多田司、好きなもの「女の子」 嫌いなもの「光武央児」!!!

そんな王子に迫られて

sonnna ouji ni semararete

そんな王子に迫られて
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神22
  • 萌×220
  • 萌11
  • 中立3
  • しゅみじゃない6

--

レビュー数
23
得点
226
評価数
62
平均
3.8 / 5
神率
35.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
東京漫画社
レーベル
MARBLE COMICS
発売日
価格
¥638(税抜)  ¥689(税込)
ISBN
9784864421058

あらすじ

自分よりイケてる男が大嫌いな司は、イケメンでモテモテの央児から「必ず好きになってもらう」とストーカーさながら付き纏われている。徹底的に拒否しようが、恋人がいる振りをしようが、一向に諦める気配のない央児にいつしか司も陥落し―…!?
前作『恋する丸メガネ』から大人気のカップル(!?)が満を持して登場!

表題作そんな王子に迫られて

元同級生で地元有力企業の御曹司 光武央児
ナルシストの会社員 多田司

その他の収録作品

  • Super Prince
  • Wonderful Sunday

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数23

王子もの?


王子ものが読みたかった。ちょい、ファンタジーみたいな。

帯のキャッチコピー「早くわたしのものなりたまえ!」王子らしき人が自信満々に両腕広げてる。

確かに王子ものだけど、ぶっ飛んでた。色んな意味で。カバー裏の半裸もヤバイ。

なんか、馬鹿すぎる二人だった。この先、大丈夫なのか心配だ。それも、愛の力で乗り越える?

ときどき、出てくる犬はヨサゴローザなんだろうか。

二人が幸せならそれで良いけどね。でも、喧嘩も絶えなさそう。司が、すぐに実家に帰るとか言い出しそう。

1

私のものになりたまえ!

帯にそう書かれているのをみた瞬間、
自分の中でこの本を買わなくてはいけないという
使命感がむくむくと生まれてきましたw

攻めの言動は現代の人間ではなく、
一昔前のお偉いさんを想像させて、笑えますw
やることなすこと強引でめちゃくちゃで
本当に漫画の中の登場人物だな!と思いました。
媚びない、でれない、そんな受けのことが好きで
仕事場に来たり、家に来たり、押せ押せです。
権力も勿論振りかざし、自分のことを好きになってもらおうと
します。でも、そんな攻めにドン引きの受け。
あるとき、発想の転換で、攻めを利用しようとする受けなんですが
目論見がばれてしまって、反対に冷めた目でみられてしまいます。
攻めが好きだったのは、他とは違って
自分自身を見てくれる受けだったんです。
読んでいて、いきなり冷たくなった攻めにびっくりしましたが、
そこは人間味あふれていましたね。
例え好きな人間であろうが、自分が認めたのはその部分ではない、
と思ったんでしょう。
最後の最後までちゃんとひっつく素振りがなかったので、
これこのままうやむやに終わるのかと思いきや、
ちゃんと両想いになっていました!よかったです!
でも、個人的には、あと数ページあったら、
もっと丁寧にその描写があったんだろうかと
なんだか残念な気持ちになりましたw
あと、この話がスピンオフらしいので、機会があれば
本編の方も読んでみたいと思います。

3

爆笑wwww

タイトル買いしたら爆笑する羽目にはりましたw
スペックは王子だけど名前もおうじだけど
・・・王子だけど何か違う!!www

受けが攻めの事を嫌い過ぎて
どうやってくっつくんだろうって
それが気になって気になって
かなりの勢いで最後まで読みました(´∀`)

ツンギレっぽい受けだけど攻めが前向きなので
凸凹コンビみたいで相性はちょうどイイ感じです(>ω<)b

続き物って知らないで買っちゃったけど
ぜんぜん問題なかったです!

カバー裏の脱衣勝負が意味不明すぎて大好きwww

2

あいかわらずかわいい

あいかわらずのラブコメ王道路線。すんなり読めてしまうのは、絵とかわいらしさなんでしょう。

多田にはかわいらしさなんてないし、むしろウザがられているくらい。王子にしたって電波系で、かわいいどころか何考えてるのかわからない。
コメディとして読み進めてましたが、後半です。・・・多田が、かわいくなってる・・・!
ナルシストで腹黒いと思ってたら、意外と純情でアホの子だったとは。
二人とも、子どもで不器用だったんですね。

あれだけ逃げていた多田が、王子を受け入れるあたりからかわいくてかわいくて。一生やってろ、と言いたくなるような。なんかもう、ずっとそのままバカップルでいてほしいと願わずにはいられません。

3

やっぱり絵が上手

ケビン小峰さん、やっぱりすごく絵がお上手なんだなぁ。

カバーイラストの王子のマジ顔アップが迫力あるのは当然として、
本編内の、結構ザクザクした線でサックリ描いているような絵でも、ギャグ絵のコマでも、力ぬいた省略絵のコマでも、どの絵も破綻なくちゃんとしているの。
これって、やっぱり、凄いこと。
こうやって、絵がちゃんとしてると、ストレスなくて、
ホントにとーっっっても読みやすい。

確かに、キャラクターの性格的には、央児も司もあんまり好みのタイプの性格じゃないんだけど、もう、そんなことどうでもいい。
これだけ、絵が、ストーリーと性格付けにちゃんとはまっていて、しっかり動いて、隅々まで破綻ないんだもの、
これは、もう、神にしちゃうよ。

4

読みにくかった

恋するメガネを読んだ時は
この素晴らしいキャラに出会たことを感謝した。
とっても魅力的だった。

でも、まるごと一冊となったこの作品は、つまらなかった。

期待しすぎたのかもしれない。
多分そうなのだと思う。

表紙は文句なしだった。
多田が大騒ぎすればするほど
冷静になってしまった。

多田が女に見えた。
人物を描く線が何重にもあって、
読みにくかった・・・
あんなに好きだった前作の
2人はこの作品にはいなかった。。。

突っ込まれるあたりは
面白かったけど。

2

どこまでも迫り来る王子w

恋する丸メガネからのスピンオフ、そんな王子に迫られて。
悪人ズラが素敵な多田が王子に迫られてアタフタしている様子を愛でるギャグ漫画です。
あ、スピンオフと言っても前回のお話を読んでいなくても全く問題ありません。

どうした多田!
なぜ…!なぜ光武央児の手に落ちたのだ!?
多田のどノンケぶりが楽しかったのに…付き合っちゃうのね。
…な~んてなっ!ノンケの感覚のまんま付き合ってる多田は美味しいです。
そこは個人的なツボでした。

多田は攻めに回りたいようでしたが、どう考えても受けキャラですよ!w
マウントポジション取っても受けは受け。
上から見下ろしても立場は変わらないですよ~♪
結局光武に下から突き上げられる多田でした。

それにしても相変わらずのギャグでした~。
多田っこの崩れた顔とケケケ笑いと目ん玉が飛び出している絵に笑いました。
今時あんなふうに目玉が飛び出てるオーソドックスなギャグ絵は意外と見ないですよ~。
多田に笑ってしまいましたw

王子は暑苦しいキャラでしたが、慣れるとその暑苦しさも楽しくなってくる。
ほんと王子は迷惑なヤツですよ。
こんなヤツに迫られたら逃げきれる気がしない(笑)

6

う~ん?

気障で変態な攻めが大好物なのでついつい購入してしまいました。(笑)
ですが、ノリ重視で中身は全然なかったかなぁ…という印象です。少なくとも私は読み終わって「う~ん?」と首をひねるような感じでした。

絵柄は綺麗ですし、エッチシーンの多田の表情はすごくかわいいなぁとも思いましたが、どちらもキャラが生かし切れていないというか、あまり掘り下げられていないように思います。個人の感想としてはイマイチです。

続編が出たら気になりますが、購入は少し渋るかもしれません…

1

表紙のインパクト、カバー下のインパクト!

スピンオフらしい。
前作「恋する丸メガネ」は読んでいないが、
全く気にならず読む事ができた。

表紙の王子様こと央児の薔薇を背負ったイケメンぶり!
そんな美貌でお金持ちの坊っちゃんが、
自分はイケテルと思っているサラリーマン・多田に猛アタック。

それなりにスペック高いのに、色々残念な多田っこ。
彼の欲望に忠実なナルシストぶりも、
登場するたびにいちいち「光武央児だ」と名乗っている央児も、
可笑しくて可愛い。
そして、子どもに「おうじ」と「ひめ」なんて名前をつけちゃっている
お父さんもまた可愛い。

あまりにも直球まっすぐな央児の恋は、微笑ましいのだが、
これがハンサムな御曹司じゃなかったら、単に通報されて終わりかなぁw

押しつ押されつ、なんだかんだ言ってもほだされちゃった多田。
そしてその経緯を通じて、多田自身も変化していく。

最後は(というか、お二人にとっては最初は)カーセックスw
「そんなの入るわけねぇって!」と言う多田に対して、
「大丈夫だ司入る…入るよそれが愛だ」と真顔で言う央児様でありました(笑)

描き下ろしの『Wonderful Days』は、付き合い出した二人のある日のH。
天気のよい日曜日、両親も留守の多田家にて、
このままやられっぱなしじゃ気がすまない、と押し倒してみたところ、
央児さま、少しも動ぜず「では司私を抱くかね?」とキラッキラの余裕で受ける。
あはは。
やっぱり王子様にはかなわない!?

10

性格が悪めの受けが好きな人におすすめ

本作は「恋する丸メガネ」という作品のスピンオフ作品です。
読み進めるうちに「?」となる部分があったので、私は前作も購入しました。

コメディタッチの作品で、ライトなノリです。重くないお話を気軽に楽しみたいときにおすすめです。
個人的に、受けの性格がとても好みなので、それだけでも楽しめました。
女々しくない、いわゆるBLの受けっぽくない、性格が悪い、主人公をいじめる端役の小悪党のようなかんじのイケメンが受けで、そのあたりにひっかかる方にはおすすめです。

残念な部分は、全体的にあまり掘り下げられていないところ。
特に攻めが受けのことを好きになった経緯については、もう少し掘り下げてもいいのでは、と思いました。
ラブコメだということを差し置いても、もう少し動機づけがあったほうが盛り上がったと思うので、残念です。
また、BLのキモであるロマンス要素もちょっと薄いかなあと思いました。
そのあたりをさらっと描いてるのは、裏を返せば魅力のひとつでもあると思うのですが、個人的好みでいえばもう少しラブってほしかったなと思います。
とはいえ、それらの問題は、作者さんの実力というよりはページ数的な問題に思えました。

この後、もう2.3話分ページ数があったらもっと面白くなるのではないかなと思うので、続編が出たら読んでみたいです。

6

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ