君と迎える、終着駅。

終電エレジー

shuden elegy

終電エレジー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神8
  • 萌×215
  • 萌19
  • 中立1
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
12
得点
158
評価数
46
平均
3.5 / 5
神率
17.4%
著者
ムノ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥657(税抜)  
ISBN
9784758072946

あらすじ

駅のホームで出会った、けんじとタマ。

彼氏にふられたと丸くなって泣くタマが、まるで猫みたいで、
赤くなった目に睨まれて、一目惚れが本当にあるんだと知った。
会うたびに好きになるのに、タマは元彼のことを話し、笑い、泣く。

それなのに突然、キスをしてきて――。

好きだからこそ、背中を押す。
そんな優しさもあるんだって、君に知ってほしい。

優しく切ない恋のお話、詰め込みました。



【収録作品】逆走エスケープ/alone again/空気の境界/赤と青/終電エレジー

表題作終電エレジー

もとみやけんじ,大学生
たまい,大学生

同時収録作品逆送エスケープ

三木,高校生,後輩
良,高校生,先輩

同時収録作品alone agein

遠山,高校生
綾瀬,高校生

同時収録作品空気の境界

大橋恭介,24歳,サラリーマン
池谷優,看護学校生

同時収録作品赤と青

蒼井
赤坂

その他の収録作品

  • サッカーと肩車
  • 自己紹介します

レビュー投稿数12

NoTitle

可愛い絵柄ですがやや変化球な部分もあり他作品も読んでみたいと思えました。

一番好きなのは『逆走エスケープ』ですがインパクトがあったのは『空気の境界』。
昔から好きだった友人の気を引くためだけに同性の恋人を寝取るという軽いヤンデレ、
表題作の『終電エレジー』にしてもこういう他人の気持ちをさりげなく利用する子性別関係無く居そうだよなと思わされました。

あと表紙の色合いがとても好きで、中の作品と良く合ってます。

0

デビュー単行本 短編集

「マスターキートン」の名前をBL漫画で見るとは。
表紙とお話の雰囲気からふんわりした方かと思いきや、あとがきを見ると結構狂気を感じるムノ先生…笑

◾︎ alone agein
高校生の勢いってすごいね。
好きな子の「つるっつるのデコを舐めたい」とか、思ったりするよきっと高校生男子なら。
ムノ先生の短編しか読んだことありませんが、この作品なんか、やりようによっては引き伸ばさそうだし、長い作品だとどんな描き方をするのか見てみたい気もする。

◾︎空気の境界
修羅場も修羅場なのにそれでいいのか!?彼女は!?

0

満足感のある短編集

短編集になります。
どのお話も楽しくて可愛くて、ちょっとひねりが効いていたり、何より登場人物たちの心情が深く描かれていました。
短編集なのに一つ一つの作品がちゃんと完結しており、物足りなさを感じませんでした。

表題作『終電エレジー』は、なんと一番最後に収録されています。
全部好きでしたが、やはり表題作が一番好きでした。
描き下ろし四コマは、なぜか『赤と青』の蒼井と赤坂でした(笑)
エロはほとんど無しですが、そこがいいと思えるほど可愛いキャラとお話しでした。

0

これからの物語

表題作が最後から2番目に収録されていて斬新でした。
6編すべて、くっつくまでのお話です。
ストーリー運びは似ていますが、どれも個性があって飽きませんでした。
可愛くてほのぼのしたストーリーです。

表紙がぽっぷで可愛いですが、ストーリーもそんなイメージです。

あと、あとがきが面白くて声出して笑いました。
ムノさんのギャグセンスというか性格が大好きになりました。

ーーーーーーー感想とネタバレーーーーーーー

【逆送エスケープ】
後輩(攻め)に謎に懐かれる先輩(受け)
すきすき攻撃から逃げていたはずが、いつの間にか気になってしまう受け。
最後は攻めの駆け引きにはまり、受けが攻めを追いかけにいっちゃいます。
受けの天然炸裂で、攻めがたじたじなの可愛かったです。

【alone again】
根暗な攻めと人気者な受け
受けのことがすきで観察しているうちに、うそ臭い笑顔に気づいてしまった攻め。
受けが関わりを持とうとしてくるのを突き放します。が、懲りない受け。
結局最後は、攻めが折れて関係を先へ進めようと決意します。

【空気の境界】
最初、攻めが受け以外と致してる描写があります。
幼馴染の再会物ですが、ノンケだと思ってた受けが実際は攻めのことが好きだったパターン。
ちょっと攻めの空気?というか相手の気持ちの読めなさは、え~となります。
最終的には、お互い気持ちを確認し合いました。

【赤と青】
卒業式の日に、受けが攻めに告白するところからはじまります。
ぼやっとした攻めと、がんばる可愛い受けくんの対比がよかったです。
身長高い攻めに受けが、木ドンするとこはなかなか可愛かったです。

【終電エレジー】表題作
攻めの一目ぼれから始まる関係。
受けは元彼に未練たらたらにも関わらず、攻めのところに通ってきちゃいます。
その後、攻めの後押しにより元彼のもとへ再度告白しにいく受け。
最終的には振られて攻めの元へ帰ってきます。

【サッカーと肩車】
4コマ6本とイラスト。
赤と青のCP二人が書かれてます。
受けのアホっぽさと攻めの天然ぶりが爆発してて面白かったです。

ーーーーーーー
6編すべてに共通している言葉が「ゆっくりと」
ほんとこの言葉につきます。ゆっくりゆったりと、劇的な場面転換もなく進みます。
ほのぼのした雰囲気の可愛い話が読みたい時におすすめです。

1

とげとげした気分のときに

表題作は一番最後に入っています。
どの作品もやわらかくほわほわとしていて癒し系でした。
ガッツリストーリーがあって面白いとか、しっかり恋愛ものでドキドキするとか、残念ながらそこまでではなくて、ふわふわと優しい雰囲気を楽しませていただきました。
この雰囲気が合えば、中に入っているどのお話も楽しめるのではないかと思います。

がっつりしたラブシーンはないので、あまりBLBLしたお話ではないかもしれませんが、たまにえろのない静かなお話しが読みたい時にオススメです。とげとげした気分の時とか、はらはらするラブストーリーはちょっとお休みしたい、というときによいのではないでしょうか。

全体的に学生ものが多めでした。
キャラクターもかわいらしい系が多いです。

「終電エレジー」
終電で出会った男の子に一目惚れしたお話。
終電のホームという雰囲気がいい。
このお話はせつない系ですが、ラストシーンがすごく好きです。
初めて読んだ作家さんだったのですが、他の単行本も読んでみたいと思いました。

1

君と一緒に居たいから

■感想
本書には「逆走エスケープ」「alone again」「空気の境界」「赤と青」「終電エレジー」が収録されています。
どの作品も「恋愛の気持ちを相手に上手く伝えられないが為にすれ違ってしまう」という王道のストーリー展開です。
しかしながら、同じ題材をモチーフにしつつ、作調の異なる5作品を描き分けているムノさんのセンスが光っています。
どの作品にも味わいがあり、同じようなストーリーにも関わらず全く別の印象を受けると思います。
登場キャラクター達もとても愛嬌があり、癒されます。読んでいて幸せな気分になったので、評価は「萌x2」とさせて頂きます。

0

余白のある恋の話

ムノさんの初コミックスは、
5作品(+巻末描き下ろし)からなる短編集。

表紙には、『終電エレジー』のけんじくんとたまいくん。
線路の上でしゃがんだまま、互いに向けて傘を差し合い
雨が止むのを待つような上目線の表情が、とても可愛い。
タイトルロゴも格好良いですね!

○逆走エスケープ
好きだと告白されて以来
毎日追いかけてくる後輩と、逃げまわる先輩の話。

○alone again
根暗な男子高生とクラスの人気者同級生の話。

○空気の境界
再会を切っ掛けに想いを知る、仲が良かった元同級生の話。

○赤と青
卒業式にふんぎりをつけるつもりで告白をした蒼井くんと
『いいよ』と無表情で応える赤坂くんの話。
__
私的萌えポイントは、こちらから。
蒼井くんに『木ドン』された赤坂くんが放った
顔を隠しながらの『思春期ガード』という一言。
思春期ガードって何...!可愛い!わたしも言ってみたい...(無理)!

○終電エレジー
恋人に振られて駅で泣く、猫みたいなたまいくんと
彼を拾ったけんじくんの話。


この本の中の片思い男子たちは、『逆走エスケープ』を除き
恋した相手に、気持ちこそ否定されていないものの
『好き』という言葉・気持ちを最終的にもらっておらず
相手の気持ちに余白を残す形で、物語が終わっています。

でもその余白にこそ意味があり、
”いつか余白の先に見えるのが、好きだという気持ちであればいいな”
と、そんなメッセージが込められているように思いました。
『恋を願う』という形による終わらせ方が、ムノさん流!という感じで
ムノさんにもキャラクター達にも、とても好感が持てました。

余白のある恋の話、余すことなく堪能させていただきました。
読み応えがあって面白かったです!

1

とにかく可愛い。

前々からキラキラふわふわした表紙に惹かれ気になっていたのですが、ついに先日ちょっとした機会に購入することに。

何本かの読み切り短編でどの話もほのぼのしてちょっぴり切ない感じでした。表紙のイメージと合った作風だったので裏切られた感は無かったです
。絵柄だけでなくキャラクターも皆可愛いし、純粋でキラキラ。見ていて癒されました。

私は良いのですがエロはほぼ無かったのでそれ目当ての方は物足りないかもしれません。
逆にエロが苦手な方には強くオススメしたい作品です。

2

表紙に惹かれ買いましたが

物語の内容やキャラには萌えられるものの、(◜◡◝)←こんな顔文字が多々あるので苦手な方は萎えてしまうかもしれないです。
次回また新刊が出るとのことで、これからの期待を込めて”萌”で。

1

gateauらしい一冊

全6作からなる短編集です。そのどれもが表紙で描かれるふたりのように優しくほんわかとした雰囲気にあふれています。
とても優しい気持ちになれて、安心できる作品でした。

[逆走エスケープ]
快活な三木に翻弄され続ける良先輩、の図が微笑ましくて可愛かったです。
今はまだ不明瞭な感情でも、いつかは本当の恋に落ちるんだろうなと思いました。

[alone again]
ムノさんの描かれるキスシーンってロマンティックだなぁ。
遠山が焦がれていたつるつるおでこにちゅっとするときも、悩む綾瀬へ不意打ちのように(でも計画的に)口づけるのも、すごく素敵。
いかに遠山が綾瀬を愛おしく思っているかがよく伝わるんです。

[空気の境界]
※返事だけはいい!(笑) ギャグコマにはこれまた<らしさ>が溢れています。些細なところがツボになる方、いらっしゃるんじゃないでしょうか。かくいう私もそうですから。
今後どうするのかはとても気にかかるのだけど、恭ちゃんと優の恋を応援したくなるお話です。

[赤と青]
描き下ろし4コマがとてもとても可愛かった二人! 蒼井くんてば先輩になんちゅー説明をかましているんだか…(笑)
蒼井よりは幾分おませな赤坂がドギマギする様子にニヤニヤしちゃいます。本編での立場と見事に逆転ですね。これからもずっとこんな感じで、一進一退ふたり揃って行くんだろうなぁ。

[終電エレジー]
表題作であるこのお話が一番好きです。可愛らしさのなかに漂うほんのりとした切なさが絶妙でした。
たまの存在を期待するけんじ、それを分かって寂しさを紛らわせようとするたま。ふたりそれぞれの利害は一致しているのに、でも明確なことはなにも起こせないからただただ曖昧な関係。
猫のように気まぐれで、だからこそ会えたときには側に居たくて、けれども自分の恋人ではない、そんなけんじのジレンマと寂し気な瞳に心が揺り動かされます。
この作品でもロマンティックでドキッとなるキスシーンは健在でした。そっと触れるだけのものなのにとても魅力的です。
哀しい歌が幸せの歌へかわりますように。

そしてなによりのお気に入りが最後のあとがきで語られるムノさんご自身のことですよ!
なぜにあの自画像! ねっムノちゃん!の破壊力!(笑)
あと断線したペンタブを直されるという荒業…すごい。作品も素敵でしたが、ご本人のことも好きになる描き下ろしでした、おススメですすごく!

gateauのキャッチコピーでもある「こっそり愛を信じてる、よいこのためのBLレーベル」がぴったりはまる一冊です。

3

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う