ちびモフだらけの保育園に就職決定! しかも狼社長に発情されて…!?

もふもふ保育園とはらぺこ狼

mofumofuhoikuen to harapekoookami

もふもふ保育園とはらぺこ狼
  • 電子専門
  • 非BL
  • 同人
  • R18
  • 神3
  • 萌×26
  • 萌1
  • 中立1
  • しゅみじゃない0

121

レビュー数
4
得点
43
評価数
11
平均
4 / 5
神率
27.3%
著者
 
イラスト
 
媒体
小説
出版社
KADOKAWA
シリーズ
角川ルビー文庫(小説・角川書店)
発売日
価格
¥620(税抜)  
ISBN
9784041056875

あらすじ

風邪っぴきの子供を抱えた見ず知らずの父親を見かねて、声をかけた保育士の初音。ところが、その子供には、三角耳としっぽが生えていた――!? 偶然にも狼人間である迅剛とその息子・将と出会った初音は、将に懐かれた縁で、大企業の社長の迅が経営する“人間に変化する動物たちのひみつの保育園”「こんぽこ園」に就職することに。ケモっ子に囲まれてもふ充する一方、せっかちで尊大な迅からは「美味そうな匂い。喰っていい?」と味見を強要されて…!? もふもふ保育園ラブ!

表題作もふもふ保育園とはらぺこ狼

迅 剛 30代半ば 大企業の社長にして人狼
倉野初音 23歳 保育士

その他の収録作品

  • あとがき

評価・レビューする

レビュー投稿数4

ケモっ子みんなが可愛すぎて…!

もふもふたくさん!ケモっ子たくさん!ちみっこたくさん!
の、可愛いすぎか!と、私も何度突っ込んだか分からない、"可愛い"がたくさん詰まったお話でした。
「こーん!ぽこぽこ!こーん!ぽこ!」が離れない…
「コーン!ニチワ!」な挨拶がループしてる…
こんぽこ園のお約束を唱えるちみっこ達の様子が好きすぎて忘れられない…

と、読み終わった今もこんぽこ中毒に陥っている始末で…笑。
お話としてもしっかりまとまっていたので、モヤモヤ感もなくすっきりほんわか読み終える事が出来ました。
受けさんの初音が本当にいい子!嫌味のないいい子!
久しぶりに、好きな健気キャラに出会えた気がします。
攻めさんの迅さんは割と普通な感じで、そこが少し残念かなあ?と…。
お山の神様に気に入られるくらい多分きっと凄い獣人なのに、色々と残念なとこや可愛いシーンもあり
あまり威厳的なものはなかったかなあ…と感じてます。
そこがギャップ萌でいい!て方も居るかもですが…(^^;)

あとは、こいつ本当嫌い!的な人が1人も出てこなかったのもポイントです。
ムカムカするシーンがないので、ストレスなくさく続きさく読み進めれるのではないかと思います。
地雷があるとすれば、最後の最後に獣姦シーンが少しだけある所ですかね。
でもこの本はそれ込みで読んでほしいなあと、これから読む方にはおすすめしたいです(><)

始まりから終わりまで、本当に本当に楽しませてもらった・癒された1冊でした。

1

園児たちの可愛らしさに悶絶

保育士の初音(受け)は求職中。
ハローワークへの道すがら、体調が悪くなっている幼児を見つけます。
どういう訳か、他の人には見えていないこの幼児を放おっておけなくて世話をするのですが、その父親だという男、迅(攻め)がやってきて、保育園を登園禁止になった幼児、将勝の世話を押し付けられてしまいます。
驚いたことに将勝は「ケモ」という生き物で、将勝と迅の本性は狼で将勝にはケモミミがついています。初音は初めて見るケモに驚くのですが、ちょっと人間と違うくらい気にすることはないと思いなおし、体調の悪い将勝の面倒をみることにするのです。
迅に気に入られた初音は、迅が資金提供をしているというケモの保育園、コンポコ園へお試し就職することになります。
迅は出会ったときから初音からいい匂いがするといい、番になろうと迫まってきて困りながらも可愛い園児たちに癒やされて毎日楽しく過ごします。

初音は3人兄姉の末っ子で虚弱体質だったせいで家族から猫可愛がりされており、23歳になった今でも家族の癒し系として甘やかされています。初音自身は甘やかされている自分が自立できていないと苦々しく思っていて、家族の甘続きやかしを素直に受け入れられません。
順応性は高いようで、周りに見えない将勝を不思議に思いながら、そして突然ケモミミが生えた姿を見た時もびっくりしながらもすぐに対応することができ、「この世は広くて知らないことに満ちている」となんでも受け入れることができて意外と豪胆です。

迅は子狼のときに死にかけのところを山の神様によってケモとして生を与えられた狼です。今は神様の命により会社を経営してケモのための職場と保育園を作って一族を守っています。最近ケモになった将勝を神様から預けられ、慣れないながらも息子として愛情をもって子育てし始めたところでした。初めて会ったときから、初音のフェロモンに運命を感じ会うたびに番になろうと迫っています。

この方のケモミミの話は大好きです。
いつも、耳や尻尾の動きがリアルに想像できて身悶えするくらいかわいいです。
今回は、たくさんの動物たちが出てきて想像するだけで可愛いです。
将勝の舌足らずな話し方だけでもきゅんきゅんします。
ケモたちは耳尻尾が出ている状態では人間に認識されません。そのため、耳尻尾を自在に操れるようになるまでを過ごすところがこんぽこ保育園です。
初音は神様が与えた救済措置のどんぐりを持っていたため彼らを認識することができるのです。この神様がちょっとてきとーな神様で神様にしてはおちゃめです。

保育園での、園児たちの耳尻尾を隠すためのお遊戯がほんとうに可愛くて可愛くて!。
「♪おっミミを消すよ、こーん!ぽこ♪」と踊る姿は、イラストの可愛さも相まって、自分で節をつけて脳内アニメを作成してしまいました。このシーンが大好きです。

登場人物もいい人ばかりでした。初音兄はやりすぎたところもあるけど初音のことを心配するあまりだったし、家族が皆初音のことを愛していて大事にしていることがわかります。
保育園の園長も副園長の綿貫、保育士の楓実、園児、保護者みんないい人ばかりでほんわかした気持ちになれます。
特に園長の「恋をしたなら謳歌せよ!子を生すことは義務ではない選択!子を生せぬからという理由で恋を手放すのは本末転倒」と初音に発破をかけるセリフは目からウロコでした。

二人の恋に関しては、はじめからお互いのフェロモンに反応していて、恋を知らない初音が拒否ってただけで、どういうふうにくっつくのかなと想像するくらい順調でした。
それよりも、二人が番になろうと決めてからがこの話の肝だったと思います。大好きな初音といっしょにいたいため、将勝はじめ園児たちが頑張るところは泣けました。
先生たちを含めた園児たちと初音のこのシーンが一番印象に残りました。

初音の家族にはまだまだ認められない迅ですが、将勝の可愛らしさに少しずつ陥落していっているので時間の問題でしょう。

はじめは、迅の効率重視で横暴な感じにむかむかし、腹を立てながらも言い返せない初音にもいらいらしました。が、読み進めるうちに、迅は初音に叱られてちゃんと反省できる人だったし、初音は「意見は10秒以内」という迅の主張に倣って思い悩んだりせずに思ったことを直感で話せるようなり、自立しなければというコンプレックスからも開放されて家族に対して素直になれるように成長していったのでいらっとしたのは最初だけでした。
初めの頃、普段横暴な迅が初音のそばによると耳尻尾が出てしまいコントロールができないことに戸惑ってる姿やは初音に耳を触られて気持ちよくなってたり急に握られて「ぎゃん!」と涙目なったり翻弄される姿はちょっとかわいいかったです。

そして、鈴倉さんのイラストが本当にかわいいです。
特に、園児たちがお遊戯をしているイラストはいろいろなケモ耳尻尾のかわいい園児たちと楓実の姿がずっと眺めていたいくらいの可愛らしさです。
私は楓実のうさぎ耳が特に好きです。可愛すぎます。
次は楓実のお話ということで、大人は普通は耳を出したりしないとこのとですが、楓実のケモミミ姿が見れるかもとちょっと楽しみです。
こんなほんわかな話だったらいいな。
あと、園長先生だけ人になったイラストがなかったので次は見たいです。

とにかく、可愛くてほんわかした気持ちになれる話だったと思います。

1

けもみみ好きにも たまらんお話!

いやほんとに超絶キュート!
他のお姉様のレビューを見て、おお、これは読まねばとget。
10ページも読み進まないうちに、可愛すぎて悶え苦しんでました(車内)。
攻めの子供が男の子の割によくしゃべる方で、すんごく可愛い。
「んー、・・・まーくん、ちったいから」てな具合。
可愛すぎっ と一人悶絶。
この超絶可愛い小悪魔に、受けさんの家族も最後K.O.されてます(笑)
お子ちゃま好きな方には、とってもオススメです。

私のもう一つの萌えポイント、けもみみ+しっぽ。
保育園が舞台なのですが、みんなでお歌を歌って、
耳、しっぽを隠す練習をするシーンがこれまたすごい。
なんとかして映像化できないものかと、つい思います。
しっぽを消すよ、こーん、ぽこ! とかって歌いながら消していくのですが
あまりの楽しそうな様子に もう勝手なメロディが脳内回っちゃう。。。

その他、絡みシーンで攻めさんの耳、しっぽを受けさんが攻撃する箇所があり
攻めさんが「きゃんっ」と鳴いたりもします(笑)
あー耳、しっぽ ほしい・・・

いやいや肝心の攻め受けのご紹介がまだでした・・
続きけさんは、兄姉の後の末っ子、家族の癒しキャラ、ほわわんタイプの模様。
攻めさんの強烈キャラに引っ張られて、
段々言いたいことを言えるようになってきます。
言えたら言えたで本人すっきり! とするようで、読んでるこっちも
よしっ という気分(笑)

攻めさんは、やりたいようにやってきた!という、
まるでガキ大将のような方。
胃袋つかんだりすると楽勝で手の上で転がせる手合いに思いますが、
受けさん、そんな器用な方ではないので、やや苦戦。
その他止められる方が回りに居なかったようで、
父親としてお子ちゃまと共に成長していく様子が窺えます。
悪い人間ではないので、そんなに嫌な感じではなかったです。

唯一、謎解きというか、受けさんが もふたちが見えるようになった
仕掛けの部分が、2回読んでも???なので、神にできませんでした。
(私がおバカなせいなんですが、うー無念。理解できん)
それをぶっとばすぐらい 本当に 超可愛かったんですけどね・・・・
スピンオフ(保育園同僚のうさぎ君が登場する模様)も 
こんな調子だと嬉しいな。

6

あーちゃん2016

はるぽん様

うん たのちかった~♡
わたちも もういっかい ちったくなりたいー
という気分になりましたー。こんな可愛い子たちのいる保育園
なんとかして潜りこみたいものです。
ほんと教えてくださって有難うございますです!!

はるぽん

あーちゃんさま。
楽しんでいただけたようでよかったです。
まーくん可愛いですよね! わたしも「ちったいから…」に撃沈しました。あとこーんぽっこぽっこのところのメロディが勝手にぐるぐる回る感じ、わかっていただけて嬉しいです。(笑)
スピンオフも楽しみー。

もふもふ+片言ちみっこ萌え

超絶キュートな、もふもふ好きとちみっこ好きにはたまらない作品でした。

攻めは、会社を経営している社長にして狼人間。小さい子供(こちらも狼っ子)がいます。
受けは求職中の保育士。あまり身体が強くないため、前職場の保育園の過酷な労働環境に耐えられず退職し、現在無職です。
そんな2人は、攻めが降りた車に置いていかれたちみっこが熱中症的な症状を見せていたところを受けが保護した、という流れで知り合います。

攻めが正直、あまり好きなタイプではなかったのです。粗野というか粗暴というか子供っぽいというか。言葉も態度も乱暴で。
その思いはかなりページが進んでも変わらず、受けや子供が愛らしいぶんもったいなかった。おっとりさんな受けが悪い男に引っかかっちゃった的な印象でした。
でも、その大人げない攻めの悪印象を凌駕して余りある作品の面白さでした。ファンタジー部分がきっちり作り込まれていて、かなり最初の頃の伏線がラスト近くに判明したり、保育園のお遊戯の歌がメロディも分からないのに脳内を回ったり。すごく楽しめました。
そしてちみっこが可愛い。上のあらすじでは名前が「将」になってますが正しく続きは「将勝」です。狼っ子なので耳と尻尾つき、しゃべる言葉が片言。片言萌え属性のある身にはたまりませんでした。受けもしょっちゅう心の中で「可愛すぎか」と突っ込んでました。気持ちはわかる。
私は個人的に作者さんの『こぎつねこんこん恋結び』という作品が大好きで、モフ+ちみっこものの金字塔だと思っています。それと並ぶ素晴らしさでした。

エロパートがまた素晴らしかった。大人げなくムカつく攻めが、発情期になってめろんめろん。限界に近い状態で必死に耐える攻めの姿がいじらしく、それまで恋心を自覚していなかったのに極限状態で決意する受けの男前さにきゅんきゅん。
切ない展開もありましたが、あまりひどいことにはならず、そこから回復した後にもこってりとラブラブエッチがあり至れり尽くせり。くっついた後のエッチがないストレスを感じることもありません。

獣姦が結構がっつりありますので、苦手な方はご注意を。
あと、受けの保育園の同僚のふみ先生というウサギさんキャラが次回スピンオフの主役だそうで、そちらも大変楽しみです。

3

はるぽん

あーちゃんさま。
攻めにはムカつきましたが、もっふもっふで大変癒されました。
ちみっこ可愛かったです!

あーちゃん2016

はるぽん様 こんにちはー 
えーこれ読みますーめっちゃ癒されそう~!
全くノーチェックだったのですが今日get絶対する!!!

この作品が収納されている本棚

PAGE TOP
  • 電子書籍
  • レビューを見る
  • 評価レビューする
  • 関連作品
  • 攻受データ