ゆきずり

yukizuri

ゆきずり
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神0
  • 萌×21
  • 萌0
  • 中立0
  • しゅみじゃない0

--

レビュー数
1
得点
4
評価数
1
平均
4 / 5
神率
0%
著者
月夜堂 

作家さんの新作発表
お誕生日を教えてくれます

媒体
小説
出版社
メディアチューンズ
レーベル
電子発売日
ISBN

あらすじ

カフェで出会った歯科医師と医師。行きずりの関係だったのに、意外な再会から付き合うことに。お互いに複雑な過去があり、それぞれ切れない相手を持つ。

彼らは別れを選ぶのか……?

※こちらの作品にはイラストが収録されていません。

表題作ゆきずり

常葉進一郎 大学病院勤務医
扇谷謡 歯科医師

同時収録作品これから

扇谷謡 歯科医師
篠原志津夫(雪静)

その他の収録作品

  • アッシュ
  • ふたたび

レビュー投稿数1

構成と仕掛けがとても面白い

4タイトルの短編が入っており、その全てはつながっている。構成と仕掛けが面白く、一つ一つつながりが見えてくるたびにテンションが上がった。

最初の短編「ゆきずり」はキャラ名が出ず、“男”ד彼”の話として語られる。タイトル通り一夜限りの関係を持つお話。
続く「アッシュ」はその後の登場人物の紹介を兼ねたもの。ここまで読んだだけではまだ何も見えてこない。

「ふたたび」で、ゆきずりの関係だったはずの二人が再会する。ここで初めて彼らの名前が明かされ、仕事中の姿や背景が描かれる。関係が始まるシーンはあっさりしていたが、シチュエーション萌えが爆発しそうだった。

「これから」は人間関係があっちもこっちも複雑で、ちょっと読み辛かった。謡は日本舞踊を嗜んでおり、その世界のことも絡んでくるため、本名の他に流派の名前を持つ人物が複数出てくる。加えて謡の家庭環境が複雑。
さらにはページ数に対して出てくる人物が多すぎ、現在過去と各所でカプが乱立していてこんがらがってしまった。人物相関図を描けばものすごいことになりそう。キャラは他作品とリンクしているようなので、合わせて読めば理解が深まるのかもしれない。

常葉は謡に惹かれながらも昔の男への未練を再燃させ、彼がいる海外への派遣希望を出す。BLとしては最終的にどういう決断をするのか?が気になるところだったが、なんとも曖昧な終わらせ方だった。
とはいえ余韻はとても心地良いもので、その先がどういう結果であっても、二人とも自らの手で幸せを掴む大人だと思える。とても良い蜜月とその終わりを見れたと、満足して読み終われた。

4編に分けて書かれたストーリーの構成と、タイトルからも見えるテーマから、描きたいもの・表現したい萌えがすごく分かりやすい。商業誌にはない、このストレートさにハマる。淡々とした雰囲気も好き。

他の相手と関係を持ったり女嫌いを示すモノローグがキツめだったり、祖母の発言がわりと酷かったりするため、万人に薦められる作品ではないかも。まあそれも人間味を表す要素として、私は魅力的に思えた。

0

レビューランキング

小説



人気シリーズ

  • 買う