むっつりインテリ眼鏡が開発した 夢のような『VR自慰装置!!』…の実態は!?

マインドインベーダー

mind invader

マインドインベーダー
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神16
  • 萌×214
  • 萌12
  • 中立5
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
177
評価数
48
平均
3.8 / 5
神率
33.3%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
価格
¥650(税抜)  
ISBN
9784801957244

あらすじ

大好きなオナニーが気持ち良くない!
困ったヤマトは親友・てっぺーちゃんに泣きついた。
するとてっぺーちゃんが作ってくれたのは
バーチャル自慰装置!!!
下半身すっぽんぽんでVRゴーグルを装着。
すると目の前に現れたエッチな映像に合せて
すっごくリアルなフェラチオの感覚が!?
「何コレ、すっげぇ気持ちいいぃぃぃ!!?」
おまけにオプションで前立腺マッサージまで!
すっかりクセになってしまったヤマトだけど
そんな夢のような装置があるわけなくて──…!?

表題作マインドインベーダー

武者小路鉄平/理系大学生
ヤマト/アホっ子・コンビニバイト

同時収録作品too sweet vanilla

森永/リア充大学生
桐谷/コミュ障フリーター

その他の収録作品

  • ブラインド・スペース
  • シークレット・スペース
  • エレクトリカル・スペース
  • soda-lce headache(描き下ろし)
  • きりこみ隊長ヤマト(描き下ろし)
  • ぶっこみ隊長ヤマト(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

バカな子受け

同じ作者さんの前作も好きだったのですが、こちらも面白かった!
またバカな子受けなのですが、攻めは学年主席のインテリです。
デートに分刻みのスケジュール作ってきたり、こんな彼氏、普通は嫌ですよね。
でも受けに嫌われないかいっぱいいっぱいで、賢いのかバカなのか…

受けだけじゃなく、攻めの個性や気持ちがしっかり描かれていて、攻めも可愛い!と思える作品でした。強いて言えば、攻めの気持ちが分かりやすがった分、主人公がいつから攻めの事を親友でなく、恋愛として意識し始めたのか分かりづらかったかも。

タイトルと表紙から、なんとなくえろ重視の作品かと思いましたが、ちゃんと恋愛していますので、ストーリー重視のかたにもオススメです。


同時収録作品は、微妙な空気のまま卒業してしまった2人の再会ものです。
お互い好きなのはなんとなくわかるのに、へんな感じで別れてしまってそれっきり…
このお話、いい人しか出てこなくて読み終わると微笑ましいですが、途中なんともモヤモヤしました…。
終わりよければ、なんですが、すれ違いや勘違いが凄まじく、あんまり攻めに好感が持てなかったなあ^^;
受けの子はクールですが、一旦崩れると可愛くてよかったです。
脇キャラの友達がいい味出してました。

1

同時収録>>>表題作

洗脳系は好きじゃないんだよなあと思いつつ、友人から借りた中に入っていたので読了。
考えていたような洗脳系ではありませんでした。
違っただけ、うーむ…。

表題作と中編が1つ収録されていました。
表題作は頭脳明晰な歯学部生と高校時代の同級生の話。
いつも思うのですが、高校って公立中学と違って入試を経て入るはずなのに、漫画だとスーパー優等生と学年ビリの方の差がすごくないですか?優等生の方が第一希望落ちて滑り止めに入ったパターンなのかなと思うくらい、算数が無理とかいう受けが多いのが気になって仕方ない。細かいことが気になって、いやですね。
攻めが片思いしてたのは良いとして、受けが攻めを好きになった理由が弱いと言うより理解できず。あの距離で下半身丸出しの自分をオカズにしてる姿を見たらものすごく引くと思うのですが、そこからの怒涛の流れに精神的についていけませんでした。
デートの方はひたすら攻めがカッコ悪くて、このCP、いまいち好きになれず仕舞いでした。残念。
黒髪眼鏡はどんな条件でも愛せると思っていたのですが、こちらの攻めは目つきが気持ち悪く感じてしまって受け付けなかったのも無念でした。

同時収録は良かった!!こういうの、結構好きです。
高校時代の同級生同士。リア充風イケメンとコミュ障くん。
コミュ障くんが草食系小動物的可愛さで、イケメンも目つき悪いけど表題作の攻めのような気持ち悪さがなくて良かったです。
ストーリー的にも読み応えがありました。ぼっちのコミュ障くんにやたらちょっかいをかけてくるリア充風イケメンを鬱陶しいと思いつつ、ちょっとずつ意識し始めていたところに告白ドッキリを仕掛けられて…、というもの。
高校時代のコミュ障くんへの絡み方やドッキリのときの表情も「これは冗談ではないな」と分かる描写をしてくれているので先は読めるのに、ものすごく胸が締め付けられてしまいました。両方が張っている予防線が痛いというか、きっとイケメンくんは目つきのせいで「いじめっこ」というレッテルを貼られがちだったんだろうな、周囲の見る目通りのスタンスを取ることで本心を隠すくせがついているんだろうなと深読みできてしまうし、コミュ障くんもいじられ慣れすぎて、何もかもをいじめやからかいと受け取るくせができているのが切ない。
深読みでさらに楽しめる作品でした。溺愛系一途な攻め好きにはたまらない作品でした。

0

いくら何でもアホすぎる、アホにも限度がある…(涙)

二つの作品が収録されてます。

【マインドインベーター】
オナニー大好きなのに、オナニーがあまり気持ち良くなくなっちゃって幼馴染に泣きつく→バーチャル快感装置の試作品だ!と用意されたものでヌク→実は幼馴染がフェラしてた…というやつで。
バーチャル快感装置を信じ込んじゃう受けが泣けてくるほどアホの子。アホの子も好きだけどいくら何でもアホすぎる、アホにも限度がある…と思ってしまいました。
攻めが片思い拗らせて受けのこと好きすぎて必死なところは健気で良かったけど…なんか理屈っぽいのとオタクっぽい容姿が好みではなく…。

同時収録の【too sweet vanilla】のほうが好き。
高校の同級生再会もの。
何かと攻めに構われていた受け。うっとおしく思っていたものの卒業式の日に告白されてビビった反応を見せた途端、相手の友達が登場して「ドッキリ大成功~!」と仕組まれていた事に気付き大ショック。
偶然攻めの友達に再会したことから攻めを含めて皆で飲んでいたはずが、気付いたら攻めにレイプされていて、また俺はオモチャにされた…と傷つく受け。
最初はなんだ、この身勝手な攻め!と思いながら読んでたけど、実は…という種明かしをされた後は超萌える~。終わりよければ全て良し!

1

アホな子ほど可愛い

表題作は恐ろしくアホな子が頭のいい友達にうまく丸め込まれてる感じのお話でした。でも、途中からそのアホなヤマトが純粋すぎて可愛らしく見えてきて、それはそれで幸せなのかもと思えてきました。きっかけなんて案外下らないことなのかもしれませんね。

同時収録の作品はヤマトのバイト先の仲間のお話でした。こちらは高校の時に告白されたもののどっきりだったと誤魔化され、何年かしてから再会するお話です。最初は単なるレイプじゃん!と受け付けなかったものの、実は酔っぱらってる間に…と言うおちがあり、最終的にはハッピーエンドで良かったねと思えるものでした。

0

ストーリーと演出に違和感

エロ先行というレビューの通り、エロに見応えがありました。
好きな作者さんなので予約をして購入しましたが、
一読した正直な感想としては表題作も同時収録作もどちらも陳腐、でした…。
[しゅみじゃない]を選ぼうか悩み、エロ加点で[中立]にしました。

表題作はヴァーチャル072装置のお話です。
あらすじを読んで想像したオチそのままでした。そこは想定内です。
ただ、演出などにとても無理があり想像以上に雑さを感じました。
受けがいくらなんでもアホすぎました。VRを装着して騙されているにしても、
股間に生身の人間が顔を寄せていれば別の感覚でわからないわけがないかと…。
しかも攻めがフェラしながら会話してそれが耳に届いているという状況です。
アホの子とはいえさすがに気付くだろーと思っちゃいました。
受けが実は気付いてたというサプライズがあってもおかしくないほど無茶でした。

同時収録作の方も、受けが攻めに騙されオチで種明かしするお話です。
受けが高校時代にドッキリで傷つき、攻めとその友人たちを苦手になる描写があります。
このドッキリの演出がわかりやすすぎて逆に狙いがよくわかりませんでした。
2作とも、作者さんの作風なのか、悪い人はいません。それはいいのですが、
シリアスなドッキリをするならもっと読み手を騙してほしかったかもしれません。
友人たちが攻めに気を利かせて突発的に告白をドッキリに仕立てる流れも唐突でしたが、
どう見ても演技なのがあからさまでした。
友人たちも攻めも少し悲しそうな顔で、汗までかいていて、演出として半端でした。
そのせいで、演技に気付かない受けがアホの子みたいになっていて、惜しいと思いました。
種明かし以前にもう攻めが受けを好きなことはわかったのに、
飲み会で再会してからは逆に、受けが攻めのことをゲスだと勘違いするように
ムリヤリ仕向ける流れが続くため、仕掛けそのものが無駄に感じてしまいました。

VRもドッキリも好きなネタですが、演出がムリヤリになって
受けがアホの子すぎたり陳腐になってしまうと勿体無いと思います。
根っからの悪者が出てこない作風は大変好きです。
他の単行本のようなシンプルな群像劇の方が自然に読めました。

4

攻めの純情に悶絶

高校の同級生同士が卒業後に結ばれるお話が二本入っていました。

表題作は、優等生の攻めと、アホっ子の受けのお話。
攻めはゲイで、ずっと受けのことが好きなんですが、親友のままでいたくて自分の気持ちに鍵をかけているキャラ。
受けは、そんなことはつゆ知らず、オナニーが前ほど気持ちよくないからどうにかして、と攻めに泣きついてくるアホっぷり。賢い攻めをなんでもできるスーパーマンだと思っている感じです。
そこで、攻めはバーチャルリアリティシステムを開発した、と受けを丸め込み、3Dカメラで受けにAVのフェラ動画を見せながら、密かに受けのを咥えたり前立腺を開発したり…という展開。

とにかく攻めが健気できゅんきゅんしました。受けのことが好きなのに、受けが女の子と付き合っても何も言えず耐えているキャラ。
受けは、アホだけど、オトコマエというかいさぎよい子です。攻めのほうが賢いし優位に立っているように見えますが、全然受けにはかなわない感じで、そこがおかしくもあり、この先一生振り回され続けるんだろうなと微笑ましくもありました。

こちらの作品以上に、その後に入っていたお話が個人的にとってもツボでした。
前作の受けと同じコンビニでバイトしている桐谷(受け)と、その高校時代の同級生の森永(攻め)というカップリングの再会もの。
コミュ障で愛想のない受けは、高校時代明るくてリア充な攻めにずっとかまわれ続けていました。コミュ障だし、あまり関心のないふりを装っていましたが、惹かれていました。
でも卒業式のあと、攻めに告白され、それがドッキリだったことを知らされて大ショック。そのまま連絡を断っていたのですが、コンビニに攻めの友達が偶然来たことから攻めとも再会することになります。

こちらは受けの視点のお話で、受けの方から見れば攻めの高校時代のドッキリやら、再会した後の攻めのおこないやらがひどすぎてムカつきましたが、謎が解けてみれば超萌えな展開でした。攻めも受けも可愛くて悶絶しました。くっついたあとの話をもっと読みたかったな。
こちらの話が神で、前作の方が萌×2です。絵には少し癖がありますが、キャラクターの表情が生き生きしていて、そちらも好印象でした。

6

アホアホエロエロだけど一途

あらすじの通り、色々突っ込みどころは満載なのですが、細かいことを気にしなければ、テンポ良く楽しめると思います。
私はストーリーを重視したい方なので、オナニーが気持ち良くないからって普通友達に助けてくれとか相談するかー?とそもそも論が気になってしまったのと、エロ先行な感じがあまり好みではなく。。
攻めのオタクっぽい容姿もイマイチ萌えませんでした。
見た目が違ったら受ける印象もだいぶ違うかも!と思いました。

0

恋する男は不器用で可愛い

バーチャルリアリティ自慰装置というネタに振り切った1冊。
とっても面白かったですヾ(*´∀`*)ノ

受けがツッコミ所満載のワンコ系のお馬鹿ちゃんなので
愛らしくてアホっ子受けスキーのツボをついてくれます♪

親友に072相談しちゃう素直さが良いですね!
んで言われるがまま装置着用して足開いて、
攻めの誘導を全て信じて身を委ねきって、
「てっぺーちゃんスゲー!スゲー!!」
ってしっかり騙されてる姿がとっても可愛い(﹡´◡`﹡ )

そして裏表なくサッパリしてるのが読んでて気持ちいいです。
疲れてる時はこういったキャラクターの本を読むと癒されますねぇ。

攻めのビジュアルが個人的にハマれませんでしたが
片思い拗らせてる姿にはキュンキュン(∩´///`∩)

好きになった過程もストーリーに組み込まれているので
装置を付けてる間だけ好き勝手して興奮してる姿も
終わった後に虚しさが襲って少し見せる切なさも
受けのことが好きで好きでちょっとテンパってる姿も
恋する男の不器用さがよく伝わります。
グルグル悩む攻めの健気さが萌えでした///

◆too sweet vanilla

表題作の受けと一緒に働いてるフリーターくんのお話です。
前後作2話構成で展開スピードは早いですが描き下ろしにて補完あり。
こちらのお話も良かったですヾ(*´∀`*)ノ

両片思いだったのに言葉が上手く伝えられず
互いの誤解に誤解が重なって拗れてしまった関係が切ないです。

ちょっと噛み合わなかっただけなのにネジレが大きくなった攻めと受け。
俺様風な攻めですが、蓋を開けてみれば不器用な恋する男なのが可愛い♪
受けがトラウマになってた誤解がちゃんと溶けて良かった…!!

誤解の原因が攻めの友達ですが
元どおりになるようアシストしたのも友達で。
悪気はなかったとはいえ責任感じて
何とかしようと頑張る良い友達なのですよ〜(;∀;)

このお話は両片思いとすれ違いに萌えつつ、
友情にジンワリ暖かくなりました(﹡´◡`﹡ )

2

カバー下のオマケもかなり萌えます!!

表題作+同時収録「too sweet vanilla」の2作です。表題作もとても面白かったのですが、個人的には同時収録作の方が好みでした。表題作の受けと、同時収録作の受けが、同じコンビニでバイトと少しだけリンクしています。


「マインドインベーダー」
内容は、大好きなオナニーがあまり気持ちよくなくなり困ったヤマト(受け)が、親友で頼りがいのあるてっぺーちゃん(攻め)に相談した所、彼が「バーチャル自慰装置」を開発してくれて…というものです。「製作者として見守る義務がある」と言いくるめられて、てっぺーちゃんの前で下半身裸になり、VRゴーグルを装着すると、すごくリアルな感覚が。オマケにオプションで前立腺マッサージまで!!…。
あらすじで想像がついたオチで、ほぼ間違いないです。

受けがかなり単純でアホの子です。しかし、アホな分、真っ直ぐで純粋。そして男前。
攻めは腹黒執着系。頭はいいけど、ちょっと斜に構えた感じです。高校時代、そんな自分に屈託なく懐いてきた受けに惚れてから、5年も想い続けて来たのです。そんな訳で、千載一遇のチャンスとばかりに「バーチャル自慰装置」を開発して、受けをいいように騙くらかして…といった所。

単純な受けが、執着攻めに騙くらかされていいようにされてしまう…というシチュエーションに非常に萌えるのですね。快感で訳が分からなくなってるうちに、お尻まで開発されちゃうという。ちょっとアホすぎるだろうとはチラッと思いますが。更に、VRゴーグルが外れてしまい、状況に気付いた時の受けの反応が想定外で面白いのです。「終わった…」と絶望的な攻めに対して、こちらは真正直。結局、真っ直ぐで単純な人間が最強なんだろうな-、と。あまりにアホっ子は好きでは無いのですが、ここまでアホだとかえって清々しくて悪意の持ちようが無い…。
その後のデート編では、攻めの意外な不器用さだったり、受けの男前な部分が見られて、かなりキュンキュンしました。

「too sweet vanilla」
リア充大学生×コミュ障フリーターです。高校の卒業式で攻めから告白され、それがドッキリだった事に深く傷付いた受け。コンビニバイト中に高校の同級生と再会し、攻めの家での飲み会に誘われます。断り切れずしぶしぶ参加し、酔い潰れた所、気が付いたら攻めに犯されていて…という展開です。

受け視点で進むので、攻めがかなりゲスい印象を受けます。しかし後半、二人の誤解が解けると事態は一変。攻めの方が振り回されてる…といった所でしょうか。
なんといっても、受けのキャラクターが魅力的なんです。普段はコミュ障で怒っているようにしか見えないのに、酔って素直になった時のデレ振りがもう…! こんなに可愛くすり寄ってこられたら、攻めが辛抱効かなくなっちゃってもしょうが無いでしょう!!といった感じで。これ、攻め視点で描かれていたら、小悪魔受けに振り回される気の毒な攻め…といった感じの話になるのではないでしょうか…。

2作ともエロが濃厚! 更にカバー下のオマケまでとても萌える、満足度の高い作品でした!!

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ