• 紙書籍【PR】

表題作火曜日はもう待たない

長門永人,ネット関係の会社経営
加藤摩利,長門がバーで出会った青年

その他の収録作品

  • あとがき

あらすじ

それは戯れの会話――「もし金をやるといったらいくら欲しい?」
「一億円」だが、そう答える加藤の声は真剣で――彼は、なにを考えている?
ふたりの出会いは火曜日のバー。
加藤はあまり自分のことを語らない青年だったが、長門の誘いを嫌がる様子もなくホテルについてきた。
しかし真剣な交際を望むと、その美しい顔で、ただ火曜日に会うことだけを許した。
好意は感じるのに、まるで掴めない彼自身とその真意に、心を乱し続ける長門だったが…。

作品情報

作品名
火曜日はもう待たない
著者
火崎勇 
イラスト
yoco 
媒体
小説
出版社
大誠社
レーベル
LiLik文庫
発売日
ISBN
9784865180503
3.3

(44)

(5)

萌々

(16)

(15)

中立

(4)

趣味じゃない

(4)

レビュー数
12
得点
138
評価数
44
平均
3.3 / 5
神率
11.4%

レビュー投稿数12

あとがきに要注意!

あとがきを読むとオチが分かってしまいますのでご注意を。
本編だけ読んでも何となく予測のつく話ではありますが、ネタバレなしで読んだ方が新鮮な驚きを味わえると思います。

あらすじ:
ネット関係の会社を経営する長門(攻め・「俺」)は、行きつけのバーで加藤(受け)という美青年と一夜を共にする。
加藤を気に入る長門だが、加藤は連絡先を明かさず、会いたければ火曜の夜に同じバーに来るよう告げ…‥

下の名前も職業も分からないミステリアス美人・加藤がとても魅力的。
真面目で素直で、長門に好意も抱いている様子なのに、プライベートな付き合いは頑なに拒否。
一体なぜ?彼は何者??
と、長門と一緒に夢中になってしまいます。

長門は、加藤の連絡先が知りたくて自社のHPに仕掛けを作る等、ちょっと加藤に懸想しすぎなところもありますが、基本的にとてもカッコいい大人の男性。
隙あらば口説きますが無理強いはせず、ベッドでも加藤が嫌がることはしない紳士的な人物です。
元々は貧乏で、なかなかの苦労人であることが窺われますが、そんな自身の青年時代を何でもないことのようにサラリと語っちゃうところが特にカッコいいなぁと思いました。

前述のように、加藤の秘密は読み進めるうちにある程度検討がつきます。
それでも、いざ真実が明かされてからの展開は大変胸に刺さりました。
秘密を一人抱え込んで生きてきた加藤の気持ちや、加藤の秘密を知った長門の覚悟と行動がとても切実に描かれているためだと思います。
特に、長門が加藤の気持ちを察した上で彼を激しく求めるシーンは、加藤への愛に溢れており感動的でした。

ストーリー自体は、謎が解けてしまうと至極シンプルなものと分かるのですが、見せ方とエピソード使いが上手く、引き込まれます。
長門の「君」が「お前」に変わる瞬間、
ベッドでの加藤の初々しい反応、
自宅でソワソワしながら加藤を待つ長門の姿など、すべてが恋のときめきに溢れており、ラブストーリーとしても素敵な話でした。

13

楽しかったー

ページをめくる手が止まらなくて、一気に読んで、
他にも色々と読みたい本があったのに、
翌日また同じくらいの時間をかけてじっくり再読してしまいました。
わたしにとっては、とても珍しいことです。

遊びなれているネット関係の会社社長のゲイ(攻め・表紙右)が、
バーで出会った青年(受け・表紙左)のミステリアスさにハマって…
というオール攻め視点のお話です。

一夜の相手を探しているゲイだろうと受けに声をかけたら、
そうじゃなくてノンケで、しかも童貞で、
だけどその日のうちにベッドを共にでき(擦りっこだけ)、
なのに付き合えると思ったら、下の名前も連絡先も教えてくれない。
その気があるなら同じバーでまた火曜の18時に…と、
あっさりと帰られてしまう。
その後も、受けは攻めに好意を持ってくれているようなのに、
プライベートには踏み込ませてくれず、
だからと言って男を手玉にとるようなタイプには思えなくて、
困惑しながらも、攻めはどっぷりと受けの魅力の虜に……


読者は攻めと一緒に、どうして…?という謎と共に、
ミステリアスで、か弱げながら芯の強い受けに惹かれていきます。

どこで受けの謎に気づくか…
それによって、楽しさが変わってくる本かもしれません。

わたしはすごーーく鈍いようで、
かなり後半にさしかかるまで分からなかったです (;^ω^)
キーになるある男性と、受けが道で言い争いをするシーン、
その少し前になってやっと受けの秘密が思い当りました。
その後は、
それまでの伏線と真実が、ぶわぁーー!!っと、
音を立てるように次々と明らかになって、
爽快感と共に、切なさと頼もしさとで胸が熱くなりました。
多分この本は、鈍い読者の方がより楽しめるのかもw

それから、キャラも魅力的でした、
わたしは特に攻めが好みだったなぁ。
会話の切り替えしの言葉が、さりげなくスマートでツボだったり、
受けの反応をよく観察して、気を利かせたり本音を読み取ろうとしたり。
そんな機転の利く理性的で大人な態度が格好よかったです。
だけど、その頭の切れる攻めが、
自分を晒してくれない受けを、暴こうと…するけどできない…!!
その時の攻めの思惑や混乱が細かく分かるのが、すごく面白かったな。

読み終わってみると、
受けが色白なことが強調されているのは不自然だと思ったし、
最後は、あんなにバタバタとハッピーエンドに持っていかないで、
明るい未来を余韻に残す感じの方が…とか、
色々と思う所もあったのですが、それを差し引いても、
神寄り!と思うくらい楽しめました☆☆☆

9

攻め カッコいいー 男前!

他のお姉さまのご忠告に従い、あとがきは読まず、
いろんな情報をできるだけ排除して、読み始め。
表紙が黒っぽいから、どんな話なん とちょっとドキドキしてました。

火崎先生は、ごめんなさい、あんまり好きな先生じゃないんです。
でも、これは別!
面白かった!!!!!
えーどうなるのどうなるの と思ってるうちに、あっという間に終わってしまった。
幸せ感満点で終わったしー。

割合、特徴ある書きっぷりなので、
電子本サイトなどで確認いただいた方がよいかもしれないです。
攻めさんの、心情をモノローグとして、
会話の合間合間を埋めていってる感じ。
私は、攻めさんの男っぽい感じと、先生のもともとの文章から受ける印象と
今回の書き方がぴったんこ合ってる感じして、
いつもは苦手な先生の文章を、楽しく読めました~

攻めさん、惚れたらめっちゃ一本気。
ヘタレじゃない。紳士なところもあり、おしの強さもあり
優しさももちろんあり。
凄く好きなタイプでした!

あー楽しかった!
いや、そんな都合よくいかへんで という突っ込みどころは
多々あれど。
でも二人で幸せになってくれて嬉しいです!!!

7

ミステリアスな受けがたまらんです。

タイトルの意味もオチも何となく一億円でわかってしまったのですが、真面目で誠実なタイプなのに何も明かさない受けに、遊び人の攻めと共にのめり込んでしまいました。
こういう清楚でミステリアスな受け、いいですね!初めて、万歳!
矢張り攻めと同じで、新雪に初めて足を下ろす快感はたまらないと思う訳です!
ちょっと気になったのは、何故に会社の人間じゃない人を苗字で呼び捨てにしているのか。社会人は友達以外ならば部下や同僚以外は苗字呼び捨てにしないですよねえ。名前がわからないとはいえ、これはないんじゃなかろうか。

最後はあらすじでも見ているみたいに、さらっと書かれておしまい。
味気ない気もしますが、幸せになってよかった、よかった。
後から別の本屋なら後日談のペーパーがつくと知りました。
ナンテコッタイ!(笑)

5

ミステリアスな受け

受けの終始謎めいた雰囲気が素敵です。初めて出会った攻めと意気投合し、ベッドインするもののファーストネームも連絡先も教えてくれない。「次の火曜日の同じ時間に会いましょう」と約束するだけ。

珍しい攻めの一人称で攻めに共感しながら読み進めましたが、この攻めは辛抱強い!私だったら理由もわからず急に帰っちゃうような思わせぶりな事をされたら「めんどくせー」と思っちゃいますが、余程受けが魅力的だったのでしょうね。

根本的な理由になるネタバレは伏せますが、アホな私は先にあとがきをチラ見してしまい、なんとなくわかってしまいました。あとがき注意です。

受けの一人称ものはあんまり好きじゃないですが、攻め目線だと色っぽい受けを攻め目線で愛でられるのが良いと思いました。yocoさんのアンニュイなイラストも合っています。火崎さんてBL400作以上書いていらして作品数トップの方なんですね。400組のカップルを脳内で生み出しているとはすごい。尊敬します。

1

この作品が収納されている本棚

マンスリーレビューランキング(小説)一覧を見る>>

PAGE TOP