くそくらえ本能、世界は愛で回るんだ。 新サイエンス・フィクションBL爆誕! !

BEAST OF BLOOD

BEAST OF BLOOD
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神15
  • 萌×27
  • 萌4
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

46

レビュー数
3
得点
115
評価数
27
平均
4.3 / 5
神率
55.6%
著者
星名あんじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
海王社
レーベル
GUSH COMICS
発売日
価格
¥750(税抜)  
ISBN
9784796413657

あらすじ

「お前の血…イジョーにうめえな」 幼い頃に母親を亡くした春雷は、奔放な父に振り回され苦労の多い人生を歩んできた。
そんな父の再婚相手はまさかの男、その上ハイセレブなBOBだった!
あれよあれよという間に引っ越しが決まり、春雷は平凡な生活からBOBが多く通う学園へと転校することに。
転校初日、広い校内に迷い込んでしまった部屋で、義弟となる芙蓉に出会うが突然首を噛まれ、血を吸われてしまい…!?

表題作BEAST OF BLOOD

山内芙蓉,高3,ハイセレブBOBのヴァンプ
春雷,高3,ニーア

同時収録作品BEAST OF BLOOD

山内鈴蘭,高3,芙蓉の双子兄,ライカンのスプリーム
紅,ライカン,幼馴染のマネージャー

その他の収録作品

  • 描き下ろし
  • あとがき

レビュー投稿数3

噛めば噛むほど味が出る~

何度でも読み返すことで新しい萌えが生まれる作品だと思います!
一回読んだだけじゃ難しいって思うかもしれないけれど、だまされたと思って最後まで読んだ後にもう一度読んでみてほしいな~(お気に入りの話だけでも)
それに、読解力とか感性って書き手に与えられるものじゃなくて育てるものだと思うので欲しいなら磨かないとですよー 想像力も磨かれるし得かも。
いま自粛で外にも出られないし積本解消も兼ねてどんどん育ててますw

私は電子描き下ろしのお話がお気に入りでネタバレになっちゃうんで詳しくは言いませんが、とってもかわいいので読んでほしいです!(作者さんのツイート見て、紙買ってたけど電子も買ったら個人的大正解でしたv)

1

難解

う〜〜ん…
一回読むだけだと、なんか全然わかんない…
絵は、
とっても綺麗。
登場人物は魅力的。
美形どころの恋模様は素敵。
みんなは一回読めばわかるの?
編集さんもわかったの?
これならみんなにもすぐわかるよってgoサイン出したの?
読み込んでちゃんと理解しきってからレビュー書くべきなのかもだけどね。
一つ大きく感じるのは、
「詰め込みすぎ」なんじゃないのかな。
お父さんの再婚相手のBOB、その息子たちはそれぞれ違う属性で。
それぞれの彼らはそれぞれの恋愛をする。
そこはみんなかっこいい子達だから、萌えはある。
でもそれは物語をよくわかった上での萌えじゃなくて、かっこいいBたちがLしてる!Hしてる!っていう萌えであって、内容のない萌えなのだな。
まず最初のCPについてもう少しじっくり描いて欲しかったかな…
まあ、また何度でも読んでみます。

1

設定理解に時間がかかるけど、面白い!

BOBとは、BEAST OF BLOODの略です。
この世には、4つの種族が存在するという設定で、オメガバースの前日譚的位置付けになるそうです。
正直、こんな複雑な設定だとは思ってなかった^^;
何度も世界観の説明を見直しながら、読み進めました(汗)

とはいえ、何より表紙がかっこいい!
何度も見ちゃう‼︎
読み終わると誰が誰か分かるようになるので、また何度も見直してしまいました。

ーー以下、設定とあらすじ(ネタバレ含)

・ニーア:人間、カースト,発情期なし
BOB
・ライカン(陸):金色の瞳、カースト・発情期あり
・ヴァンプ(空):赤瞳、カースト・発情期あり、ニーアの血が好き
・セイレーン(海):希少種、発情期あり、カーストなし

※男女共に妊娠できる世界。
BOBがニーアと違うのは、見た目の性別に惑わされないことと、ケモノ由来の本能があることです。

ニーアの父がライカンと再婚することになり、鈴蘭、芙蓉、錦というBOBの3兄弟ができたニーアの春雷。
この3兄弟それぞれの恋愛模様を描いたストーリーです。

【鈴蘭(L)×紅(L)】
ライカンのトップ・鈴蘭は、高校生でミュージシャン。
全てのライカンの恋人的存在です。
ただ、鈴蘭が心から欲しいと思うのは、マネージャー兼幼馴染の紅だけ。
発情期に慰め合うだけの関係だった2人ですが、紅が〝失恋特効薬〟を服用していることを知りーー…

ここも複雑な設定があって、ライカンのスプリームである鈴蘭は、カースト最上位。
スプリームである以上、1人の人と結ばれることはできないのです。
両想いなのに高いハードルがある2人なのですが、紅の健気さを知った鈴蘭がプロポーズします。
なるほど、その手があったか!という感じ^^
鈴蘭のおバカさが切なさを吹き飛ばし、ハッピーにしてくれます。

【芙蓉(V)×春雷(N)】
この2人がメインカップルかな。
義兄弟同士の恋です。
ヴァンプはニーアの血が大好物!
ただし恋をしたヴァンプは、一生その相手の血しか飲めなくなってしまいます。
だから、片想いや失恋はヴァンプにとって命取りなのです。

一度、ニーアに恋をし、相手を不幸にしてしまった芙蓉。
ニーアの春雷には厳しく、恋にも否定的です。
でも、本当は誰よりも恋に憧れているのかな、とも思います。

芙蓉が、愛する気持ちを大切にしようと、自分の気持ちに素直になるまでを大切に描いています。
春雷は素直に自分の気持ちに従うタイプなので、引き寄せられる引力に逆らいません。
タイプの違う2人の恋なのですが、ある意味ピュアで、とても微笑ましかったです。

【三ツ葉(L)×錦(S)】
こちらは、正真正銘のピュア恋です。
ストーリーとしては、1番あっさりしてるかな。
H無しなのですが、描き下ろしをみるとリバカップルのよう。
リバか……見たかった(笑)

関係ないけど、芙蓉と春雷もお互い限定のリバっぽいんですよね。
……見たかった(笑)


芙蓉の従兄弟のヴァンプ・鵜堂が春雷にボコられるエピソードがあるのですが、そこで芽生えたMっ気とネコ素質(笑)
どこかで、鵜堂のその後を読んでみたいです。

次々登場するイケメンに癒され、ハッピーエンドの恋に胸キュンしました♡
一冊で終わりにするのはもったいない作品です。
続編、スピンオフ期待してます!


シーモア 修正はトーン+白短冊

10

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う