リンクス【BLCD】

links

リンクス
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神98
  • 萌×210
  • 萌4
  • 中立2
  • しゅみじゃない9

83

レビュー数
10
得点
544
評価数
123
平均
4.5 / 5
神率
79.7%
著者
媒体
BLCD
音楽
山中紀昌
脚本
沙藤いつき
オリジナル媒体
コミック
CD発売会社
ムービック(CD)
収録時間
140 分
枚数
2 枚
ふろく
フリートーク
別ディスクであり
発売日
JANコード
4961524834198

あらすじ

あの時繋ぎとめた言葉に、どれほど俺が救われたか――。
好き、大事にしたい――はずなのに上手く伝えられない4組の“なりそこないの”恋人達が“リンク”する物語。

1組目「新発田&関屋」。
超絶フレンドリーおっさん・新発田に言い寄られ続けるコミュ障ラジオDJ・関屋は、自分の中のモヤモヤを、その美声をもってもうまく言葉にできない。

2組目「秋葉&弥彦」。
ある事情から、何事にもメゲずに愛してくれるセックスの相手・弥彦を「恋人」とは呼べないまま、カフェオーナー・秋葉は思い出のピアノを弾く。

3組目「亀田&荻川」。
捨て猫が縁で親しくなった亀田と荻川。飲んで食って猫を愛でて……居心地のいい日常を「恋愛」にしないまま、ゆったりと日々を過ごす。

4組目「佐渡&中条」。
口ゲンカばかりだけど恋人として過不足なく見える佐渡と中条――しかし中条は佐渡を「手に入らないもの」だと諦め、嫌おうとしながらそばにいる。

完全で幸福な恋人になるまでを描くドラマチック・オムニバスが遂に2枚組でドラマCD化!

表題作 リンクス

関谷真人 → 前野智昭

新発田 諒 → 村田太志

燕 弥彦 → 羽多野渉

新津秋葉 → 野島裕史

亀田 葵 → 古川慎

荻川佑成 → 花江夏樹

佐渡隆晃 → 新垣樽助

中条 忍 → 斉藤壮馬

その他キャラ
佐渡の兄[田丸篤志]

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数10

何度も鳥肌立ちました!!!

おああああもうありがとうございます……!!!
大好きな作品が豪華キャストで拝聴出来る幸せ!!

実はBLCDを聴かせていただくのは
ものすごく久しぶりだったんですが
やっぱり…いいですね……。
BGM、作品の雰囲気、SE、声優さんの演技、脚本等
本当に全部が一体となってるんだなぁって
今更ながら感じられたし
最初から雰囲気を醸し出してくれてて期待度高まりました!!

第1話 「雪解けに、ナイフのような声で」
新発田さん役の村田さんが、設定ほどおっさんぽくはないですけど
(そもそもキャラも全然おっさんぽくないし)
これこれこういう感じ!!のはっちゃけた新発田さんで
憎めない可愛さがありました!!
関屋くん役の前野さんはもうホラ、安定のクール攻めです!!
原作にない、告白の後のベッドシーンが
声!!声ぇええええええ!!!と
新発田さんのようにドキドキしましたよ!!

第2話 「桜蕊降る、残響の海」
冒頭の中条さん役の斉藤さんの爆笑と
恥ずかしいけど嬉し過ぎて戸惑っているような村田さんの小声が
可愛かった……と思ったら
秋葉役の野島兄さんのお声で一変!!!
温度差にぞくぞくきちゃいました!!!
…そんで改めてキャスト見ると
鉄板じゃないスか!!!羽多野さん×野島兄さんてえええ!!??
やっべ、もうやっべ、本音をみせてくれない秋葉の冷静さが
色っぽいですうう野島兄さん!!!
羽多野さんの年下ワンコ攻めってなんでこう…なんなの……。
冗談めかしてからの「いいじゃん」って切ない声が…!!
やっぱり私の中でBest of 年下ワンコ攻めです!!!
更に隆晃役の新垣さん低い!!!イメージ以上の佐渡隆晃!!!!!
ひいいいいいい!!!!!

第3話 「五月、未明の序章」
また第2話からの雰囲気とガラッと変わってコメディ!楽しい…
亀田役の古川さんイケボぉ……。
荻川さん役の花江さんキュートぉ……。
お縄のポーズの時の「ずいずいずっころばし」www
こんな単語を古川さんが言ってくれるなんてww
微笑ましいお話ながらも
古川さんのモノローグが非常に心地よいです!!!

第4話 「蓮星αより、栗の花落つ」
佐渡さんと中条さんが付き合ってるのを知った新発田さん、
いやいやもう再現度高過ぎてかっわいいな!!??
こんなテンションMAXからの
事情アリアリの佐渡×中条序章編、あーもう……。

第5話 「再生の冬、夜明けのバラッド」
なんですかね、新垣さんのお声ってなんでこんなに惹かれるんでしょうね。
セリフの一言一言に余韻が残る感じがします。
佐渡の兄役の田丸さんが飄々としていました。
(ただ、カリスマカリスマ言われるのは
なんとなくこっちが妙に照れたww)

Disc2はTrack4「a finale」めっちゃ好き!!!!
佐渡×中条ケンカ→仲直りHが!!
脚本増量ありがとうございます!!!
ケンカ中の斉藤さんの叫び声が気持ち入ってて良いです!!
新垣さんの「言葉にすると安くなるもん!」が可愛くて
ケンカなのにね!?いつまでも聴いてたいね!!??
からの!ようやく弥彦×秋葉の合鍵で
幸せのもらい泣きいただきました……ぶわっとクる……。
勿論関屋くん×新発田さん、亀田×荻川さんもハッピーだよ!!ww

Track4の最後はもう、
美しい旋律と新垣さんのモノローグに震えるしかないのです…。


Track5のおまけはコミックス巻末に収録されている4コマなんですが
関屋くんと新発田さんがパーソナリティ仕立てで進んでて
楽しすぎるものがますます面白い!!!
ヤメテもう大好きです……!!!!
コミックスについてたペーパーも音声化って凄いな!?
亀田×荻川さんの顔の手当て後の
荻川攻めなのかそうなのか~!?の!!!
ここの花江さんは相当な聴きどころなんじゃないかと!!
関屋くんの酒ヤケの分もだなんてサービスいいなぁ!!

やはり登場人物も多いですし
原作を是非ご一緒に、とおススメさせていただきますW

ひたすら長くてすみませんが
まだまだ言いたい事あるんですよ……苦しい!!
でもとにかく大好きな作品が
大好きなBLCDになってくれた!!!で〆させて下さい!!!!!

24

最高の一作

まるで映画を一本見た後のような満足度に圧倒されました...!

オリジナルシナリオの追加で作品としての完成度が更に上がっている、という意味でもドラマCD化されて本当に良かったと思います。

登場人物が多いのに、凝った台詞や丁寧な芝居によって一人一人の感情や思考が細かく表現され、それぞれちゃんと繋がっていて、魅力が引き出されています。

★関屋×新発田
村田さんのメイン役を初めて聞きましたが、愛すべきお馬鹿さんでウザかわいい演技がとても上手かったです。
前野さんのかっこいい低音が関屋くんの美声持ち設定に説得力を持たせています。
加筆部分に二人の初夜とピロートークが追加されていて、初々しい可愛さにキュンとしました!
前野さんのクール攻め、やっぱりいいですね。

★弥彦×秋葉
この作品で唯一のベテラン同士コンビ羽多野さん×野島兄さん、さすがの安定感!
野島さんは影のある色気を持ってる秋葉にぴったりでした。
羽多野さんの弥彦は登場人物の中で一番若い設定だけど違和感が無くて野島さんとのバランスも良い感じです。
この話から回想の中で登場する佐渡兄役の田丸さんもなかなか素敵な演技...多分今まで聴いてきた田丸さんの演技の中で一番魅力的でした。

★亀田×荻川
ただひたすらかわいいネコカップルに、自然に可愛さを出せる若手の古川くんと花江くんを起用したのはGJでした!
コメディタッチでほのぼのな二人の話はこの作品の究極な癒し(荻川の本性は結局露になりましたが)w
どっちが攻めなのか不明なまま終わったけど個人的にどっちに転んでも美味しいです!

★佐渡×中条
新垣さんのセクシー低音と高めな青年声が聴けて二度美味しい...!時にヘタレになる佐渡の愛しさがたまらないです!
斉藤くんの忍は艶かしく儚くて、どんな荒い言葉遣いでも品の良さが滲み出てくる斉藤壮馬マジック。
忍が泣きながら感情をぶつける演技が秀逸すぎて、原作を読んだ時の想像を遥かに上回りました。
二人の芝居の呼吸がピッタリ合っていて、キスシーンの時点で既にエロい!そしてベッドシーンの破壊力...
忍が初めて抱かれた時や、お互いの気持ちを確かめる前と後で感度が全然違うのがちゃんと伝わる斉藤くんの演技、お若いのに凄い...と戦慄しました。
シナリオ増量が一番多いメインカップルなので聴き応え抜群。二人の葛藤や心理が緻密に描かれていて、声優さんの迫真の演技が光ってました。

全体的にどのカップルの話も優しくて暖かくて、心が洗われました。

聴き終わった後も暫く余韻に浸るような作品です。

そしてドビュッシーの『月の光』を聴きたくなってきました♪

14

聞かなきゃ損です

元々原作のファンで、CD化を心待ちにしていましたが、想像以上の出来だと思います。おしゃれなBLとはまさにこのこと。キャスト陣が豪華であることはもちろんですが、みなさんの呼吸がぴったりです。タイトルコールから涙ぐんでしまった。本当に素晴らしいです。
特筆すべきはあまりに上手いBGMの使い方。ドビュッシーの月の光からぐんぐんと物語に引き込まれます。SEも大きすぎず小さすぎず。
4組のカップルそれぞれが独立してストーリーを持っているのに、世界が少しずつかぶっていて、大きな輪へとリンクする。迷っている方にはぜひ聞いていただきたいです。聞かなきゃ損です。
個人的には斎藤さんの忍と、花江さんの荻川が可愛くて可愛くて頭を抱えました。

6

素晴らしい作品に出会えた!

原作未読です。
評判がよかったので聴いてみようかなーと軽い気持ちで聴いてみたのですが…
最初のタイトルコールで背筋がゾワっとする感覚に襲われました。
こんなステキなタイトルコール聴いたことありません。これを聴いただけで、丁寧に作られた作品なんだなぁと嬉しくなりました。

登場人物がいっぱいでてくるので最初は置いていかれないように一生懸命頭を働かせつつ面白いなぁと思いながら聴いていたのですが、秋葉と兄の話を皮切りに最後の佐渡と忍の話がメインになったところで物語の中にさらにぐいっと引っ張りこまれました。
声優さんに疎い私は失礼ながら斉藤さんのことを存じ上げていなかったので、最初は聴きなれない低音の新垣さんの声に酔いしれながら聴き入っていたのですが、だんだんと斉藤さんの演技に感動している私がいました。

「いくら払ったら俺以外抱かなくなるんだよ!言えよ!」
このセリフが素晴らしすぎてしばらく放心状態…。
忍の気持ちが私の心に刺さるような、そんな感覚になる演技でした。
今までたくさんの駄作も秀作も聴いてきましたが、こんな風になったのは初めてです。
新垣さんと斉藤さんの演技が聴きたくて、何度も何度もリピートしては毎回感動しています。

新垣×斉藤ペアを大絶賛しすぎてますが(というより、この2人の話しかしてない)、他のみなさんも素晴らしくてCDの出来としては最高峰ではないかと思います。
野島兄の声が私の大好きなトーンだったので聴いてるだけでうっとりでしたし、佐渡兄役の田丸さんもカリスマ(?)な感じが出ていてとても好きでした。
古川さんも飄々としていて楽しかったし、何を言っても褒めることしかできません(笑)

内容のことをちょっとだけ…。
他の方も言われていましたが、ピアノコンクールで優勝するのはどんなに天才であってもどこぞの先生に習って、かなりの練習量をこなさないと絶対に無理です。
なので、ネグレクトだった家庭で独学でコンクール優勝というのはいささか難しいかと…。
そこだけが気になってしまったのですが、声優の方々の演技と演出にカバーされて聴いてよかったと心から思える作品だったと思います。

これからもこういうCDが増えるといいなぁ。

6

大人な恋愛を聴きたい方に。

原作の大ファンなので、正直、CDはイメージが壊れるんじゃないかと不安でした。
だけどなにより、登場人物の彼らに声が与えられたことに感動し、
本当にどこかで彼らが生きているように感じられて、
聴いているうちに涙がこぼれてきました。

本当にありがとうございます、ありがとうございます、という気持ちで聴いていたのですが、
本編にはなかったエチシーンが急展開すぎて、それだけちょっと残念です。
これは本編が終わったあとに、おまけとして追加したほうが良かったんじゃやないかな~。

3

素敵

もともと、斉藤壮馬さんが好きで聞いてみようと思い、聞いたものだったのですがとても素晴らしかったです。登場人物それぞれに繋がりがあって、ストーリーも素敵でとても聞きやすかったです。

1

泣けて仕方ありませんでした

佐渡兄の喪失感の半端なさからくる余韻にわたしは数日間やられてしまいました。

1

原作片手に聞くのがお勧め

まず最初のタイトルコールから美しいです。ここからもう聞きどころです。ぜひ注目して聞いてください。声優さんが声を当てるドラマCDであるということがすごく活かされていると思います。
リンクスは、オムニバス形式の作品です。それぞれの話が独立しているようで登場人物同士がたくさんの関係性を持っています。それを声だけで追うのは難しいかもしれないので、原作を一読して漫画を片手に聞くとわかりやすいと思うのでお勧めします

1

ドラマCDを聴き慣れている人なら、CDのほうがキャラや話は把握できると思う。

連作オムニバスで4CP8人(9人)が出てきて、人間関係が入り組み、キャラの描き分けも曖昧なので読みながら何度もページを戻る。
おしゃんでおセンチな雰囲気漫画、しかも絡みがない。
それを2枚組でCD化してどうするの?と思っていたが…

前野田村組と、メインの新垣壮馬組に絡みが足されている。
声が付くことでキャラの聴き分けができて、この点はCDのほうがわかりやすかった。 

■前野村田組→

オッサンのわりに村田さんの声が高くて行動様式も相まって乙女。
演技はキャラに合っているけど、色っぽいシーンで声が上がり更にキャンキャン言うのはさすがにうるさい…。

前野さんは独特の強張りが抜けて、上手になった?!
日常シーン、ラジオDJ、濡れ場のメリハリも完璧。 

■羽多野野島兄組→

鬱蒼とした野島兄の声でグッと締まる空気。
事後、ベッドの中で声を落として話す二人の距離感や表情が目に浮かぶ。
ベテランは違う…。

■古川花江組→

古川さんは初めて聴く。
一本調子のキャラ?なのでこれでは実力のほどはわからない…。

花江くんは可愛くコミカルな役どころ。

特筆すべきことはない。

■新垣壮馬組→

ギャーギャー言う新発田(村田)さんがうるせえよ…。

新垣さんが聴いたことのないトーン。
壮馬くんも乱暴な喋り方。
そして初対決。

回想シーンで秋葉の弾くベートーベンの月光を「メンヘラ女の貧乏揺すり」という佐渡兄…!
その兄が死んだシーンのモノローグに兄が弾いている設定のピアノをBGMとして被せている音量が中途半端。
生演奏には聴こえず、出だしは構わないが途中から音量を下げないと…せっかくの演技が堪能できない。
こういうところは大切に…。

新垣さんの響くバリトンで訥々と語られる不遇なモノローグ、
美人声で狂暴な兄(田丸さん)との対比…
新垣さんは少年声もジブリ的で自然ですね。
兄のやさしさ…
壮馬くんはいつもの儚さに加えて厭世的…。
耳で聴いて、こんなにも鮮やかな話やキャラだったのかとハッとした。

怒鳴る壮馬くん、凄くイイわ…。
「付き合いのセックスって何だよ!!いくら払ったら俺以外抱かなくなるんだよ言えよ!!」
直前の静かに泣く演技から、これ。
思わずリピート。

この後の壮馬くんも可愛くて可愛くて…。
すぐ場面転換してしまうのが悲しいほど。

仕切り直して、殴り合い罵り合い→再プロポーズ→煽り愛おせっせ❤
唯一のちゃんとした絡み?
このCPは一応この前に回想を含めて2回短い絡みがあるけど、何をしているかはわからない。
この3回目も短いが…。

■おまけ→

ラジオ番組風。

壮馬「俺はフェ○嫌いじゃないでーす❤」
花江くんはえっちな空気を出すのが上手!攻めも聴きたい!

■総括→

ドラマCDを聴き慣れている人なら、原作よりCDのほうがキャラや話は把握できると思う。
原作の雰囲気は大切にされている。

原作既読でメインCPの新垣壮馬組(特に新垣ファン)なら満足度は見出だせると思う。

■特典CD→

CPごとのフリト。後輩に可愛がられることを浪川イズムと言うのかw
弊社の後輩に厳しい前野さん…なにそれ…キュン死案件…。

新垣壮馬組は…自分がイイと思ったシーンを二人も楽しく演じたという話だったので感無量。
鼻歌はドビュッシーの月の光だったの!?どこを拾うか?という話をしているけど、新垣さんのほうはあの拾い方だとショパンの夜想曲かと思った。

オシャレを連呼していた羽多野野島兄組を筆頭に、演者が原作を好きだと思っているのがよくわかるので、フリトを最後まで聴き終わる頃にはこちらも原作が好きになっていて、また読みたいと思わせる不思議な力を宿したCDでした。

これはアリだ…。
一番の聴きどころは、スタジオが狭いのに新垣壮馬のあの怒鳴り愛…!

4

ピアノの音色で鳥肌( ;∀;)

BLCDで初めて鳥肌が立ちました。原作も主に亡くなった佐渡のお兄ちゃんを中心にリンクする人間模様恋模様を描いたとても感動的な作品なんですが、音楽が入ることで感動倍増しって感じでした!美しく奏でられるピアノの音色が隆晃や秋葉の記憶に残る佐渡兄が弾いていたものなのかと思うとジーンとなりました。一番感動したのは、終盤隆晃が繰り返し見ていたコンサートに出席する夢が実は兄のピアノコンサートだったというくだり。音楽が入るとホントに心がギュッとなって鳥肌が立ちました(泣)

秋葉と佐渡兄が高校時代一緒にピアノを弾くシーンも良かったです。あと、クリスマスの交換音も入っていて、より「恋人たちの季節」感が出ているのも良かったなって思います。関屋くんもラジオDJなので、ラジオのシーンもCDの方が雰囲気がつかみやすくて良かったです!!結構キャラの相関関係が入り組んでるのでCDだと分かりにくいかなと思ったんですが、聞き終わった今はこんなにCD向きなコミックは珍しいと思うぐらいです。

でも!本は手元にあった方がやっぱり分かりやすいです。原作でキャラの区別がつきずらいと思われた方もいると思いますが、個人的にはその問題はCDでもあまり解決されてないかなと思います(;^_^A まぁ、何度か読む・聞くすればいいだけなんですけどね。なんか聞いててすごい癒されるCDでした。耳に優しい感じ♡

4

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

CD

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ