寂しい夜。隣には幽霊――。

透明にくちづけ

toumei ni kuchiduke

透明にくちづけ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×20
  • 萌5
  • 中立2
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
22
評価数
8
平均
3 / 5
神率
12.5%
著者
しもくら 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
一迅社
レーベル
gateauコミックス
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784758076296

あらすじ

事故に遭って幽霊になった青年・西之千真(ルビ:にしのかずま)は、
なんの接点もない大学生・楠原颯大(ルビ:くすはらそうた)にだけ姿が見える。
颯大は幼い頃誘拐犯に犯されそうになったことがあり、そのトラウマに今も囚われていた。
行く宛のない千真と、仕方なしに暮らしはじめた颯大だったが、いつの間にか千真がいる
ことが当たり前になっていて――。
失くして気付く、恋のお話。

表題作透明にくちづけ

西之千真 サラリーマンの幽霊
颯大 大学生

その他の収録作品

  • 後日談
  • 日常にくちづけ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数2

幽霊とほのぼの同居

両親が不在がちで、広い家でほぼ1人で暮らしている大学生の受け。ある日アナニーしていると、突然家の中にサラリーマンの幽霊が現れた。飄々としたその幽霊に、受けにしか姿が見えないから一緒にいさせてほしいと頼まれ、奇妙な同居生活が始まったが…。


昔誘拐され、おっさんに犯されそうになったことがトラウマになっている受け。怖かったはずの思い出なのに、そのことを思い出すと身体がうずき、いやだとは思いつつアナニーしてしまうクーデレな大学生。
一方攻めは、ある日突然受け宅に現れ、アナニー中の受けにちょっかいをかけたり、かと思えば家事までこなしてくれる変な人です。

幽霊ものは、そのキャラが本当に死んでいるのと、実は生きていて幽体離脱しているだけなのとに分かれますが、この作品がどちらの方だったかは伏せておきます。でも結構ほのぼのした作品で、誘拐のトラウマと親に放置されている寂しさを幽霊が癒してくれる展開。個人的には、誘拐された受けの陵辱が未遂で終わっているよりは完遂していた方が物語として良かったと思います。(※未成年略取および強姦は犯罪です) 作者さん的に、あまり痛くない展開に流れちゃったのかな…と思ったりしました。

お話自体はなかなか面白かったですが、画力はちょっと不足していました。デビュー作だそうで、今後に期待です。

0

共感力高めの方は注意

表紙の雰囲気から、落ち着いてしっとりした作品だと思っていました。
実際には幽霊と主人公の軽妙なやり取りあり、幽霊にありがちな悲壮感はなく、そこに関しては重苦しい空気もありませんでした。
「触れられる」「物にも触れる」という幽霊の設定が功を奏して、おかんスタンスで主人公と距離を縮めていくのも好感が持てたし、人物描写はなかなか良かったです。

ただトラウマが重過ぎた…。
小出しに主人公のトラウマの原因となるシーンが出てくるのですが、もう気持ち悪いし重いし可哀想だしで、とにかくつらい。
共感力が強い自覚のある方はかなりそこに引きずられてしまう危険性があるのでご注意ください。

幽霊ものやタイムリープものは「今、どんなに絆を深めても戻ったらもう会えない」という条件が辛すぎるので読むのに結構勇気がいりますが、トラウマシーンを別にしたらわりと良い作品だと思います。
描き下ろしも含めて、縁は異なもの味なものという感じでした。

0

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ