、四宮先生ならではの世界を見せてくれて面白かったです。魚住と鈴島のスピンオフを読みたくなりました。

1

読み返す毎に感動が深くなる

「銀のくつ」で出会い、この作者さんの作風に惚れ込んでしまい、これを購入してみました。1度目読み終わった時は、「うん、変わってるし面白かったね。」程度だったのですが、ストーリーを知って読んだ2度目、主人公たちの感情に注意して3度目と読むと、この作品の味わいの深さに感動さえもおぼえてしまいました!主人公とそのアルバイト先の2人、縁がとりもつ不思議な世界が素直に優しく描かれています。また読み返しては優しい気持ちになれる作品に出会えて、良かったです。これから、今日は四宮しのさんの他の作品、購入して来ます!

2

春の夜のお供にこの1冊を

春っぽいもの読みたいなーと本棚をあさって目に止まったこの1冊。
表紙の印象そのままに、優しい雰囲気で描かれる「名前」と「縁」にまつわるちょっぴり不思議なお話です。

“「”呪(しゅ)” とはなんであろう?」
すると晴明は、庭に咲く花を指差して答える。
「あそこに花が咲いているであろう。あれに人が”藤”と名を付けて、みながそう呼ぶようになる。すると、それは”藤の花”になるのだ。それが最も身近な”呪 ”だ」”
このひらひらふわふわとした不思議なお話を読むにあたって、「陰陽師」のこのフレーズを頭に置いておくとだいぶん読みやすいかもしれません。
「名前」を題材にした作品といえば中村明日美子さんの「ダブルミンツ」が真っ先に思い浮かびますが、あれもまさしく「名前」の奇縁に導かれ「名前」の呪いに囚われたみつおとミツオのお話でした。
読み終わった後「名前」についてもう少し調べてみると、昔の人は自分の本当の名前(真名)を明かす相手をごくごく一部の人間に限っていたとか。
これは本作にも繋がります。

実際に想像してみると解るけど、「名前がない」存在というのはなんとも心許ないものです。
それはそのまま、訳あって自分の本当の名前を知らずに生きてきた主人公〔平子〕の存在の不確かさに繋がっていきます。

そんな平子が自分の名前を知る決心をする過程が良い。
自分の名前を知るということは自分をその名前で縛るということ。
名前を呼ぶことは相手の魂に呼びかけること。
名前を知られることは相手に魂を奪われること。
「だから君に俺の名前を知ってほしい。」

そして、途中でサラッと明かされる魚住と鈴島の関係、これもまたこれだけでもう1冊いけたんじゃないかと残念に思うくらい素敵な関係でジワっときました。
会社でヤるような節操のないおっさん達にこんなエピソード用意してるなんて四宮さんずるい!

こういう不思議な出会いをテーマにしたお話っていいですね。
今の季節にピッタリな1冊じゃないかなと思います。

【電子】ebj版:修正-(描かれていない)、カバー下なし、裏表紙なし

1

千の蝶に助けられる男の子と、めぐる奇縁と

ふたりの男の子を守るように千々に飛ぶ蝶たちが
とても美しい表紙。やさしい雰囲気が象徴的です。
 
四宮しのさんの今作は
摩訶不思議で、どこか狐につままれたような印象を受ける
ちょっぴり切なくて、心がじんわり温かくなる奇縁物語です。

”赤ン坊の名前がつかないうちに雷が鳴ると魂が奪われる”
そんな迷信の元に産まれた平子くんは、
隠された名前とちょっと特殊な性質を持つ大学生。
ひょんなことから鑑定・調査事務所のアルバイトをすることになり
依頼による、様々な不思議な現象と共に
”誰か”に重ねられることで、そこに詰まった想いを知っていく。
ある依頼で知り合った年下の少年・天花寺くんとは
以前どこかで出会っている気がしてー?

平子くんはその特殊な性質から、いつも誰かに重ねられては
自分ではない誰かに向けられた想いを受け容れて生きてきたけど、
それはどこか他人事だった。
そんな平子くんが事務所の魚住さんや社長に見守られ
オカルティックな依頼を受けていく中で、
”本当の自分の名前”を知ろうと決意するまでの過程が
蘇る記憶、過去と現在を交錯させながら丁寧に描かれていて、
とても魅力的でした。

必見のクライマックス、未来を跨いだ後の
『魂を半分奪われているような』天花寺くんへの告白シーンが秀逸で、
じわじわ噛みしめるように、この物語が好きだと実感しました。

魚住さんと社長・鈴島さんのお話も非常に読み応えがあり、
直接描かれてはいないものの、魚住さんが人さらいの人魚になって
愛されなかった悲しい子供時代を持つ鈴島さんを
約束通りに攫ったなんて、ロマンティックで素敵...(今はあれだけど笑)
そしてその魚住さんが、実は
平子くんの隠された名前に奇縁を持っていたところもすごく面白い。
ちりばめられためぐりあわせと結びつきが
この物語の醍醐味なのだと、改めて胸に響きました。

犬丸ちゃん視点の描き下ろし番外編もとってもキュートで、
プクッとする天花寺くんにきゅんときました♡

ゆるっとした独特の絵柄に
不思議だけどしっかり練られたテーマとプロット、キャラ設定、
切なさとやさしさ、そしてほっこりBL具合、
そのバランスがとても良い、素晴らしい作品でした。

ほんのりしたオカルティックBLとして、
これからの夏の夜のお供にもおすすめです♪

3

出会いは必然で

不思議な雰囲気に引き込まれて、読後には心がホッコリと温かくなるお話です。最後まで読んで、分からなかったパズルがピッタリはまった時の爽快感もたまりません。

この世ならざるモノも扱う調査事務所に、アルバイトをすることになった大学生の平子。平子は、昔から影が薄く、印象に残りにくいという特性があります。
そんな平子に初めて、平子自身を見てくれる人が現れます。その人は、アルバイト中に知り合った、年下の少年・天花寺です。

平子の出生の秘密や、子供の時の天花寺との出会い。巡り巡っての、平子と天花寺との再会。
それらの一つ一つが、気持ちいいくらいに繋がって話が進むので、夢中になって読み進めてしまいます。
未来と現在が重なって、出会いの必然さが分かった時には感動すらします。
不思議な事件を解決していくのも面白いし、もちろんBLとしてもキュンとできるし、お気に入りの1冊です。

5

不思議な世界観を堪能

【奇縁】意味:思いもかけない不思議な巡り合わせ

BLっていうよりも不思議な世界観を堪能したくて読み進めた作品です。
写真で魂を閉じ込める・呪術・人魚…など面白かったです。
こういう妖や呪術が絡む不思議な話、大好きです!

平子くんは“名前のつかないうちに雷が鳴ると魂が奪われる”という祖母の言葉により、11歳まで祖母の家で女の子として育てられました。
本当の名前を知るのは限られた人間のみで、平子くん自身も知らないのです。
会う人会う人に誰かに間違えられる…カメレオンのように擬態して生きてきた平子くん、そんな自身のあり方に疑問を抱いている彼の本当の名前はなんなのか?
読者には最後までわからないままでしたが、本人は名付け親に会い教えてもらってます。
それもまた思いもかけない“縁”でした。
そこまで守られてきた名前を教えてもらえるって、すごい信頼ですよね。

天花寺くんと平子くん組は可愛いです!
ってか平子くんがもう危なっかしくて…天花寺くんがハラハラキリキリするのわかります。
なんかね、風にふわふわ~って飛ばされちゃいそうな感じ?

社長と魚住さんは、過去編だけ読んだら魚住くん攻めっぽく思うのに成長したら逆転してんのがw
あんなちみっちゃくて弱そうでしゅーんってなってる子が飄々とした大人(社長)になるなんてねー…。
どうせなら“ひとさらいの人魚”話も読みたかったですね。

それにしても犬丸可愛い。
もうちょっと可愛い名前つけてやれよって思ったぐらいにオマケ漫画が可愛かった。

3

優しいファンタジー

発売当初から気になっていた作品でしたが最近になってやっと購入しました。

全体に優しい雰囲気の作品になっています。イラストがあたたかく描かれてあり、そのためかストーリーが怖い流れになってもさくさくと読みすすめることができました。

がっつりファンタジーなので、大人の現実味のあるストーリーを読みたいと思っている方にはオススメできない作品です。
一方で非BLではありますが、CLAMP先生のxxxHOLiCが好きな方にはたまらないBL作品ではないかと思います。

2組のカップルがでてくる優しいファンタジー作品です。ちょっと疲れた時に読むと元気が出る作品だと私は思います。

4

実は絵が苦手ーなんですが、平子の顔に惹かれて購入〜。
ん〜当たりでした!
可愛いな平子!!天花寺くんも可愛いな!!
呪い?人の欲や執着、そんなのにつけこまれる平子メインなお話しです。
縁で繋がった人たち。なんかあったらいいな、こうだったらいいな。って思いました。
会えるよいつかきっと!ってなんか断ち切れたはずの関係でもどこかでつながってまた出逢えたら寂しくないなぁなんて。



社長と魚住カプも好きー!!
君たちいいね!過去があるから二人の関係がより萌えました。しかし不思議なお話しです。
しかし、リバデスかうまいすな(^ω^)
時代設定は今なはずなのに、人魚の見世物小屋があったりでてくる人たちも不思議な感じで一回読んだだけじゃ理解できませんでした。
平子と天花寺くんの大人になった様子がまたキュンとしました。

4

めぐりめぐる縁の物語

良縁・奇縁・めぐり逢わせ。
そんな"えにし"に引き寄せられた人たちの不思議なお話でした。
それぞれの人と人は切り離された関係ではなく意味を持って出会っている、と。
過去であったり、今であったり、未来であったり。
このお話にはそんな人たちの過去の出会いから今現在と、
そして少しだけ未来まで描いてありました。
そこに不思議なもの・怪奇的なものが絡んでいて面白かったです。

「名前を奪われたら魂を奪われる」、
元となる考え方は陰陽道だと思いますが、
そういったことを知らなくても彼らの過去や今が丁寧に描かれているので、
あまりその部分は深く考えなくても充分楽しめる作品だと思います。
私は不思議なお話は好きなのでもっと突っ込んだ内容だったとしても全く問題なかったのですが、
そうした好みは別にしても、良いお話だと思いました。

お話は平子千佐がバイトを探しており、鑑定・調査事務所を訪れたところから始まります。
この鑑定事務所にはガラの悪い不良社員・魚住とひょうひょうとした社長・鈴島の二人がいました。

平子千佐は特殊な魂を持って生まれた子でした。
悪いものたちに見つからないように「本当の名前」は誰にも教えてはならないと、
言い聞かされて育ってきました。
平子千佐という名前は本当の名前ではありません。
平子は魂を蝶のように擬態させているので、
周りの人間からは「知り合いの似た誰か」に見えてしまいます。
そうやって魂を奪われないようにするために魂を隠して生きてきました。

ところがそんな平子の本当の魂を見抜くことが出来る子がいます。
「似ている誰か」ではない、本当の平子を見ることのできる子に出会うのです。
天花寺という男の子でした。
彼は能力者の家系に育った子供です。
実は天花寺と平子は子供の頃に出会っていたのでした。
平子は忘れていましたが、天花寺は運命を感じていたようです。

天花寺の気持ちに答えることができない平子。
彼は長らく魂を擬態してきたので、本当の自分の気持ちに気がつくことが難しいのです。
それでも平子はなぜか天花寺に魂を奪われている(惹かれている)ことに気がつくのです。
それが意味するものとは。

作中、平子と天花寺の未来が見えましたが、大人になった天花寺くん格好良かったです!
平子と天花寺くんのラブラブな様子にドキドキしました。

そして喰えない大人組の魚住と鈴島の関係もかなりツボでした。
リバな関係に萌えましたw
お話の最初の部分では魚住と鈴島の関係はよく分からないのですが、
後に彼らが小さな頃に出会ったときのお話が出てきます。
彼らの過去にどんなことがあって今の関係があるのかが分かって、
そのあたりが回収されていて良かったです。

テーマを丁寧になぞり描いているので、読後にとても充足感がありました。
出会いというものに意味があると考えると、不思議と心があたたまりました。

8

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う