スパダリ兄の世界は、愛しの義弟のために回っている♥

ブラコン兄の密やかな憂鬱

brother complex ani no hisoyaka na yuuutsu

ブラコン兄の密やかな憂鬱
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神5
  • 萌×215
  • 萌11
  • 中立4
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
9
得点
122
評価数
36
平均
3.5 / 5
神率
13.9%
著者
夏河シオリ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
徳間書店
レーベル
Charaコミックス
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784199607059

あらすじ

眉目秀麗、料理の腕もプロ級な理想のスパダリ男子・海世。超がつくほどブラコン兄の早い“朝活”のメインは、可愛い愛しの義弟、空也を優しく起こすことv 寝ぼけた顔に寝ぐせのオプションでかわいい値(ね)がストップ高!!
でも突然、空也が自立を宣言!? 家族になってから、自分の意見を押し通すことがなかった空也の初めてのワガママに、海世は茫然自失で!!

表題作ブラコン兄の密やかな憂鬱

梶海世・リーマン
梶空也・大学生

その他の収録作品

  • おまけ4コマ 5ページ
  • あとがき

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数9

好きになったらそれがすべて。溺愛ブラコンの極あまラブ♡

Renta!で「スパダリ」というキーワードで出て来たので、読んでみたんだけど!結果的には「これ、スパダリ(攻め)なのか?」という、疑問が残るものの。兄の海世はハイスペックイケメンだったりするのと、何よりも誰よりも義弟である空也を最優先して溺愛すること憚らないので。これはこれでスパダリと認めて良いのかも。

何を置いても弟ラブ‼︎ 会社の同僚にキモがられようと、弟の空也を甘やかしたい‼︎
そして、空也に恥じないステキなお兄ちゃんでいようと自身を磨く事を怠らない兄・海世。自身がカッコ良くいるのさえ全て。空也の為だけなのだ。ところが空也は何かと冷たい。あんなに可愛くて懐いていたのに。絵面的にも空虚で虚な目をしていて。そう、兄は鈍くて気付いていないが、空也の方だって、切なく兄を想っているのは、BLあるある‼︎ ジッレジレのモッダモダなのだ。いやーん!楽しい‼︎と、喜んでいたら、まさかの伏兵。女の子の登場。初音ミクみたいなツインテールの女子(⁈)に色めき立つ兄・海世。と、私たち読み手側。その名も「ミク」ちゃんは騒がしく空也に引っ付き、兄と私たちをハラハラさせる。しかし。結果的には彼女の登場で、この兄弟がひた隠して来た「本当の気持ち」「見ないで来た心の奥底」に気付かされる事となる。ミクちゃん、実はグッジョブなんだけど、やっぱり騒々し過ぎて私はあんまり好きになれなかったです。ミクちゃんが出て来なくても、遅かれ早かれ兄弟ではいられなくなったと思われ。
じゃあミクちゃんじゃ無くても感はやっぱり考えちゃうんだよね。
兄・海世の溺愛に次ぐ溺愛攻めに耐えられなくなる空也ってのを延々と見ていたかった気もします。
お世話好きで甲斐甲斐しい海世の事を堪らなくなった空也が攻める!という逆転ものでも良かった気もするし。
諸々妄想は捗ります。私の特に好きなシーンは、朝寝坊の空也の為にベッドで朝食を取らせようといそいそとミニテーブルを運ぶ海世。とか、「いってらっしゃい」のハグを強要するとか。長めの前髪を上げて、エプロン姿でお料理とか。海世的萌えシーンが沢山あって。兎にも角にもイッケメーン兄のベタ甘あまには癒されました。
表紙がもぅそのまま。ごちそうさま。
意外にもエチは控えめ。

0

社内にこんな人いたら引きますけどねw

兄の感情の出し方、おもしろいです。

義兄弟だけど弟溺愛。
病んでない。
エリートブラコン隠さない兄が面白かったです。
兄の友人も家族も理解ありすぎですけど、1巻におさめるし、
そうよね・・・って感じです。ご都合主義どんとこいです。

特に両思いになったあとの
朝イチのねぐせ弟を見ながら「幸(さち)!!!」といって
床をごろごろするお兄ちゃんw 朝から元気だしw

都合がよすぎる展開が物足りなさを感じますが、これはこれでアリよりのアリでした。

1

脇キャラがインパクト強すぎました・・・

弟大好きなイケメンだけど残念な兄と、いい子でいようとする弟のすれ違いものです。
ここまで周囲認知のブラコン(しかも義理)って、この年齢でリアリティはないですが、兄弟モノ好きならおいしい設定だと思います。
ただ、珍しいことに、強烈なオンナノコ脇キャラが出てきて二人の間を引っ掻き回します。

2人がラブラブブラコンなのはわかりやすいのですが、恋愛なのか兄弟愛なのか微妙にわかりにくい描かれかたをしています。
兄弟だからという背徳感はあるのでちょっと重いというか、シリアスめではありますが、テンポよくサラッと読める感じでした。

ミクちゃんという当て馬オンナノコキャラがかなり強烈だったので、このテンションが合うかどうかでだいぶ読み手の好みが分かれそうな気がします…。
自分は最後まで読むと、このコの事大好きになるし可愛いんですが、オンナノコの当て馬が苦手という人には向かないかも。
しかし、この子がいなければ単調なお話になってしまいそう。

良くも悪くも、このミクちゃんの印象しか残らなかったです^^;
でも兄弟もので三角関係ものって、あんまり読んだことないのでそのへんは新鮮でした。

0

大切な想い出が重い足枷になることもある。

義兄弟もの、弟を溺愛する残念なイケメン兄ということで、期待しながら読みました。
兄・海世のブラコンっぷりが素晴らしい!
冒頭からやらかしてくれていて、迷いの一切ない甘やかし方に満足させて頂きました。ご馳走さまです。

しかし、この兄、かなりこじらせてしまっていました。弟・空也との幼い頃の約束を守り続けるためなのですが、恋敵のミクに指摘されるまで全く自覚できなくなっていたとは重症です。
ミクの「お兄さんは自分に嘘をつきすぎてマヒしてる」という言葉はガツンときましたね。何と言いますか、年齢を重ねるにつれて自分自身の気持ちに対する誤魔化し方を覚えてしまう人は少なからずいると思うので……。海世は本気で自分の気持ちを自覚できなくなっていたのだろうなぁ、と妙に納得してしまいました。

一方、兄離れをし、ミクを好きになれたらいいと思っていると宣言した空也も、その理由は海世と同じく、『兄弟』という関係を守るため。
この、兄と弟が同じ気持ちなのにもかかわらず擦れ違ってしまった原因は、『兄弟』になった背景、『兄弟』という関係が始まったきっかけにあるのでしょう。
両親が事故死し、親戚間を渡り歩いた空也が辿り着いた先が亡くなった親の友人である梶の家。海世は突然できた弟に戸惑いながらも、一人泣いている空也を笑わせたい、安心させたいと思う。その想いから生まれた「ずっと一緒にいる」という言葉が、空也を初めて笑顔にさせた。
この出来事は兄にとっても、弟にとっても同じように大切な想い出になり、同じように重い足枷にもなりました。お互いに相手のためにと考えて裏目に出てしまった印象。
甘やかしているつもりが無意識の圧力になってしまい、空也に「完璧な弟」を押し付けてしまっていた海世。
海世の本音の告白も「弟の願いを叶えるための嘘」と思い込んでしまう空也。
この辺りの擦れ違いももどかしくて。
何とか空也に海世の気持ちが伝わって両想いになってくれて良かったです。

ミクは最初あまり好きになれないタイプだったのですが、ミクがいなければこの二人は踏み出せなかっただろうと思うので、ミクにも幸せになってほしいです。例の彼がいい人なら良いなぁ。

描き下ろしのおまけ4コマも面白かったです。海世と空也の母が天然で和む(笑)
相変わらずなお兄ちゃんのまま、いえ、きっと今まで以上のブラコンっぷりを発揮してくれそうな海世と、冷静さを保ちつつ、そんな兄を見守る天使な空也の幸せな日々が続いてくれることと思います。

3

目が…

義兄弟で恋をしちゃう話ですが、ほぼラブコメですね。お兄ちゃんである海世のブラコンぶりが笑えます。会社でもそれが当たり前のように公言しているばかりか、弟グッズでデスク回りも揃えているような徹底ぶり。ハイスペックな兄だけにその天然ぶりがおかしい。

ただ、ラブコメの時の絵は気にならないのですが普段のイケメンの時のキャラの目とか、目の回りが無表情過ぎて怖いです。コメディとのタッチの差が凄い!感情を殺していると言うことなのかな?でも、お兄さんもだし。白目がち?と言うか、線が多いと言うか、絵も描けない素人の私が言えることじゃないですし、好みの問題ですが漫画っぽくない感じなのです。(他のレビュアーさんは美麗とされてましたので、本当に好みの問題だと思います。)

0

え?そこで終わるの!?て感じでした

スパダリで、(リーマン・弟溺愛)…ちょっぴり残念なイケメンの兄ちゃん×悲壮感漂う平凡そうな大学生の受けのお話。
キャラクターは攻めも受けもどちらも好きになりました。ミクちゃんも良いキャラしていました♪

ただ…くっ付くまでの過程は1-2話でもよかったかな?…くっつくまでに長くページを割いた割には、あっさりとくっ付いちゃってがっかりでした。期待値が高かっただけに…

くっ付いた後の兄ちゃんと弟くんの様子も見たかったな〜…という思いで評価は「萌」☆

兄弟って言っても義兄弟なので重くシリアスな感じでもなく、そこら辺はさらりとしております。
私は兄弟もの(近親相姦)が苦手なので、それで良かったです。近親相姦もの、兄弟ものが好きな方には淡白かな?とも思います。

続編があればいいのになあ…

0

残念イケメンのアホっ子兄攻めヾ(*´∀`*)ノ

電子の新刊サンプル見て思わず購入。

タイトルや表紙から
ブラコン兄ちゃんの拗らせ具合はわかってたけど
想像以上にアホだったwww
ぶっ飛んだ溺愛お兄ちゃん大好きですヾ(*´∀`*)ノ

義弟は表紙やあらすじから
どんな弟タイプがくるんだろう??とワクワク。
あざと系?裏表ある系?きゅるるん系??
・・・うん。全部違ったね( ;´Д`)oh
普通に普通を重ねた普通のイイコちゃんでした。。。

コレがとっっっても残念だった。
お兄ちゃんも当て馬もハイテンションキャラで
間に挟まれてる弟受けの影の薄さといったら…。
受けはメインなハズなのに印象が残らず
なんてこったい( ;´Д`)oh

アホ全開残念イケメン兄攻めに対して
思いつめて悲壮感漂わせ影のある受けという
2人の温度差が私にはイマイチハマれず残念。

マイナスなことを書き連ねましたが
お兄ちゃんの残念っぷりはすっっっごく良かった!!
仕事は出来るみたいだし賢い人なんだろうけど
弟のことになると豹変ww
泣いたり笑ったり転がったりネジが飛んでて
アホ垂れ流しの溺愛攻めにニヤニヤしっぱなしでした(∩´///`∩)
同僚(ノロケ被害者w)とのやりとりが笑えます。

評価はお兄ちゃんに萌え×2・弟は中立で
間をとって萌えかな。
ストーリー云々より、ただただお兄ちゃんのおバカさに萌えた1冊でした。

0

義兄弟のすれ違い

スパダリなのにブラコンすぎて残念な兄攻めと、愛情の限りを尽くされている弟受けというカップリングです。
あらすじからは分からなかったのですが、ガチ兄弟ではなく、子供の頃に受けが養子になったという義兄弟です。義兄弟なのに名前が海と空で対応していてちょっとややこしいな。

内容は、ごくごくありがちです。可愛い弟をひたすら溺愛している兄。兄弟愛だと兄本人は思っています。
その兄の愛情は嬉しいものの、弟の方は恋愛感情込みで兄が好きです。でも昔親戚中をたらい回しにされたトラウマから、兄弟関係が崩れるのをとても怖く思っていて、いい弟でいようと努めています。

精神的には弟受けのほうが大人なカプです。兄はとにかく弟が可愛くて仕方なく、ベッタベタに甘やかし、2人で同居して毎日優しく起こして朝食を取らせ、大学に行く弟を駅まで送るというブラコンぶりで、顔はいいけど残念な人でしかありません。
その兄弟愛ゆえのスキンシップをヤバいと感じ始めた受けは、「俺、自立したいんだ」と兄と距離を置こうとします。彼女みたいな存在もできたようで、そこで初めて焦りまくる攻め。

これが受けの視点のお話なら、攻めザマァっぽかったと思いますが、攻めの視点のお話だったので、こんなに愛してもらっているのに意固地な受けにちょっとイラついてしまったりもしました。
あと、当て馬のミクが好きになれず…キャラは立っていたけど、もうちょっと魅力を感じられるキャラなら良かったな。
あと、受けがずっと兄の前でいい子ちゃんを演じているらしいのですが、それに気づかない攻めはどうかと思いました。

イラストはとにかく美麗!
イラストで1段階評価アップです。

3

残念なスパダリさん☆

雑誌『Chara』で一話だけ読んでいて、どうなるのか気になっていたお話でした。タイトルやあらすじからも分かるようにスパダリ義兄×義弟のお話。内容をざっくりと。すみません、ネタバレしてます。





主人公はリーマン・海世。イケメンさんでエリート、料理も家事も何でもこなすハイスペック男子。しかし海世がハイスペック男子を求めた理由はただ一つ。子どもの頃に海世の家に引き取られてきて義弟となった空也を守りたいという気持ちから。
早くに両親を亡くし孤独を抱えてきた空也の笑顔が見たいというただそれだけが彼のすべて。血のつながりこそないものの、兄として空也をひたすら愛する義兄さんで、「空也のために」海世の日常は終始しています。

ところがある日、今まで反抗したことのなかった空也から自立宣言され、そして空也に彼女の存在が現れ…。

というお話。

まあ、バッサリ言っちゃうとよくあるお話でした。

空也が、兄としてではなく男として海世を想うようになってしまったこと。
「弟」ならば一生切れない繋がりが持てる。だから「弟」としてそばにいたい。と恋心を封印したこと。
スパダリ義兄の海世も、自身の気持ちが分かっていなかっただけで実は空也に惚れていたこと。

等々…。

二人をひっかきまわす当て馬として、空也に恋心を抱いているミクちゃんが出てきますが、彼女(というかなんというか)の行動や本来の姿も想定内の展開でした。

が、海世が良い味出してます。
こういう義兄弟ものって弟視点のものが多い気がしますが、このお話は義兄視点。
あくまで兄として弟を愛している、という立ち位置。
イケメンでハイスペックでモテモテなのに、弟のことになると途端にアホな子になってしまう海世に思わず笑ってしまいます。
それが徐々に自分の気持ちを自覚し、スパダリなのに落ち込み憔悴し、空也を求めて必死な海世がなんとも応援したくなるキャラなのです。
兄弟という枠から抜け出すことを怖がる空也のために、最後に海世がとった行動がカッコよすぎでした。

あと、絵柄がとっても可愛いのもツボでした。
表紙が可愛いのなんのって…!真面目な顔して頭の中は空也のことばかりな海世に爆笑。

エチシーンは最後にちょびっとだけ。この綺麗な絵柄で、がっつりエチシーンも描いてほしかったなとちょっと思ったりもしましたが、それでもこのさわやかCPにはふさわしいちょびっとエロがなんともよかったです。

ところでミクちゃん。
ミクちゃんに言い寄ってきてる男子もいることだし、可愛いビジュアルで中身は男前のミクちゃんのドタバタな恋愛ストーリーも読んでみたいので、ぜひスピンオフを書いてほしいなと思いました。

9

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ