色咲き

irosaki

色咲き
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神34
  • 萌×210
  • 萌6
  • 中立2
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
230
評価数
53
平均
4.4 / 5
神率
64.2%
著者
四宮しの 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
祥伝社
レーベル
on BLUE comics
発売日
ISBN
9784396783655

あらすじ

テーマは“色”。


ピュアラブからバッドエンドまで。
7つの恋心を描くBLオムニバス。

純愛―――――[ロボット]
[初恋]

思春期エロ――[傷フェチ]

不道徳――――[セフレ]

執着―――――[ヤンデレ]
[ヒモ男]

運命――――[おとぎ話]

―――――――――――――――――
しあわせ知らずの岸さん。
岸さんに「好き」はわかるのか。

[黄]
岸さんはバイト先の店長と不倫中。
気持ち悪いのが気持ちいい。
そんな、ただれたセフレ関係で――

[灰色]
岸さんを追っかけるのは年下男の美保くん。
犬みたいだけど優しいヤツ。
優しくしないで。もやもやしてしまうから…

だけど、 こみあげる気持ちの正体は?

表題作色咲き

庭瀬,第一話
布川,第一話

同時収録作品第二話

清太郎
朱鷺田

同時収録作品第三話、第七話

美保孝光
岸夏生

同時収録作品第四話

ユージーン,学生〜大人(仮)
エヴァン,学生〜大人(仮)

同時収録作品第五話

同時収録作品第六話

黒河
中原(ゆったん)

その他の収録作品

  • 金銀砂子(描き下ろし)

レビュー投稿数9

なくなったりしないもの

◾️第一話
かっわいい!フェチというテーマは濃くなりがちかと思いきや、高校生の爽やかさに溢れててかっわいかった〜!一見クールそうな風貌で、好きな人からの好感度上げとか下げとか心の中で思ってる男子高校生なんて可愛さしかない。

◾️第二話
口絵から短編集かなと思い、目次から連載かなと思い、二話を読み始めてどうやら短編なのかな?(読後ちるちるの作品紹介欄を見て、そういうコンセプトなのねと知る)御伽噺チック

◾️第四話
ここまで4話とも根底は四宮先生だけど違う味がして面白いです。このお話は手放しで面白いと言い難く、物凄いエグみを持っているけれども。"欠損"系の作品にはダメージを受けてしまうので苦手ですが、物語としてはとても美しく愛しく…葛藤。

◾️第五話
ここから更にロボがくるんですか!!!四宮先生の多才さにテンションが上がり続けます。しかし読み終わって上がったテンションの持っていきどころ…が…

◾️第六話
第一話の展開が嘘のように全体的に闇が深い一冊だと気づく。一話も自分が爽やかに読んだけど、やっぱりフェチものらしく濃さを汲み取るべきだったか。まぁ白は特殊な色なので。

0

ぎらぎらもえる命の色だ

長い事この作品のレビュー(感想)を書こうと苦戦しておりましたが、結論としては「漫画家、四宮しのは天才である」と言う圧倒的証明のような一冊だ。と言う感想しか私には書けないと悟りました。(文章に凄み?を持たせたかったので、失礼な表記になってしまい、申し訳ないです。)

色がテーマの短編集と言う、7色(7話)の短編で形をなすこの一冊は、コンセプトの時点で既に素晴らしいのですが、どのお話もまさに色とりどりで鮮やかに記憶に残り、ストーリーが全く違う方向に面白いです。それでいて、全てのお話がとても美しくまとまっている、物凄い作品。

優して、可愛くて、美しくて、儚くて、けれど時に不気味な恐ろしさも感じさせる絵と、心に刺さる台詞の数々…四宮先生ならでは世界観がぎゅっと詰まっていると思います。

そして、どのお話もただ読んで終わるだけではなく、幸せとは、愛とは、美とは、正しいとは…と、考えさせられてしまう。この作品こそが、自分の中にある常識や固定観念を塗り替える、そんな「色」そのものです。

「それは君 緑に安らぎを求めるのが間違っているんだ。 緑は ぎらぎらもえる命の色だ」

私はタイトルに引用させていただいた、この台詞が大好きです。

読めば貴方のお気に入りの台詞が、きっと見つかるはず!

0

終わり方が秀逸

 四宮先生の作品を初めて読む方にもオススメしやすいかもしれません。ふんわりしてるのにどこか寂しい、四宮先生独特のストーリー展開の魅力が詰まっています。短編集なので、もうちょっと読んでいたかったという作品もいくつかあるのですが、この潔い終わり方があってこそ成り立つ四宮先生の世界観だとも思いました。

 お気に入りはまず第二話の、主人公・トキがアパート前に落ちていた人を拾う話。BLではありがちな非日常的導入ですが、拾ってもらった清太郎とじっくり愛を育んでいくような展開ではなく、おとぎ話のように一度清太郎が消え去ってから再びトキを迎えに来るという流れが素敵でした。貧しいトキがそこでも清太郎にネクタイを贈ろうとするのも粋ですよね。そして、第四話のロボット・ナルと人間・トモエの話。これが一番温かくて悲しい作品でした。トモエがどこまでもナルのことを一番に思いやっているからこそ、ナルの決断直後の結末が悲しくて。ナルの寂しさはもう永遠に癒されないのかなぁと思うとやりきれないですね。

0

トモエー!

単独顔アップ表紙シリーズ。
四宮先生のカバーボーイ君は、淡くて幸薄げな色彩。

中身は「色」をテーマにした短編オムニバスって事で、第3話と第7話、第5話と描き下ろしが続き物で、後はすべて独立した設定のお話。
それぞれのお話は絵の雰囲気もあって全体に薄明かりに包まれた(むしろ仄暗い)感じで、それ程「色」縛りは感じられなかった。
短編集なので、セックスにいたる展開が意外と素早かったすることもあるけど、絵の雰囲気もあっていきなりエロくてびっくりなんてことにもならない。


この中だとやっぱり5話のナルとトモエのお話が好き。
ロボットと人間の恋愛とか、寿命の違う者同士の死にネタ必至のお話には、結構無条件で弱いの。

1

味わいのある短編集

久々に四宮さんの作品を読みました。
しばらくダークが続いたので、なにか表紙からじんわりほっこりしようと思ったのですが、いやいやどうして。

人間ドラマがきっちり短編で1つ描ききられていて、どれも読み応えがありました。決してハッピーエンドばかりではないけれど、こういう作品が読みたかったんだよな-、と。

一番印象に残ったのは、クズっぽい男を拾って同棲していた彼の話。
「甘いもの買ってくる」と言ったっきり帰ってこなかった男。時間が経ち、子持ちの女性と訳あり結婚もして、息子と暮らす彼ですが、結末が。。
がっしり心をつかまれました。幸せになってね。

他には、アンドロイドとの心の交流や、拾った男(この設定多い?)とのシンデレラストーリー、コンビニをめぐる、やげやりで店長と体の関係を続けていた男の、純粋な恋のお話など。

よかったです。

2

色とりどりの短編集

第1話〜第7話まであるけど長編ではなく、それぞれ単独の短編集です。
それぞれの短編にタイトルがなく「第1話」「第2話」なんていうそっけないものしか与えられていないので、読み進めるまで中身が何なのか一切判らず、タイトルによって読む前からお話のイメージがついてしまう…といったような事がなくて新鮮でした。そしてそれぞれ短編に色のテーマがあってそれに沿って描いている作品集なので「色咲き」というタイトルがついてます。

もっとほのぼのとした作品を描かれるイメージのあった作家さんなのですが、ヤンデレあり、ちょいビターなものありと色とりどりで面白かったです。

★第1話(白)
男子高校生同士・白く光る疵痕フェチの男の子のお話。告白後保留にされるんだけど、自分の言動で相手の好感度が上がったり下がったりしているのを肌で感じて、やべ〜…みたいに一喜一憂しているのが可愛い。
フェチだけど変態っぽさはさほどなく、可愛い二人。

★第2話(赤)
お人好しで貧乏で天涯孤独な朱鷺田くんが、自宅アパートの前に倒れていた首に怪我をした青年を拾い…
気丈に一人で生きてても、どうしようもない孤独と背中合わせで暮らしてきた朱鷺田くんは素性の知れない青年にですら隣にいてくれて嬉しい…と感じるほど寂しかったんだなぁと。

首に赤い怪我をした動物を助けると良き夫が現れて家が栄えるという朱鷺田くんがおばあちゃんから聞いて育った昔話となぞらえたような展開で、なんだか好きです。

★第3話(黄)
バイト先の店長と不倫中の青年・岸のお話。正しいことよりも正しくないことの方が相性がいいし、正しい事を押し付けてくるやつなんて糞食らえと思っている岸。店長との不倫も好きだからではなくきもち悪いのが気持ちいいから。
そんな時に現れたバイト先の年下男・美保とのお話。美保の真っ直ぐさが苦手でどうせこいつも正論かましてくるやつだろうと警戒していたのだけど…。

黄色がテーマで黄色信号は「止まれ」だよ、岸さんも止まれるよ、正しい人がそうさせるんじゃないよ、ブレーキは自分の手の中にあるんだよ、と。無視して赤信号に突き進むのではなく立ち止まる気配を感じさせる終わり方が好きです。

★第4話(緑)
ヤンデレです〜。
スクールカーストの頂点に立つ白い肌、緑の目を持つエヴァン。有色人種の事を「色つき」と呼び蔑んでいたのだけど、褐色肌のユージーンの事だけは蔑む事ができず…。

ユージーンが自分で「罠を仕掛けた」と語るように、ユージーンに恋をし翻弄され続けたエヴァン。色つきを愛してしまった代償は余りに大きかった。しかしそうなった事すらも愛しんでるようなユージーンの執着愛が成就した歪んだ緑の楽園。だけど誰にも邪魔をされずに二人だけの幸せとしてこれはこれでアリなのかもしれない…と思わせてくれて好きです。

★第5話(青)
ハンカチ必須。人工知能によるロボットのお話。
ナルは人工知能を搭載した子供用対戦型おもちゃロボットで持ち主のトモエの小さい頃からずっと一緒にいる。通常は持ち主の成長に伴い、人口知能部分をペット型や人型ロボットに移行するのだけどナルはおもちゃロボットの姿のままで家事手伝いをしている。

以前はトモエのそばにいられるだけで満足していたのだけど、それだけでは満足できなくなりイカしたボディを手にいれて変わりたいと思い始めたナル。
カタログを見ながら「犬になってかみあとを 猫になってつめあとを 人になってくちづけを あげるあげる お前にあげる」と夢見るナルのところに入った一本の電話…。

涙・涙・涙です。でも書き下ろしの「金銀砂子」でずっとトモエの胸にはナルによって色んなものが与えられてきたんだという事が描かれてあって、少し救われた気分になります。

★第6話(紫)
失恋した直後に出会った男、ヒモ男とのお話。

★第7話(灰色)
第3話の続き。美保から告白されて「好き」とか判らないけどいいよ…と付き合うようになった岸。美保がめっちゃワンコ。こみあげてくる何かの正体を見つめたくなくて目をそらしてしまう岸だけど、それが何であるか気づかせてくれた美保と恋に落ちる。初恋です。

4

ぽろぽろ

目次は第一話〜第七話となっていますが短編集でした。
描き下ろしは第五話のナルとトモエの過去のお話。
第七話は第三話のつづき。
『第一話』
疵痕フェチの庭瀬 × 脚に疵痕がある布川
フェチではないですし性的に興奮はしないですが庭瀬くんの気持ちが少しわかります…疵痕ってなんかかっこいい^^
『第二話』
トキのアパートの前に落ちていた清太郎 × 貧乏で正直で不器用でひとりぼっちのトキ(朱鷺田)
おとぎ話みたいでした^^
『第三話』
心配で気になる話したい(岸が好きな)美保 + 正しい人たちが死ぬほど嫌いな岸
2人はファミレスのバイト仲間
岸は前の店長(妻子持ち)と不倫中
正しい=自分を否定…と思い込んでいる岸
不倫はしたくないですが、岸くんの気持ちが少しだけわかるかも…正論を言われると、わかってるよ!そんなこと!と思うときがたまにあったり^^
『第四話』
自分の行いで自分のために怒り震え傷つくエヴァンが好きなユージーン + ユージーンに優しくしたいし愛しているエヴァン
エヴァンはユージーンに人生を狂わされたのかも…^^
『第五話』
人工知能をのせた子どものトモダチ(ロボット)のナル + ナルのマスターで泣き虫のトモエ
15年前一時的に流行したが…トモエが25歳の時にはナルは家事手伝いロボットのようになっていた…この先はネタバレしません。
(今まで50冊未満くらい読んだ?)BL漫画でたぶん初めてポロポロ泣きました。描き下ろしは過去の2人のほっこり良い話でした…切ないです。
『第六話』
セックスだけが上手なろくでなし黒河はづき(クロ) × まじめな会社員の中原(ゆったん)
急にいなくなったクロ…月日が経ちゆったんはシングルマザーの友人と諸々の理由で結婚…そこに突然現れたクロ!?
この話…好きです^^
『第七話』
セフレ状態だった店長と別れた岸は美保と付き合うことに…好きとかわからない岸だったが…かわいいハッピーエンド^^

たなと先生の情報目的でon BLUEのホームページを閲覧した時にこの作品の試し読みをして興味を持ち単行本を購入。
四宮しの先生の作品を初めて読みましたが、絵が繊細で可愛いですし短編ならではの展開の早さみたいなものが気にならない良く出来た素敵なお話ばかりの短編集でした!

長々と乱文失礼いたしました!

3

カラフルに色づく恋の短編集

四宮しのさんの最新作は
”色”をテーマに描かれた、6つのCPによる恋の短編集。
ゆるい独特の絵柄は健在なものの
四宮さんのいつもの描き方とは少し違って、
それぞれの物語がリンクしていない単体のCPたちのお話です。

○第一話(白)
傷フェチの高校生の話。
傷痕にゾクゾクしている庭瀬くんは変態だけど
庭瀬くんの言動に対する好感度up・downがすぐに表情に出て、
実は庭瀬くんが初恋の相手だったという布川くんがすごく可愛い♡

○第二話(赤)
お人好しで天涯孤独の朱鷺田くんが、首に怪我をした清太郎くんを拾い
亡き祖母から聞いていた昔話になぞらえ、幸せを掴むまで。
富やお金じゃない、一緒にいてくれる人を欲する朱鷺田くんが
迎えに来てくれた清太郎くんに
赤いネクタイを贈ろうと決めるラストが、とても良い。

○第三話(黄)、第七話(灰)
正しくないことに安心する岸さんと、真っ直ぐで正しい美保くんの話。
自分を否定されることを恐れ、正しくないことに依存していたけれど
真っ直ぐな美保くんに魅かれていく様子が、不器用で愛おしい。
恐れていた想像が現実になったと勘違いしながらも
想いがあふれるあまり、美保くんの名前を呼ぶシーンが好き。
因みにカバーイラストの男の子は岸さん。

○第四話(緑)
学園時代に出会った、緑の目を持つ勝ち組のエヴァンと
”色つき”のジーンの妖しく残酷な愛の物語。
丁寧で優等生のジーンが、実は一番不気味で怖かった。
罠に掛かったエヴァンが酷く哀れにも見えるけれど
みどりの楽園で暮らすふたりの怪物は、
彼らなりの愛と幸福に包まれているようで、良かったです...

○第五話(青)、『金銀砂子』(描き下ろし)
トモエくんとロボット・ナルの純愛物語。
今作の中で一番切ないお話で、絶対的な”喪失”が扱われています。
お互いを尊重し、大切に想い合うふたりの絆が素晴らしく
それ故に、トモエくんの喪失は胸が締め付けられる程苦しくて...
ナルが選択したラストに涙せずにはいられませんでした。
また、描き下ろし『金銀砂子』には
”喪失”に対する四宮さんなりのメッセージが描かれており
悲しいけれど、救われたような気持ちになりました。
描き下ろしを含め、とても素晴らしい物語でした。

○第六話(紫)
失恋したての真面目な会社員・ゆったんとロクデナシのクロくんの話。
夕焼け時に出会った二人。日が落ち、うす紫に空が変わった時
人さらいとなったゆったんが、時を経て、
今度は子ども(血の繋がりはない)と共にクロくんにさらわれるラストが
何とも言えない味わいを醸し出していました。

色々なトーンの物語がカラフルにちりばめられており
四宮ワールド全開の魅力溢れる短編集。
是非たくさんの人に堪能していただきたいです!

3

独特の世界観

短編集。第2話、第5話が個人的にお気に入りです。第5話はロボットのお話なんですけど、ロボットものかぁーと思って最初は好みじゃないと思ってたんですけど泣けるお話でした。構成によって、読み返すとまたじんわりくるようになってます(;_;)号泣とかではないんですけど、すごく切なくて……。
ヤンデレっぽいお話もあったのですが、どのお話も作者さんの個性が表れているのか、読んだことない感じが多かったです。絵は万人受けするタイプじゃないけれど、わたしは表紙より中身の絵の方が好きでした(^-^)
初読み作家さんでしたが今後も注目したいと思います。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う