愛に溺れるバンビーノ

ai ni oboreru bambino

愛に溺れるバンビーノ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×212
  • 萌8
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
88
評価数
24
平均
3.7 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
心交社
シリーズ
ショコラ文庫(小説・心交社)
発売日
価格
¥620(税抜)  ¥670(税込)
ISBN
9784778118099

あらすじ

父親の遺言で11 歳の時に異母兄弟のいるイタリアの名家に緒方みつきは引き取られた。家族らしさとは無縁の生活の中、優しくしてくれるのは次兄のフェルディナンドだけだった。だがすべては父の遺産相続の為であり、彼がずっと我慢していたことを偶然耳にしてしまう。次兄への想いが恋心だと気づいたばかりだったみつきは、従姉の勧めもあり日本への帰国を決意するが…。

表題作愛に溺れるバンビーノ

フェルディナンド・ダビアーノ、25歳、実業家
みつき・ダビアーノ、18歳、仕立て屋志望の高校生

評価・レビューする

レビュー投稿数3

イタリア貴族の溺愛攻め♡♡

イタリア貴族らしい歯の浮くようなセリフ。
ひたすら溺愛し、受けをドロドロに甘やかす姿。

これが違和感なく板についてる王子様のような攻めに萌えた〜!!(∩´///`∩)
ヒィヒィするほど甘くてニヤニヤしちゃいますv

まぁ…これが裏目に出ちゃって、
普通の兄弟だと思ってる受けは「いつまでたっても子供扱いされてる」と憤慨し、
他の兄姉は「攻めが溺愛しすぎて、受けが世間知らずになった」と呆れているのですが(;´Д`A
それが良いのか悪いのかはさておき、攻めの溺愛をすごく楽しめました♪


個人的に一番萌えたのは、秘密のエッチなスキンシップ。

最初のキッカケは受けがまだ引き取られたばかりの頃かな?
性器の形が違うとカタコトのイタリア語で不安を吐露するのが可愛い!!!
攻めはクリームを取り出して、ゆっくりゆっくり皮を剥くマッサージ開始。

終わったあとは、「ばい菌入るから自分ではしちゃダメ」と「これは2人の秘密」をシレッと伝えて、"自慰をする時は攻めの手で"の約束と取り付けちゃうという…ヾ(*´∀`*)ノ

何も知らない子供に何教えてるんだ!と思わなくもないけど、
このシーンはすごく萌え禿げて何度も読み返しました(^///^)
ガチ兄弟の秘密の戯れに滾るわ…///

で、それを信じて18歳になっても攻めに射精管理してもらってる受け。
びっくりするほど世間知らずで箱入りに育てられてます( ̄▽ ̄;)
攻めがそう仕向けて育ててるのだから仕方ないのか…。

そう考えると全体的に甘々な雰囲気の濃さに隠れてる中に、攻めの歪んだ愛情を感じます。
外の世界なんて知る必要がない。
自分の手のひらの中で、いつまでも閉じ込めて置きたい。
受けはカゴの中の鳥のようにも思えました。

溺愛はたっぷり楽しめたけれど、その他の所々は中途半端になってたのが気になるかな。。。
攻めの会社の業績が良くないというのは嘘だったのか本当だったのか…(-ω-;)
長兄の心情ももっとわかるシーン読みたかったなぁ。
ちょっぴり冷たい印象のまま終わってしまったのが残念。

Cielさんのイラストはとても良かったです!
イタリア男×少年の戯れが色っぽいわー( ´艸`) ♡♡

3

世間知らずな甘ちゃんの拗ね拗ね日記

イタリア貴族の次兄×異母弟の三男。
母が亡くなってお屋敷に引き取られてきた受けくん、仕立て屋になりたくて修行兼バイト中です。
この受けが、ひたすら甘ちゃんで、すごくイライラしました。自分が父の不貞の末に産まれた妾子だから屋敷に居場所がないってウジウジしてるんですが、長兄が「何も仕立て屋になりたいからといって独立しないでも、家から通えばいいじゃないか」って言ってくれてるのを「自分の意見は聞いてくれない!」みたいに反抗。長女には嫌われてる、いじめられてるみたいに言ってるけど「貴族のうちの子が職人になんてならなくてもいいじゃない」とか嫌味言われてるだけ。こんなんそのへんの一般家庭でも普通にあるレベルの言い合いですよ。誰も頭ごなしに反対なんてしてませんよ。
受けは「俺を認めてくれるのは次兄だけ」と本気で思ってるのですが、この次兄の甘やかしっぷりがすごいので、そこが基準になっちゃって、他の兄姉がウザく思えるんじゃないかな。仕立て屋のバイトも次兄の口利きで入らせてもらったくせに、「俺は仕立て屋になりたいのに誰も理解してくれない!」とか言ってる。バイト行くときも屋敷のシェフに「ちょっと小腹が減ってるから何か軽くつまめるものでも包んでもらおう」って、こんな至れり尽くせりの待遇受けといて「家族らしい温かさとは無縁」(裏表紙あらすじより)とかよくもまあ文句ばっかり言えるもんだと思います。
冒頭30ページでこんな状態。この時点でもう受けの印象は地に落ちました。

その後は攻めのややヤンデレ風味あり、相続関係の誤解からのゴタゴタありで、まあちょっとは持ち直しました。
でもヘンな女には騙されるわ、その女をかばって次兄に楯つくわ、最後まで受けはカケラも好きになれなかったなぁ。
作品的には『しゅみじゃない』なのですが、次兄攻めのビジュアルが美しかったので、イラストの力で『中立』です。

4

雰囲気のある、甘さ溢れる物語。

先月今月と続けて刊行された、鳩さんの現代物。
4月刊はいささか残念だったのだが、今回はまた違うレーベルなので、
さてどんな感じだろう?と期待と不安半分で手に取った。

ある雪の日、母を亡くし施設で暮らす11歳のみつきの元に
遠い国から王子さまのような赤毛の兄が現れる……。

内容的には王道というか、よくあるストーリー。
受けが人の良さと世間知らずさ故にトラブルに巻き込まれ、
鈍感さと自信のなさ故に攻めの溢れる愛に気がつかず、
ちょっとすれ違うのも、これまた定番。

それが、鳩さんの雰囲気のある文章で描かれることによって
陳腐な話が、イタリアンテイストの甘い話になっている。
さらには、Cielさんの美麗な挿絵がトッピング。
おとぎ話の色合いで、楽しく読ませてくれる。

          *  *

イタリア貴族にして実業家ダビアーノ家から
父の遺言に従って妾腹のみつきを引き取りに現れたのは、
まだ18歳だった次男のフェルディナンド。

それから7年、ローマの屋敷で暮らすみつきは高校を出る年になり
サルト(仕立て屋)になりたいという夢に向かって進んでいる。
何も分からないまま引き取られたみつきを、文字通り手取り足とり
近くで甘やかし守り世話をしてきたフェルディナンド。
なんと、自慰のお手伝いまで!

しかも、この過剰なスキンシップは普通だと思って育ったみつき!
どんだけ鈍感な箱入りなんだ!?と呆れはするものの、
「兄弟ならみんなやっていることだからね。秘密だよ」などと
ベッドであれやこれやらされて
素直なみつきが「ひらがなで」フェルディを呼んで快感を訴える様は
(ショタはむしろ苦手で萌えは全くないのだが!)なかなか萌えた。

血の繋がりは半分ではあるが、明確な実の兄弟設定で、
どうするんだ?これ?と思って読んでいたものの
だ〜れもそれには葛藤しないようなので、
それならそれでお幸せにっていうところ。
セレブの考えることはわからん?(笑)

ちなみにみつきは4人兄弟、
一族の総帥となった長兄、攻めの次兄、の下にカタリナという姉がいる。
みつきは長兄や姉に嫌われていると思っているが
実は家族総出で箱の中に大事に囲っているのが実際。
このツンデレの姉がいいキャラ。

他にも仕立て屋のことやら、もうちょっと詳しく書き込んだら
楽しいのに、という勿体無いというか、惜しいところもままあるし、
今市子さん挿絵の旧作の2シリーズに比べてしまうと
ファンとしては物足りなさはおおいにあるのだが、
全体には雰囲気のある甘くて素敵な一冊でした。

9

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ