美男葛の庭

binankazura no niwa

美男葛の庭
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神10
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
8
得点
96
評価数
23
平均
4.2 / 5
神率
43.5%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
BL漫画(コミック)
出版社
芳文社
レーベル
花音コミックス
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784832290037

あらすじ

幼少期に出会った不思議なひと。
大人になり再会した「彼」は、あの頃と姿形が一切変わらず
まるで…幸せを運ぶ「座敷わらし」のようだったのです。
サラリーマンとツンデレ座敷童のほのぼの愛され物語。

表題作美男葛の庭

大沢 航平(サラリーマン)
青山 裕規(座敷わらし)

その他の収録作品

  • 青山くんの苦悩(描き下ろし)
  • あとがき(描き下ろし)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数8

いとしすぎる座敷童

ああ、もう何て素晴らしい作品。
表紙でずーーーっと気になっていたものの、購入予定リストから購入リストへ移すためのもうひと押しが個人的に弱かったので後回しにしていました。
たまたま今欲しいものを購入した結果、ポイントでもう1冊買えるというタイミングで購入。
ポイントで買ってごめんなさいと土下座したくなる素晴らしさでした。
いとおしい。
いとおしいぞー!

幼い頃、祖父の家の庭でときどき見かけた不思議な男の人。
祖父が亡くなって遺された家に住むことになったとき、ふとまた会えるかもと思ったものの会えない日が続いていた。
そんなある日、買い物から帰った大沢の目の前に庭で佇む「彼」の姿が…。

子供の頃見た姿と寸分違わぬ「彼」を座敷童だと思い込むわけですが。
座敷童?それとも…と「彼」の存在が二転三転してはらはらしました。
座敷童を愛でる作品と言えば年末に「暇乞い」を読みましたが、どちらも愛で方がすてき。
やはり甘いものをあげて、甘やかして愛でたくなってしまいますよね。

何と言ってもこの座敷童、何もかもが可愛いのです。
儚い雰囲気が漂う、ちょっと澄ました美少年。クールに見えて甘いものを喜んだり、用意した半纏をちゃんと身につけていたり、こたつで居眠りしているのを見られて赤くなったり、居眠りせずに待てたらドヤ顔だったり。
この風貌と行動の可愛らしさに完全にやられました。この時点で萌2確定でした。

大沢はお父さんっぽいと言うか、座敷童に恋をしているというより飼い始めた猫にソワソワしているか、生まれたばかりの子供にうきうきしているように見えてしまいました。会社でモテている風、でも女子社員からのあからさまな好意にすら気付けない鈍感っぷりも実直な印象で好感が持てます。

この話、いくらでももっとシリアスに切なく泣けるような仕上がりにできるテーマなんですよね。
ネタバレ失礼しますが、おじいちゃんの幼馴染でおじいちゃんのことを好きだった「彼」。おじいちゃんに会いたくて出てきた幽霊という時点で失恋確定。この段階で2つも失恋が出てきているのです。どちらも届かない想い。とっても切ない。
切ないのですが、そこに重点を置かない見せ方が良かった。あえて軽いタッチで綴ることで過去の恋の切なさやつらさよりも、今のひととひとのつながりや不思議な縁の方をより強く感じられました。大沢と座敷童(仮)の距離が近付いていく感じや、それによって徐々にこころの距離も近付いていく様子は、「祖父に恋していた人」という前提ありで読んでしまうと深読みして焦れたり、ちょっとした表情からも無理に切なさを感じ取ろうとしてしまって、ここまで心に響いてこなかったと思うのです。

それ以上に最後のどんでん返しが最高でした。
祖父に恋したひとの幽霊と孫という設定自体はわりと扱われているテーマですが、このどんでん返しのおかげで神寄りの萌2に。
本当に見せ方がうまい。構成が素晴らしい。ぜひこれは読んで実感してほしいです。なのでどんなどんでん返しかは言いません。良いです。最後までほのぼの。

神評価になったのは、番外編でおじいちゃんたちの話を読めたからです。これも可愛らしくて素敵でした。

ちょっとリアルな猫目っぽい絵でくせがあるので好みが分かれるかもしれませんが、ぜひご一読を。
座敷童かわいいなと思えたら「萌2」確実の作品です。

2

表紙の耽美な印象を良い方向に裏切ってくれます◎

「がっこうのせんせい」しか読んだことなかったので、自分の中の松本花さんのイメージとはだいぶん雰囲気の異なる表紙絵に興味をそそられての購入です。
結果的には、イメージ通りの松本花作品って感じでしたね。可愛さと、切なさと、あったかさと。
ついつい頬が緩んでしまうような。
程よくコミカルなとこもいい◎

先にレビューされている皆様が口を揃えたように「ネタバレなしで読んだ方がいい」と書かれていますが、読んで納得。そう来るかいwと。
でもやっぱり不思議要素も残るところがニクい。
切ないけどほっこり、今の時期に読んで正解!なお話でした。
仕事から帰ってきて、はんてん着てコタツであったまってる座敷わらしがいたら疲れなんて吹っ飛ぶよね( ´艸`)

オチを知った上でもう一読するとさらに幸せになれます♪

【電子】ひかりTVブック版:修正-、カバー下○(イラスト柄)、裏表紙○

2

古民家に住みたい

表紙が良い。
甘いし可愛いし切ない。

孫世代とおじいさん世代の恋。

子供の時に祖父の家で出会った姿と変わらない姿の彼を
座敷童と思ってお供え物(餌付け)したり
また来てくれるように深追いしないようにしていた航平。
座敷わらしと思っていたのは
祖父の家で会った真樹の妹の孫の祐規。
裕規が熱出したのをきっかけにバレてしまう。

病気で死んだ後も薫(航平の祖父)の側に留まり
薫の病床でようやく真樹の姿が見える。
薫には、はっきり言っても伝わらない気はするけど
一緒にいて幸せになってて欲しい。

0

とっても可愛くて、そして切ない

表紙買い。
幼い頃から祖父の家に行くと見かけた青年。祖父の前ではけっして姿を現さず、祖父がいない時だけ姿を見せる。
やがて時が経ち、遺された祖父の家に一人暮らしを始めた主人公の前に、昔と変わらぬ姿で青年が現れた…
昔とちっとも変わらない容貌の青年を座敷童だと祀って、せっせと甘いものをお供えして餌付けする様子やら、座敷童も大人しく半纏を着せられてこたつでぬくぬくするやらでめちゃくちゃ可愛い。
基本、可愛くてほのぼのストーリーですがそれだけでは腑抜けた印象になりそうなところを【美男葛の庭~その昔~】ではグッとくる切なさも盛り込んでいて、そのバランスがお見事です。
切ない箇所は、ほんとうに切ない…。ここの箇所がある事により神評価です。

これは展開や結末を知らずに読んだほうが楽しめるお話だと思います。

そして最後の鼻を噛むシーンが可笑しい!
この先、ちょいとこの鈍感さに苦労しそうだけど(だからこそ座敷童ウェルカムだったわけで)攻めはとーーーってもいい奴なので、薫さんの分も含めてこれから盛大に幸せにしてもらってねと思います。

1

可愛さ8:切なさ2

幼い時にお祖父さんの家で時々見た「彼」。
誰かに話すともう現れなくなるかも、と思ったら誰にも言えない。それは僕だけの秘密…

ほのぼのしつつも謎がある筋立てなので、先入観なしに読まれることをお勧めします。

お祖父さんが亡くなって、残された家に住むことになった孫の航平。会えるかも、と思っていた「彼」に会えた!声聞けた!家で待っててくれた!笑ってくれた!……と距離が縮まっていく。
会えるだけで嬉しかった想いは、まるで初恋のように心を惑わす。
ある日、天袋で祖父の遺品、写真などを見つけた航平は、座敷童と思っていた「彼」への想いも自覚します。
エロ度はキスまで!このジレジレもたまらないですね。

「美男葛の庭〜その後〜」
お祖父さん!
このお祖父さん・薫のエピソード、もっと読みたかったな。
友の死に至る病。化けて出ていいという真意。多分、わかってたのかな?って思う。

『ちょっぴり不思議な、ほのぼの物語』の帯に偽りなし。怖くない座敷童との恋物語です。

0

これは可愛い!!

座敷童というキーワードに惹かれて、購入。
妖怪に目がないのです(笑)
ああ!なるほど!
これはネタバレ読まないので、読んでいただきたい!
読み終わった後にほんわかします。

最近、殺伐とした話が多くてそういうのも好きですが、時々はこういうお話で癒されたいです。
攻めさんも受けくんも、性格がとてものんびりしていて可愛らしい。
ちょっとほろりとするお話ですが、ハッピーエンドですし全体的に優しいので安心して読めました。

1

ほのぼの、ほろり

小さい頃におじいちゃん家の庭でたびたび目撃した美男子。
大人になった今も見られるかな・・・。
なんと!その庭に、目の前にまた「彼」が現れたのです。

ぜひ詳細ネタバレはせずに読んでほしいと思いました。私も、何気なく本を開いてよかったなぁと読後に感じています。ほのぼのとした空気に癒されながらも、ほろりとさせられた一冊。


メモ「カバーデザイン=川谷デザイン」
読後に花言葉をチェックしてまたほろり。

2

leeとsoup

*詩雪さん*

お久しぶりですです♪
うん。うん。絶対『何も知らずに』読んだ方が良いですよね。 私はじいちゃん派です(*^-^*)

可愛くて切なくてやっぱり可愛い

大好きな松本花先生の新刊。
ほわほわかわいいイラストと、少し不思議なストーリー。
切なくてやるせないような部分もあるけど、暗くはならずに可愛いで満たされている。

ネタバレ無しで読んだ方が楽しめると思うのですがひとつだけ。

薫さんと真樹さんの話をもっともっと読みたかったー!
一冊で読みたいくらいにキャラクターもビジュアルも大好き。ただBL的には終わりがダメになっちゃうかな。
でもでも実はちょこちょこ真樹さんのこと気づいててーとか!それでほんとの最後の最後はメデタシメデタシー!とか!だめか!

受けの座敷わらしっぷりも、一度読んでから頭に戻って読むと可愛いやら可笑しいやらです。

悪人のいない優しい世界に浸りたい時には花先生ぴったりです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ