花舞う夜に奪う愛

hanamau yoru ni ubau ai

花舞う夜に奪う愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×29
  • 萌3
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
3
得点
50
評価数
14
平均
3.6 / 5
神率
7.1%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥630(税抜)  
ISBN
9784344839007

あらすじ

花宮伯爵家の次男で記者の幸人は、兄の親友の売れっ子作家・天笠の推理で出向いた屋敷で怪盗「夜叉」に遭遇し、唇を奪われ……!?

表題作花舞う夜に奪う愛

天笠晃一,兄の親友で人気作家
花宮雪人,子爵家次男で記者

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数3

大正ロマン漂う・・・

表紙の雰囲気に魅かれ購入しました。
あらすじからは分からなかったのですが、大正時代、帝都が舞台のお話でした。江戸川乱歩の世界のような雰囲気もあり、種明かしに至るまで、わくわくどきどきしながら読む事ができました。挿絵の雰囲気もとてもあっていて、更に世界観を盛り上げてくれています。

怪盗夜叉は、絵にかいたような怪盗紳士、とても素敵な存在です。
読み手側は、怪盗夜叉の中身が誰なのかは直ぐに分かるのですが、逆にその分、義賊であろうとも犯罪者を断固許さない!!!としている受け様と、どう折り合いを付けて行くんだろうか・・・と、その辺りが最後までどうなるんだろう!?とハラハラドキドキできる要素になっていました。

雪人の友人の戸次のスピンオフが今後発売予定との事で、そこで受け様のお兄様の近況も明かされるとか・・・
晃一と雪人も出てくるのかな?
楽しみに待ちたいと思います。

0

怪盗もの

個人的に和泉さんはドロリとしたストーリー展開をされる作家さん、のイメージですが、このお話はどちらかというとテンポの良い、さらりとしたお話でした。

怪盗(義賊)もの。
大正という時代背景。
そして主人公が没落した子爵家の次男で、今はブンヤさん。

という、子どものころ読み漁ったミステリーを彷彿とさせる設定(←大好物!)で、初っ端から食いついて読んでしまいました。

雪人の、自分の家を陥れた成り上がりものへの復讐とか、ブンヤとして怪盗・夜叉のしっぽを捕まえたいとか、尊敬し愛していた兄の失踪とか。
そういった様々な伏線があり、それらが複雑に絡み合いながらも小気味良いテンポで話が進むのは流石。
受けの雪人がキス一つで動揺してしまったりするのも可愛らしかったし、その『キス』に意味があるのも面白かった。

「夜叉」の正体は早々に見当がついてしまうのですが、その奥に秘められた秘密にはびっくり。
そして失踪した雪人のお兄ちゃん・悠人の居所も、意表を突かれました。

和泉さんらしい執着攻めも健在で、頼もしく、優しい「彼」のギャップにも萌えた。

ただ、王道過ぎた感も。
面白いのですが、「想定内」といった感じ。

個人的には今回あまり出番のなかった悠人がとっても気になったので、次作も楽しみに待っていたいと思います。

あと、yocoさんの描かれた挿絵がイメージにぴったりでした。

3

王道の大正浪漫譚

あらすじ:
ときは大正、ところは帝都。
没落した子爵家の次男・幸人(受け)は、世間を騒がす怪盗「夜叉」を追う記者。
兄の親友で人気作家の天笠(攻め)の力も借り、夜叉を捕まえようとするが…

怪盗と記者ということで、真生るいすさんの『日報群雲浪漫』を思い出しますが、こちらは怪盗とはキスどまり。
怪盗の正体(読者にはバレバレ)など、設定自体はかなり王道ですが、大正浪漫の魅力たっぷりの世界観を楽しめます。

幸人は、かなりの美人ながら自分の容姿にてんで無頓着な堅物キャラ。
納得いかないことがあると子犬のようにキャンキャン吠え始めるところが面白く、頭はいいのに結構抜けているところも可愛いキャラクターでした。

そんな幸人の良き相談相手となるのが、兄の友人で作家の天笠。
一見、知的で温厚な大人の男性ですが、その本性は…?
後半出てくる天笠視点のシーンでは、彼が幸人にかなり執着していることが見てとれます。
あとがきで作家さんが心配されていたほどキモい感じはないですがw、ちょっとムッツリというか変態紳士的な一面が面白いキャラクターでした。

幸人が夜叉にキスされたり、天笠の縁談の話に動揺したり…と、エピソード自体はどれもかなりオーソドックス。
幸人が夜叉の正体を知ってのリアクションもサラッとしたもので、目新しさや意外性には欠ける展開かもしれません。

しかし、幸人の家の歴史や使用人、兄のエピソードなど、時代を思わせる描写の数々にほんのり切なさがあり、その一つ一つが印象的。
ストーリー面でやや物足りなさはあるものの、ノスタルジーを感じさせる世界観・雰囲気に魅力を感じる作品でした。

次回は幸人の友人・戸次のスピンオフが出るとのこと。
本作でも幸人を何かと世話する(いじる?)役として良い味出していたキャラなので、次回作が大変楽しみです。

5

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ