な、なんで綾生さんに挿入れてる俺のケツに、指挿入れるんですか!?

30までに死にたい

30madeni shinitai

30までに死にたい
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神31
  • 萌×236
  • 萌33
  • 中立12
  • しゅみじゃない14

--

レビュー数
19
得点
410
評価数
126
平均
3.5 / 5
神率
24.6%
著者
星名あんじ 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
漫画(コミック)
出版社
Jパブリッシング(ジュリアンパブリッシング)
レーベル
arca comics
発売日
ISBN
9784866691657

あらすじ

彼女に振られ、大学も留年寸前、過疎化で取り壊し予定の団地に住み、「いっそ30歳までに死にたい」と願う、夢も希望もない無気力大学生の愛。
その上、壁が薄いせいで隣人の激しいセックスの声まで聞こえてきやがった日には…!!!
ハスキーでエッチな喘ぎ声の持ち主が男だと知り衝撃を受ける間もなく、あれよあれよと綾生(美人)&伶(男前)の隣人コンビの仲間に入れられて、差しつ差されつのセックスを…!!

インモラルな世界へようこそ☆ダイナミックにエロくてアッパーなあんじ流3Pは、差しつ差されつのサンドイッチ3Pラブ☆

表題作30までに死にたい

伶 寡黙な隣人 / 武藤愛 苦学生
武藤愛 苦学生 / 綾生 性に奔放な隣人

同時収録作品30までに死にたい

武藤愛 苦学生
綾生 性に奔放な隣人

同時収録作品30までに死にたい

伶 寡黙な隣人
武藤愛 苦学生

その他の収録作品

  • 楽園編(描き下ろし)
  • 地獄編(描き下ろし)

レビュー投稿数19

ポリネシアン〜をしっかり見たかった

星名先生初読み。
ポリネシアンセッ○スを描いたBLが読みたくてこちらを。
お目当ての部分はかけ足だったので、ポリネシアンの良さを感じる暇がなく残念でした。

で、3Pものだったw
別にそれはいいんだけど、全編通してわかるようなわからないような。
愛のダメダメっぷりはわかる。共感できる。
が、あまりにも流されやすいな〜てのと、伶と綾と関わるようになって急に前向きになったり、置いていかれた後、就職して自己肯定感うんぬんかんぬんで営業成績トップとか…極端に変わるものだなと。

伶と綾の生い立ち、2人の絆はわかるけど、ヤクザの愛人でお金を盗んで…のくだりがあまりにリアリティなく。
2人でしあわせを求めるものなんか違う、2人を愛してくれる恋人を見つければいい、と愛と3人でしあわせになる、というのもわかるようなわからないような感じでした。

0

表紙からしてもう…

なんか、何もかもぶっ飛んだ作品でした。
ビッチな美人受け綾と無口な男前攻めの伶、この二人に受けさせられたり、攻めさせらりたりする純粋素朴な学生の愛くん。しかも、綾はヤク中って…主人公の一人がヤク中のBLなんて初めてかも。綾と伶は元ヤクザの愛人でヤクザの脱税してたお金を強奪して逃げてる設定なのですがこれまたここに闇っぽさとか、暴力とか無いんです。指名手配かけられてるので一旦は南の島に逃げるものの、愛くんを迎えに日本に戻って、また三人で南の島に行ったりと、指名手配されてるのにするするっと行き来しちゃってるし。
でも、難しいことは考えずに軽いノリで読んで、愛でて、感じるのがこの作品の正解ですね。
あんじ先生の描く美人さんと男前、ほんと素敵なのでぐちゃぐちゃのエチエチでも凄く綺麗に見えます。

0

久々に神作に出会って尊死した

Kindleunlimitedにうっかり入ってしまったんです、まだ体験ですが。こんな神作に巡り会えるなら継続しようと決意しました。
読み放題入っていなければきっと巡り合わなかった作家さんです。

読後の頭がしびれるような脱力感を久しぶりに感じました。

全然ストーリー違うのですが、映画『トゥルーロマンス』を思い出しました。
見終わったあとの感覚が近い気がする‥

冒頭のフラフラしたお股のゆるいイージーで堕落した関係、ビッチなのに芯はピュアな受け、途中繰り出されるとんでもない騒動、ヘビーな背景からどんでん返しのちウルトラハッピーエンド。

何か何だかわからないストーリーじゃないですか!?なのに泣けるし癒やされるし考えさせられるんですよ!!ヤられた‥

タイトルが本当に効いてますね。
30までに死にたい
若い頃は、死ぬのが怖くないと思ってる。
でも少し年を重ねて社会人になった愛くんは「何者でもなく怖かったから」と回想します。今も愛くんは怖いはずです、でも「3人で幸せになる」と決めて生きていくのです。
この先年を重ねていくと段々と死の恐怖と闘う事にもなるでしょう‥3人で補い合い乗り越えて欲しいなと思います。

今まで3pって意味が解らなかったんですが、この作品によって性癖の壁をなぎ倒されました。
こういう出会いがあるからBL止められません。

0

イタイ、ツライ、だけど良い

この作品、初読のときに結構病みました。
BL歴もまだ浅くて、あっちもこっちも地雷だらけだったわたしには衝撃が強すぎて。
今回、ある程度耐性が出来た状態での再読。

作画が神。
この作品の前年に出版された作品と比べると、作者さまがどれだけ努力されてきたか…。いやもう、どれだけ努力したらこんなに巧くなるんでしょうか。
表紙より本編が美しく、しかも全編通して安定した美しさです。

彼女にフラれたばかり、隣人のえろすな騒音に悩み、バイト先ではおばちゃんに怒られてばかりの真面目クズな愛。
ひょんなことから隣に住む超絶美人で破天荒な綾生と、超絶イケメンで無口な彾と知り合って…。

綾生と彾は「ニコイチ」で切っても切れない関係。
そこに割り込む形の愛が、ふたりを知るうちに自分の存在がどういうもので、どうなりたいのかを悩みつつも、結局は勢いで踏み込んでいくのが若さだなあと。
自由奔放で本能のままに生きる綾生に惹かれる思いは憧れのようで、それまでの自分とは違う世界に行けるようなワクワク感があるし、穏やかで静かだけど温かさもあるし、弱さもある彾への思いはさながら母性本能。
両極端な2人との日々はバランスが取れているようで、脆そうなアンバランスさもあって、見ていてハラハラします。「続くわけない」と思ってしまう。

2人には2人の事情があって、愛は置いていかれる形になるのですが、その直前がもう辛い。せっかく元カノへの未練もすっきりなくなって、2人とも濃い時間を過ごして「分かり合えた。ひとつになれた」と思った途端の置き去り。
もうこころが痛いの何の。

ラストはハッピーエンドです。
なんとなく生きていた愛が踏み出した一歩が、逃げた2人が「お互いさえいればいい」と思えなくなるほど大きなものだったんだな、とじんわりこころに沁みます。
恋愛は1対1が理想だけれど、欠けた部分を2人では補えないのなら3人で完全体というのもありなのかな、と思える作品でした。

0

エロが多め、でも話は考えさせられる。

3Pの破壊力?ダントツでした。

ニコイチペアと新規加入な話はいくつかありますね。
何でも分けあう二人、幸せになりたい、二人を一緒に愛してくれる人に出会えたら…。

毎日毎日団地でセックス三昧の隣人が実は男同士だった!
愛は無気力大学生。彼女に振られ留年寸前で30までに死にたいと思ってて。

二人と愛の出会い。ハチャメチャな3P合戦。
自分の不安さをハチャメチャな二人に任せて一旦前向きになる愛。
そんなときに二人に捨てられ去られてしまい…。

しかし二人は自由を手に入れた二人の楽園に来たはずなのに幸せじゃない。二人は愛を必要と思っていたんですね。

一方その頃愛は別人のように生き生きと商社の営業トップで。生まれ変われたのは二人のお蔭でしょうね。

そして三人が再会し…。

なんというかあまりにもセックスや3Pが多くて、確かに三人に快楽は重要な要素なのでしょうが。あとモラトリアムの先への漠然とした不安もわかりますが。
そして絵もキレイなんですが。

もう一声?一押し?あればなあ。(何様?ですが)
確かにこちらも気持ちを動かされますが、なにぶんセックスや描写が多過ぎてBLにこんなことを言ってはいけないのですが、エロばかりじゃなくてもっとお話を書いて欲しかったな。必要なエロかもしれませんが。

1

取って付けたようで3人に愛を感じませんでした

この作者様の描かれる受けはみんな似ていて化粧のケバい女性にしか見えません

0

登場人物がいい!

初読みの作家さん。
表紙の肌色さに惹かれ購入しました。
彼女に振られ、大学にも行かず、30までには死ぬなんて言っている愛。
でも、隣人2人に懐かれ3Pするように。。。

クスリやヤクザ、指名手配などかなり重いワードが出てくるのですが、綾の破天荒さで重くなりすぎずに読める作品です。
美形の綾に惹かれ、恋人になろうと愛は言いますが、綾は冷のことも愛せるならと、3人でいることを引き合いにします。
後半は愛もほだされて受け入れ、前向きに考えるようになる愛ですが、2人は愛の前から消えます。

エッチは凄く濃厚です。
3Pだけでなく、2人での場面もあります。
3人の心も徐々に繋がり、それぞれがいなければならない存在になります。
身体だけでないのが良いです。
思っていたより、重いテーマでしたが、楽しく読むことができました。

0

ハッピーハッピーサンドイッチ

〖DMM電子書籍〗
修正:白抜き
カバー折り返し:なし
カバー下:
帯:なし
裏表紙:
備考:試し読みで確認できた事項のみ。

〖紙媒体〗
修正:白線
カバー下:なし

この3Pかなりエロいですね。紙での購入をオススメします。

1

これはいい!

ものっすごい美形のボニー&クライド(男同士だけど)に挟まれた
フツーの、ネガな男の子の話…という感じでした。

タイトルから感じられるほの暗さとか、犯罪とドラックの闇とか
全く無いです。

まず、絵が綺麗。
挟んでくる二人の美形度、少女漫画レベルです。
あと3Pだけど体のラインがみんな綺麗に描かれているのでエロい。

ストーリーもすごく好きだった。
犯罪とかドラックとかは、むしろオシャレ要素にしかならず、
(倫理的にはもちろん駄目なことだけれども)
幸せになるために必要なことだったと、理解できます。

挟まれた愛君は、30までに死にたいと思ってたけど
二人に思考をぶち壊され、むしろ前向きになり、
どんな未来も受入れられるくらい、度量の大きい人に成長しました。

綾生と伶の(主に綾生)のぶっ飛んだ考え方も、
寂しさのあまりに思考が極端になったゆえの事だし、
むしろ純粋さが引き立てられる。

読んで幸せになれる1冊でした。

2

なかなかに

衝撃的な作品でした。

将来に虚無感を抱いて、毎日を退屈に過ごす愛。
若いうちにパッと散りたい…
そんな拙い考えを持つくらい変わらない日常に
飽き飽きしている。
そんな愛からしたら訳アリの綾生と伶はどれだけ
自由奔放で刺激的な存在だったことでしょう!

後半で明らかになる綾生と伶のしてしまった事は
許される事じゃない、けど。
お互い以外の「居場所」を求めて探すための
極端な方法だった訳で…

そこで隣人だった愛と出会って、性急に身体を重ねて
気持ちを曝け出して、快楽だけではない
それぞれの繋がりのようなものを感じて。
他の何者にも変えられない3人なんですよね。

でも綾生と伶は愛の前から姿を消して5年後…
2人との出会いがあったからこそ自分がみえるように
なっていた愛。
仕事して、恋愛して、普通の生活、普通の………

なんて絶対無理でしょ!!!

中毒性のある2人に精神的にも身体的にも
変えられてしまった愛。
出した答えが正しいのかは3人のみぞ知る…。

挿しつ挿されつ、くんずほぐれつの入り乱れ3Pも
とってもえろくてもちろん良かったんですが←
個人的に愛が伶のことを受け入れた時のえっちが
可愛くて1番好きでした♡

2

この作品が収納されている本棚

レビューランキング

漫画(コミック)

人気シリーズ

  • 買う