恋する付喪神

koisuru tsukumogami

恋する付喪神
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神6
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
3
得点
57
評価数
13
平均
4.4 / 5
神率
46.2%
著者
雨月夜道 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
金ひかる 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
レーベル
幻冬舎ルチル文庫
発売日
ISBN
9784344834750

あらすじ

自分を大切にし、付喪神にしてくれた少年・要との再会の約束を守るため、福の神になったトキ。画家になった要のもとへ向かうが!?

表題作恋する付喪神

トキ,要に恋して福の神になった元付喪神
汐見要,事故の怪我の為に療養中の新鋭の水墨画家27

その他の収録作品

  • あとがき
  • トキイロ。

レビュー投稿数3

超〜健気攻め!!

・直情型の一途健気で無邪気な攻めで終わらないところが、この作家さんらしいなと思った。
本人ですら気づいていないというか、無意識に封をしてしまっているモノ、そして愛憎。
そこがキャラに陰影をもたらしていて、良かった。

・当初はこいつは何様?とすら感じさせてしまう受けだったけど、「絵」に対する思いや苦しみ、その要因が……というところも◎

・螺旋のように絡み合い吐露しあう後半部分や、先輩・楠本の描き方も作家さんらしいなぁと思いました。
普通なら単なる悪役としてバッサリ終わらせると思うんだけど、最後はそうなったかぁ……!と。

・でもちょっとわちゃわちゃしてる気がするので、何か削いだほうが更に好み。
・大黒様の下ネタ路線とか個人的にはない方が好き。

0

神様と画家の恋

表題作の長編、あとがき、短編という収録順でした。

付喪神のトキ(攻め)が15年かけて恋する少年・要(受け)の元へと行ってみれば、疫病神より陰気な青年に育っていて…という話です。

トキと要の両方の視点が入っていて、心情が分かりやすかったです。
要がトキを受け入れるまでがメインなのかと思っていたのですが、実は好き好き言いながらトキが要の想いを信じていなくてと一捻りされたストーリーで面白かったです。

ショート「トキイロ。」は本編の後日談。楠本との問題もすっきり解決しましたし、アリスのブログも好評!さらにトキと絵の具だらけのエッチもあり大満足でした。

あとがきには雨月先生がこの作品を思案された顛末や、金先生が描かれた神様二人のイラストもあり、お得な1冊だと思いました。文章も読みやすいですし、猫のアリスや九十九神になった小物達が可愛らしく登場しています。ワンコ神様攻めがお好きな方にはお勧めだと思います。

2

わかっているけど涙が出る

初読みの作家さんでした。マンガは知らない作家さんでもばんばん購入するのですが、小説は文体に好き嫌いがあってなかなか挑戦できずにいます。外からはわからないですし。

人外ということで手を伸ばしたのですが、当たりでした。文章はしっかり書かれているという感じ。細かいところまで行き届いていて、なかなかラブにたどり着けないのですが、その割に笑えるところもあって退屈はしませんでした。
その脇キャラの書き込みが、後々生きている感じで、クライマックスでは先もそうなるだろうなーとわかってるのに泣いてしまいました。

次は恵比寿様と大黒様のお話が読みたいです。

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う