悪辣色男

akuratsu irootoko

悪辣色男
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×214
  • 萌18
  • 中立1
  • しゅみじゃない2

--

レビュー数
9
得点
111
評価数
35
平均
3.3 / 5
神率
0%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
BL小説
出版社
竹書房
レーベル
ラヴァーズ文庫
発売日
価格
¥590(税抜)  ¥637(税込)
ISBN
9784812499276

あらすじ

堅実な就職先、型どおりの結婚。
今まで常識的に生きてきた川崎は、ある事情から会社をリストラされてしまった。
川崎は躊躇いつつも、男ばかりが集う高級クラブに再就職する。
オーナーの鮎川の「身を売る必要はない」という言葉を信じたのだ。
だが、地味で冴えない川崎にやっとついた指名客が求めたこととは……!?
「本当は、嫁さんにねだられなくなってホッとしてるんじゃないのか? 女なんか嫌いなんだろう?」
川崎のついた「嘘」を知っているかのように、川崎を脅し、追いつめてくる鮎川。
黒い魅力に、秘められた願望は暴かれていく――!!

表題作悪辣色男

鮎川斉昭,会員制高級クラブのオーナー,32歳
川崎貴文,リストラされ攻のクラブに再就職,39歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

執着調教攻めと追い詰められ受け

不器用執着調教年下攻めというのでしょうか。すごい執着ですね。

攻めの正体は年齢差や手の描写や名前からそうかな?と思ってましたがやはり。しかも一連の展開まで仕組んでいたとは!

途中までは主人公が気の毒でたまりませんでした。追い詰められる受けは読んでいて辛くて。妻も子もいるのに一体どうやって結ばれるの?と思って読んでました。
正直に生きなかった性癖を認めなかったことがそんなにいけないの?とも。

でもお互いに17年囚われていたのですね。
愛を知らない攻め。初めて自分を見てくれた受けを自分の物だと。
なかなか辛い調教でした。あそこの洗浄はこの作品で初めて遭遇しました。客を取らせずひたすら調教する、これも愛情表現なのでしょうか。

受けもそうなるかな?と思ったら離婚して子供を引き取り生活も立て直して幸せになれて良かったです。

最後の告白エッチも良かったですが、騒動が落ち着いてからの二人の様子も読みたかったです。でも攻めが愛してると言えましたね。受けが攻めを救えたのでしょう。

一度は自分の性癖を自覚することに怖くなり逃げましたが、知らずに再会してやはり助けてあげたい救ってあげたい想いが芽生えましたね。

アダルトなお話でした。半分くらい辛かったです。

0

『可哀想な受け』がお好きな方にオススメ(オヤジだけど)

電子書籍で読了。挿絵あり。奈良画伯のイラストは暗くてやるせないお話のムードにぴったりでした。

いい加減な軽口ばかり飛ばしているけど実は力があるオヤジが活躍するコメディあるいは人情ものを描く中原さんを『白中原』とすれば、このお話は『黒中原』。イメージとしては『淫雨』に近いトーンです。攻めが必要以上に拗くれていて、受けがとても可哀想な目に遭う所とか。

可哀想は可哀想なんですが、川崎さんには体を張ってでも頑張らなければならない明確な理由がありますので、ある意味、朝ドラや昼ドラを見るような気持ちで読んじゃいました(変かもしれない)。帯ドラマと同じで『着地点がご無理ご無体な所ではない』というBLのお約束もありますし。こういうお話、嫌いじゃないです。

読みながらちょっと心配だったのは、川崎の子どもの存在です。「どう決着をつけるんだろう?ご都合主義で終わらなきゃいいな」と思っていたのですが、大変納得のいく終わり方でした。流石。

1

タイトルに偽りなし

一言で言うと攻めの異常なほどの執着物で、そうした作品は大好物なのですが、一筋縄ではいかないです。
前半は受けがとにかく不憫で可哀想。。
攻めも好きな相手なら、何もそこまでしなくても。。というほど受けを貶めて惨めさを増長させます。
特に最初の頃は全く愛を感じられなかったので、受けもここまで惨めにされて好きになるという心情って何なんだろう。。という素朴な疑問。
吊り橋効果で好きになる的な??
執着を拗らせすぎた男の話という感じでした。

1

実はしつこい執着愛。

真面目に生きてきた平凡な男が、自分の押し殺していた性的嗜好を目覚めさせられていくというストーリー。こういうエロ描写重視のBLというのも、もうだいぶパターン出尽くしてて新鮮なネタやシチュエーション探すのも大変なんだろうなぁ……などと思いながら読みました。

皆様も言及している腸内洗浄のシーンは、ス○トロの領域に踏み込まないよう気を遣ったのでしょうねという感じ。個人的にはもっと直接的な表現でも全然構わないのですけど、BLにそういうのは求めない人も多いでしょうし。

妻と子の扱いや顛末については、モヤモヤとする部分が残りましたが、アラフォー男がエロティックに目覚める執着愛の物語として読み応えはありました。

1

悪辣で不器用

読み終わった後に表紙を見返すと、隠されてるヒントがあって
奈良さんの絵はいいなぁ…と改めて実感。


淡々と続くジメッとした空気
受けのモノローグは情けなさを語り
そんな受けの哀れな姿を見下ろす攻め
タイトルにあるのは【悪辣=情け容赦ないこと】

と揃ってて、ダークな雰囲気が漂う表紙とタイトルにドキドキでしたが
小説初心者の私でも序盤で展開が読めてしまいました(^^;

着地点はハッピーエンドとはいえ、たどり着くまではしんどかったな…。
とにかく受けがなんかもぅ哀れ。
もっとシャキッとしろ!!と背中叩きたい反面、
同情したい気分もあり。。。

腸内洗浄のシーンは悲しくなりました。
排泄を攻めに見られ、シャワー浣腸され。
その結果、自分の体が何を望んでるのかを思い知らされ、守ってきた物を打ち砕かれ。
声をあげて泣く描写とそのシーンの挿絵で悲痛な感情が伝わってキツかったです(´•̥ ω •̥` )

執着攻めは好きだけど…好きだけど…ううううーん?
エロを仕込むキッカケとなったホテルでの事件。
受けが抵抗出来ず最後までヤられてたらどうしたんだろう?
長年かけて計画を練った割にホテル事件は結果ありきでしっくり来ない…。

でも初挿入時に悪ぶった態度を貫き通せず余裕が崩れたのは萌えた♡
それまでの態度から一転し、嫉妬して怒りあらわに襲いかかるのが良いわー(∩´///`∩)
執着攻めの嫉妬は美味しいですな。
その後、本音を見せた時の悪辣男の不器用さにニヨニヨしちゃいました♪

途中、受けの内向的な性格に少し気が滅入りましたが
ラストは幸せそうな姿が見られてほのぼの出来ました。

そういえば途中から出て来なくなったけど
高級クラブの教育係・桜井くんの存在が良かったです。
穏やかな口調と気遣いに癒されました。
彼も幸せになってるといいなー。

1

表紙はエロ控えめですが・・・

39歳妻子持ちがリストラされ、やっと見つかった再就職先は男性専門会員制倶楽部で、オーナー直々に仕込まれちゃって、女に興味がないことを認めずに生きてきた受の価値観が壊されるけど、受はM属性だったので嫌だといいつつ感じてしまい、最後は攻を愛してしまう、というお話です。
攻が受にねっとりと執着しているので、話の雰囲気は暗めです。
私はエロ目当てで購入したので満足でした。
受が妻子持ち、腸内洗浄の描写がある、が地雷の方は避けた方がいいかと。
女人禁制の高級会員倶楽部が舞台ですが、受の相手は攻一人。(未遂有)
軽くは無いですが、さらりと読めるので、羞恥攻めエロの補充にはいいかと思います。

あと個人的に、パパとパパのお友達(と紹介されている)の関係を息子が知った時どうなるのかなーと、将来が心配になってしまいました。

2

仄暗い調教モノ

川崎の回想シーンで、鮎川の正体や痴漢〜入店までの経緯も早い段階でわかってしまったので、ページを捲るワクワク感がなくなってしまい残念だった。
そして、登場する女性が酷い人ばかりで悲しい…

残るはエロシーンしかないのだけれど、立派な受け様になるための調教シーンがほとんどで、腸内洗浄の仕方までも指導が入った。
調教も羞恥プレイばかりで川崎が可哀相と思いきや、当の本人は実はM気質だったので、心は辛そうだったけれど身体は嬉しそうだった。
この調教シーンは自分的には緩かったかな。


2

エロは多めだけど…

会社をリストラされた妻子持ちの地味な男39歳が、
(受け:表紙後ろの茶髪の男、挿絵ではあんまり地味には見えない…w)
なかなかいい仕事が見つからず、男性相手の会員制高級クラブで働くことに。

そこのクラブのオーナー(攻め:表紙の手前黒髪の男)から、
執拗にエロいことをされ、そもそもその原因は…と過去を遡りつつ進む物語。

この本は、エロいことがとにかくいっぱいです。

受けは、本当は男が好きなのにその想いを封印してずっと生活してきた人で、
「嫌…」と思いつつも攻めの手管に快感を覚え、抵抗できません。
加えて、生活のため…という理由も加わり、攻めの強引な要求に逆らえず、
それをいいことに攻めは言葉責めしつつ、要求をエスカレートさせ~~という展開。

うーーん、エッチシーン何回あったかなぁ。
正直何度もありすぎて、反対に単調な気がしてきたほどでした~

特筆すべきこととしては、
攻めが無理やり受けに腸内洗浄をするシーンがありました。
せっかくだから、ここ、もっと生々しくてもよかったのになーーー
って思ったのは自分だけかなぁ(;^ω^)
あとがきによると、
「やりすぎだから改稿しましょう」と担当さんに言われないか、
中原さんは心配だったようなんですが、今回無事に載って大丈夫だったようなので、
次回は更にもうちょっとエスカレート~~だといいな♪w

あ、それから、
徐々に明らかになっていく過去話が、全部分かってみると意外に、
ひっぱった割にそんなものだったの?って感じで、ちょっと残念でした~~

ただ、受けの息子(素直ないい子♪)の存在や、
受けのパパとしての顔、その息子に接する攻めの態度などが、
なかなか和ませてくれてよかったし、最後に攻めがデレる部分は可愛かったです。

4

一途でサディスティックな執着

タイトルがピッタリくるストーリーで攻めになる鮎川は悪辣過ぎでした。
でもその裏に見える愛し愛されることが何より出来ない不器用さが愛しい気がする。
もしかしたら、受けになる7歳年上の川崎もそんな風に思ってしまったのかも。

川崎は25歳で結婚し3歳の一人息子がいて、結婚生活が破綻しているのです。
でもそれを解っていながら離婚しないのは川崎自身の罪悪感もあるかも知れません。
川崎は大学生の時に家庭教師をしていた中学生とのある出来事がきっかけで
自分の性癖がノーマルではないかもしれないと言う不安からそれを打ち消すように
早々に結婚した経緯がありますから、本当の自分を認めることが出来なかったツケが
39歳になって一気にやって来たみたいです。

でもそれも本人が知らないうちに実は鮎川に巧妙に罠に嵌められる展開で、
後半ギリギリまで川崎は気がつかない。
この話は中学生の子供に好かれ異常な執着何年も持たれ、捕まってしまった男の話。
鮎川の異常なまでの執着は育った環境が大ですが、それだけでもなさそうです。
かなり手ひどくプライド木っ端微塵なまでにサディスティックいたぶられるけれど、
今まで心の奥底に隠していた性癖が鮎川の手により解放れ、恨むどころか
言葉もなく態度も冷たいながらも自分に対しての熱を感じてしまい、
いつしか川崎自身が鮎川を愛し始めてしまう。

川崎に対して本物の悪党にはなりきれない鮎川の微器用すぎる歪んだ気持ちを
真正面から、鮎川本人も気がついていない気持ちを受け取ろうとする川崎。
一人息子が時々ほのぼの感を漂わせてくれて強弱があって良かったです。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ