オールナイトロング

all night long

オールナイトロング
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神17
  • 萌×218
  • 萌10
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
5
得点
187
評価数
45
平均
4.2 / 5
神率
37.8%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  ¥734(税込)
ISBN
9784758076180

あらすじ

「試させてもらえばいいんじゃない?」友人のそんな一言により、大学のイケメン・八木智広がゲイだと知った明石昇。自分がゲイなのかもしれないと悩んでいた明石は友人に言われるがまま八木に声をかける。すると突然怒り出した八木にキスをされて…!?!?!?出会い系の男と勘違いされたあげくに、なぜかセフレになることに…!?このイケメン(ネコ♂)なに考えてるかわからない…!!

表題作オールナイトロング

明石昇・大学生
八木智広・大学生

その他の収録作品

  • その後の二人
  • 明石家に遊びに来た八木

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数5

ムノさんのやさしさとフェティッシュ

商業BLをもっときちんと読んでみよう!と思わせてくれた大切な作品。

ふわっとした見た目ですが、見れば見るほど絵が上手く、キャラごとの服装の違いも実に見事に表現されています。違うかもしれませんが、ムノさんかなり靴好きではないでしょうか?
可愛らしい絵の中にフェティッシュな部分が潜んでいて、そこを見つけては喜んでました。靴以外にも、リュックサックやパーカーのフードなど、かなり細かく描写されていて、「この子はこのブランドの靴が好きで、こういうファッションならああいう雑誌を読みそうだな」とか、そういう妄想が広がるんですよね。

セフレから始まる恋愛模様というとエロな感じがしますが、本作のときめきは「誰かを好きになることの切なさ」の部分で、そこがシッカリと描かれてるのでキスだけでもドキドキできました。
ムノさんの作品のキモは全てこの「誰かを好きになることの切なさ」への描写だと思うのですが、本作が一番完成度が高いように思います。

いい人しか出てこなさすぎなのですが、私はこの幸せな世界観が好きでした。
主要登場人物が全員、人に対して誠実であろうとする姿に素直に感動できた作品です。
でも正直、ムノさんの絵でもうちょっとエロいの読みたいです。次回に期待!

1

幸せはぬくい気持ち

女の子と付き合ってきたけれど、この違和感は何だろう。ホモかなぁ?分からないから、ホモに聞いてみよう!試させてもらおう!レッツゴー!
よくありそうな出だしですが、攻めがガツガツしておらず、誘い受けに流されちゃう穏やかな優しい攻め様でした。
そして、とても心を大切にしているのが読んでいて分かり、
お話もとても穏やかで優しい空気が流れる様な心地よい雰囲気の作品でした。

上記の理由により、ゲイの八木に声をかける昇。
学校出は話しかけるな、二人のことは秘密。この約束を守ればセフレになってやるという八木。
Hが終われば帰らせられる本当にただのセフレ。そんなただのセフレでは寂しくて、心も繫がりたいと思い始める昇だが、体を求められると流されていつも通り。
ある日、八木がいつも一緒にいる友達がいる前で声をかけてしまい、八木は激怒する。
しかし、過去のトラウマがあるから友達の前で声をかけて欲しくなかった、と謝る八木に 話してくれた事が嬉しくて、またその事情が悲しくて八木を思って涙目になる昇。
それ以来、自分は好きだけど、八木からはセフレとしか思われていないことに、益々、体をつなげても虚しさが残るようになる。
そんな中、八木が一番秘密にしておきたかった事に気が付く昇。
確かめずにいられなくなり八木の元に走り、告白する昇。
悶々と悩む昇の元に訪れた八木は・・・。

おー!全然伏線に気が付きませんでした!!八木をよーく、よーく見ていた昇だからこそ気づけた秘密。
伏線の張り方が自然すぎて、昇と一緒のタイミングで気が付け、昇の気持ちにリンクできたのが何だか嬉しかったです!

八木のトラウマも、わざとらしい大きな事件が起きた等ではなく、とても有り得る出来事。それくらいがリアルで丁度良い。

そして、二人の気持ちが通じた夜、Hなしで、ただ一緒に眠る。この描写がとても良かったー!
Hなしで夜を過ごすと言うことは、体だけでなく、心も通じた証拠。
セフレではなく、恋人として。
結ばれて激しいorエッロイHしてハッピーエンドを迎える作品が多い中、こちらの作品は最後まで温かい、ぬくい気持ちを大切にしてくれました。

描き下ろしでその後の二人がみられましたが、ツンツンだった八木さんが、別人みたいに甘えたになる場面、最高でした!もっと見たいなぁ。
べたぁ~とする二人にきゅんきゅんして読み終わりました☆

4

優しいだけじゃない。

ムノ先生大好きです〜!一見ふわ〜っとしているようですけど、お話にめっちゃリアリティーがあります。先生のお話を読んでいて安心するのは、ゲイとノンケの境界線をきちっと明確にした上でお話を進めてくれるところ。

本作は全編、同じ大学に通う明石と八木のお話です。明石は女の子と付き合ってもピンとこなくって、自分はホモなんじゃないかと悩む。

そんなら同じ授業をとってる、ゲイと噂の八木に相談してみりゃいんじゃね?

友人の安直な助言は悪魔の囁きだった…

ゲイバレに観念した八木とのお試し関係に、当初、明石はためらっていたはずなのに。煮え切らず、爛れた日々に虚しさを覚え始めた頃、彼は八木の秘めた思いに気付いてしまう。

王道な展開だけれど、二人の心の動きがとても丁寧に扱われているんですよね。明石は早々に八木への好意を自覚してしまうのに、端からセフレと割り切っている八木は明石を弄ぶのに終始していて、その対比が徐々に切なさを生みます。さらに、まさかのライバル登場…?

明石も八木も野村も皆、優しい。それは彼らの心の強さとか弱さに裏打ちされた優しさなんです。優しさゆえに苦しんでしまったり、差し向けられた優しさが辛い仕打ちに感じたり。

そんなふうに思ったのは、やはりキャラ造形に拠るところが大きいのかな。明石はヘタレっぽいけど、彼は自身に対しても、自分が関わっていく人々に対しても誠実に向き合おうとしているし、八木は軽そうに見せかけて、でも本当は傷つきやすい面を頑張って隠してたりする意気地が健気で。そして野村は最も優しそうで、最もキケンな破壊力のある男。彼のお陰で物語は新たな局面を迎えるのですから。

八木と一緒に明石が自宅に向かう川沿いの遊歩道のシーンが印象的。…かーらーの、流れが素晴らしいです!

ままならない思いを「痛み」にではなく、前向きな一歩に向かって昇華させていく先生の爽やかな作風は、読み終えた後、晴れやかな気持ちにさせてくれます。

3

もらい泣きしてしまった…

ムノさんのコミックス、お久しぶりでとても嬉しいです!
帯で「ゲイのセックス、た、試させて!」なんて
なかなかド直球なお話なのかな??と思ったのですが
セフレから始まるラブストーリー、とても切なかったです!!

大学生の昇は、女の子と付き合ってもときめきを感じられず
もしかしたら自分はゲイなのかと悩み始めます。
同じ講義をとっていたイケメンの八木がゲイとの噂を知り
友人に促され声をかけてみたものの…。

八木が最初態度が悪い感じで面喰ったんですけど
イケメンだからって愛想がいいとは限りませんしねww
しかも、昇がお人好しだから
どんどんペースに巻き込まれてしまうのが可愛らしかったです!!
大学では声をかけるなと怒られ、冷たくされてしょげたり…。

恋を自覚したのに好きだと告げられず
体を重ねても苦しさに占領されてしまいそうになって
更には気づいてしまった八木の想いでダメ押し……。
恋って本当に楽しいだけじゃないけど
一喜一憂出来るのは他の誰でもなく八木だから!

思いの外、八木が潔くて
クライマックスシーンではもらい泣きしてしまいました。
八木の友人の野村がめっちゃいいヤツ…!!!
短髪で朗らかでいかにもどノンケ、勿体ない!!←

最初はセフレですが、エロが多いというわけではありませんし
一冊まるっとで心情の変化がたっぷり味わえると思います!

ジャケのデザインもすごく綺麗で読後も幸せな気持ちになれました☆
私はムノさんのコミックスの中で一番好きな作品かもしれない!!
神寄りの萌×2です!!

4

優しくて切なくて、心がじんわりする話です!

あらすじがですね、間違っちゃいないけど、この作品の雰囲気を誤解させてる気がします。「ゲイのセックス、た、試させて!」という帯が、更にそれを助長してるような…。
とても優しくてあたたかい、そして切ないいい話なのです。そんな訳で、少しでもこの作品の優しい雰囲気が伝わるように、頑張ってレビューしてみます!

書かれているあらすじです。
同じ大学のイケメンでゲイの噂がある八木(受け)に、自分がゲイじゃないかと明石(攻め)が相談を持ちかけようとします。しかし、出会い系の男と勘違いされたあげくに、なぜかセフレになることに…。
このイケメン(ネコ♂)なに考えてるかわからない…!! 端折ってあります。

ちょっと刺激的でエロ方面を強調されてるあらすじですが、実際にはエロは少な目。しかし、この少な目のエロが作品の雰囲気にとても合ってます。受けはビッチ設定で、エロでは手練れっぽい積極性を見せてくれますが、実際に他の男と…という場面は出てきません。遊んでるよ~という雰囲気が匂わせてあるだけ。

とにかく、みんないい人なんですね。サバサバしていて強気な受けは、実は意地っぱりで臆病。ちょっと乙女の入ったヘタレだけど一途なワンコの攻め。当て馬になる受けの親友はとても誠実。「俺、ホモかもしれないんだけど、どう?」と聞かれて、特に偏見も見せずに自然に受け止める攻めの友達。なんだか読んでいて優しい気持ちになるのです。

最初は興味本位な部分が多かった攻めと、好みで固定の相手がいた方が楽という理由でセフレとして関係を持ち出した受け。攻め視点で話が進むので彼の気持ちがよく分かるのですが、受けと一緒に過ごし、受けの色々な面を見る事で、どんどん惹かれていくのが分かります。そして、セフレでしか無い関係に悩み、受けの言動に傷つく…。飽きられない程度に、溺れすぎない程度に…と考え込み、ふと冷静になって「バカみたい」と、夜道で一人思う攻めがなんとも切ない…。
受けは受けで、過去にゲイという事で辛い目にあっているので、怖くて踏み込んだ人間関係を築く事が出来なくなっているのです。

攻めが夜道を一人歩く、二人で夜の河川敷を歩いてキスをする、雨の中しゃがみ込んで泣く攻めと、とても印象的なシーンが随所に入り、すれ違う二人の切なさを倍増させてくれます。

エロは少な目なんですが、最初は受けにいいようにされ、乙女のようにかわいく喘がされていた攻めが、回数を重ね、受けに惹かれていくうちに、どんどん立場が逆転していくのが萌えました。「ちょっと乱暴にされるのが好きでしょ」と、受けの静止も聞かずに襲っちゃうに至っては、よくぞここまで…!と。

ラストで心が通じ合った二人の、甘い会話も見所。サバサバしていてクールな態度だった受けが、照れたりデレたりするのには非常にキュンキュンしました! 攻めの最後のセリフで、「オールナイトロング」というタイトルの意味が分かります!! とても素敵な意味がありました(*´ω`*)

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ