溺愛調教

dekiai choukyou

溺愛調教
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神14
  • 萌×218
  • 萌24
  • 中立4
  • しゅみじゃない8

213

レビュー数
15
得点
218
評価数
68
平均
3.4 / 5
神率
20.6%
著者
 
イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
徳間書店
レーベル
キャラ文庫
発売日
価格
¥571(税抜)  ¥617(税込)
ISBN
9784199007200

あらすじ

恋人に振られ、職も失った夏乃のもとに、突然遠縁の了一が現れる。彼は有名なSM作家で、幼い夏乃に悪戯をし、その性癖を目覚めさせた男だった――。
そんな彼に「俺の手伝いをしないか」と言われ、仕方なく居候を決める夏乃。
ところがその邸宅には、了一のほかに二人の男がいて…!?

表題作溺愛調教

SM作家 緋崎了一/宇崎宣彦/江里哲治
恋人に振られバイトをクビになった無職 喜多川夏乃

その他の収録作品

  • 秋祭り

評価・レビューする

レビュー投稿数15

表紙を凝視しました

西野さんの作品を読んだのはこちらがはじめてでした。
この頃の私は3 Pいいな~という短絡さでこちらを読んだ気がします。あとは、表紙に惹かれてですかね。BL初心者だったので、なんだこの構図!?どうなってるんだ!?と何度も表紙を凝視した記憶があります(苦笑)
でも、今思うと、この頃の笠井さんの描く受けはまだ服を着ているので、そんなに狼狽える必要ありませんでしたね。(現在の笠井さんの描く受けは裸が多い気がします。それも素敵です)

ストーリーはあまり好みではないですが、ひたすら受け可哀想と思ってました。が、攻めが受けのことが大好きとわかってまあいっかと。
あと、このころですね。”寝取られ”の意味を知ったのも。
”寝取られ”は私は好きでも嫌いでもないですが、よくよく考えれば3 Pもある意味”寝取られ”だなと思いました。
しかし、うーん・・・。3 Pは大好物ですが、4 Pは好きではないみたいです。読んでいると、ただただ受けが3人の男の相手をしないといけないから大変だなという感想しか浮かびませんでした。
本当は中立評価なんですけど、笠井さんの美麗イラストで萌評価に!

0

性癖だから仕方がない!

遠縁のおじさん了一とその友人宇崎と江里とどん底状態の夏乃の4Pものです。

毎回かもですが最初は辛かった~。
身勝手な男にフラれ孤独で失業してどん底状態の夏乃。
了一が現れ不穏な予感もするがこれで夏乃もいい方にいくのかな?と思いきや、いきなりの性奴隷契約!しかも相手は3人。 撮影もしちゃうよって。

この辺はこれ本当にBLなの?BLの定義って何だろうとひやひやしました。

色々あったけど確かに了一の溺愛調教ですね。
突っ込みたいことはたくさんあるけど性癖だから仕方がない。すんごい変態さんです。

夏乃も馴染んじゃって素質あったんでしょうか。

元カレへの見せしめはぬるい気もしましたがすっきりしました。

初めは愛情のないセックスだと思い読んでいて辛かったですが、了一がずっと夏乃を好きで9年も見守って悩んでさらってくれたことがわかり私も嬉しかったです。

歳をとっても続けるつもりのようですが攻めたちは何歳位の設定だろう。気になりました。
イラストでは年齢を感じさせず、笠井あゆみ先生のイラストは今回も麗しいのですが、攻め達が髭か眼鏡か髪型でしか見分けがつきませんでした。

あと好みとしては了一の言葉使いが紳士で髭もなかったらより良かったです。

今回も4Pでもフォーメーションはグッジョブでしたね!
寝取られは初めて読む設定でした。

1

健全だからネトラレとしては邪道かも?

電子書籍で読了。挿絵無し(笠井画伯なのに!ファンの方は紙の本をどうぞ)。

恥ずかしながら、ネトラレ大好きなんです。
私にとってネトラレの魅力っていうのは「こんなに愛しているあの子を取られてしまった。どうすれば自分の下に戻って来てくれるだろう。ウガーッ」と必死になる攻めを眺める楽しみであり「この人じゃない人が大好きなはずなのに、どうして心も体も思う通りにならないの?なんでー?」と動揺する受けを鑑賞する楽しみなんですけれど、このお話はちょっと違った。
だって、緋崎の性癖がネトラレなんですもの。そんでもって、緋崎、スパダリなものだから自分を裏切らない友人を当て馬様に確保しているんですもの。
つまり緋崎と夏乃は固定したパートナーとして『ネトラレごっこ』をしているわけなんです。
なので、ハラハラドキドキはありません。
どっちかって言うと甘々です。どうぞ安心してお手に取りください。

このお話の様に『受け一人に対して、仲良しの攻めが複数』というものを読むと、受けと攻めの関係よりも、攻め同士の関係について邪推してしまうのです。
だって宇崎と江利って、緋崎を喜ばせるために夏乃ちゃんを抱いているってことなんですよね。
「君たち、どんだけ緋崎が好きなんだよ」と言ってやりたい(笑)。

0

爽やか4P説に 1票

笠井先生挿絵おっかけでこの本に到達。
うーんエロイ。
見捨てられてた子受け×SM?小説家のおじさん+おじさんの友達+おじさんの友達。
受けを捨てた 元カレも 見に来ちゃう(すげー)
4Pやってるときもあれば、個々の人とやってるときもあり
でもそうなった時はちゃんとオジサンに報告して、お仕置きを受けるという・・・。
他人に抱かせても それを見てると萌えるというオジサンの感覚に
すこしついていけず・・・
ただなんでだろ、嫌悪感とかないんですよね。不思議と。
もともと4Pとかでも全然平気なんですが、そうであっても
かすかに感じるえぐさ とかが一切なし!
でろ甘話としか思えなかったです。
発情期にはいいかも。その他のオススメポイントは うーん。。。。
他のお姉さまのおっしゃってる通り 爽やか4P?ってところかな?

0

"寝取られ"に開眼

表紙買いです。
笠井さんの美しいイラストと4Pにそそられました。

タイトルに"調教"とついてるからどういったハード展開がくるかドキワクしてたのですが、痛いこと・自尊心を傷つけることがなく、サラっと読める甘いお話でした。

地雷とまではいなかいのですがショタはあまり好まないので、最初のプロローグだけで気分がドーンと落ち込み、
受けの元カレからの扱いが"惨めな女"を連想させる描写に不快な気分になり、
「性奴隷宣言書」の読み上げで本を投げようかとおもいました。
中盤までは「趣味じゃない」です。

ですが!中盤以降が面白かった‼︎
(小説は気分が一気に変わる瞬間があって楽しいですね)

1人の男を3人が共有するのは体だけ。
エッチする相手は3人いても、攻めは1人なのです。
キスをするのは攻めのみ。
最中に受けが名前を言うのも攻めの名前のみ。
寝取られを初めて読んだのでこういったエッチシーンは新鮮でした。

寝取られ嗜好が理解出来ない受けは「3人のモノになった」と思うのですが、攻めは「俺(だけ)のモノだよ?」と返すのにキュンキュン(∩´///`∩)
責め要員の他の2人は寝取られ嗜好が喜ぶ範囲を理解して、それ以上 侵してはいけない領域には立ち入らないスタンスでいたのも"大人の愉しみ"といった雰囲気。攻めと責め要員の3人は、お互いの性嗜好を否定することなく尊重しあって共に愉しみ、人としても信頼し合ってる強固な関係性に萌えたーっ!ヾ(*´∀`*)ノ

んで、攻めが受けを甘やかすのが甘々スキーには堪らなくニヤニヤ( ´艸`) ♪最初は攻めの現れるタイミングがよすぎて罠に嵌めたのか…?と窺って読んでたら、実際はピンチに助けられるよう見守ってたなんて…攻めが素敵だ…。寝取られについても平気でやってるわけでなく、受けを巻き込むことに悩みに悩んでたようなので、攻めの愛情たっぷりが見られて大満足。
(とはいえ、躊躇なく性奴隷宣言を言わせてたように見えたので、後付けっぽく感じなくもない(-ω-;))

ちょっと残念だったのが、クソ野郎の元彼に対する報復が甘っちょろくないか?エッチを見せつけて終わり…?報復を企むならもっとコテンパンにして欲しかったなー。

評価は冒頭の趣味じゃない〜後半の萌え×2の間を取れば萌えなのですが、表紙や口絵カラーの淫靡さと寝取られに開眼出来たのと読後の満足感が大きいので、萌え×2です。

5

爽やかな4Pモノ

折り返しの著者コメントにもあるとおり、展開自体は4Pで調教でエロエロな…いつもの西野花さんっぽい作品でした。

しかし、攻のオジサン3人が基本的にしっかりとした常識あるオトナで、受の夏乃も奴隷契約のもと開発されることを割り切って受け入れているので、不思議と全体的に清々しく爽やかな印象を受けました。ヤることヤッといて罪悪感とか羞恥心にいつまでもウダウダ悩む展開が好きじゃないので、その点は良かったです。

とはいえ、やはり笠井あゆみさんの美麗で淫靡なイラストとエロに特化された内容だったので評価は「萌」です。「寝取られ」という性癖を扱った作品は珍しい気がするので、かつて三人で共有していた(?)過去のスレイブに関するドラマも掘り下げて欲しかったなーと思います。

1

面白かったです

笠井あゆみさん、もぅ〜上手すぎ!って位、
この方の絵は凄いですね。
エロ気満載であるんですけど、綺麗で綺麗で…。
正直小説は作家さんで選ぶんですけど、
笠井さんイラストのものは読みたくなります。
(今更ですけどスミマセン、BL歴短いんで)

さてはてお話の方。
再読です。
初めて読んだ当初、調教ものはこれが初めて。
BL小説まだ読み始めで、正直調教ものって興味なかったんですけど、
笠井さんのイラストに惹かれ、読んでみようっと思ったのがきっかけ。
さすが調教もの、凄い事になってました。
でもそんなに嫌だなっと思わなかったです。
調教は調教でも、調教する側とされる側の始まり方に「好きだった」という土台があったからかな。
まぁそれでなんで他に2人が絡んでくるの?っというのがなきにしもあらずですが、
ちゃんとそれにも理由もある訳で。
その2人もやってる事はどえらい事ですが、紳士なんですよね。
ちゃんと夏乃に対して優しさがあるというか、
ちゃんと了一と夏乃の関係の上での関わり方をしてるというか。
それでもってかっこいいし(笑)
なので全員が合意の上でやってるので、痛い所なし。
逆に本編最後、夏乃の元彼最低男の松浦の男のプライドに対して「ザマーミロ」の展開で。
いやー、正直びっくりしたし、引きそうになったけど、だからこそ出来る「ザマーミロ」だなと、ちょっとスカッとした。
最ッ低ですね、自分の元彼(男同士だとややこしい)の調教映像をドキュメンタリー化だなんて。
死んでしまえと言いたいわ。

こうやっていざレビューを書くと、
すみません、4人とも相当な変態だと思います。
が、全員合意の上なら性癖は皆自由でしょ、心さえ傷つけなきゃと思う。
それよりよっぽど松浦の方が問題。
心傷つけなきゃなんでもありっていうその感覚が面白かった。
(何私真面目に書いてるんだろ、すみません)

調教ものって思ってたのと違ったっというのが印象。
読みやすかった。
西野花さん、結局この作品しか読んでないのですが、
他の方のレビューを見ると甘々系で読みやすいものみたいですね。
興味あるけどあんまり調教もの読んでない方、おすすめの一冊だと思います。
面白かったです。

1

まぁストーリーに重点を置かなければ十分

西野さんらしいと言いますか、
エロくさっぱりとしたお話でした。
エロ濃いのが読みたいときにはちょうどいいお話((´∀`*))

お話はといいますと、
恋人とマンネリのセックス。気持ちいいと感じたことはない。
でも初めての相手、こんなもんかと思っていた矢先、
恋人からは別れを告げられ、
昔いたずらされた叔父が訪ねてきたはいいけれど
自分を「姓奴隷にする」と言い出した・・・!?
まさになんのこっちゃいwな展開ではありますが
愛はある!
愛があれば全て許される!ってなもんで
行き場を無くした受は叔父の元へ。
叔父の元で待ち構えていたのは+2人の男。
「好きな相手が犯されている姿が見たい」
そんな願望をかなえるために、かわるがわるに犯されて~な展開であります。
先日ちょうど、「好きな子が他人に犯されてるのを見るのが好き」なんていう
変態趣味の攻を読んだばかりなので
若干のデジャブ感はあるものの、魅力的な男たちとのプレイは
悪くなかったかなと思います。

流れ流され~なされるがままに。
そんな結末ではありましたが、当人たちが良ければそれでいい。
さくっとエロだけ読みたい方にはおすすめです。

2

イラスト押し

表紙をめくったら、カラー口絵が2枚も!なんと豪華な!!
…買ってよかった♡
中のイラストももちろん美麗で、イラストに見入ってしまいました。

で、お話はというと了一×夏乃に寝取り要員2人(攻め)での3Pでした。
了一が寝取られ好きという性癖のための3Pで、特殊プレイは少な目&了一のものという認識で遠慮してくれているので、うっかりすると忘れそうになりますが、おじさん3人とも変態です。寝取り役をすんなり了承って(笑)

コンパクトだし、エロエロと言ってもドロドロはないので、わりと読みやすい部類かと思われます。変態おじさん3人に可愛がられる自我薄めの受けちゃんがかわいらしいです。
何より笠井絵にお得感♪なので、3P苦手という人もすんなりいけるかと。

1

これならイケる

笠井さんのカバーイラストが麗しいこの本、イラスト通りの3人がかり4Pです。
複数物は読んでも今ひとつな事が多いのですが、これは大丈夫でした。

お話は、変態SM小説家が、子どもの頃から目をつけていた親戚の男の子を奴隷に躾る話。

SM小説家の了一は、自分が愛している奴隷が他の男と絡んでいるのを見て興奮する性癖。
了一は、夏乃を、幼なじみの宇崎と江里と共に淫らに溺れさせていく。
でも、了一は夏乃をタイトル通りに「溺愛」しているので、あくまでも快楽に溺れさせるだけで、肉体的にも精神的にも傷つけたりはしない。
宇崎と江里はプレイに参加しているだけで、奴隷契約は、あくまでも了一と夏乃の物。
最終的に、了一と夏乃の関係は、どちらがどちらの奴隷なのか混然としていく。

こういう、ロマンティックな調教物なら、全然イケるわ。

0

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ