リアルライフゲーム

real life game

リアルライフゲーム
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神1
  • 萌×21
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
2
得点
13
評価数
4
平均
3.5 / 5
神率
25%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
幻冬舎コミックス
シリーズ
幻冬舎ルチル文庫L(小説・幻冬舎コミックス)
発売日
価格
¥680(税抜)  
ISBN
9784344839069

あらすじ

マスの指示をリアルに行う人生ゲームを開始した4人。シールで隠されているゲームのマスにはとんでもない指示が隠されていて――!?

表題作リアルライフゲーム

平良,幼なじみ,26歳
道田佳宏,ディーラー(元社長令息),26歳

同時収録作品リアルライフゲーム

透矢,幼なじみ
飛田翔太,幼なじみ,24歳

その他の収録作品

  • 恋の奴隷
  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数2

 

契約は民法90条公序良俗違反で無効だから違約金の心配はない
とか野暮なことはいっちゃいけない
AV? いやジュマソジ? 発想が素晴らしいですね、こんなの読みたかったです
難を挙げるなら、登場人物が淡白で魅力が薄いことかな、夜光さんはいつもそうなんですけどね

表紙左下×右下スーツ
表紙右上のロン毛×左上スーツ
の2CPが奇妙なゲームをする話です

就活妨害したり、会社辞めさせたりするほど執着してるから、てっきり自分の助手にでもするのかと思ったんですが、ゲーム後はすっかり普通の社会人カップルになっちゃって拍子抜け

0

サスペンス風の設定は面白いですが…

2008年の作品の新装版。
ボードゲームが鍵となる物語で、ちょっと映画「ジュマンジ」を彷彿とさせます。

あらすじ:
元社長子息で、今は車のディーラーとして仕事に苦労している佳宏(受け)は、幼馴染の平良(攻め)と再会。
他の幼馴染、透矢(攻め2)と翔太(受け2)も呼び、4人でボードゲームをプレイすることに…

止まったマス目の指示に従うというルールのゲームですが、その指示内容は「カンボジアに学校を建てる」「火事を起こす」等、かなり無茶苦茶なもの。
ゲームが進むにつれ、どんどん膨れ上がる借金に恐怖を覚え始める受け二人。
そんな折、「右隣の人とセックス」など性的な指示も出始め…という展開です。

ヤバいと感じた時点で降りればいいのに、大人しくゲームを続ける受け二人の行動に違和感。
監禁されているわけでも何でもなく、仕事など普通に日常生活を送りながらゲームに参加している形なので、逃げるチャンスはありまくりです。

天真爛漫で比較的常識人だった翔太が、ヤンデレな透矢に抱かれて以降、別人のような淫乱キャラに変貌するのも、やや展開として強引。
平良と佳宏が交わっている続きところに翔太らが加わり、軽い4Pシーンが描かれますが、ノリノリな翔太に違和感&描写自体はそこまで濃くないので、せっかくの4Pなのにあまりテンションが上がりませんでした。

また、一番腑に落ちなかったのは攻め二人の作戦内容。
二人グルになってボードゲームを始め、受け二人を落とそうとした…というのは分かりますが、ゲームを降りられるリスクの方が高いし、誰がどのマス目に当たるかも分からないなんて、あまり賢いやり方とは思えず。
こういう設定なら、受け二人が否が応でもゲームに参加せざるをえない状況を作り出すとか、ゲーム自体に抗えない魅力があるとか、何かしら理由付けが必要だったように思います。

設定自体はとても面白いと思うのですが、ツッコミどころが多すぎて、あまり緊迫感を感じられないのが残念。
すみませんが、中立評価とさせていただきます。

4

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ