運命の転機は三十歳でした。番外編 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

unmei no tenki wa sannjyussai deshita

運命の転機は三十歳でした。番外編 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神2
  • 萌×20
  • 萌0
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
11
評価数
3
平均
4 / 5
神率
66.7%
著者
 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

イラスト
 
媒体
小冊子
出版社
笠倉出版社
発売日
価格
非売品
付いてきた作品(特典の場合)
運命の転機は三十歳でした。

あらすじ

運命の転機は三十歳でした。を、コミコミスタジオにて購入すると貰えるオリジナル特典小冊子。(なくなり次第終了。書店HPにて要確認。)
東元の指に互いに交換し合った結婚指輪がはまっていないことに気が付いた多岐川は・・・

表題作運命の転機は三十歳でした。番外編 コミコミスタジオオリジナル特典書き下ろし小冊子

東元遼太郎(学者)
多岐川徹(エリートサラリーマン)

評価・レビューするAIの精度がアップいたします

レビュー投稿数1

攻め様の執着っぷりがもう・・・

無事、受け様と結ばれてからというもの、攻め様のちょっと怖いかもしれないぐらいの執着っぷり全開となっています。私としては、そのちょっと怖いかも・・・なこの攻め様の執着っぷりがむしろ病みつきになっています。知り合ったばかりの2人だとしたらちょっと怖く感じたかもしれませんが、大学生の時からの仲良し同士ということで、とても素敵に感じます。
この小冊子も、そんな攻め様の執着祭りとなっています。

以下、内容になります。

時は、2人が結ばれてから3か月後のこと。
東元が用意して、2人で嵌めていた指輪。ところが、ある日、東元が指輪をつけずに帰宅。その時は咎めなかったものの、さすがに3回目となった日に、ついに透は東元に理由を尋ねます。
すると、仕事で貴重な資料を見る際に外さなければいけなくて外したと答える東元。更には、透が嫉妬してくれたことがとても嬉しくてたまらない・・・と喜びます。

数日後、今度は透が指輪を付けずに帰宅。すると東元が大嫉妬。
仕事で物を動かす時に、指輪をゆがめちゃいけないから外した・・・と答えたら、更に嫉妬嫉妬の嵐の攻め様。
本当に浮気をしていないか、体を確かめる・・・と透の体をじっくり攻めはじめます。
途中から、これはプレイの一種だ・・・と気が付く透。
でも、透も同意してそのまま2人はHに突入。(その辺りもちゃんと描かれています)
事後・・・
東元は、透に対して「もし本当に浮気したらこの程度じゃすまないから」と、宣言。その目はもちろん笑っていない東元。
でも、透の、浮気するぐらいなら最初から東元とは付き合っていない・・・という言葉に、とても幸せそうに笑う東元なのでした。

(おしまい)

4
PAGE TOP
  • 商品購入
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ