方言男子 × BL × ふたり暮らし

ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~

hougenkareshi to room share

ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~
  • NOT BL
  • E-BOOK ONLY
  • R18
  • 神5
  • 萌×23
  • 萌1
  • 中立0
  • しゅみじゃない1

20

レビュー数
1
得点
40
評価数
10
平均
4.1 / 5
神率
50%
作品演出・監督
蜂谷 幸
音楽
鈴木 潤一朗
脚本
TSUSHIMA
原画・イラスト
ちやん
オリジナル媒体
オリジナル
CD発売会社
marble records
収録時間
77 分
枚数
1 枚
ふろく
フリートーク
あり
発売日

あらすじ

―― そういうわけでルームシェア、ハジメテみました。

ひょんなきっかけから同居を始めることになった二人の恋の始まりとハジメテのエッチ。
怒ったとき、甘えるとき、愛の告白にエッチのとき ……
方言男子たちの恋に心ときめきたいあなたに贈るオリジナルBLドラマCD。

第一弾は大学の同級生、熊本boys

表題作 ほーげんカレシとルームシェア!~熊本男子編~

高宗 勇人 → 古川慎

志垣 春弥 → 田丸篤志

評価・レビューする

レビュー投稿数1

ほのぼの、甘くてかわいいお話と2人の雰囲気が微笑ましいです

 熊本には1年ほど住んだ事があり、今もお隣の県在住なので、そんなだよなぁ、と思いつつ熊本弁CDを聞かせて頂きました。
ほーげんだとどんな違いが?と思ってましたが、フリートークで古川さんがおっしゃってましたが、うん、゛素゛を感じるんですね。

 古川さん演じる勇人は普段から熊本弁が通常モード。
古川さんの低音のイケボで「でこで」とか、どうしよう、かわいい。
普段そっけないくらいなのに、ここぞという時には甘く言うのはずるいと思う。

 方や田丸さん演じる春弥は標準語が通常モードでテンパッた時とかテンションあがった時とかにちょいちょい熊本弁が出てる。
 受け様の田丸さんモノローグで話が進むので、ぐるぐるあわあわしてる様子がとてもかわいかったです。

 高校の同級生だった2人。
3年の時、勇人が女子に告白されて付き合いを始めてから勇人への気持ちが友情だけではなく恋愛的に好きなのだと気付いた春弥は、受験を言い訳に距離を置くようになって誰にも言わず東京の大学を受験して上京。
離れて1年たっても忘れられないでいる春弥は、1年浪人して同じ大学に入学してきた勇人と再会。
契約の続き行き違いで今の部屋を出ないといけなくなった春弥に、勇人はルームシェアの提案をしてきて、2人は同居を始める訳ですが、春弥の内心は嬉しいやら切ないやら。
初めて寝た時、別々に寝たのに朝起きたら勇人に抱きしめられてる状況に、はわわわわとなって勇人を起こすのに、自分の腕の中に春弥を認めて「おったか」と安心してまた寝てしまう勇人。
この「おっかた」のセリフがとても好き。
ちゃんといる、よかった、の安堵感にじみ出る一言に勇人の気持ちが込められてて、こんなん腕の中で言われたら、一瞬でめろめろっスね。
そんな勇人の一挙手一動に一喜一憂してる春弥がかわいくてかわいくて。

 大学内で女子と会話してる勇人を見て高校時代を思い出し先に帰った春弥に対し、連絡が取れないことに慌てた勇人が雨の中、おそらく待って探して慌てて帰ってきて。
高校卒業後に会えなくなって身を切られるほど寂しかった、と春弥がいなくなって自分の気持ちが友情ではなく恋人として好きだと気付いた、と告げられて、春弥も自分の想いを正直に告白して無事2人恋人同士に。
恋人同士になった春弥が勇人を見て内心で「カッコイイ」と3回も言ってもだえてるのが「カッコイイ」の3段活用かよ、とツッコミたくなるくらいかわいかった。

 せっかく恋人になったのに、キス以上に進まないどころか、避けられるようになって、やっぱり勇人は後悔してるのでは、と落ち込んでる時に以前のアパートの大家さんから戻ってこないかの連絡が。
春弥は勇人に出て行くね、と告げるのですが、その時の勇人の反応がまたいい。
眠たげにしてたのに、出て行くと言われて一瞬で「どげんしたと」と飛び起きた姿が目に浮かびました。
「好きだけん」と泣きながらほーげんで告げる春弥は本当にかわいいし、春弥を壊しそうで手を出せなかった勇人が覚悟を決めて「後悔するなよ」と標準語で言うのは勇人、確信犯だよね。

 えちシーンは、冒頭の春弥の夢オチえちシーンと、この最後。
後告白しあった後の春弥だけイかされるとこもかな。
ここの時、古川さんの息遣いにおぉっとなりましたが、興奮してるのか熱で荒い息遣いになった態なのか…。うん、きっと攻め喘ぎの方よね。

 ともかく、同級生の再会物で王道ストーリー。甘くてかわいい2人でした。

2

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ