歌舞伎町ストレイフラミンゴ

kabukicyou stray flamingo

歌舞伎町ストレイフラミンゴ
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神26
  • 萌×220
  • 萌16
  • 中立3
  • しゅみじゃない3

--

レビュー数
12
得点
261
評価数
68
平均
3.9 / 5
神率
38.2%
著者
星名あんじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
竹書房
レーベル
バンブーコミックス 麗人uno!
発売日
価格
¥679(税抜)  
ISBN
9784801957695

あらすじ

恋愛なんかに本気〈マジ〉になって、バカなんじゃねえの?
ホスト同士の歌舞伎町LOVEバトル!
……冷静な年下のNO.2 x 金に汚いクズ男なNO.1

歌舞伎町「club BAROQUE」のNo.1ホスト・類は、“王子様"と呼ばれた新人時代から一変、今では枕とオラオラ営業で稼ぐクズホスト。
目下の目障りは、新入りのクールなNo.2、耀司の存在だ。
そんなある日、アフターで泥酔した類は同席していた耀司にホテルで抱かれ、ショックでEDになってしまう!!その日から坂を転がるように、順調に見えた人生が狂いだし…!?

愛は虚構、信じられるのは金だけ――。
欲望まみれの世界で繰り広げられる、痛快&純愛ラブコメディ!

NO.1とNO.2が酔った勢いで…?
たった一度の快楽が全てを狂わせていくー

表題作歌舞伎町ストレイフラミンゴ

芹沢耀司,新入りのクールなNO.2ホスト,23歳
一ノ瀬類,枕とオラオラ営業で稼ぐNo.1ホスト

その他の収録作品

  • 名前のまほう(描き下ろし)
  • カバー下:イラスト

レビュー投稿数12

すごく素敵

作者さまのキャラの見せ方、お話作りが本当にお上手でホストという職業設定がとても活かされていたなと感じます。
表情の描き方から背景、細やかなところまで描かれており、とても丁寧で、club BROQUEに迷いこんだかのようでした。
エッチシーンの蕩けまくりな類くんがまた可愛い。
基本オラオラ色恋営業な類が耀司に溶ろかされていく、このギャップがなんとも言えません。
ホストの王子様な類くんもヤバいぐらい可愛いですが。
人気プレイヤーとなった類の迷走や苦悩、またその理由をみれば作者さまがいっておられたクズ男にも言い分はある、まさにそれだなと。
フラミンゴのくだりがとても好き。
素敵な作品に出会えて良かったです。
次回作もとても楽しみです。

5

ヤンチャな夜のフラミンゴ

インタビュー記事で見たときから気になっていて、この度電子で購入しました。レビューを書くときは基本、パラパラ見返しながらなので些か心許ないのですが、がんばります☆
ストーリーはあらすじをご覧になると明らかなように、歌舞伎町のホストのお仕事モノがベースのラブストーリーかな。
絵が綺麗で、男らしい色気もあり、読んで良かったと思いました。なんかジン・・ときましたし。
ただ、ホストの仕事事情が煌びやかな面だけではなく、エゲツないところにも踏み込んで描かれていますので、そこが受け付けない方もいるかな、とは思います。とは言っても重苦しくはなく、私は共感できたんですが。
ナンバーワンの類と耀司が色気があって、二人が絡む場面には引き込まれました。
本当、期待以上に良かったです。

3

ホスト設定なので、みんな許せるというかピッタリ!!

ホストの二人がエロ可愛い!
チャラ可愛い!キラキラ感がいいっ!
ムダにカッコつけててもいいっ!

攻めの耀司くんは、スパダリ!
しかも関西弁!こんなホストいたら…もう_:(´ཀ`」 ∠)

対して、類くんは私的には、線が細くて最近の若者って感じがしました。どこかに居そうで親近感の湧くホストです!類くんの存在が現実に少し近づけてくれるような気がしてました。

二人のバランスが良くてストーリーも楽しめました(о´∀`о)

3

全てがこだわり抜かれていました。

BLアワード2018、BESTディープ部門、ノミネートおめでとうございます!

類くんは、私が今まで見た受けの子でダントツの可愛さです。誰よりもスナオで純粋なところと、人の影響を受けやすいところがとにかく可愛い…!デフォルメでどよーんとしてるのも可愛い、ファッションも可愛い、特に最後の王子衣装好み過ぎる〜!!

とにかく類くんのキャラ作りが素晴らしくて。。かつて歌舞伎町に夢を見て人に優しかった過去があったのも泣きました。人や世の中の荒波に揉まれて卑屈になって投げやりになった類くんが耀司と出会って、愛を知って恋愛をして公私共に成長していく、二人のぴったりハマった関係性がたまらなく好きです。

あんじ先生の世界観が存分に詰まった作品でした!あんじ先生作品の最後の二人仲良くらぶらぶ笑顔で終わるところも大好きです!感動して心がほっと暖かい気持ちになります。

とにかく作品ごとの世界観作りが素晴らしいです!キャラも可愛いし、細かいところにもものすごく拘っているし、えっちなシーンも全力投球!お話も面白いし、ファッションも見どころ!一冊でこんなに楽しめるなんて最高でした。

お話やキャラクターはもちろん、背景やファッションまで全てが凝っている作品はなかなかありません。何度も読み返しているので、700円でここまで楽しませて頂いて良いものか。。最高の満足度です!!

2

関西弁ホスト×枕営業ホスト

歌舞伎町のNo.1ホストの受けと、その座を脅かすNo.2の攻め、というカップリングのお話です。

かつてはキラキラした夢を抱いていた受けは、いろいろあって心が折れて、今では枕営業でNo.1をキープするバリバリのクズホスト。
攻めはキラキラ時代の受けに憧れて関西のホストクラブから移ってきた、正統派イケメンの関西弁ホスト。関西弁キャラというとおちゃらけたキャラを想像してしまうかもですが、すごく一途で真面目なイケメンです。
その2人が、ある時ひょんなことから寝てしまいます。受けのことが好きな攻めと違い、ノンケの受けは男と寝てしまって大パニック。不幸な出来事でしかなかったはずなのに、なぜかそのあと女性相手に勃たなくなってしまいます。

女性に対してエラそうで、暴言を吐きまくりの受けが好きになれそうになく、攻めが一途で男前な分もったいないなぁ…と思いながら読んでいましたが、そのうち受けに可愛げが感じられるようになってきました。ツンデレというのとはまた違う、オラつくキャラのデレ、言うなればオラデレ?
始終オラオラな受けが、エッチの時は可愛くエロトロで「やらぁ〜」とか「あ゛〜〜♡」になっちゃうのが可愛かった。攻めもいい感じに年下ワンコで、口やかましくオカンみたいに怒る割に、肝心なところで受けにまったく頭が上がらないのが萌えました。

たっぷりあるエロも堪能したし、絵は時々粗いけど基本は綺麗だしで言うことなかったんですが、攻めの関西弁がどうもヤカラっぽくコテコテなのが関西人としては気になりました。せっかく受けと対比して真面目なキャラとして描かれているのに、台詞だけ抜粋したらこちらも十分オラオラなキャラ。もうちょっとマイルドな関西弁だとよかったな。

4

読む価値有り!

攻の耀司は、将来ラーメン屋を開くのが夢で、その為にホストで稼ごうとしています。
めちゃくちゃ男前でカッコいいですが、コテコテ?の関西弁。
私が関西弁に馴染みがないからでしょうか?
何かあまり聞いたことのない関西弁。
でも不自然さは感じないので、これが本当の関西弁なのかな?

あんまり関西弁キャラは好きじゃないのですが、耀司は別でした。
初めて関西弁キャラを好きになったかも。
ほんとカッコいい。
優しくて純粋、そして頼れる。
スパダリですね。

受の類は、ホストクラブのNo.1。
以前は王子様タイプだったのに、今や屑のような方法でとにかく金を落とさせることだけを考えています。
まあ、それには理由があるのですが…。

絵も綺麗ですし、ホストものなのに爽やかで面白かったです。
特に告白シーン。
目を見張るほどの爽やかさ(笑)。←読めばわかります。

個人的に、類が凹んだ時にペラペラになるのが好きでした。

2

読みごたえあり

ホストもの苦手なんですけど、これは「バリ」良かったです
デビューコミックなのにまとまったプロットと丁寧な絵です

方言攻め×標準語受け好きなんですよ
方言自体わりと好きなんですけど、受けやモブまで方言だとさすがに読みにくいので攻め限定が一番好きです
ただこの関西弁、あまりにお笑い芸人ダウ〇タウ〇的なコッテコテのオジサン関西弁なのが気になったかなw

2

色を変えていくフラミンゴ

No.1ホスト・類と、No.2ホスト・耀司、敵対してるように見える二人だけど、関西でNo.1ホストだった耀司はTVで見かけた類に憧れて上京。でも「お客を笑顔にしたい」と言っていた類はすっかり銭ゲバホストに変わっていてガッカリ。それでも類の華には惹きつけられるし、屈服させたいって欲望も芽生えてきて…
類は耀司に酔って絡んでヤられてEDになるわ、枕営業が出来ないからマンションも追い出されるわ、売り上げも落ちていくわで散々。そこで耀司の家に転がりこんで慰謝料出せ、広いほうがが俺の部屋とワガママ言いつつ、耀司とのエッチは気持ち良くて…

類は田舎から出てきて真っ白だったのが、夜の世界でキラキラした色を身につけて、でも裏切られて見た目はキラキラしたままだけど金しか信じないホストに変わってしまって…そんな類を、色が変わるフラミンゴに例えてるのがうまい!
耀司はチャラさがない包容力もあるイイ男。そんな耀司が類のワガママに振り回されてって、前半はエロコミカルにテンポ良く話が進んでいっておもしろかった!
色っぽい流し目の表紙、中の絵も夜の世界とイケメンをきらびやかに描いていて惹きつけられました。

ただ、銭ゲバが接客態度に出てる類がNo.1に君臨し続けられるのが不思議だし、敵対ホストからの攻撃は都合よくかわしすぎだし、最後の類の巻き返しも安易な気がして…
後半は類の成長物語&青春っぽいシメで、前半のきらびやかエロコミカルさと比べると違和感があるし、おもしろさが失速してしまって、一冊まるごと二人の話が長く感じてしまいました。
前半のテンポのままだったら神評価だったのですが…

2

妙にリアルなところもあり、なんだか萌えず。。

辛口評価でごめんなさい。
ホスト物は大好きですが、あまり萌えどころがありませんでした。
NO.1ホストの受けの態度が悪過ぎて、好きになれなかったのが大きいと思います。
枕営業だけでやっていけるほどホストの世界は甘くないと思います。
受けに惹かれてわざわざ東京の同じ店に来たという攻めがいつから恋愛的な意味で受けのことを好きなのかも不明瞭でした。
攻めがホストっぽくないので、何であえてこの仕事やってるのかなーという素朴な疑問もあります。
ホストに通ってる女のコ達の反応もリアルだけれど殺伐としていて、なんだか身も蓋もない感じでした。

1

色んな要素がテンポよく。

ホスト同士がCPになる物語。
…という事で読み始めると、主人公のNO.1ホストの類は、ドノンケでオラオラで女性を金と穴としか見てないクズい男じゃないですか。これがどう男同士の関係に?と腑に落ちない。
しかし、展開としてはかなりの序盤から、NO.2の一匹狼ホストの耀司に喰われます。
この辺はよく考えるとかなり無理目な設定だと思うけど、まあそこは置いといて。
男とは初めてなのにガッツリ感じちゃって、女には勃たなくなっちゃう類。そうなると今まで色恋で繋げていたお客さんたちはどんどん離れていく。
ランクが下がると、今まで足蹴にしていたNO.3には耀司との写真をネタに店内で吊るし上げ食ったり。
この辺になると今までオラオラで銭ゲバだった類が急激に弱って、本当は誰かに愛されたかったとかちょっと平凡かつ既視感ある展開になってくるかな?
それに、みんなを笑顔にして夢を見せたい、という美しい理想…私がホストに対して偏見を持ちすぎてるのか、ほんとにそんなホストさんいますか?みたいな疑いがぬぐえず。
そんな訳でストーリーにはいまいち萌えきれなかったんだけど、耀司と類のエロシーンに関しては、初めの恋愛感情なしの描写も、段々好きになってラスト完全両想いになっての描写も、手足や首の反らし方や感じてる表情などイイ感じでした。

1

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う