刑事(アンタ)のカラダは買ったから、たっぷり俺のナカに出して貰うね?

銀の檻~舌とピアス~

gin no ori

銀の檻~舌とピアス~
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×214
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
8
得点
71
評価数
22
平均
3.4 / 5
神率
4.5%
著者
水壬楓子 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
黒田屑 
媒体
小説
出版社
リブレ
レーベル
ビーボーイSLASHノベルズ
発売日
価格
¥850(税抜)  
ISBN
9784799726426

あらすじ

ロシアンマフィアの血を引く銀の髪、グレーの瞳…ぞっとするほど美しい極道の若き組長・アレクセイは、組対たたき上げの刑事・氷上の身体を億の金で買い上げたアレクセイは彼の肉体に激しい快楽と屈辱を刻み込むが…?

表題作銀の檻~舌とピアス~

氷上隆一,組織対策課の刑事
アレクセイ,暴力団組長の息子で若頭補佐,28歳

その他の収録作品

  • 飼い犬の仕事
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

ドはまり。

襲い受けや誘い受け等々、受け様主導のエロってだけでも萌えが滾ってしかたないのに、この作品はさらに調教!それも受け様がマスターなんて、もう〰️っ、私の趣味をそのまま具体化したんじゃないかってくらいめちゃくちゃはまりました。

不可抗力とはいえ、組の若頭を殺めてしまった元刑事の氷上と、亡くなった異母兄を恋愛感情込みで慕っていた若頭補佐のアレクという敵対し合う立場のうえに、罪悪感と憎悪の念を抱いている二人。やばい、おいしすぎる。

姪の莫大な手術費用を捻出するために、アレクと取引をする氷上。ところが、ヤクザの犬として情報を提供するのでも、暴行の果てに半殺しにされるでもなく、求められたのは性奴として存在すること。くぅ〰️、いいねぇ。

自慰から始まって、乳首ピアス(うっとり…)、お道具を使っての放置プレイで散々痛めつけられても、自分が巨額の手術費用と引き換えにアレクに飼われていることから目を背けることなく、何度も逃げるチャンスはあるのに、側で言うなりになっている氷上。そんな氷上をアレクの方は自らの犬としてボディーガードのように連れ歩き、昔の同僚や、組の人間から蔑まれるような状況にも同行させる。それでもなお態度を変えない氷上に対し、恋愛感情とはまだ言えないものの憎しみとは違った感情を持ち始めていく。きたきたきた〰️っ。憎しみが過ぎると愛情にかわるってやつかなぁ。

氷上の方も、日々、手を拘束されながら、性玩具のように腰を振らされる恥態を求められながらも、アレクの冷ややかな態度とは裏腹な身体の中の熱さに、もっと熱い感情を呼び起こすことはできないかと考えるようになって…。あぁぁ〰️おいしすぎる展開。

散々いたぶってきた氷上なのに、身を挺して自分を助けたり、「おまえのために生きてやる」なんて言われちゃったら、孤独を抱えて生きてきたアレクにとっては、たまらない一言だったろうなぁ~。アレクの方も自分に寄り添って生きてほしいからこそ、あれこれ嫌がらせのような仕打ちをして試してたのかなぁとも思えました。

受け様主導のエロエロで始まった話でしたが、それ以上に攻めの氷上のぶれない骨太の男前の部分が光りました。個人的には萌えがこれでもかって詰まったおいしすぎる作品で、めちゃくちゃ楽しめました。よかったです!

2

いたぶられる攻めに滾る!!!

いやー素晴らしい!
攻めがここまで痛めつけられる話は初めて読みました!
水壬さんは需要を心配していらっしゃいましたが、少なくとも非常に私得であったことは間違いありませんw
水壬作品の受けって女王様に見えても実は純情で…みたいなパターンが多いように思いますが、今回の受けは最初から最後まで鬼畜な美人さんで、そういう点でも面白い作品でした。

刑事の氷上(攻め・30代)は、ヤクザ組長の息子・アレクセイ(受け・28歳)に買われ、彼の「犬」として監禁される。

乳首にピアスを開けられ、アナルを指やバイブで開発され、尿道には針を差し込まれ……
氷上が快楽と男としての矜持との間で悶える姿が辛抱堪りません。
喘いでもイっても男らしいのが◎

CP的には氷上×アレクですが、エロシーンではほぼアレクが主導権を握っているため、精神的にはアレク×氷上という感じです。
合体シーンでもアレクが上に乗り、氷上の方が派手に喘がされているような…w

アレクの目的は、氷上に殺された腹違いの兄(ヤクザ)の復讐。
しかし、まっすぐな氷上に兄の面影を見てもいるようで…?
兄を失った喪失感を、氷上を所有することで埋めている節もあり、ある意味氷上に非常に執着しています。
氷上の方も、ストックホルム症候群なのか快楽故なのか、アレクの「犬」としての生活に心地よさを感じ始め…。

このあたりの互いの気持ちの変化は、もう少し掘り下げてほしかったかな?
しかし、最終的に互いに命を預けるような関係になるとは言えあくまで「主と犬」、恋人とは言えない特殊な関係の二人なので、この程度の描写で丁度良い気もします。

犬としてアレクのそばにいることを決めた氷上ですが、後日談Hでは珍しく正常位でアレクを攻めており、立場の逆転が新鮮です。
長髪美人のアレクは、女王様も良いけど抱かれてる姿も色っぽいですねv

攻め受けの関係性やエロ描写が斬新で、久々にガツンとくるBLに出会えたなという感じです。
黒田屑さんの挿絵がまた非常にシャープで美しく、作品の世界観によく合っていました。

12

繋がれ いたぶられ ヨガる攻 という新鮮さ!

因縁のある元刑事を金で買い取って
性奴隷として飼うロシア人の血を引く美貌のヤクザ。
ここまではありがちな設定かとも思うのだが、
特筆すべきなのは、刑事が攻め、ヤクザが受け。
繋がれていたぶられる30男が攻めなのです!

この設定はとても新鮮で面白かった。
美しくクールで孤独な女王様アレクも
ハーネスをつけられ、乳首にピアスをつけられ
犬として飼われ調教されていきながら
潔くぶれない男前振りを発揮する氷上も、
どちらもキャラがすごく好み。
エロは内容分量ともに充実で、脇役も味がある。


それだけでも満足なのだけれど、
残念なのは肝心のストーリーがちょっと物足りない点。
後日談まで読むと、互いの強い結びつきが生まれ
アレクの嫉妬や抱かれる可愛さもほの見えてきて
単なるご主人様と犬じゃない関係に踏み出したかに見えるのだが
その辺りの変化が描き切れているとは言えない。

そこが書き込まれていると、心揺さぶられる作品だったかと思うが
設定とキャラだけでも読み応えのある作品だった。
スリリングな人生を歩みそうな今後の二人も、読んでみたい。


絵師は黒田屑さん、
中の挿絵はちょっと荒いかな?と思う部分もあったが
総じて作品世界と合ったカッコイイ挿絵だった。


12

続編希望!

「エロとじ 艶」に掲載された「舌とピアス」を大幅加筆修正されたそうです。

刑事・氷上は、捜査中、後輩をかばって、ヤクザの若頭を殺してしまう。氷上には心臓移植が必要な姪がいた。姪を助ける費用を作るため、氷上は我が身を、自分が撃ち殺したヤクザの異母弟・アレクに売り渡すのであった。……

今、私の手元には読んだはずの「エロとじ 艶」がなくて、比較ができません。うっすらと覚えているのは、おおまかなストーリー展開と、容赦のないハードな作品だったなという印象でした。
細かい設定や描写は「舌とピアス」よりずっと増えたように思います。
スラッシュノベルズだから、エロいんだろうなあとは思っていましたが、予想以上でした。
とにかく攻めの氷上が徹底的に嬲られ、いたぶられます。
攻めがひどい目に遭う作品はたくさん読んだことがありますが、大概当て馬かその他の方々からでした。氷上をいたぶるのは、受けのアレク。と、その舎弟。
アレクは私が今まで読んだ中で、一番冷酷な襲い受けです。
襲い受けって、大概自分の気持ちや欲望を満足させる目的とかが多い印象ですが、アレクの目的は復讐。
また「飼い犬にするための調教」なんですね。でも、これはプレイではない。アレクは、あくまでも氷上が殺した亡き兄の復讐のために、氷上を貶め続けるのです。殺すなんて簡単なことはしない、苦しみ続けさせてやる、と。
エロシーンもハード。甘々は一切ありません。
ドラマCDになったら、かなりの異色作になると思います。何しろ、うめきあえぎよがる攻め。
最後に、二人の気持ちが歩み寄ったのかな? これはラブかな? をほのめかして物語は終わります。

読み終わって、まず「続きが読みたい」と思いました。
「エロとじ 艶」の「舌とピアス」は既に読んでいたので、前半のストーリーは大体把握済み。期待は、後半と書き下ろしの「飼い犬の仕事」へ。「なるほど、二人はこうなっていくのかあ」と新鮮な思いがありました。だが、いかんせん、短かったのです。もっと続きが読みたいっ!!
二人がラブラブにならない(今後もならないと思います)までも、ヤクザ社会という地獄を今後どう渡っていくのか。アレクの実家・深高組の後継争いはどう展開していくのか。アレクの飼い犬となっても、男の矜持は揺るがない氷上は、これから、どのようにアレクに添うていくのか。……
実に続きが読みたいなあと思いました。

4

「受け」の一つの極北。その名はアレク

口絵の舌舐めずりが全てを表しているかと…。
美しき獣、嶺路・アレクセイ。彼は銀髪のロングヘアをなびかせて男を喰らう「受け」。
腹違いの兄を殺した刑事の氷上をカネで買い、自分のイヌに調教する。
氷上は姪の心臓の移植手術代金をカタにアレクに買われる(飼われる?)ことを受け入れる。
このあたりの乳首ピアスや尿道プレイ、バイブでの調教は、読み応えたっぷりです。氷上ははじめからアレクの言いなりになることを受け入れており、2人のHシーンは主従であり、調教としてのSM的なものでもあり、肌を合わせることによって生まれる情も滲むような、複雑で、愛憎が絡まりあって一層離れがたくなるような、そんな性愛シーンです。
『死ぬまで…、俺を支配するといい。俺がおまえを守ってやる』
美しく、失うものの無い狂った獣、アレク。彼に寄り添うことを選んだ元刑事。
BL界にまた1人燦然と輝く「アレク」、という造形が生まれた作品です。

「飼い犬の仕事」
前半アレク視点。
ただ1人信頼していた兄を殺した刑事。彼をカネでなぶる。つまらない男だったら殺してやろうと思っていたけれど、彼と肌を合わせることに不思議な安心感を覚える…
その時氷上が感じていたことは、自分のすべてでアレクを守りたい、ということ。性の快楽で飼い慣らされたというだけではなく、アレクという孤独で唯一無二の魅力を持つ美しいひとに魅かれたのでしょう。
2人はこれからヤクザの世界の中で甘美な共犯者になっていくのでしょうか…

4

攻められて喘がされる攻め

刑事の氷上を金で買い上げたアレク。あらゆる玩具を用いて、調教していく…。

この、調教される氷上が、攻めです。調教する側のアレクが受けです。玩具ですが、後ろも調教しますし、尿道も乳首ピアスも、色々と施されていく氷上。悶えて開発されて…でも、アレクはご褒美としていれたいかいれられたいかを氷上に決めさせるのです。

2人の関係は、ご主人様と、調教される犬で、プレイ外でもそれは変わりません。甘いカップルとはいきませんが、この2人の異質な関係性を、そして攻められて悶える攻を読みたい人は、是非手にとってみてください。

2

喘ぐ攻めはお好きですか?

私は大層ツボにはまりました。
あ、興奮しすぎて前後しちゃった。電子書籍で読了。挿絵有り。

刑事の氷上は捜査中に後輩の片平を庇い、深高組若頭の深高是伸ともみ合っている最中に是伸の持っていた銃の暴発で殺してしまいます。氷上には重い心臓病を患っている姪がいて、海外で手術を受けなければ命が危ない状態なのですが、その費用を捻出することが出来ません。そんな氷上の前に、是伸を唯一の肉親と思い慕っていた異母弟のアレクセイが現れ、その費用を出す代わりに「あなたの体、あなたのプライド、あなたの人生。―あなたのすべてを」買う、と持ちかけられます。
氷上は警察を辞め、姉も含めたすべてと連絡を絶ってアレクセイの性奴となります。乳首ピアス、アレクセイや彼のボディガードの前での自慰、後ろの開発、射精管理、尿道攻め等々、結構えげつない『調教』をされ、セックスはいわゆる攻めですが『道具として使われる』様な状態。
しかし、後継者として最有力だった是伸を失った深高組の跡目争いの中で、アレクセイを守ろうという気持ちが、氷上の中に生まれて来ます。それが何故なのか解らないまま、ロシアンマフィアとの繋がりを求める他の組も介入してきて、抗争は激化して行くのですが……

『調教』シーンはありますが、SMではない様な気がします。「氷上って弱さを抱える人を守りたいって思う人なんだなぁ」と思うんですね。あまり良い表現ではないですが『男』なのです。それも古いタイプの。
この氷上と、強く賢く美しい、それなのに是伸に固執せざるを得ない悲しさ、弱さを持ったアレクセイの人物造形が秀逸で、この荒唐無稽なメロドラマ(実にそう思うのよ)に説得力を持たせていると思います。あり得ない設定をすんなり飲み込ませて、もの悲しい余韻を残す、読みごたえのあるお話でした。

余談
氷上がすべてを捨てる決意を確固たるものにしたんじゃないかというエロエロエピソードが、後半部分にあります。正確にはネトラレではないのですけれども、ネトラレ好きの私にもかなり、来ました。同好の士にお勧めしたい!
片平、グッジョブ!

1

アレク(銀髪)が受 ←要注意!

唯一慕っていた異母兄を氷上に殺されたアレク。
姪の手術費を必要としていた氷上は刑事を辞め、アレクに買われます。
復讐の為にすぐ殺されるものと思っていたのに、アレクは氷上の身体を弄び・・・

金で買われて、性奴隷のように抱かれて・・・というお話だと思って購入したので、驚きました。驚きましたけど、嬉しい誤算でした!
氷上はアレクによって、首輪代わりに乳首ピアス付けられるし、ローターやバイブによって後ろ開発されるし、尿道にも針入れられるし、ヤられる準備が進んでいくのですが、最後の最後でアレクが訊ねます。ヤりたいか、ヤられたいか、と。
ここまでされても男前な氷上はヤりたいと答え、氷上×アレク、となるわけです。
金で買われたほうが攻っていうのは珍しくないですか?私は初読みだと思います。

アレクに翻弄される氷上ですが、買われた時にプライドは捨て、復讐にとことん付き合うつもりでいるようで、開き直りのような悟っているような、懐の広さが魅力的です。
アレクも氷上も多弁に語るキャラクターではないので、読んでいて葛藤や迷いがあまり伝わってこないのが、少し物足りなくはあります。が、刑事や極道が出てくる作品の割には、さらりと読みやすかったと思います。

私が読んでいて一番気になったのは、アレクのボディーガードです。特に柚木!
氷上とアレクの為にこっそり動いてくれたりするいい奴でし。傍から見ていると二人のことがよく分かるのでしょう。「情が移る」という彼の言葉が、氷上とアレクの関係を表すのに一番しっくりきました。
冗談っぽく言ってるけど、氷上の裸を見てたり、アレクによる調教を手伝ったり・・・柚木、どんな顔して何を思っていたのでしょうか(笑)気になります!!
柚木の過去も明かされそうで明かされませんでしたし、氷上とアレクの今後も気になるし、続編を出していただけるなら是非読みたいです。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ