片想いをしている、7つ下の弟に――。

彼と嘘と弟と

kare to uso to otouto to

彼と嘘と弟と
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神4
  • 萌×212
  • 萌5
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
4
得点
83
評価数
21
平均
4 / 5
神率
19%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
フロンティアワークス
レーベル
Dariaコミックス
発売日
価格
¥648(税抜)  ¥700(税込)
ISBN
9784861348921

あらすじ

片想いしている、7つ下の弟にーーー。
ゲイの兄と、兄に執着する弟。ふたりの間にあるのは、越えてはいけないボーダーライン。

人には言えない恋をしている……
会社員の律は、7つ年下の弟・連に長い間片想いをしている。
連に似ている男と寝ることで、兄弟以上の劣情を誤魔化す律だったが、実家を出た連と同居することに。
兄という立場を捨てたい律。
反対に、血の繋がりに執着し、律を独占したがる連。
いびつな兄弟の時間は恋心を抑えきれないほど大きくしてしまう。
そんな中、律は初恋の相手の奥井と再会しーー…⁉︎

弟を好きなゲイの兄
兄に執着する弟
兄弟の境は次第に崩れーー…

表題作彼と嘘と弟と

鳥飼 連 (異父弟)/大学生
鳥飼 律(異父兄)/サラリーマン

その他の収録作品

  • 彼とホントとりっちゃんと
  • あとがき
  • カバー下/マンガ

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数4

茨にだって花は咲くんだ…

切なかったです。
私は基本「近親」ものって苦手ジャンルなのですが、こちらはスッと入り込めました。
というのは多分、肉親なのに葛藤もなくあっけらかんと好き好きエロエロ、という話ではなくて、兄の律がしっかり苦しんでいる面が描かれていたからかも。
とはいえ、よく読むと色々と苦手ポイントが存在してます。
律が弟の連の身代わりに見ず知らずの男性を漁るようなまねを…とか。
連が母親の浮気の結果生まれた子供だ、とか。
連の方も、お兄さんとしてのりっちゃんが赤の他人に何かされてるのがイヤだ、という独占欲からの『俺が相手じゃダメ?』となるのが急だったような。
だって連からすれば律は完全な実の兄という認識で、それでも律とつながりたいという欲望なわけで、連の方が闇が深いかもね…
同僚OLが見つけたケーキ屋さんが律の初恋の人でありそして…というのも少々ご都合が匂う。
…という点はともかく、絵柄はすっきりして特に律は表情も豊かに描かれていると思います。悩む顔、何かを抑えている顔、寂しげな顔…全て「ものがたる顔」になっていたと思う。
連も考えてみれば可哀想な子供で、ずっと律を支えにして大きくなっていったんだなぁ。確かに「兄弟」の2人にはこれから次々茨展開が降りかかるのかも。でも茨にも咲く花を大切に隠してこれからも支え合って欲しいですね。

0

あっさりめの弟×兄もの

7歳はなれた兄弟の話です。サラリーマン兄が受けでゲイ、弟が大学生(のちに中退)で攻め。
上記の受け攻め情報や設定登録では義兄弟になってますが(血のつながりがテーマの作品なのになぜこういう間違いが…)、血のつながったガチ兄弟です。弟は母親の不倫の末に出来た子なので、異父兄弟になります。

父親がうすうす自分の子じゃないと気づいていたため、冷たく当たられていた弟は、小さい頃から唯一愛情を注いでくれた受けにべったりです。
そんな弟に片思いしている受けですが、弟はどう見ても自覚してないだけで受けを好きな感じ。なのに受けは弟の面影を求めて行きずりの男と関係を持つので、ちょっと独りよがりな印象に。

受けの初恋の相手は弟の実父なのですが、親子だけあって弟とそっくりです。受けは、初恋の相手に似ている弟を好きになって現在に至り、そのあと初恋の相手に再会したら弟に対する想いを紛らわせるためにその人とも関係を持とうとします。顔さえあれば誰でもいいのか、とちょっと思ってしまいました。

エッチシーンはなかなかリアルでよかった。白抜きがないのはいいですね。
あと攻めの実父がなかなかいいキャラクターでした。カバー下マンガには笑っちゃった。後ろの快感に目覚めたりして…。
評価は中立寄りです。

2

優しい嘘

ストーリーがしっかりしてて絵柄も見やすくて面白かった!
兄弟設定は好きな話、兄が受けだと大好物、できればそこに甘い雰囲気とちょっぴり切ない話が入ればなお good !そんな私の好みが詰まった1冊でした。
弟に長年嘘をついていたんだけど、相手を思いやっての、優しい嘘なんだから有りなんじゃないかな?弟はその嘘を心の支えにしていた部分もあるだろうし、お兄ちゃんに兄弟以上の感情を昔から少な必ず持っていたのかな?
その後の2人も見てみたいなー

5

お兄ちゃんの嘘

初読み作家さんです。
タイトルと7つ下の弟に片思いという帯に惹かれて購入しました。

異父兄弟で半分だけ繋がってる兄弟のお話です。
親からの愛情に飢えていた弟は優しい兄に執着し、
弟に恋をしてる兄は言えない気持ちを押し殺して弟から離れられずにいます。
愛情の意味そこ違えど、共依存のような関係にも見えるかな?
事実は見ないフリをして表面上とても仲のいい兄弟関係でしたが、弟の本当の父親と偶然出会った事で、幼い頃から変わらなかった2人の関係が動いていくお話でした。


弟を守るため、兄が真実と本音に蓋をして嘘をつき続けているのが切なかったです。
弟にとって理想の兄のままで居る重さに耐えかね、壊したい衝動に駆られながらも、行動には移さない。外で適当な相手と適当な場所でセックスして紛らわしてるのを「自傷行為」と感じてるのが痛い…(T ^ T)

そんで、兄にとって初恋の相手であり・弟の実父に再会し、ずっと1人で抱えてきた真実を話すことが出来た上に好きな男とソックリな顔で、ちょっとグラつくんですね。
勢いで関係持っちゃってドロドロした3角関係が始まるのかと思ったけど違った…。その辺は実父がマトモな考えで良かったです(ФωФ;)

この実父は頼りない部分もあるけれど、兄弟で愛し合ってることに気付いても見守り幸せを願ってくれる優しい人でした。
あ、でもカバー下見るとただの天然なのか!?w
回想シーンでは(1回きりの関係とはいえ)人妻子持ちと浮気するようなミステリアスなイケメンだったのにね…。
何にせよ、兄弟で恋人という秘密の関係を知ってる相手が身近に居るのは良いことだなぁとしみじみ(´ω`)

んで、出自で悩み多き(ハズ)の弟。子供のような純粋さは親に愛して欲しいと願い続けた故なのか…。(実父が天然っぽいから遺伝なのか…。)
家族の繫がり求め続け不安定な子供のようだったのに、真実をいきなり突きつけられた割に激しく荒れるような事はなかったのがモヤっとするかなぁ?
最初から最後まで何があってもずっと「りっちゃん大好き」しか言わない印象。あ、でもそれは今まで兄が愛情与え続けてたおかげなのか?うぬぬ。
年下ワンコっぽい可愛さは良かったですヾ(*´∀`*)ノ

兄が何度か「兄弟で愛し合うのは茨(の道)」と繰り返してたけど、作中ではあまり茨っぽさは感じなかったです。ゲイ云々の壁は薄くお互い最初から求めあってたし、身近に応援してくれる人はいるし、割と平和にオープンにしてるような。甘々好きなので個人的には満足ですが、葛藤や兄弟で愛し合う壁がお好きな方は物足りないかも…?

いろいろマイナス点をあげてしまいましたが、率直な感想としては面白かったです(﹡´◡`﹡ )絵が好みだったので他の作品も読んでみたいな〜。
評価は萌え×2寄りです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ