さみだるる

samidaruru

さみだるる
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×22
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない1

--

レビュー数
1
得点
9
評価数
4
平均
2.8 / 5
神率
0%
著者
高那シキ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
町屋はとこ 
媒体
BL小説
出版社
大洋図書
レーベル
SHYノベルス
発売日
価格
ISBN

あらすじ

前髪で目を隠し、人と接することを避けてきた大学生の竹下真知は、なぜか見知らぬおばあさんの家で住込みアルバイトをすることになった。そこで出会ったのは、男前だが熊みたいにでかくて有無を言わせないような風格のある久間龍次。不器用な真知に何かと世話を焼いてきては、頭をぐりぐりと撫でる。人との距離感がわからない真知は戸惑うばかりだ。ある日、おばあさんの孫だという「日向」が暮らしていた部屋に佇む久間を見かけた真知は、いつもと違う哀しげな姿が気になりはじめ──…!?

表題作さみだるる

久間龍次、29歳
竹下真知、大学生

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

ツルツルうどん小説

とても読みやすくて、コシのあるうどんのようにツルツルっと読めました。
背景描写が多いのですが、上手なのかあるいは相性が良いのか、景色が立ち上がるようで気持ちよく、こういう文章好きです。素直に読めば和歌山なのでしょうが、具体的な地名は出てきません。行った事ないので自分が知っている山間部を思い浮かべながら読みました。

内容としては、主人公の成長物語と言ってもよいかもしれません。日々の経過と共に人間関係や心情が少しずつ少しずつ変化していきます。恋愛というより日日是好日といった様相なので、「じっくり」タイプがお好きな人にお薦めです。登場人物にモヤる部分もありましたが、読むのを妨げるほどではありませんでした。

弱点はHシーンでしょうか。朝チュンに毛が生えたような印象…とは言ってもちゃんと書かれてはいるのですが。にも拘わらず、ですかね。こういうシーンは苦手な作家さんなのかもと感じました。

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

小説



人気シリーズ

PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ