先輩×後輩、もどかしいリーマンラブ

  • 電子書籍【PR】
  • 紙書籍【PR】

表題作許される恋

丹羽哲也・中堅広告代理店の営業マンで中根の上司
中根有希・広告代理店の二年目社員で丹羽の部下

その他の収録作品

  • 女神の許容

あらすじ

好きだった相手と初めて身体を重ねた日――最中、彼が口にしたのは、見知らぬ他人の名前だった。リーマン同士のすれ違いラブ。

会社の先輩である丹羽が好きな中根は、飲み会の帰りに思わず気持ちを伝えてしまう。
「だったら抱いてもいいんだな」酔った彼にそう言われて頷き、関係を持ってしまう中根。だが、彼がベッドで口にしたのは、見知らぬ他人の名前だった。
それでも丹羽を憎めずに傷つく中根は、ある決意をして…。

作品情報

作品名
許される恋
著者
火崎勇 
イラスト
駒城ミチヲ 
媒体
小説
出版社
海王社
レーベル
ガッシュ文庫
発売日
ISBN
9784796404808
3.3

(24)

(2)

萌々

(11)

(8)

中立

(0)

趣味じゃない

(3)

レビュー数
8
得点
78
評価数
24
平均
3.3 / 5
神率
8.3%

レビュー投稿数8

愛することを許される事と愛されることは違う

人を好きになって愛し愛されることが決して簡単な訳ではないのだと
この作品であらためて感じ入ってしまう程苦しく切なく辛い恋が堪りません。
片思いをしていた時の方が愛されることを許された時よりも幸せだったと感じるなんて
なんて切なくて辛い恋なのだと思いました。

愛することを許されることと、愛されるとでは雲泥の差がある事実、
以外に初めから相愛になる話ばかり読んでいるとこういう、一見優しく見えて
実はかなり残酷な仕打ちをする攻めってある意味新鮮。
そして、相手が完ぺきに自分の事など心の片隅にもない相手だと知りながらも
たとえ恋人ゴッコでも傍にいたかった、でも苦しい中で感情が爆発して相手の
心の深い場所を傷つけてしまう愛するが故のエゴも解る様な気がする内容で
決して明るく軽快な作品でも無く、辛い恋の切なくなるような話なのに
どこか共感できる部分があって惹かれました。

3

「身代わり」以下の恋

「萌」と迷いつつも、後日談SSが好きだったので「萌2」評価にしました。メインの二人でもだもだしているのでなく、小出、芦田、雛乃というサブキャラも適当に活躍していて良かったです。

表題作と「女神の許容」17ページ、あとがき(作者様2ページ+イラストレーター様1ページ)が収録されています。

告白した中根(受け)を、酔った勢いで抱く丹羽(攻め)。
中根を抱きながら他の女の名前をつぶやく丹羽。
顔を見たくない相手に会い、中根を人身御供に置き去りに逃げる丹羽。
丹羽の好きな相手は実妹で、許されない恋なら「相手は誰でもいい」と中根につぶやく丹羽。
中根がそのことを指摘すると「忘れるために利用しただけで、身代わりですらない」と言い放った丹羽。
そのくせ、中根がコンパに行こうとすると邪魔する丹羽。
…最低です。

ですが、同性である自分を好きだという中根を嫌悪することはなく、「俺も好きだ」と嘘もつきません。「どうして実の妹に欲情するような下種な男になったのか」と自己分析できていることに好感が持てました。中根を好きになっても良いんだと決心した途端、同居を求めるようなラブ思考も良かったです。自己中心的ではあるのですが、酷い男というのとはちょっと違うかなと思いました。芦田が言うように、中根に甘えていたんですよね…。

そんな丹羽を好きになり、好きになってほしいと望む中根は、健気ですがそれは天真爛漫で純真なものではなく、自分は醜く汚い、と自己分析しているのが良かったです。

別れることになった日のことを、互いに逆ギレしたと説明しているのが面白かったです。なんだかんだいっても二人は似ていると思いました。

「女神の許容」では、同居に小出を利用したり、妹・雛乃と対峙したりと盛りだくさんの後日談で大満足でした。

すべて中根目線で、丹羽目線がなかったのも、逆に良かったです。

3

本音で話せる関係になれたらいい

ついついまた読みたくなります。
ほぼ切なすぎてウルウルですが、最後はニンマリと。

2

好きな人の幸せを願う気持ち

広告代理店を舞台に、研修時にミスをした自分のフォローの仕方から好きになった先輩社員に、会社の飲み会の帰りに思わず気持ちを伝えてしまう主人公。
自分の気持ちを受け入れてもらえ、抱かれた翌朝知った先輩社員の昨晩言っていた許されない恋の相手。
絶望を感じた心を隠し先輩の想う相手の身代わりでいい、きっといつか気持ちが通じると先輩と付き合うようになるのだが、ある日その先輩の相手を知ってしまう。

本の帯に「道ならぬ恋に苦しむ男×一途で健気な男。身代わりの恋の行方は・・・」
とあり、攻めが酷い奴なので受けの健気さが目立つのですが、女々しさの健気ではなく男の健気であり、甘く切ないというよりは淡々と切ないが特徴だと思われます。
今回は受けの一人称。
ここで書きますが、毎度この作家さん上手いな~と、端々の心の描写でうならされるのです。

主人公・中根が告白した後初めて抱かれる時の気持ち。
彼はノンケでここで女性を抱く時との違いが描写されます。
女性とは自分が柔らかな身体を求めてした行為でも、この男性との行為は自分が快感を与えられる為の行為だと。
この数行の描写で、ノンケが身体の関係を持つ気持ちを絶妙に表わしているようでした。
勿論、相手の丹羽も初めての男性との行為でそれはまるで女性にするようで、結果中根の身体は傷付きます。
だけど、初めて抱いてもらえた喜びのほうが凌駕するのです。
なのに、中根を幸せの絶頂から地に叩き落としたのは、丹羽の寝言で出た女性の名前と共に自分が抱き寄せられたこと。
ここで中根が昨晩の丹羽の言葉を振り返って冷静に分析し、起きた時見せた丹羽の困惑した表情にも気がつかない振りをして丹羽の側にいてもいいか許しを得る。
ただの切ないだけじゃない健気さ、そして真剣さに、その後の展開からもひょっとして丹羽はほだされてくれて「好き」という言葉をかえしてあげるのではないか?と期待するのですが、とても酷い仕打ちが待っていました!

仕事の途中でその相手の女性と遭遇してしまうのです!
それは丹羽の実妹。
彼は許されない想いから家から家族から妹から逃げていたんです。
そしてとうとう中根は自分が彼女の身代わりだったことを知り、それを丹羽に打ち明けると、丹羽はあからさまに中根を避けるようになるのです。

中根の健気な一途な気持ちが丹羽を解いたと書いてしまえばとてもきれいな話しですが、
丹羽が図星を指されて逆切れしたり、中根を無視して遠ざけたり、丹羽視点がないので彼がどのくらい苦しんで中根に対して悩んだかは知れないですが、この話上では滅茶酷い攻めだと思います!
中根は勿論傷付いて泣いたりもしますが、ドロドロした気持ちで恨んだりせず、仕事はきちんとこなしやれることはやり、とてもある意味の男前だったと思われます。
好きな人の幸せを願う気持ちこそが本当の愛情だと見せてくれて、貫いた主人公だったと思います。

いつものように、後半は攻め視点の番外があるのかな?と思いましたら後日談。
ふっきれた丹羽は調子よく、いい恋人になったようでw
そして妹との和解もありました。

中根を遠ざけていた間、丹羽は何を思ってたんだろう?やっぱり攻め視点の都合のよくない彼のヘタレざまぁぶりを見て見たかったような気もしますが、逆キレするキャラだったから、きっとあったら腹立ってかもしれないですねw

5

切ないけど

ちょっと策士だけど一途で健気な受けにキュンキュンします。
攻めが他に思いを寄せる人がいるとわかっても、許されない恋、終わった恋なのだろうと見せかけの恋人ごっこを必死に守ろうとする姿は応援したくなりますね。
ただ攻めが火崎先生も書かれているように自己中なんですね。ちょっと酷い言葉をなげつけたり、八つ当たりとしか言いようのない仕打ちをします。
それでも受けはすべてを引っ被って、陰ながら攻めを手伝おう、守ろうとします。
まあ酷い攻めですが、改心?してからは受けにメロメロデレデレになってしまうので、まあいいかと思います。
個人的には私にも兄がいるので、血がつながっていて小さいころから兄弟として一緒に育ってきたのに恋愛感情を抱くというのはとても受け入れがたいので、星は3つ。
これが片親とか、血はつながっているけど訳あって離れて育っていたから肉親の情と色恋の情の区別がつかなくて…というならまだアリですけどね。
攻めが酷いので、もうちょっとラブラブでしあわせな受けの様子を読みたいなぁと思います。火崎先生はいつもあとがきでその後の妄想を書かれていてたまにホントに続編が出たりするので、期待しつつ自分も妄想します。

3

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP