一途な玩具

uchizu na gangu

一途な玩具
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
15
評価数
5
平均
3.2 / 5
神率
20%
著者
黒崎あつし 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
御景椿 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
価格
¥590(税抜)  
ISBN
9784344830974

あらすじ

十歳で愛人の子供として嘉嶋家に引き取られた一希は、いつしか異母兄の志朗に恋していた。そして大学生になった今は、志朗の部屋に呼ばれたときだけ身体を重ねる関係に。自分が本当は嘉嶋家当主の子供ではないと知る一希は、真実を告げて志朗に会えなくなるのを恐れながらも、今だけ、身体だけでもいい――そう思って暮らしていたが……。

表題作一途な玩具

嘉嶋志朗,名家の長男で実業家,28歳
嘉嶋一希,志朗の父の愛人の子で大学生,19歳

その他の収録作品

  • 無骨者の困惑
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数3

とにかく会話したまえ、君たち!!

お互いがお互いを勘違いし
会話がないので、そのズレに気が付かず
でも好きだから我慢し
やっと最後の最後に受けの感情が爆発してハッピーエンド。
と、淡々と読んでおしまいでした。

小さい頃の受けサマの健気さとか子供ながらの思いとか
感情移入していくかなと思ってたんですが
攻めサマの気持ちがハッキリしないのと
すれ違いが長すぎて、途中でもういいかなって(^^;)

最後に少し甘い部分が見られたのですが
どうせなら後の甘い部分をもっとたくさん読みたい感じです。
だって設定としては大好きな年の差!!
攻めさまの感情もハッキリと出てきて
面白くなったところで、本当に終わりだった…

2

玩具って程じゃない…かな

不憫な主人公が、異母兄に弄ばれる(と誤解している)話かと思ったのですが、そんなに弄ばれてる感なかったです。嫉妬や誤解で強引に…という展開はありますけど、通常範囲といいますか。兄弟という禁忌っぽさも志朗(攻)の方が気にしてないので薄いです。なのでそういうのを期待してしまうと拍子抜けしてしまうかもしれません。

それより、主人公である一希(受)の生い立ちや考え方が興味深かったです。不遇の環境かと思いきや、意外と子供の頃から甘やかされていてワガママで周囲に優しくされていて。でも健気で素直で好感が持てました。母親の恋人だった相馬とのやりとりが一希の性格が表れていて、志朗との関係より面白かったです。

後日談のショート「無骨者の困惑」は相馬の視点で、一希の気持ちを読もうと努力する様が可愛らしかったです。本編の一希を喜ばそうと小細工をしたのといい、微笑ましい攻めだなと思いました。

ハラハラ感はなかったですが、安心して読める義兄弟モノだと思います。

0

思い込みの激しい人々

双方の誤解やスレ違いから生じる切なさは嫌いじゃないのですが、このお話は…う~ん、ちょっと無理があるように思いました。
一希と志朗もですが、一希の母親、志朗の父親も、人の人生を左右する情報なのに、誤解を招く言い方をするし確認しようともしない。それで十年が過ぎるというのは…。早とちりで思い込みの激しい人ばかりなのか?
そこへ持ってきて兄弟は「日本最高学府」出身という謎の描写。ずっこけました。二人とも全然そういうスマートさが感じられないのに、その設定は必要か?
一希とかつて縁のあった相馬が会話中に改心する展開は新鮮で良かったと思うので★1つ追加です。あそこで一希が脅しに屈していたら、最高学府どころか大学生であることも疑うところでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ