ろくでなしな恋はマジカルでティンクルに反省しやがれ

rokudenashinakoi wa magical de twinkle ni hanseshiyagare

ろくでなしな恋はマジカルでティンクルに反省しやがれ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神9
  • 萌×212
  • 萌17
  • 中立0
  • しゅみじゃない4

--

レビュー数
7
得点
144
評価数
42
平均
3.5 / 5
神率
21.4%
著者
meco 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス Qpaコレクション
発売日
価格
¥660(税抜)  
ISBN
9784801957138

あらすじ

カワイイ子に目がないチャラ男の誠司は、
その場限りの甘い嘘で愛を囁いて遊び歩くナンパな男。
〝運命〟なんて言葉を簡単に信じてしまう激重恋愛体質なイオ。
そんなふたりが出会ってしまった事が、悲劇のはじまりはじまり。
誠司の「可愛い」「大好き」が一夜限りの遊びだと知ったイオは――。

「呪ってやる…っ! ! 」

〝元にもどる〟方法は『真実の愛』! ! ! ! ! ?
誠司にかけられた呪いとは! ?イオの正体とは! ?

ちょっぴり不思議なテイストでおくる
マジカルでティンクルなラブパニック★

表題作ろくでなしな恋はマジカルでティンクルに反省しやがれ

誠司 浮気性の治らないチャラ男
イオ 激重恋愛体質

同時収録作品俺の瞳に恋してろ!

二宮 若手俳優
百瀬優弥 元・天才子役、現・天才俳優

レビュー投稿数7

ちょっぴり不思議なドタバタラブコメディ

表題作+短編が1作です。
この作者さんの絵が大好きなんです。もちろん内容も面白いのですが。このかわいらしい絵で、エロは濃厚というのもお気に入りでして…。( ´艸`) 
一応理由はあったりしますが、表題作の攻めがかなりの浮気性でヤリチン野郎なので、苦手な方は気を付けて下さい。

「ろくでなしな恋はマジカルでティンクルに反省しやがれ」
チャラ男でヤリチンの誠司(攻め)と、恋愛体質のイオ(受け)が出会って関係を持ちます。しかし、それが一晩限りの遊びだと分かると、イオに「呪ってやる…!」と言われ…という展開です。

攻めはナンパをしては一晩限りの関係を楽しむかなりのゲス。対して受けは恋愛体質+重いで、いつもクズ男と付き合ってはフラれの繰り返し。この二人のドタバタラブコメディです。かなり笑えますが、しっかり切ない部分もあり、読ませてくれるんですね。

とにかく攻めがゲスいのです。受けと初めて関係を持った時も、「ホテル代は割り勘ね」と言いながら受けを置き去りに。更に受けに「呪ってやる」と言われた事で、ハズレひいちゃった…なんて内心で思ってる。そんな訳で、傷付いた受けは攻めに呪いをかけます。呪いをかけちゃうくらいなので普通の人間では無いのですが、そこは一応ネタバレ無しで!! この呪いは、「真実の愛」を見つけないと解けないというもの。
こんな感じで、ちょっと不思議が入った話なんです。これを、攻めが浮気する→怒った受けが呪いをかける→仲直りしてイチャイチャ→受けが目を離すとまた浮気…とギャグ満載で繰り返し…。
かと思いきや、受けがこの繰り返しに深く傷付き、攻めのもとを去ってしまった事で二人の関係に変化が訪れます。

受けの傷付いた姿は姿は切ないのですが、受けに去られて慌てる攻めには正直ザマァって感じで。ここから更に攻めの過去なんかが語られて、あれ、深かった…となります。
そして、二人の心が通じ合う場面なんかは、ほのぼの&かわいくてキュンキュンくるのです。(*´ω`*)


受けと攻めもかなり個性的ですが、他の登場人物もかなり個性的です。受けの同僚はサバサバした面倒見のいいビアンで、当て馬になる上司?はゲイでNTR趣味。この二人のおかげで、シリアス展開でもしっかりギャグが入って重くなりすぎません!! あと、マツコ・デ○ックス似の妖精もかなりいい味出してました!

もう一つお薦めポイントが、エロが濃厚。雰囲気はかわいいのに、かなりエロいのです。なんといっても、アングルが素晴らしい…!(//∇//) エロかわいい受けを堪能出来ます!

「君の瞳に恋してろ!」
芸能界ものです。性格が悪いのに、それを演技で隠してる受けと、そんな受けの本性をたまたま知ってしまった腹黒攻めのラブコメディ。俳優同士です。本気で告白しても演技じゃないかと疑われてしまうのは俳優ならではじゃないでしょうか。サラッと楽しく読めました!

これは呪いの内容に関係してくるのでネタバレになっちゃいますが、地雷の方もおられると思うので書いて置きます。ネタバレが嫌な方はここから読まないで下さい。





表題作なのですが、絵面的にショタっぽいシーンが何回か出て来ます。ギャグ絵でそんなに生々しくはないし、本当のショタでは無いですが、苦手な方は気を付けて下さい。

1

可愛いラブコメ!

題名とあらすじからどんなお話なんだろうかとドキドキしていましたが、こちらの作品すごく萌えました!

表題作はヤリチンの浮気性の攻めと性の乱れを取り締まる妖精の受けのお話ですが、妖精といっても元々人間だったせいかほとんど人間と変わりないです。
色々あって二人がちゃんと両思いになってからも攻めは浮気を繰り返すのですがここで受けは攻めから離れていくんですよね。 それでようやく攻めは反省して浮気しなくなるわけですが一人では眠れない理由がちゃんと描かれていたのと攻めざまぁ展開が少しあったのがよかったです。
受けの同僚や上司など周りのキャラクターも魅力的でした!
それにしてもマツ○デラックスそっくりの妖精が受け本人だったのはビックリして吹き出しちゃいました。

同時収録作は芸能界ものでした!
ドラマで共演する事になった若手俳優×子役時代から活躍してる俳優のお話なんですが、恋を自覚してからの受けの可愛さにやられました!
普段仕事の時は猫を被って理想的な自分を演じていたのに偶然攻めに本性を知られた事をきっかけにありのまま付き合えるようになります。

告白しても演技だと思われ信じてもらえなくて切なくなりました〜。
自分だけにあんな可愛い姿を見せてくれるなんて攻めが絆されるのも納得の可愛さです。
書き下ろしで床ドンされてドキドキしてる受けも可愛かったです。
最初から最後まで楽しく読めました!

0

どう見てもキレイな○ツコです

浮気性攻め×重い受けでエロ度高め
攻めには取ってつけたような過去のトラウマがあるんですけどね

ロン毛イケメン神様に威厳なさすぎw
途中まで「惚れっぽいのになんで神様とくっつかないの?」と思ってたんですが
NTR好きか、それはないよなー
それさえなければどう考えても神様()がいいよね

ショタが三頭身のギャグショタなのが惜しい 
美少年だったらおいしかったのに
合体してる最中にショタ化が解けて引き抜かれるのはエロかったです

同時収録『俺の瞳に恋してろ!』
性悪?ペアの話
大人汚いとか言いながら大先輩に暴言吐いてつきまとう攻めが夢見がちな中二みたいで気持ち悪かったです
職場で礼儀正しくしないのとはまた違うんじゃないかな?

2

真実の愛を求めるファンタジックラブコメディ

表題作はファンタジー。
行きずりの男に誘われて一夜を共に過ごし、「運命の相手だ」「好きだよ」と言われて真に受けていたのに攻めにはまったくそんなつもりはなかった、と知り「呪ってやる!」と捨てゼリフを残した受け。
その呪いは、攻めが別の相手とセックスしようとしたら子供になってしまう、というものだった…というファンタジーです。


受けは男同士の性の乱れを監視する役目を担っている妖精、という設定。攻めに呪いをかけたことで自分自身も神様に罰せられ、外見がマツコ○ラックスになってしまっています。
このキャラがモロでマ○コ(ここで伏せると微妙ですね…)で、外見やしゃべり口調、「デラックス」という表現などまんまなので、これ大丈夫なのかな…とちょっと心配になったりしました。

共に呪いがかかった状態がとてもおかしい。マ○コ状態の受けもだけど、ゲイボーイとコトに及ぼうとしては小さい子供になっちゃう攻めが笑えました。ランドセル背負ってるオマケカットがあったので見た目設定は小学一年生くらいかな…その小さい子が、ゲイボーイの股間でヘコヘコ腰を振ってるのが切ないやら笑えるやら。小さいバージョンの攻めがギャグ絵だったのは残念ですが、これがリアルな美少年カットだったら大人の事情的にアウトなんでしょうね。

コメディ部分は良かったんですが、いざ結ばれるところの展開にはあまり萌えられず残念でした。攻めの浮気性は幼い頃のトラウマ的なもの…という設定も萌えず、受けの「他の男ではダメ、攻めじゃなきゃいけない」という説得力にもやや欠けた印象がありました。どう考えてもこの攻めはアカンでしょ…と思ってしまった。
脇キャラの神様とかはおかしくて好きでした。こんなんが神様って…威厳がなさすぎる。


もう1作別のお話が入っていました。こちらは芸能界が舞台の、俳優同士のカプ。
演技をしていない人が好き、演技をしている人は信用できない、という攻めなのに、偶然本性を知ったからと言って執着するようになるのがちょっと疑問でした。普段演技…というか猫をかぶっているのには変わりないのになぁ、と思っちゃった。

2

スナック感覚のゆるふわBLラブコメでした。

浮気症の顔だけイケメン×性を取り締まる妖精(束縛が強く愛が重い)のちょっとファンタジーなラブコメでした。
ファンタジーですが作中では深くは言及されてもいないので本格的なファンタジーてわけでもないですが、ギャグとして楽しめればまあいっかって感じです。

絵も可愛く、ちみっとなった攻めもとても可愛いです。

冒頭部分で受けがデラックス(意味深)になってて、本当ぶっ飛んだギャグ漫画なんですが、攻めの過去話で少ししんみりするし、攻めが浮気性な理由だとかもしっかりしていたので、意外にも内容は一応ある漫画でした。

受けのイオくんも可愛くて、神様も良いキャラで、受けの女友達の子も良かったです。キャラクターが気に入りました。
何も考えたくない頭を空っぽにして、さらっと楽しむBL漫画ですね。良くも悪くも。

1

キラキラ〜☆

BLコミックスを選ぶ時、どうも綺麗な絵柄より、こう、何か引っかかるような個性的な絵柄ばかりに惹かれる。きらっきらな絵で男同士えげつないことをされてしまうと、脳内のどこかで、いや~っ!やめてくれい~!ってなる。なぜだろう…。いやでもそれはむちゃくちゃ損してる。可愛い系もキレイ系も好きだし、これからも積極的に「美BL」、どんどん読もう!…って思った、meco先生の作品。絵が麗しいです。

表題作は、浮気な攻め・誠司と一途な受け・イオのファンタジーコメディ。でも、ただのドタバタだけじゃなくて、人物の背後に隠されたドラマがちゃんと描かれています。おしおきされた誠司がちみっこキャラになるところとかも可愛いし、それでも好きだから受け入れたら元のサイズに戻るとかイオの愛を感じるし。致すシーンもエロいし、てぃくびも…。絵がきれいだからじっくり観察しちゃいましてね。。神様でスピンオフ、読んでみたいかも。

同時収録作は、元天才子役・百瀬と、そのゲスい本性を知ってしまった後輩俳優・二宮のお話。百瀬の弱みを握った二宮が、特殊な業界で育ったため、ちょっと歪んでしまった百瀬の中に見出したピュアさに捕まっちゃうんですね。お仕事として演じるだけでなく、普段の自分も必死に演じてきた百瀬がいじらしいです。

単純に楽しめる作品なので、個人的にはあとを引くとか、何度も読み返したいっていうところまでにはもう一声。表題作の導入で、イオが人間側なのか妖精側なのか少々わかりにくくて、世界観が掴みにくかったのが玉にキズだったけれど、もちろん些細なことなので、適度にエッチで笑えるものが読みたい時に丁度いいんじゃないかな。

0

浮気せざるを得ない、とは

「浮気は男の本能だ!」とか正当化する面々もいますが。
人間には理性があるので、本能だけで動いてしまう人間はもはや人間ではないわけで。
こんにちは、私設倫理警察庁長官です。

というわけで、浮気者は苦手なのですが、苦手の先に何があるかと言うと…。
とてつもない切なさがあるのです。
苦手なパターンが苦手であればあるほど、そこから得られる切なさや胸の痛み、うっかりと目頭を熱くする涙なんていうものが倍増するんですね。

前に読んだときに「もう読むことはあるまい」と思いながらも手放さずにいたこちら。
「可愛い。好き。運命。」の3連続技でころっと落ちてしまったイオと、浮気ばかりしている誠司の話です。
誠実じゃないのに「誠司」。この皮肉。こういう小技、嫌いじゃないです。
一回寝るためなら、どんな甘い言葉でも囁く。でも寝たらおしまい。
そんな関係ばかりでまともな恋愛をして来なかった誠司が、「真実の愛」を見つけないと解けないイオの呪いにかかるわけですが、なぜかマ○コデ○ックスばりのオネエまで家に居座っていて…、というドタバタ展開です。

誠司が本当に酷いので、途中で涙が出ます。滲む程度ですが。
これは悔し涙だと今回気付きました。
こんなに想いが通じない相手に尽くすあほらしさに泣けます。

後半で誠司が浮気せざるを得なくなった過去が明かされるのですが、うーん…。同情はできないんですよね。
過去はたしかにつらいものだったけれど、だからと言って希薄な人間関係しか築こうとしてないじゃないですか、本人が。
ひとりきりの夜がトラウマで、たったひとりと向き合うやり方を知らないとか理由にならんぞ、と。
ただそういう事情を話せる相手にも出会えなかったわけで。そこまで深く向き合ってくれるひとに巡り会えなかったのは、そういう接し方しかして来なかったからなんですよね。自業自得かと。

そんなこんなでイオは絆されてしまいますけど、絆されないと話が綺麗に終わらないのだけど、どうなのかなあという微妙な気持ちになる作品です。

同時収録は裏表の差が激しい天才子役→天才俳優と、裏の顔を知ってしまった俳優。
オオカミ少年に通ずるような展開です。

倫理警察の方には積極的にはおすすめしません。
それでも「どんな理由でもいいから、強制的に泣きたい!」というときに、じわりくらいで良ければ。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う