すこしあとのおはなし

sukoshiato no ohanashi

すこしあとのおはなし
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×23
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
12
評価数
3
平均
4 / 5
神率
0%
著者
鮎川ハル 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
サークル
ジョナリズム<サークル>
ジャンル
オリジナル
発売日
価格
ISBN

あらすじ

商業コミックス『赤松とクロ』番外編です。
本編から少し経ったお話。
赤松が出張から帰ってきて久しぶりに会って…

表題作すこしあとのおはなし

赤松静,新卒リーマン1年生,恋人
黒川(クロ),大学院生1年

レビュー投稿数1

赤松に見る「男の甲斐性」

発行から4年も経ってますが、『赤松とクロ』大好きでこの同人誌もやっと手に入れたので、レビューが一件もないことに???となりつつレビュー一番乗りの感慨に浸っております。

さて、タイトルどおり赤松は社会人として、クロは大学院生として数ヶ月後のストーリー。

出張から戻ったその足でクロの研究室を訪ねちゃう赤松のどストレートな溢れるクロ愛にキュンキュンする一方、その「思い立ったら即!」な赤松の行動力にドギマギしながらも安定のツンデレっぷりと、離ればなれだった日々を細かく数えてしまう重たさが相変わらずのクロにムズムズさせられます。

嬉しいくせに拗ねたり怒ったり素直に自分の気持ちを言葉にできない口下手なクロ。

そんなクロをいじったりおちょくったりしつつもおおらかに受け止める赤松がなんというか男前なんですよね…。

昔観た『愛のコリーダ』の阿部定の愛人を演じた藤竜也(役名は忘れた)を思い出しました。女のわがままを笑顔で受けとめることこそが男の甲斐性なんだとどこかの映画評論家がパンフに書いていたけど、赤松のおおらかさはそれと通じるものがある。ノンケながらクロの数少ない理解者であり、最愛の人。こんないい彼氏いないよ~!もうちょっと素直に気持ちを言葉にできたらいいのに!と読者は思ってしまいがちだけど、そんなところもまるっと愛してるのよね、赤松は。

そのへんのブレないキャラの魅力は、鮎川先生ならではだと改めて感じ入ります。

濡れ場少なめであっさりなのも、ストーリーを際立たせていてむしろエロく感じる。さすがです。

『それに名前をつけるなら』の師匠とさのちん同様、ずっとずっと末永く見守っていたいカップルです!

2

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

この作品は、18歳未満の方には不適切な表現内容が含まれています。 18歳未満の方のアクセスは固くお断りします。
あなたは18歳以上ですか?