花待つ君に捧ぐ愛

hanamatsukimi ni sasaguai

花待つ君に捧ぐ愛
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×23
  • 萌2
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
2
得点
24
評価数
8
平均
3.3 / 5
神率
12.5%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥600(税抜)  
ISBN
9784344839649

あらすじ

刑事を辞め、探偵を始めた戸次のもとに転がりこんできた、やくざの情人の美青年・晶。いきなり体を繋いでしまった二人の恋は!?

表題作花待つ君に捧ぐ愛

戸次武史,元刑事の探偵,25歳
霜田晶,やくざ親分の元情人,20歳

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

マイナーな映画館で昔の映画を観たような素敵なお話☆

前作があることを知らず購入し、読み終わったあとにスピンオフだった事を知りましたが、読み進めるのにこちらを単独で読んでも支障ないかと思います。

珍しく攻めさん視点のお話を読んだように思います。
戸次、警察のあり方に嫌気や不満を抱いた事から探偵業に転職します。
そんな事務所に現れたのが、警察時代に訪ねたやくざの親分の家で1度だけ顔を合わせた情人だった晶が訪ねてきます。
そのまま事務所に居座ることを望む晶をかわしながらも過ごしていたある日、親友の兄を探して欲しいと依頼が舞い込み…

といった感じで始まる、明治~大正時代の時代小説でした。
あらすじや読み始めから、『あー…好きな話じゃないかも…』と思いながらも読み進めていたのですが、気付けばその時代背景にどっぷりと浸かっていて、昔の映画を観ているような気分で一気読みしてしまうほどにすっかり嵌っていました。
普段読まない部類というのもあり新鮮だったのもあるのですが、内容が本当にしっかりしているんです。
ある程度のネタバレ程度で読んでほしい、そんな風に思えるほど楽しませてもらいました。

攻めさんの戸次も、受けさんの晶も、読み終わってみれば好きになれるキャラクターで、ビッチ受けは大の苦手だったのですが、生まれた環境からそうならざるを得なかったというか、そうするしか生きていけなかっただけで、晶自身は誰彼構わず抱かれることを快く思ってたわけではなかったのが多分良かったのかな…と。

この2人には、ずっとこの先も幸せであってほしいな…と想像するくらい惹き込まれた1冊でした( *´︶`*)

2

大正浪漫譚スピンオフ

あらすじ:
刑事を辞め探偵業を始めた戸次(攻め)のもとに転がり込んできたのは、ヤクザの元情人・晶(受け)。
なりゆきで彼を居候させることになり、誘われるまま身体まで繋げてしまい…

『花舞う夜に奪う愛』のスピンオフで、前作受けの友人・戸次の話。
前作では飄々とした人物という印象でしたが、本作の戸次はややヘタレで流され系のキャラという感じで、ちょっとイメージが変わりました。

前作受け・雪人に片想いしていたらしい戸次。
その雪人を別の男にかっ攫われても、変わらず友達付き合いを続けている人の良い人物です。
押しかけてきた晶に誘われるまま身体を繋げる等、押しに弱いところはありますが、面倒見がよく探偵としても有能で、一応男前攻めの部類に入るのではないかと思います。

晶は背が高めの大人っぽい美人さん(20歳くらい)。
ただし、ヤクザの情人として長年生きてきたせいか、中身は意外と子どもっぽく世間知らず。
頭は悪くないし行動力もありますが、寝技以外にさしたる特技はなく、家事もできません。
戸次に襲いかかって身体を繋げる最初のシーンでは大人っぽい印象でしたが、
その後は雪人の高貴な美しさに引け目を感じたり、戸次に対して素直になれずにいたり…と思いの外ウジウジしており、
思ったほど萌ツボを刺激されませんでした。

あとがきによると晶はツンデレ受けとのことですが、作中でたびたび晶視点のエピソードがあるせいもあり、そこまでツンツンしている印象はなく、デレたときのギャップもそれほど感じられず。
yocoさん画の晶が色っぽくて素敵だっただけに、作中の描写から期待ほど萌を感じられなかったのは残念でした。

ストーリー展開としては、前作で居所が明らかになった雪人の兄が突如失踪し、戸次と晶がその行方を探し出すというもの。
雪人の兄が苦労しつつも幸せに暮らしていることが分かって一安心ですが、
巷を騒がす怪盗を追うという内容の前作に比べると、ややスケールが小さく面白みに欠けるかなという印象。
探偵になった戸次が人探しくらいしかしていないという点にも、ちょっと物足りなさを感じました。

決して悪くはないものの、前作の方が面白かったかな、ということで萌評価です。

3

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ